/etc/securettyにrootからtelnetできる端末が記入されているということですが、
Console
VC/1
VC/2
tty1
tty2
pst/0
pst/1
ttys/0
ttys/1
ttyp/0
ttyp/1
ttyS0
とは具体的に何を意味しているのでしょうか?初心者でよくわかりません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

LinuxやUnixは、マルチユーザなので、ホスト・マシンに端末を接続して使うことを前提としています。


ttyはteltypeの略で(実物は、私もしりません)、ttyS0というのは、シリアルポート0番に接続された端末という意味です。
pstというのは、端末エミュレータやtelnetなどのアプリケーションで、ホストマシンに接続して、実際の端末が不要なプロセスに割り当てられます。
端末エミュレータを立ち上げて、psでプロセスを確認すると、pstが表示されます。vc/1...nというのは、具体的にどの端末というのではなく、あらかじめttyS0...nにvc/0...nを割り当てておき、一番目の端末を、一番目の仮想コンソールで開くというようなことです。
ちなみに、LinuxをTextモードで立ち上げると、まずコンソールが開き、書いておられたように、[ALT]を押しながら[f1]を押すと、順番にttyS0...nと、端末が切り替わります。

私も、日ごろあまり仮想コンソールなど使わないので、記述に誤りが多いと思いますが、大まかに言うと上のようなことになると思います。
もっと詳しく正確にしりたいのでしたら、下のURLの文章あたりを、熟読してください。
健闘を祈ります。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Text-Terminal-H …
    • good
    • 0

ひとことで答えるのは難しいです。


仮想端末とか、gettyとかで検索して勉強して、それで具体的になにが知りたいのか整理した上で、再度質問されたほうが良いと思います。
とりあえず、知らなくてもLinuxは使えます。セキュリティの問題はありますが。

この回答への補足

initialkさん、ご回答ありがとうございます。
いろいろ調べた結果以下のようなことがわかりました。

console  <----linuxに接続されているデフォルトのディスプレイとキーボードで仮想端末にrootでログインできる

tty1    <---linuxの仮想コンソール[ALT]を押しながら[f1]を押した時にrootでログインできる

ttyp0 <---telnet接続時にrootでログインできる

ttyS0 <---シリアルコンソール接続時にrootでログインできる

※間違いがあればご指摘願いします。

それでまた質問になってしまうのですが、●具体的にvc/1とはどの仮想端末をあらわしているのでしょうか?
●また、ttyS0は『シリアルコンソール接続時にrootでログインする(ことができる)』という意味なそうですが、ttys0とはどう違うのでしょうか?
ご存知の方、ご教授おねがいします。

補足日時:2005/04/24 10:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLinux上で使用しているあるフォルダ以下全体をZIPで圧縮してバック

Linux上で使用しているあるフォルダ以下全体をZIPで圧縮してバックアップしたいです.
そのフォルダはいくつものフォルダとファイルが階層になってたりします.
ただ,その指定フォルダ以下に含まれる一部のファイルはそのZIPに含めたくありません.
たとえば,「.o」と「.csv」という拡張子のファイルを含めたくないです.
これを正規表現とかスクリプトとかを使って実現できたら,やり方を教えてもらえないでしょうか.

Aベストアンサー

ターミナルから、「man zip」とコマンドを打ちましょう。
そうすると、使い方が表示されます。
その中で
 zip -r foo foo -x@exclude.lst
とあります。
exclude.lstというファイルに一致するものを除外してくれます。

Q/dev/ttyS0をuucpに設定する

CentOS6.5(final) 32bitにおいて/dev/ttyS0の設定を変更し、再起動がしても設定が有効となるようにトライしています。

uucpの設定をするという情報があったので、以下のようにしました。
1. chmod 666 /dev/ttyS0 (これが本来やりたい設定です)
2. chgrp uucp /dev/ttyS0
3. /etc/groupのuucpに自分のユーザを設定

上記3までやった段階で
$>ls -l /dev/ttyS0
と実行すると
crw-rw-rw-. 1 root uucp 4, 64 Feb 11 00:03 /dev/ttyS0
となっています。

ただ、この後にCentOSをshutdownしてから再起動すると
crw-rw----. 1 root dialout 4, 64 Feb 11 00:05 /dev/ttyS0
と設定が戻ってしまうようです。


設定においてどこか間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

"udev ttyS0"で検索してみましょう。

最近のLinuxの/dev以下のデバイスノードはudevによって自動生成されています。chmodやchgrpしたかったらudevの設定を変えないとダメです。

それにしても、自分のユーザーをdialoutグループに追加するというのだとダメなんでしょうか。

QLinux (SUSE)で、Win圧縮フォルダで作ったZIPを解凍するには

Windowsエクスプローラーで作れるZIPファイルを、Linux (SLES 10)で確実に解凍する方法はありますでしょうか?
小さいものはうまくできても、大きいものはエラー終了するという、不思議な現象に遭遇しています。

遠隔地に数十GBもあるテキストファイルを送る必要があり、Windows 2003 Serverで、
エクスプローラーの右クリックで出てくる「送る」→「圧縮(ZIP形式)フォルダ」でZIPファイル化し、SCPでネットワーク転送しました。

転送先でファイルを開こうとすると、小さい(数MB~数百MB)ファイルはなんら問題なく解凍できたのですが、
大きいファイル(GBレベル)は、ものによっては
need PK compat. v4.5 (can do v2.1)
や、
start of central directory not found; zipfile corrupt.
というメッセージとともに異常終了してしまいます。

Aベストアンサー

とりあえず、アドバイスです。
私も、AIXを使用しているときにzipファイルの解凍に苦労しました。
その時思いついたのは、PerlとArchive::Zipモジュールを用いることです。
Linuxでも同様の事ができるのではないでしょうか。
上記をキーワードにググれば参考のスクリプトはありますよ。

Q/etc/periodic.conf: /root: Permission denied

こんにちは。
cronでperiodic dailyが毎日実行されるのですが、
/etc/periodic.conf: /root: Permission denied
とうメールがroot宛てに送られてきます。
コマンドラインで
periodic daily
と打っても同様のエラーが表示されます。

/etc/periodic.conf
/etc/periodic内のファイルはともに
root所有で755のパーミッションなのですが・・・

解決法やヒントをご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

> /etc/periodic.conf: /root: Permission denied

/rootをコマンドとして実行しようとして失敗してる模様です。
/etc/periodic.confの内容が不正(なんかへんなところに空白が入っているとか。)になっていると思われますので、そちらを見直してみては。

Qlinuxなどの圧縮、解凍は何故一瞬なんですか?

Linux系OSのファイル圧縮、解凍のコマンドの
"zip"コマンドや、"unzip"コマンドは何故一瞬で圧縮&解凍が完了するのでしょうか?
同じLinuxでGUI(対象ファイルを右クリックから)から操作した場合やWindowsで同じ容量のファイルをフリーのツールで圧縮&解凍した場合と比べると
上記のコマンドを使った方が何倍も早く圧縮&解凍が完了しているようです。

GUIからの操作やWindowsのツールとLinuxのコマンドでの圧縮&解凍アルゴリズムで大きな違いがあるのでしょうか?
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご解答お願いいたします。

Aベストアンサー

圧縮&解凍のアルゴリズム自体は同じです。

ディスクアクセスがどうこうということもあるかとは思いますが、
それよりもGUIでの操作だと、圧縮解凍と作業は直接関係ない、進行状況を視覚的に表すダイアログやウインドの描画処理が加わります。
ウインド描画したり、プログレスバー(進行状況表す棒グラフのようなの)とか表示するのにパワーを消費するので、その分だけ遅くなります。

CUIなら、ターミナル上に文字表示するだけの非常に単調な作業です。
複雑な画面描画が不要なCUIだけなら十年以上前の非力なマシンでも十分実用的な速度で扱えます。

実はCUIでのunzipコマンドでも、オプションで途中経過を表示/非表示にするとその分だけ処理速度変わります。
コンマ何秒の気付かないレベルですが。

Terminal上で
unzip hoge.zip(進行状況を表示する)
unzip -q hoge.zip(進行状況を表示しない)
をtimeコマンド使って実行時間比べると約2倍の差がありました。
ただテキスト表示するかしないかの違いで。

Q/var/run/sudo/root/unknown

/var/run/sudo/rootディレクトリ直下にunknownという名前のファイルがあるのですが、ダブルクリックをしても、
「"/var/run/sudo/root/unknown"を表示できませんでした」
とポップアップ画面が現われるだけで中身を確認することができません。

削除しても問題ないでしょうか?
また、一般的に、/var/run/sudo/rootディレクトリの下には、どのような役割のファイルが配置されるものなのでしょうか?

※このunknownファイルのプロパティを確認したところ、サイズは51バイトで、MIME型は、application/octet-streamと表示されていました。
※OSは、Fedora7を使用しています。

Aベストアンサー

> unknownという名前のファイルがあるのですが、
> ダブルクリックをしても、
> 「"/var/run/sudo/root/unknown"を表示できませんでした」
windowsのように、Linuxは「あなた任せ」では何もできないです。

viエディタで見るとか、
geditで見るとか、
最悪、
hexdumpで見るとか
してください。

Q圧縮(zip形式)フォルダ作成

デスクトップ上の何もない所で、右クリックをしてメニューを出して、
新規作成から、圧縮(zip形式)フォルダを選択しようとしましたが、何故か?圧縮(zip形式)フォルダというメニューが表示されません。

圧縮解凍ソフト「Lhaplus」をインストールしたら、この圧縮(zip形式)フォルダというメニューが表示されなくなりました。

「Lhaplus」をアンインストールすると、圧縮(zip形式)フォルダは表示されます。

「Lhaplus」をインストールした後に、圧縮(zip形式)フォルダを新規で作る方法、右クリックで圧縮(zip形式)フォルダをメニューに表す方法ってあるんでしょうか?

ちなみに、「Lhaplus」のかわりに「+Lhaca」という圧縮解凍ソフトをインストールすると、右クリックで新規に、
圧縮(zip形式)フォルダは現れます。

「Lhaplus」をインストールしても、右クリックで新規に、
圧縮(zip形式)フォルダを出す方法があれば教えてください。

お願いします。





Lhaplus

Aベストアンサー

やっぱり「Lhaplus」がいいですか?

関連付けの設定は、(インストール時にデフォルトのままなら)デスクトップ上に「Lhaplus」のショートカットアイコンがあると思います。
# 無い場合は「スタート」>「プログラム」から。

そのショートカットを右クリック→管理者として実行
とすると、「Lhaplus」の設定ウィンドウが表示されます。
(インストールが済んだときに一度出てくる画面です。)
簡易設定画面だと、「一般設定」タブの右下の方の欄に、「-関連付け(解凍)-」というのがあります。
(詳細設定だと、「関連付け/シェル」タブ)
その中のzipのチェックを外して「適用」してください。
たぶんそれだけで「圧縮(zip 形式)フォルダ」は復活します。

「管理者として実行」をしないと、関連付けの変更が有効になりません。(ユーザーアカウント制御を無効にしている場合は「管理者として実行」しなくてもいいかも。)

#1に書いてある「Lhaplusで用意されている圧縮フォルダと同等の機能を有効」というのが、どこで設定するのかは判りませんでした。

やっぱり「Lhaplus」がいいですか?

関連付けの設定は、(インストール時にデフォルトのままなら)デスクトップ上に「Lhaplus」のショートカットアイコンがあると思います。
# 無い場合は「スタート」>「プログラム」から。

そのショートカットを右クリック→管理者として実行
とすると、「Lhaplus」の設定ウィンドウが表示されます。
(インストールが済んだときに一度出てくる画面です。)
簡易設定画面だと、「一般設定」タブの右下の方の欄に、「-関連付け(解凍)-」というのがあります。
(詳細...続きを読む

Qrootのホームディレクトリ/rootはないとまずい?

UNIXの知識はまだ浅いのですが質問させていただきます.

RedHat EL4で誤って/root(rootのホームディレクトリ)を削除してしまいました…(泣
あわててmcで復活を試みたのですがダメでした.


/rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?
またその場合は,OSを再インストールするしか方法はないのでしょうか?
(今回使用しているマシンはブレードサーバなので同じ構成のマシンがもうひとつあります.
それの/rootをコピーするという方法では復活できないですよね?)

ご回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

> /rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?

root でログインしたときにホームディレクトリがないというようなエラーが表示さえるようになります。また、ログイン時に読み込まれるべき設定ファイルが読まれなくなります。ただし、それ以外で /root にあるのは OS インストール時のログ・ファイルと X 関連の設定ファイル (GNOME や KDE を含む) だけなので、root のデスクトップに関する設定が失われるなど低レベルな問題が発生する程度です。

> またその場合は,OSを再インストールするしか方法はないのでしょうか?

いいえ。/root ディレクトリを再作成すればそれで OK です。X 関連の設定ファイルはディレクトリ作成後の次回ログイン時に再作成されます。

# mkdir /root
# chmod 700 /root

あと、.bashrc や .bash_profile ですが、デフォルトの内容はこんな感じです。(重要な記述はないので、別に戻す必要はありません。/etc/skel にあるファイルに alias の設定が3つ追加されているだけです)

■.bash_profile

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH
unset USERNAME

■.bashrc
# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

> /rootがないとシステムとして問題が出てきてしまうのでしょうか?

root でログインしたときにホームディレクトリがないというようなエラーが表示さえるようになります。また、ログイン時に読み込まれるべき設定ファイルが読まれなくなります。ただし、それ以外で /root にあるのは OS インストール時のログ・ファイルと X 関連の設定ファイル (GNOME や KDE を含む) だけなので、root のデスクトップに関する設定が失われるなど低レベルな問題が発生する程度です。

> またその場合は,OSを再インストール...続きを読む

QZIP圧縮の短所はありますでしょうか?

圧縮ファイルについて質問です。
LZHとZIPでの圧縮を使用しています。
今まで、LZHしかしらないで、使っていたのですが、ZIPで圧縮すると、圧縮してもファイルの内容がみれるので、こちらのほうが便利だなぁと思っています。
win98でも2Kおよびxpでも大丈夫でした。また、EXCELファイルを圧縮したのですが、LZHとZIPでほとんど圧縮後のファイルサイズがかわりませんでした。

1)今のところ、ZIPの短所がみあたらないのですが、なにか、短所のようなものはあるのでしょうか?
2)ZIPとLZHはどのような原理の違いがあるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1短所と長所
古い規格であるため、圧縮率、解凍速度、圧縮の信頼性、暗号化全てにおいてそのトップを行くソフトよりは劣ります。
・圧縮率だけを考えるなら
http://ringonoki.net/sub/assyuku.html
7-zip、rar、gcaになりますし。
・解凍速度だけで見るなら
おそらくyz1
・安全性や暗号化の信頼度から見れば
rar
※圧縮速度に関してはzipがトップかもしれません。

長所は古い規格であるため、補助ツールなどが豊富。WindowsXPでは標準で解凍できるので先にあげた短所を上回る利便性があると思います。

2原理の違い
プログラム的な構造や原理の違いを知りたいということであれば
http://www.madobe.net/archiver/index.html
ここのサイトのリンク先を一通り読んでみましょう。論文やソースがあちこちにあります。
原理を知らなくてもその違いだけでよいということであれば。
・lzhは国産、zipより後に作られたので多少圧縮率が高い。日本人が作った対応ツールが豊富。
・zipは米国産。アメリカでは主流。当然補助ツールなどもアメリカ産が多い。
というぐらいの違いしかありません。

1短所と長所
古い規格であるため、圧縮率、解凍速度、圧縮の信頼性、暗号化全てにおいてそのトップを行くソフトよりは劣ります。
・圧縮率だけを考えるなら
http://ringonoki.net/sub/assyuku.html
7-zip、rar、gcaになりますし。
・解凍速度だけで見るなら
おそらくyz1
・安全性や暗号化の信頼度から見れば
rar
※圧縮速度に関してはzipがトップかもしれません。

長所は古い規格であるため、補助ツールなどが豊富。WindowsXPでは標準で解凍できるので先にあげた短所を上回る利便性があると思います。
...続きを読む

Qメールサーバの/var/spool/mail にあるrootファイルを開きたい

RedHatLinux9でメールサーバをDMZ側に構築しました。
メールサーバはsendmailとUWIMAPを使用しています。
メールがおかれているところは、/var/spool/mail だと思うのですが、
今日、FTPソフトで、/var/spool/mailの中をのぞいてみると、
rootのファイルがおかれていて、メールが届いているようでした。
rootのメールを受け取るように設定はした覚えがないのですが、どうしてこのようなファイルがあるのでしょうか?
とりあえず、開いてみようとOutlookExpressでrootのアカウントとパスワードの設定をしたのですが、受信しようとすると、パスワードを聞かれてしまい、Linuxで使用しているパスワードではないようです。
どうやったら、このメールを見ることができますか?

Aベストアンサー

>rootのメールを受け取るように設定はした覚えがないのですが、どうしてこのような
>ファイルがあるのでしょうか?

いろいろなサービス、たとえばcron等は実行されるとrootにメールを出す様に
なっていますし、/etc/mail/aliasesファイルなどを見てもらうと、
webmaster:root
postmaster:root
みたいに、各サービス宛のメールはroot宛に送信される様になっています。

rootでログインして、mailコマンドで読めないでしょうか?
または、viエディタで開けると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング