今頃になって不思議に疑問に思いました。ずっと、以前ポケットモンスターSPECIAL(ポケスペ)の作画が真斗氏の体調不良のため、山本サトシ氏に変わりました。全く関わりのない人に作画を引き継ぐとは、思えないのです。山本氏と真斗氏はどのような関係(アシスタントだったとか、昔、一緒にやっていたとか)なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

真斗先生と山本先生に直接の関係は無いようです。


山本先生はポケモンでは「山本サトシ」ですが、以前少年サンデーで「風の伝承者」の作画担当をしていた時は「山本智」の本名でした。

山本先生は93年にサンデーでデビュー、単発で読切を同誌に掲載後、98年に「風の伝承者」で初連載。連載終了後、1年の充電期間を置いて「山本サトシ」名義で「ポケモンスペシャル」を開始、今に至っています。

対して真斗先生は、片山愁先生のアシスタント出身だったと記憶しております。「ドラゴンフィスト」(新書館)に真斗先生の絵と思われるオマケ漫画が載っていたような?「ナイチンゲール」(小学館)の他にサンライズ系とガイナックスのアンソロジー(ラポート・ビブロス)が数冊出ています。小学館(サンデー含む)で原案付作品を単発で5作品ほど掲載(単行本未収録)。

経歴から見るとお二人の接点は「小学館・サンデー」くらいです。推察するに、単に「小学館つながり」で選ばれたのだと思います。その辺の詳細は不明ですが。

作画交代の理由は真斗先生の難病養生(ご本人のHP参照。相当な難病のようです)のためというのはご存知のとおり。

長々と書きましたが、推察の域を出てない回答で申し訳ありません。参考にしていただけたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
つながりはないと推察されますか。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/14 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QポケットモンスターSPECIAL

てんとう虫コミックスからでている、
ポケットモンスターSPECIALなんですけど、
番外編というのはあるんですか?

なんか、ブルーとシルバーの話らしいのですが;;
知っている人、買ったという人は教えてくださいっ

あと、小学館でもやっているのですが、
小学館で出た話ってちゃんとコミックになりますか?

Aベストアンサー

“ポケットモンスターSPECIAL”は現在1~17巻まで発売されていますが、“番外編”と銘打ったタイトルは出版されていませんね…
いずれ出版されるかもしれませんが、1冊の単行本になるには、一定以上のページ数が必要なので、話の長さによっては、連番の単行本の中に収録されてしまうかもしれません(例えば18巻の後半は番外編~とかね?)
また単行本が出るかどうかは、連載時、あるいは著者・作品の知名度によって、利益が上がると判断された場合にのみ、と言う事になりますので、必ずしも単行本化されるとは限りません。
さらに先に申しましたように、一定以上のページ数がなければなりませんので、それに満たない場合も発行されない可能性があります。
もっとも版元は“天下の小学館”なので…“なんとな~く”出版される可能性もあるっぽいですよ?(笑)
こんな情報でお役に立ちますか…?^^

QポケットモンスターSPECIALは複数の雑誌で連載

ポケットモンスターSPECIALは複数の雑誌で連載されてるらしいんですが、掲載されている内容はどの雑誌も同じでしょうか。

Aベストアンサー

私が読んでいた頃は「小学○年生」という同系列の雑誌での連載だったのですが
現在は廃刊(休刊?)になっているらしいので、現在の状況は違うのかも知れませんが…

複数の雑誌に掲載されていますが、同じものが載っていたように思います。
結局単行本は一種類しか出ませんし、別のストーリーという事はないのではないでしょうか。

何らかの事情で、雑誌毎に掲載のスピードが狂う事はないとは言えないですが
(こちらには9話目が載っているのにこちらは10話目など)
おそらく全て統一されていると思います。

Q山本直樹氏『ありがとう』ででてくる薬について

宜しくお願いします。
山本直樹氏の漫画、『ありがとう』の1巻で
昌子が暴漢に薬を飲まされるシーンがいくつか
出てきますが、あれはどのような薬なのでしょうか?

飲み薬なので麻薬ではないと思うのですが、

”薬がきれちゃった”
”薬がききすぎてやりすぎてしまった”
”これを飲むと気分がおちつくよ”

などの言葉がでてきますが本当にそのような薬が
あるのでしょうか?

推測でいいので教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

錠剤型の麻薬たとえばMDMAだと思っています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%BC_%28%E8%96%AC%E7%89%A9%29

Q○○とか○○とか○○とか、という表現

最近、ときどき小説でも見かけるようになりましたが、もともとはおそらくマンガのセリフ表現ではないかと思います。
「○○とか○○とか○○とか」という同じものを3回繰り返す言い回し。

使用例
貧しくていつも腹をすかせている主人公のところへ、友人がやってくる。
友「おー、アブク銭が入ったんで、ゴチソーしてやるよ。何がいい?」
主「焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか!」

この言い回し、いつ頃、誰が始めたんでしょうか?

個人的には、70年代の吾妻ひでお、和田慎二、あるいはそれ以降で、高橋留美子、長谷川祐一、竹本泉あたりが頭に浮かぶのですが、全く検証できていません。意外と、マイナーな少女マンガあたりが発祥かもしれません。

※ふつうに、違うものを“とか”で並立する表現「○○とか△△とか××とか~」という使い方自体、比較的新しいもののようです。戦後くらい?


何か手がかりになる情報がありましたら、教えてください。
多少おぼろげでもかまいませんが、誰の何年の作品に使われているというのがわかれば、よりありがたいです。
よろしくお願いします。

最近、ときどき小説でも見かけるようになりましたが、もともとはおそらくマンガのセリフ表現ではないかと思います。
「○○とか○○とか○○とか」という同じものを3回繰り返す言い回し。

使用例
貧しくていつも腹をすかせている主人公のところへ、友人がやってくる。
友「おー、アブク銭が入ったんで、ゴチソーしてやるよ。何がいい?」
主「焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか!」

この言い回し、いつ頃、誰が始めたんでしょうか?

個人的には、70年代の吾妻ひでお、和田慎二、あるいはそれ以降で、高橋留美...続きを読む

Aベストアンサー

おくまで個人的な主観なのですが、こういった言い回しは竹本泉が初めてのような気がします。
それまでこのような表現は見たことがなかったので、驚いた記憶があります。

Q同人誌の作画の用場っていくら程度ですか?

同人誌の作画の用場っていくら程度ですか?

本文32Pの作成

表紙・裏表紙を作成してもらう

セリフをコミックのようにきちんとしてもらう

キャラクターをこちらの指定した設定を元に完全オリジナルで作成してもらう

当然、やり直しなどもあり

つまり、こちらが提出するのはネームだけで
後は全て相手に任せ、チェックだけを行い
駄目な点をやり直してもらう。という内容です

早い話が、印刷所に送る直前までの状態にしてもらうという事です

これで、13万で考えていた所

そんな出すなら、俺がやる。みたいな感じですごい出しているみたいに
言われたのですが

普通、相場ってどれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

普通、同人誌って自費出版だから
最初にページ数を決めて
印刷費を見積もり、印刷代を自分で払って
コミケ等で回収します。
※会誌とかは別ですが

ネームをあなたがやって
仮に直しも含めて平均1日4ページ完成原稿
描ける人(もっと描ける人も多いけど)だと
4ページ×8日=32ページ
さらに印刷費の負担が無い。
13万貰えるとすると
1日約16,000円。
最近のバイト事情からすると破格。

作者の能力と
拘束日数にもよりますが
1日8,000円以上貰えれば
やりたいと言う人はいると思います。
※アナログ原稿を記録として手元に置きたい人も多いので
 デジタル原稿作っている人の方がいいかも

アナログ原稿の場合、
写植なんかはあなたがやると
手作り感が出て
編集作業に関わっている感じが出て
いいと思いますよ。

ただ、著作権関係があるので
出来た後に販売した際の
バックはとか、作成したキャラの作品後の転用とかを
どうするかははっきり決めておいた方がいいと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報