事故後の交渉中の知人の代理質問です。(知人:自転車、相手:クルマ)
相手の保険屋さんが過失割合を示す判例タイムズのコピーを送ってきたそうです。

分かりにくい所があったので色々調べていたら、交通春秋なるものがあり、それによると「横断歩道上を自転車に乗って渡っていても、歩行者に順ずる扱いをするのが今の状況にかなっている。問題は自転車を降りて渡っていたら事故にあわなかったのかどうか?である」という内容の文面を見つけました。

まさしく知人はこの状況でして、クルマは前方不注意でしたので知人が自転車に乗っていようが降りていようがぶつかったと思われます。
すると、判例タイムズと違った判断になるわけですが、こういう場合、判例タイムズ>交通春秋、もしくは交通春秋>判例タイムズ と言った優先度はありますか?

A 回答 (1件)

どちらとも言えません。



基本的には民事なので双方が納得(過失割合について)出来ればOKです。
保険会社は支払いを抑える手段を考え、時には別の判例を提示し交渉します。しかし、保険会社では通常2月に改定された判例タイムズ第16号が主体となっているのが現実です。

事故状況を良く判例と照らし合わせた上で、知人の主張を担当者に認めて頂く努力をして見ては如何でしょうか?

相手のある事故は、お互い自己(自身)の過失が如何に存在するかから考えてみる必要があると思われます。
警察からは実況見分時に何も言われていませんか?

自己に過失が無いと判断するなら徹底的に過失0の主張をしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。
特に優先されるような事はないのですね。こちらは素人、あちらはプロなので交渉の際どうしても分からない事が多くて・・・(^_^;)
アドバイスどおり、どちらとも言えないし、民事だからお互い納得のいくまでじっくり話し合うよう伝えます
警察の実況見分は、知人が事故当時動揺してしまっていて警察や周りにいた人とのやりとりをあまり覚えていないそうです。

お礼日時:2005/04/13 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング