教師というのは特殊な職業ではありますが。
あなたにとって教師とはどういうものなのか聞きたいです。今学生生活送っているので参考にしたいです。
回等宜しくお願いします。

A 回答 (11件中1~10件)

私は一度社会人を経験して教師を目指そうか悩んでいるものです。


私は嫌いな先生より好きな先生のほうが多かったです。やっぱりそういう経験があるから教師を目指そうと思うのですかね?

そんな私にとって教師とはプロの仕事、という認識があります。子供の自立を促し、社会で生きる知恵を与える仕事だと思っています。

ただ世間での教師批判などをみると
悩んでしまいます。
そんな批判に動じない人が教師を目指すべきなのかな、と。

話がそれてしまい、すいません。
やはり教師はプロの仕事だと思います。
勉強のプロではなく、教育者というプロです☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そんな私にとって教師とはプロの仕事、という認識があります。子供の自立を促し、社会で生きる知恵を与える仕事だと思っています。

自立心は結構あるような・・・(自分がそういう風に勘違いしているだけかもしれませんが)

>やはり教師はプロの仕事だと思います。
勉強のプロではなく、教育者というプロです☆

人に教えるのが身上ですからね。教えると言うのはかなりの技術と経験が必要な職業ですしね。経験がないうちは慎重に・・・(しつこく言ってます^_^;)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 14:29

正直な所、あまり良い印象がありません(苦笑)



というのも、良い教師と言える人に私が学生時代には出会う事がなかったからだと思うのですが・・・私が出会った教師達は、いつも自分のお気に入りの生徒には甘く、そうでない生徒には手厳しい人ばかりでした。気に入らない生徒の悪口を、平気で生徒達の前で言う人だったので、正直、クラスメイトの皆は、心の底からは慕ってはいなかったです。

なので、先生お元気かな~とか、またお会いしたい!とかって感情は皆無です。寧ろ二度と会いたくない(^^;

私の中での教師という存在は、

ろくに社会にも出ていないので、常識が無い人が多い。

これを大きく感じています。
そうでない方も居るとは思いますが、勉強ばかりして教師になり、学校を出て直ぐに教職に就くのを考えても、上下関係である上という立場(権威に近いですね)を行き成り与えられるので、どれほど自分の発言や行動などが、生徒達にとって影響力があるのかなどが分かってらっしゃらない方が多いと感じるのです。

教師も普通の人、人に教えるべき立場に居ながら、必ずしも、その立場に居てはいけない人間も居る。教師が必ずしも正しいとは限らない。

こんな風に考えていますね。

ただ、この考えはある程度大人になってから思うようになりました。
残念な事に、子供にとっての教師は、絶対的な強者であり、何事に置いても正当な人物であり、信じるのが当たり前として教えられる大人の人です。だからこそ、逆らう事が悪い事であり、教師が言う事はすべて正しい様に感じてしまいますよね。様々な教師に出会い、そこから大人の汚さをなど、学ぶべき事もきっと色々とあるのでしょうが・・・。良さだけなら、とても素晴らしい事なのですけどね。

No.9の方が言われている様に、私も20年も昔の事だけど、教師が私へ言った、傷付いた言葉などはよく覚えています。それだけ子供の心って、教師(信じている大人)の言葉は心に残るのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私の中での教師という存在は、

ろくに社会にも出ていないので、常識が無い人が多い。

そうですね(笑)
自分がいきなり上の立場になりますからね。下の立場も経験しないと・・(教師も子供のときやバイトなどで多少は経験しているでしょうが)

>教師も普通の人、人に教えるべき立場に居ながら、必ずしも、その立場に居てはいけない人間も居る。教師が必ずしも正しいとは限らない。

教師と言う職業は生かすも殺すも自分次第ですからね。慎重になってもらいたいものです。教師は生徒にとって従わなければいけない存在ですからね(最近はそうではなくなってきている?)

>No.9の方が言われている様に、私も20年も昔の事だけど、教師が私へ言った、傷付いた言葉などはよく覚えています。それだけ子供の心って、教師(信じている大人)の言葉は心に残るのでしょうね。

傷付いた言葉は特にそうですよね。やはり慎重になって欲しいと言うのが僕の願望です。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 14:24

私は若い頃(もう30年以上も前のことです)の一時期、将来は中学校か大学の先生になりたいと思っていたおりました。


それは、中学生位であれば、人生を語ってあげることが出来、大学生くらいであれば、もっと深く、哲学などをも語れると思ったからです。

しかし、ある小説(すみません、今では題名も作者も忘れてしまいました)を読みまして、その小説は、その中で、教師の(別に悪意は全然ないんですが)ほんの何気ない一言によって、主人公の女生徒が傷つき、最終的に自殺してしまうまで追いつめられてしまうというものでした。

私は、その本を読んでから、教師という仕事が、その何気ない一言でさえも、場合によっては、人の一生をも左右するほど、大変な重要な仕事であると同時に、それだけの覚悟と責任も伴う仕事であることに気が付きました。

それまでの私は、自分が人生を生徒に語ってあげることで、生徒に素敵な人生を送ってあげられる可能性があることばかりを、考えておりましたが、その小説によって、全く逆に、生徒の人生を台無しにしてしまう可能性もあることを知り、とても、私程度の人間に出来ることではないと悟り、教職へ進むことを諦めました。

ちなみに、その頃、私も担任教師の全くの誤解による一言によって、ひどく傷ついたことを、30年以上たった今でも覚えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>それまでの私は、自分が人生を生徒に語ってあげることで、生徒に素敵な人生を送ってあげられる可能性があることばかりを、考えておりましたが、その小説によって、全く逆に、生徒の人生を台無しにしてしまう可能性もあることを知り、とても、私程度の人間に出来ることではないと悟り、教職へ進むことを諦めました。

教師と言う職業は毒にもなれば薬にもなると言うことですね・・・。やはり生徒の進路がかかってますからね・・・軽はずみな言動は出来ませんもんね。

>ちなみに、その頃、私も担任教師の全くの誤解による一言によって、ひどく傷ついたことを、30年以上たった今でも覚えております。

実体験されているのですか! 腹立ちますね・・・。良いことは忘れてしまうけど悪いことは忘れないと言うのは皮肉なもんです(こんなこと言える年か)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 14:07

ええと、「教師という存在」についてですから、自分の先生じゃなくてもいいんですよね。



私は親です。親から見た、子供にとっての教師とは、「親以外で、堂々と子供を指導する権利と義務と責任がある人」だと思っています。

それを認識していない教師に対しては「この人にとってのプロ意識ってなんだろう??」と思います。

それを認識している教師は、親にとって、この上なく頼りになる存在で、親としても、子供を支えるパートナーとして精一杯頑張らなくてはと、身の引き締まる思いを感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私は親です。親から見た、子供にとっての教師とは、「親以外で、堂々と子供を指導する権利と義務と責任がある人」だと思っています。

堂々じゃないような人も・・・比較的弱腰の人もいるかもしれませんね。(自分はそのような教師には巡り合ってません)

>それを認識している教師は、親にとって、この上なく頼りになる存在で、親としても、子供を支えるパートナーとして精一杯頑張らなくてはと、身の引き締まる思いを感じます。

そういう人が居てくれれば良いんですよ。でもなかなか・・・

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 14:01

私は高校生ですが、ある先生が大好きです^^


今通っている学校には素敵な先生が多いんです。
その先生に出会うまでは、先生という人たちが大嫌いでした。
特に中学の先生は、考え方がおかしいというか、そんなのが先生でいいの!?人間としてどうなの?という人ばかりでした。

先生には絶対になりたくない職業だなーと思っていましたが、
今は先生もいいものだよね、と思います。
でも、やっぱり自分がなりたいといったらなりたくないですが・・・(どっち)
まとまりのない文章ですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私は高校生ですが、ある先生が大好きです^^
今通っている学校には素敵な先生が多いんです。
その先生に出会うまでは、先生という人たちが大嫌いでした。
特に中学の先生は、考え方がおかしいというか、そんなのが先生でいいの!?人間としてどうなの?という人ばかりでした。

ん~やっぱり学校によって偏りが出てしまうものなんでしょうか。まあ同じ思想を持っている人と一緒にやれば仕事はやりやすいでしょうが。人格に問題のある人が教師になって欲しくはないですね。

>先生には絶対になりたくない職業だなーと思っていましたが、
今は先生もいいものだよね、と思います。
でも、やっぱり自分がなりたいといったらなりたくないですが・・・(どっち)

こりゃ迷いますね。自分が生徒にどう思われるかがポイントですからね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 13:57

一人の労働者です。



教師によって、仕事をしてる人、本気で生徒と向き合おうとする人、楽しんでやってる人、自分の考えを伝えようとする人・・それぞれいますね。

仕事として教員を目指す人は可也つらい現実を見るでしょうね。
教えるほうも教えられるほうも人間です。
機械作業やってる人に寄りたくないというのもあるでしょうね。
私にとって・・・
気が合えば先生でも好きになったり気に入ったりしますね。
逆に親みたいに煩くて寄り付きたくないのもいました。
親しみの無い奴で近づきたくないのもいました。
少なくとも聖職者ではないです。
性職者であっては困りますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私にとって・・・
気が合えば先生でも好きになったり気に入ったりしますね。
逆に親みたいに煩くて寄り付きたくないのもいました。
親しみの無い奴で近づきたくないのもいました。

やはり自分と波長が合うかがポイントですね。自分も嫌いなやつはとことん嫌いです(^_^;)

>少なくとも聖職者ではないです。
性職者であっては困りますが

聖職者ではないですね。聖職者であって欲しいですが。大人(教師)と子供(生徒)で比べたら権力は大人の方がはるかに上ですからね。ただ自分にも権力があるぞと言う気概を持って生きようと思います(笑)
権力があるからと思ってかかなり理不尽なことをやる教師も・・・居てはダメですけど。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/11 13:52

私も学生生活を送っています。



その視点で言うと、教師と言ってもやはり自分たちと同様に普通の人間です。

長く生きている分だけ経験が豊富と言う差はありますね。

だから自分にはない新しい知識を与えてくれると思います。

人生は嫌なことばかりではなくいいこともある。

大切な存在ですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良くも悪くも大切な存在ですね・・・
一番身近な「第三者」ですね。

でも人間だから嫌われることもある・・・仕方のないことですが、万人から嫌われる人には教師になってほしくありませんね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/09 19:17

えーと、



基本的でスタンダードな知識を伝える職業。
ただし、子供や若い人と接する仕事なので、なるべく「立派な大人」「よい先輩」のような人が望ましい。

聖職者ではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>基本的でスタンダードな知識を伝える職業。
ただし、子供や若い人と接する仕事なので、なるべく「立派な大人」「よい先輩」のような人が望ましい。

そうですよね。
万人から嫌われる人に教師になってほしくありませんよね。

>聖職者ではないと思いますよ。

かなり独断と偏見でいってる人いますよね。聖職者とは近すぎず遠すぎず・・・いや遠いか。
そういう存在の人がいてもいいのかな?う~ん。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/09 19:14

どうあるべきか、ではなく、じぶんにとってどういう存在か、というアンケートですよね?



ふつうの人間です。そして、個性豊かで、それぞれ違った人生を送ってきた人たち。
だから、彼らがたまにじぶんの体験談を話すときほど輝いていて、こちらもたのしく感じるときはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ふつうの人間です。そして、個性豊かで、それぞれ違った人生を送ってきた人たち。
だから、彼らがたまにじぶんの体験談を話すときほど輝いていて、こちらもたのしく感じるときはないと思います。

やっぱり先生は経験豊富で自分に無いものを持っているんですね・・・それでも嫌なやついますけど(笑)
まあ頼もしく感じられるときはありますね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/09 19:07

「教師」って言ってもやっぱり「人間」なんだ、特別な人じゃない、ってのが私の考えです。

特に小学校、中学校の先生は子供たちの人生に大きな影響を与え得る存在だと思いますが、私の小中学校時代の先生は今思うと「教師であるべきではない」と思える先生ばかりでした。だから、ぜったい学校の先生は信用できないって思ってましたよ。

ちなみに私は不良生徒ではなかったですよぉ。普通の生徒でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私の小中学校時代の先生は今思うと「教師であるべきではない」と思える先生ばかりでした。だから、ぜったい学校の先生は信用できないって思ってましたよ。

教師というと周りから見ればどうしても特殊なイメージがあるので・・・変わり者が多いのか(笑)

皆が皆そんなことはないですけども教師の採用基準を厳しくしたら変わり者は減りますね。いや、変わり者が求められているのか?
でもまあ他の国に倣うべき所はあると思いますね。

>ちなみに私は不良生徒ではなかったですよぉ。普通の生徒でした。

自分も普通です(笑)
ただ今の教育現場に破天荒なことして改革を・・・しなければ・・・たとえ生徒でも。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/05 14:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛 分かる人?

存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛

この意味が分かる人居ますか?腕に覚える人は見抜いて下さい。

端的に書き表してください。

Aベストアンサー

私が何に悩んでいたかが分かりました。

この「存在性理論」は、「空間」というものがすでに
あるものということだけでなく、「存在」というもの
もすでにあるものという前提での理論であると思いま
した。

それならば、例えば「人間」という存在に「物質」面
と「精神」面が備わっているということや、子供が生
まれることも、進化してゆくことも、この理論で説明
できそうです。
唯物論と唯心論をまとめる、新しい理論であるとおっ
しゃることも分からないではないです。

しかし、私が悩んだのは、№12で申し上げた、宇宙の
元初の状態から「存在」が生じるということについて
は、この理論では説明できないだろうということでし
た。
その部分は「真理」ということで「未知」ということ
でよろしいのですね?
尤もこれが分かったら、えらいことですが‥‥

Q学生の頃なりたかった職業、今現在やっている職業

学生の頃なりたかった職業と、今現在やっている職業を教えてください。
同じでない場合は、どういういきさつで今の職業に方向転換したのかも教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

学生の頃はCMやテレビ番組の制作会社を目指していましたが、どこも「若干名」の採用でなかなか決まらず、たまたま求人で見つけたマーケティング関係の会社に試しに応募して面接したところ、“できれば採用したい”と内定が出て、ちょうど同じ頃テレビ番組制作会社の一次が通ったのですが、二次がどうなるか分からなかったため、その内定先に就職しました。
で、いろいろあってその後独立して、今の仕事は怪しいマーケティング屋です。

Q存在ってどういう意味ですか

デカルトの、神の存在証明で
神は完全であり、存在も含まれていなければならない
したがって神は存在するとあります。
この 存在 というのは、どいう事かという疑問です。
そこで
(1)存在
(2)認識
(3)知覚
は現象として何を意味していて、何が違うのかをしれば
神の存在の 存在 の意味が分かりそうです。
知覚は、赤いものが脳にうつった事
認識はそれを既存の考えでとらえた事
存在は、、、共有?
わからんです

Aベストアンサー

折り紙の「帆かけ舟」をご存知でしょうか?
『帆を持っている』と思ったら舳先で、『舳先だ』と思ったら帆を持っている、ていう。
そのように、『存在がある』と思ったら認識は見当たらず、『認識がある』と思ったら存在は不明になる、という補完的な関係にあります。

そこにおいて、そうした「『存在』の『認識』」は全て、感受表面における量子相互作用に還元されます。
時空的広がりは、その「相互作用パターン」における情報的作用に対して、生理的作用を(過去の五感の相関した経験の蓄積により)予測することによって生じます(「そこ」で何が起きるか)。

そして、その「感受表面」そのものが、その“空想的時空的広がり”に有限な広がりを持っていることによって、それは確定的な先入条件から、「自我仮説」になります。
そうした時空的広がり=有限的存在性が、相補的不確定性(不確定性原理)に基づいていることによって、その【知覚】=感受表面での量子相互作用パターン(光速=現在)から、【認識】=自我仮説(経験=時間=過去=超光速)と、【存在】=時空仮説(予測=空間=未来=光速下)」は相補分化している、と言えるのです。

実は、相対性理論にしても、量子論にしても、認識体との相対によってしか存在は無い、という帰結を潜在的に持っています。
客観的時空や絶対的存在というものはなく、認識性を除外した存在は、無=無限不確定性になる、というものです。
その無限の闇に、認識体の仮定断面の運動(プランク定数hの収束(相対的には宇宙膨張)の時系列化)を想定すれば、相対的に無の風は光になり、認識体はその光の向うに、自我仮説の補完としての時空仮説=宇宙を認識します。

換言すれば、最新の量子論的世界像において、有限な存在性は観測される事によって生じており、自我仮説に対する相補的な時空仮説における、他我性こそが宇宙なのです(無の無限の闇に対する自我の射影)。
全てのものは、あなたが存在するための(物理的根源にまで遡った)補完なのです。

折り紙の「帆かけ舟」をご存知でしょうか?
『帆を持っている』と思ったら舳先で、『舳先だ』と思ったら帆を持っている、ていう。
そのように、『存在がある』と思ったら認識は見当たらず、『認識がある』と思ったら存在は不明になる、という補完的な関係にあります。

そこにおいて、そうした「『存在』の『認識』」は全て、感受表面における量子相互作用に還元されます。
時空的広がりは、その「相互作用パターン」における情報的作用に対して、生理的作用を(過去の五感の相関した経験の蓄積により)予測するこ...続きを読む

Qあなたの趣味は何でしょうか?教えてください あとあなたの年齢、職業、性別を教えてください

あなたの趣味は何でしょうか?教えてください
あとあなたの年齢、職業、性別を教えてください

Aベストアンサー

28歳の男、会社員(製造業)です。

・音楽鑑賞(邦楽only)
・カラオケ(同上、たまに一人でも行く)
・映画鑑賞(ストーリー重視)
・旅行(歴史が大好きなので城跡や寺社、遺跡などをメインに)
・読書(ジャンルは歴史・推理・政治経済・文化など)
・野球観戦(NPB・メジャー・高校)

Q人間にとって存在とは?目的?価値?意味の根拠?

人間にとって 存在とは? (1)目的である (2)価値である (3)意味の根拠である

さあ どれでしょう?

その理由も教えて下さい まだ開拓中の課題なんで皆さんの意見が聞きたいです。

存在と書くと分かり難ければ 存在する事 生存することとかでも構いません

Aベストアンサー

同じ‘存在‘ということを三つの切り口からみたそれぞれの結果ということで、三択ではなくそれぞれがそれぞれの切り口において正しいと言えるのではないでしょうか。そして‘存在‘という言葉には少なくともそういう切り口が三つはあるということが示されたと私は解釈しました。三次元空間のxyz軸のそれぞれのように、言葉に付随する三つのファクターとでもとらえるのが妥当なような気がします。‘存在‘ということを質問文中の(3)(2)(1)のようにとらえるのは、順番に「実質・相関・方向」という三つの切り口による視点から見た結果と言えると思います。

Q【職業シリーズ1】家庭科教師に共通するイメージは?

不思議なことに、出会った人の雰囲気から、
その人の職業が推測できることがあります。

中学高校の家庭科の先生といえば、
皆さんはどんな共通点が思い浮かびますか?

Aベストアンサー

こわい。厳しい。こわい。

Q「日本にはヘッジファンドというのは存在しない。 この意味を日本人で理解出来る人は少ない」 これは

「日本にはヘッジファンドというのは存在しない。

この意味を日本人で理解出来る人は少ない」

これはどういう意味ですか?

Aベストアンサー

「ヘッジファンド」の定義によるのではないでしょうか。
Wikipediaでは「代替投資の一つ。通常は私募によって機関投資家や富裕層などから私的に大規模な資金を集め、金融派生商品などを活用した様々な手法で運用するファンドのこと。」
「世界のヘッジファンドは大部分がオフショア籍であり、金融庁に無登録なので、日本の証券会社や銀行は販売できない。」
等の記載がありました。後半部分は、日本で存在しないということと関係あるかもしれません。
まあ、これは、全体のどういう文脈の中でのコメントなのかによると思います。

Q家庭教師をしている学生さん、または頼んでいるご家庭の方

家庭教師をしている大学生の者です。

家庭教師をしている学生の方は、ご家庭の親御さんから何と呼ばれていますか?また逆に、親御さんは何と呼んでいますか?

私は、2人ほど家庭教師をしていますが、小学生の生徒さんのお父様(30代)からはタメ口で、呼び方も「~さん」です。逆に高校生の生徒さんのお父様(50代と推測)からは、「先生」と呼ばれて、かなり丁寧な言葉(尊敬語までも)を使ってくださいます。人によるのでしょうが、みなさんはいかがですか?
プロではなく学生なので、「さん付け」が一般的でしょうか?密かに気になりつつ、仕事してます(笑)

Aベストアンサー

昔していましたが、生徒もその子の両親どちらからも
先生と呼ばれていました。
よくしていただいて、丁寧なコトバで話してくれましたし、
送り迎えまでしてくれそうな勢いでしたねー。

私の家でも兄が家庭教師をつけていましたが、
やっぱり親も先生って呼んでいたと思いますね。
ため口はなかったなー。

年下でもそれなりの年齢の相手には敬語を使いますね。
弟子とかなら別ですが、それが普通ではないでしょうか。

Q世界の存在する意味とは?

年の功か、多くの現象には意味や理由が在るように思われます。ただ、人間を含む、世界そのものが存在する意味が、私にはわかりません。意味、理由など無く、すべては、あるがままに、ただ、あるという事なのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は文系なので、正直よく理解していないのですが、近年の宇宙論によると、ビックバン以前の宇宙の姿もかなり予測できるようになって来たのだと聞きます。

 何でも、まず何も無い状態があり、そこに「真空のゆらぎ」が発生し、そのゆらぎが一定の度合いに達すると、そこから宇宙の卵とでも言うべきものが生まれ、その内部でエネルギーの圧力が高まるとビッグバンが起こり、宇宙が誕生するのだとか。
 そうやって、ゆらぎの中から宇宙が生まれる事態は、ごく平凡な出来事であり決して特別な事ではなく、また充分なエネルギー・ポテンシャルを持ちながらビッグバンがまだ発生していない卵の状態の宇宙からも、それを母体として幾つもの別の宇宙が発生しているのだとか・・・。

 何故そう予測できるのか私にはわかりませんし、上に書かせていただいた文にも間違いがあるかもしれません。ですが完全に人間の手に余る代物である「世界」とか「宇宙」と呼ばれるものが、実はそれこそ真砂の数だけいくらでも存在している、それこそ道端の石より庭の砂粒より平凡な存在に過ぎない事だけは確実なようです。

 また・・・、
 人間はこのとおり哺乳類に属する動物です。哺乳類の特徴とされる物事はいくつも存在していますが、その中でも特にユニークなのは「教育」を行う事です。私自身は、笑われる事を覚悟で言えば、この教育とよばれる生物界でも非常に珍しい行動を補完する為に、哺乳類は父性本能、母性本能などとともに、子性本能とでも言うべきものを持つ方向に進化したのではないかと思います。もしそんな本能が本当に存在するのであれば、やはりそれは内的な方向に向けられるものではなく、対になる親性本能と同様に外に対して向けられたものなのではないかと思います。

 更に・・・
 人間の思考過程には、次の3つの断面が有るとされているそうです。即ち根深いものから、本能、法則認識、思考・・・。
 
 それらを合わせて考えてみるに、物質のみにて形作られた精神的には虚無である宇宙(=森羅万象)と相対した時、人間はその広大無辺さに圧倒され、一人の人間としては忘れ果てていた子供よりももっと幼かった日の不安をその身の内に思い出し・・・、それによって哺乳類としての本能が幾分入り混じった認識の中の宇宙観を得てしまい、それを逆に物質的な実在の宇宙に投影してしまう事を自然に行ってしまうのではないかと思います。
 上に書かせていただいたとおり、思考や認識は本能に対して決定的な影響を与える事こそ出来ますが、構造上代わりを務められるまでには決して至る事は出来ませんから、新たな知識を、思索を幾ら積み重ねたとしても、それを行えば行うだけやはり無辺な(精神的)虚無に対する不安の念を強く刺激し、これまでと同様に子性本能を揺り動かしてより強く目覚めさせる結果に終わるだけなのではないかと思います。

 要約すれば、真実の存在としては永遠に唯物なものにしか過ぎない宇宙を、たとえどれほど優秀であったとしても一個の存在としては例外なく永遠に人間原理である人間の眼によって見てしまった時、そこから始まるズレによって或る時には"意思"が、また別な或る時には"意味"が見えてしまうだけに過ぎないのであって、実際には、そこに在るものはただ泰然として在るがままの存在に過ぎないのではないか?・・・と考えられると思います。

 宇宙とか、世界とか、この世とか、様々な名前で呼ばれるこの広がりの持つ「意味」とは、或いは感じ取る、調べる、実験するなど「読み取る」と一般に呼ばれるタイプの行動を繰り返しながら、実際にはそれら行為から得られた情報を元にして、本来は「作り上げる(獲得する)」ものなのかもしれません・・・。
 

 ・・・人間は、果たして絶対的な虚無と不安をどの程度同一視するのか。何かに圧倒されて成す術が無くなった時に、それに対応して発揮される感情(≒本能)が実際には何なのか。それらについて確実な事が言えない状態で書かせていただいた幾分乱暴な文なのですが・・・。或いは何らかの参考になれたならば幸いです。

 私は文系なので、正直よく理解していないのですが、近年の宇宙論によると、ビックバン以前の宇宙の姿もかなり予測できるようになって来たのだと聞きます。

 何でも、まず何も無い状態があり、そこに「真空のゆらぎ」が発生し、そのゆらぎが一定の度合いに達すると、そこから宇宙の卵とでも言うべきものが生まれ、その内部でエネルギーの圧力が高まるとビッグバンが起こり、宇宙が誕生するのだとか。
 そうやって、ゆらぎの中から宇宙が生まれる事態は、ごく平凡な出来事であり決して特別な事ではなく、ま...続きを読む

Q皆さんオススメの絵文字を教えて下さい! ( ☆∀☆) こんな感じのやつです。 なんでもいいので宜し

皆さんオススメの絵文字を教えて下さい!
( ☆∀☆) こんな感じのやつです。
なんでもいいので宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

( ̄∇ ̄)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング