事故後の交渉中の知人の代理質問です。(知人:自転車、相手:クルマ)
相手の保険屋さんが過失割合を示す判例タイムズのコピーを送ってきたそうです。

分かりにくい所があったので色々調べていたら、交通春秋なるものがあり、それによると「横断歩道上を自転車に乗って渡っていても、歩行者に順ずる扱いをするのが今の状況にかなっている。問題は自転車を降りて渡っていたら事故にあわなかったのかどうか?である」という内容の文面を見つけました。

まさしく知人はこの状況でして、クルマは前方不注意でしたので知人が自転車に乗っていようが降りていようがぶつかったと思われます。
すると、判例タイムズと違った判断になるわけですが、こういう場合、判例タイムズ>交通春秋、もしくは交通春秋>判例タイムズ と言った優先度はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どちらとも言えません。



基本的には民事なので双方が納得(過失割合について)出来ればOKです。
保険会社は支払いを抑える手段を考え、時には別の判例を提示し交渉します。しかし、保険会社では通常2月に改定された判例タイムズ第16号が主体となっているのが現実です。

事故状況を良く判例と照らし合わせた上で、知人の主張を担当者に認めて頂く努力をして見ては如何でしょうか?

相手のある事故は、お互い自己(自身)の過失が如何に存在するかから考えてみる必要があると思われます。
警察からは実況見分時に何も言われていませんか?

自己に過失が無いと判断するなら徹底的に過失0の主張をしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。
特に優先されるような事はないのですね。こちらは素人、あちらはプロなので交渉の際どうしても分からない事が多くて・・・(^_^;)
アドバイスどおり、どちらとも言えないし、民事だからお互い納得のいくまでじっくり話し合うよう伝えます
警察の実況見分は、知人が事故当時動揺してしまっていて警察や周りにいた人とのやりとりをあまり覚えていないそうです。

お礼日時:2005/04/13 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故 判例タイムズの解釈について 質問いたします

先日交通事故に遭い、現在示談交渉中の身(二輪被害者側)です。
この事故について別冊判例タイムズ16号では205P【120】二輪と四輪の出会い頭事故が相当します。このままの事故です。判例タイムズの解釈に詳しい方がいらっしゃいましたら、回答いただけると幸いです。

質問ですが、205Pの注釈にある言葉の解釈です。
(1)の注釈についてですがこの基本割合の表においては、四輪一時停止を除く3パターンとも、一時停止規制無しの直進車には徐行義務違反、一時停止規制有りの直進車には一時停止義務違反が織り込み済み、という解釈で良いのでしょうか?
そして(2)の減速についての注釈と併せて考えると、「単車減速せず」や「四輪減速」などは、「単車徐行せず」や「四輪徐行」といった解釈にはならない、ということなのでしょうか?
ちなみに私は現在、徐行せず進入したという理由で「単車減速せず」のパターンで提示されています。ですが徐行義務違反で進入というのが織り込み済みの基本割合であるなら、この理由を減速せずに当てはめるのは妥当ではないと思うのです。
相手の一時停止義務違反を理由に「四輪減速せず」を提示することが無いのと同じだと思うのですが…。

私に実際徐行義務違反があったという前提で考えると、徐行せずは減速せずの理由に成り得ますか?

先日交通事故に遭い、現在示談交渉中の身(二輪被害者側)です。
この事故について別冊判例タイムズ16号では205P【120】二輪と四輪の出会い頭事故が相当します。このままの事故です。判例タイムズの解釈に詳しい方がいらっしゃいましたら、回答いただけると幸いです。

質問ですが、205Pの注釈にある言葉の解釈です。
(1)の注釈についてですがこの基本割合の表においては、四輪一時停止を除く3パターンとも、一時停止規制無しの直進車には徐行義務違反、一時停止規制有りの直進車には一時停止義務違反が織り込み...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
(1)その通りです。基本過失割合に含まれています。

(2)減速と徐行は別物なので、そうなります。

>徐行せず進入したという理由で「単車減速せず」のパターンで提示されています。ですが徐行義務違反で進入というのが織り込み済みの基本割合であるなら、この理由を減速せずに当てはめるのは妥当ではないと思うのです。

・その通りです。「徐行義務違反」=徐行なし ですが、
「徐行」とは、道交法第二条一項二十号・
「車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること」
となっています。

一方で、交通事故などの実際の判例では、
「ブレーキ装置を操作してからの停止するまでの距離1m以内」とし、おおむねの速度「時速10km以下」を採用しています。

上記2点を満たしていれば「徐行」といえると思います。

「減速」はスピードを落とせば「減速」といえるので徐行していないから「減速せず」とはなりません。

Q別冊判例タイムズNo15と16の違い

平成9年刊行の別冊判例タイムズNo15と、平成16年刊行の別冊判例タイムズNo16がありますが、過失割合について、大幅に変更があったのでしょうか?
同じ事故でもNo15で記載の過失割合と、保険会社が本を見て言ってきた過失割合が違っています。
見ているページが違うだけ??

判例なので変更なんてないものと思っているのですが・・・

知りたい事故例は、以前にも投稿しましたが、相手側に一時停止のある十字路の交差点(相手側の方が6m以下道路)で、双方右折しようとしてぶつかっています。



  I I
---- ------
私→
---- ------
...I↑I

Aベストアンサー

 保険会社の言う通りの変更になっているものと思います。この場合は、多分 80:20 から 75:25 になっているのではありませんか。

 判例タイムズは、過去の判例をパターン化して集体系し、民事交通訴訟における過失相殺率の認定・判断基準を示すものであって、判例そのものではありません。従ってこれまでは、ある一定期間で改訂版が出るのが通例です。

Q判例タイムズとは?

最近良く交通事故のQ&Aを見ているのですが
よく「判例タイムズによると・・・」と書いてあるのを
見かけるのですが、
(1)それは「別冊 判例タイムズ」の事を言っているのでしょうか?
(2)そうだとすると月2回発行の物との違いは何なんでしょうか?
(3)この質問サイトで検索をかけると「別冊 判例タイムズ16」
   と言うのがたくさん出ているのですが最新版は「21」だと
   思いますが、なぜ「20」や「21」ではなく「16」がよく
   出てくるのでしょうか?

以上、教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判は交通事故だけが行われているわけでは有りません。

すべての判例を1つの本にまとまるなんて、とても出来るものでは無いのです。

No.16は、交通事故の過失割合に関する判例を集めたものです。
ですから、交通事故では、No.16が使われているだけです。

No.21は、金融法務事情、金融・商事判例が掲載されているようですので、交通事故の過失割合に関しては載って居ないでしょう。

判例などに比較的大きな変更があると、No.が変わりますが、小さい場合には、版すうが変更されます。

上記の理由から、No.21では、交通事故の過失割合は載って居ないので、使われないだけです。

Q判例タイムズ16 内容についての質問

毎度お世話になっています。

さて、判例タイムズ16P162に以下の記載があります。
A一時停止あり B一時停止なし 過失割合A:B=75:25
--------引用-------
2.この態様は、右折車同士が右折途中で交錯する事による事故であり、双方の車両とも徐行ないしそれに近い減速をしていることになるのが常態といえるから、先入関係を問題とすれば、ほとんどの場合Aが先入していることになる。従って、Aの明らかな先入は既に基本割合の中で考慮したものとして修正要素として取り上げない。
-----引用終わり----

と書かれていますが、これは先入したA車に対して追突したB車の過失が大きく含まれているものと解釈してよいのでしょうか?
私の事故はこの件でして、私はB車に相当します。で、私が明らかな先入、しかも既右折に近い状態でした(傷、凹みからもわかる)。もし引例でA車が先入のためB車の過失割合が不利に設定されているのでしたら、B車先入の場合、修正要素として考えることはありえないかお聞きしたいのです。

因みに、P161には法律上の優先関係を基礎とした本票を適用することは妥当ではなく、個別的事情に応じて判断するのが相当であろうという記述があります。

また、上記引例の後に既右折に関しての記載もありましたが、保険会社からは既右折が証明できない限り、修正要素として取り入れることはできないと言われました。傷から接触した角度は自車と相手車がどちらかというと水平に近いというのはわかるのですが・・・
そういうものですか?

毎度お世話になっています。

さて、判例タイムズ16P162に以下の記載があります。
A一時停止あり B一時停止なし 過失割合A:B=75:25
--------引用-------
2.この態様は、右折車同士が右折途中で交錯する事による事故であり、双方の車両とも徐行ないしそれに近い減速をしていることになるのが常態といえるから、先入関係を問題とすれば、ほとんどの場合Aが先入していることになる。従って、Aの明らかな先入は既に基本割合の中で考慮したものとして修正要素として取り上げない。
-----...続きを読む

Aベストアンサー

Bの明らかな先入が証明できれば、多少の修正要素にはなるでしょうが、大きく動かすほどの要因では無いでしょう。

しかし、主張するのは必要だと思いますよ。

Q判例タイムズでの判例の探し方

母が交通事故になり先方の保険屋さん(JA共済)と話し合わなければなりません。
各種の資料を集めている途中なのですが
過失割合は先方の主張は当方10 先方90ですが納得がいかず
当方0 先方100にしたいと思っています。
先日、東京都の都立図書館に行き判例タイムズで判例を探そうと思ったのですが量があまりにも膨大でどう探していいかわかりません。
このような場合、自分に必要な判例はどのような手順で探したら効率的に探せるのでしょうか ?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

判例タイムズで判例を独自に探してももちろんよろしいですが、
責任割合を知りたいことが最終目的であれば、
たとえば以下の方法で知ることができます。
そうしない理由は何かあるのですか?

1)ここに事故の状況について事実だけを書く。
2)加入保険会社の代理店などに同じ事を聞く。
3)上記により判例タイムスの該当部分を特定する。

Q交通事故を起こしてしまいました。 バイクと自転車で、自転車がバイクのミラーに当たり自転車に乗っていた

交通事故を起こしてしまいました。

バイクと自転車で、自転車がバイクのミラーに当たり自転車に乗っていた男性はコケました。

男性は骨折などはしておらず打撲だけなのですが。
打撲しただけなのに障害者手帳をもらいました。
男性に対しての慰謝料が500万円と言われました。

どこからこの500万って言うお金が出てくるのでしょうか?
その男性は500万だと不服と言っております。

この500万円はどこから出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

他の回答者も言われているように事故の加害者の保険会社が全て処理してくれます。
私は6年前に相手の車が急ブレーキをかけて追突事故に合い100%こちらが悪いことになり
相手の修理代30万円はこちらの保険会社から出し、私の全治8ヶ月の手術治療代、
バイクの修理代は私持ちになりました。 相手は80歳ぐらいの医者でしたが。
一度も顔を見せることも無く見舞いも無しでした。

あなたの場合も保険会社に任せれば全て処理してくれます。
何も迷うことはありません。
相手は金になると思ってふっかけてきます。
相手にすることは無いです。
「警察と保険会社に任せています」と言えば良いです。
気にすることはありません。

Q交通事故の判例 

母が交通事故になり先方の保険屋さんと話し合わなければなりません。
過失割合は先方の主張は当方10 先方90ですが納得がいかず
当方0 先方100にしたいと思っています。

そこで判例を探しています

先日、東京都の都立図書館に行き判例タイムズで判例を探そうと思ったのですが
量があまりにも膨大でどう探していいかわかりません。
このような場合、自分に必要な判例を教えて頂けませんでしょうか ?
なお「別冊判例タイムズ16」には近似の事例が見つかりませんでした
判例CD-ROMを都立図書館でみましたが見つかりませんでした(うまく探せないのかもしれませんが)
また、一般向けの交通事故損害賠償に関する本を7冊ほどあたりましたが近似の事例が見つかりません。
赤い本、青い本はまだ入手していませんので未確認です

問題点
先方の保険屋と当方とは同じある共済です。同じ保険屋さんす。
当方10 相手90 というのはその共済の主張です。
 
事故状況
「交通事故現場見取図」などから文章にしています。
(1)道路状況 地方道路、交通量は余り多くない、2車線で中央に黄線がある。
(2)当方 私の母 原付バイク
(3)相手 軽貨物自動車
(4)母の原付バイクは交差点を先頭で発進、後続に相手側の車両があった。
(5)交差点を50mすぎたころ、後続の軽貨物自動車より追突された。
(6)母のバイクは道路左端の駐車車両をよけるため駐車車両の右側0.8m程度を走行中、後ろから、さらに追い越しをしようとした相手車両より追突されている。
(7)交通事故現場見取図には道路上の黄線部分には「追い越しのための右側部分はみだし禁止線」と書いてあります
(8)母は事故状況は記憶がないため目撃者の警察への証言等によって上記の状況が記述されています。

よろしくお願いします。

母が交通事故になり先方の保険屋さんと話し合わなければなりません。
過失割合は先方の主張は当方10 先方90ですが納得がいかず
当方0 先方100にしたいと思っています。

そこで判例を探しています

先日、東京都の都立図書館に行き判例タイムズで判例を探そうと思ったのですが
量があまりにも膨大でどう探していいかわかりません。
このような場合、自分に必要な判例を教えて頂けませんでしょうか ?
なお「別冊判例タイムズ16」には近似の事例が見つかりませんでした
判例CD-ROMを都立図書館でみま...続きを読む

Aベストアンサー

最初に・・・ご質問の判例および検索方法については、私には判りません。
参考にならなくて申し訳ありません。

以下の意見は、事故の過失割合について納得の材料にしていただければ幸いです。



記述されている事故状況だけでは、お母様が駐車車両を避けようと進路変更した時期が不明です。
この場合、
1)駐車車両の直前で進路変更をした
2)かなり手前から進路変更していた
上記のどちらになるかで、過失割合も変わってくると思います。

もし、1のケースであった場合、後方からくる車両を確認することなく進路変更したため、バイクを避け切れなかった車両に追突された、と考えられなくも無いです。
また、1のケースで後方確認をしていたとすれば、それは進路変更をせず、駐車車両手前で停止し、後方からの車両をやり過ごすべきだった状況とも思われます。

なお、2のケースであれば100:0も可能かと思われますが、真実を証明することは大変だと思います。
頑張ってください。

Q自転車同士事故の判例について

自転車同士の事故を起こしました。
夜中にお互い直線車道を走り私が逆車線走行・無点灯で走行、相手が走行車線を点灯で走行、正面衝突で相手が怪我をしてしまいました。(3ヶ月前)

そこで自転車保険に加入しているので保険会社の方からおおよそ過失割合の連絡が来たのですが自転車は自動車みたいに判例も少ないし免許もいらない速度も遅いとのことで過失割合が5対5もしくは私の無点灯で6対4とのことでした。

本当にこんなものなのでしょうか。
私は過失割合が8対2もしくは9対1ぐらいだと思っていたのですが。(もちろん私が悪いのですが)

自転車事故は保険に加入していたとしても示談交渉を自分でしなくてはならずまさかここまで過失割合が同じとは思っていませんでした。
保険会社は判例があると言っていますが逆車線走行(車道)で無点灯の自転車事故を起こした過失割合は本当にこんなものなのでしょうか。

私としてはなるべくなら保険も加入しているので過失割合が多くても構わないのですがただ保険金以外のものは払う気はありません。
相手にはまだこのことは治療中のため言っていませんが本当にこんなものなのでしょうか。
なにか別の判例がありましたらよろしくお願いします。

自転車同士の事故を起こしました。
夜中にお互い直線車道を走り私が逆車線走行・無点灯で走行、相手が走行車線を点灯で走行、正面衝突で相手が怪我をしてしまいました。(3ヶ月前)

そこで自転車保険に加入しているので保険会社の方からおおよそ過失割合の連絡が来たのですが自転車は自動車みたいに判例も少ないし免許もいらない速度も遅いとのことで過失割合が5対5もしくは私の無点灯で6対4とのことでした。

本当にこんなものなのでしょうか。
私は過失割合が8対2もしくは9対1ぐらいだと思って...続きを読む

Aベストアンサー

あなたに特別不利益がない限り、保険屋の意向、指示に従えばいいのではないですか?

車には自賠責補償があります。自賠責は120万までは原則過失相殺関係なく100%賠償補償します。

自転車ではこのような保険制度はありません。幸いあなたは賠償保険加入されておられます。
円満示談解決を計るために、過失相殺に関係なく保険屋が認める範囲ないで賠償すれば良いのではないかと思います。
過失相殺にこだわり、言い分を通して溜飲下げても、気持ちの問題だけでしょ。

あなたに経済的負担がなければ、ケガをされた方が少しでもそれにより、経済的負担が助かればいいことではないでしょうか?

良い悪いはそのときの一時のこと、お互い経済的に多少でも負担が軽減 困ることなく示談解決が計られれば万々歳ではありませんか?
あなたに負担は発生はしません。そのための保険加入ですから・・。

事故はお互い様と、大所高所の見地から余裕を持って、発想転換されてはどうですか?

Q判例タイムズと交通春秋

事故後の交渉中の知人の代理質問です。(知人:自転車、相手:クルマ)
相手の保険屋さんが過失割合を示す判例タイムズのコピーを送ってきたそうです。

分かりにくい所があったので色々調べていたら、交通春秋なるものがあり、それによると「横断歩道上を自転車に乗って渡っていても、歩行者に順ずる扱いをするのが今の状況にかなっている。問題は自転車を降りて渡っていたら事故にあわなかったのかどうか?である」という内容の文面を見つけました。

まさしく知人はこの状況でして、クルマは前方不注意でしたので知人が自転車に乗っていようが降りていようがぶつかったと思われます。
すると、判例タイムズと違った判断になるわけですが、こういう場合、判例タイムズ>交通春秋、もしくは交通春秋>判例タイムズ と言った優先度はありますか?

Aベストアンサー

どちらとも言えません。

基本的には民事なので双方が納得(過失割合について)出来ればOKです。
保険会社は支払いを抑える手段を考え、時には別の判例を提示し交渉します。しかし、保険会社では通常2月に改定された判例タイムズ第16号が主体となっているのが現実です。

事故状況を良く判例と照らし合わせた上で、知人の主張を担当者に認めて頂く努力をして見ては如何でしょうか?

相手のある事故は、お互い自己(自身)の過失が如何に存在するかから考えてみる必要があると思われます。
警察からは実況見分時に何も言われていませんか?

自己に過失が無いと判断するなら徹底的に過失0の主張をしましょう。

Q交通事故の判例(サンキュー事故)

事故数は多いと聞きますがなかなか見つからないので質問をさせてください。

[サンキュー事故の基本過失割合は何:何ですか?]

判例(タイムズ)を見ても単車の陰に大型車両等が無く、
右折四輪と直進二輪の判例しか見つかりません。
サンキュー事故の判例はないのでしょうか?
右折四輪と直進二輪だと二輪の陰に車両があってもなくても
同じ扱いだと裁判所は言っているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

サンキュー事故 細かい説明は不要でしょから

前方で停車し譲った時
専用レーン外でのバイクのすり抜けて来た原付やバイクと衝突
バイクにも原因がある事故で
基本過失割合は70:30 
バイク専用レーン走行て事故が有ればサンキュー事故じゃありません。
サンキュー事故じゃな無い。レーン厳守していれば
車85:バイク15 や 90:10
自動車と自動車 80:20 です。 

修正要因はその時の事故状況・道路で変わります。


人気Q&Aランキング