赤川次郎さんの本を読みたいと思いましたが、量が多すぎて、どれから読めばいいかわかりません。

赤川次郎さんの一番最初の作品から読んでいくのがいいと思うのですが、そうやって順番に読んでいくのは、あまりスキではないです。

アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

まだ挙がっていないシリーズ物としては「幽霊」シリーズがお薦めです。



『幽霊列車』

がシリーズ第一作で、文春文庫から出ています。
女子大生とやもめの警部補?がいろんな事件と解決していく短編作品です。



同じく文春文庫の

『マリオネットの罠』

これは赤川作品のなかでも一番?の異色であり、傑作だと思います。
森の洋館に住む美しい姉妹と彼女達の家庭教師となった若い男性の悲劇の物語です。


ショートショートの傑作としては

『踊る男』
『勝手にしゃべる女』

が新潮社から出ています。
思わず唸ってしまう秀作揃いです。


そして、わたしの一番好きな本として

『壁の花のバラード』(徳間書店)
『払い戻した恋人』 (集英社)

の2冊もお薦めします★
赤川さんらしい軽快なタッチが最高ですよ♪


その他、質問者様がお若い女性であれば
『吸血鬼はお年ごろ』(コバルト文庫)
に始まる吸血鬼シリーズや
『ふたり』       (新潮社)
もお薦めです。

以上、赤川作品をほとんど読んでいる者として、参考になさっていただければ嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

たくさんの作品、ぜひ参考にさせていただきたいと思います。
「マリオネットの罠」は、面白そうですね。
赤川次郎さんはショートショートも書いていらっしゃるんですね。ショートショートは大好物なので、読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/05/03 19:55

小・中・高校と赤川次郎にハマって読みふけっていた事を思い出しました・・。

今は殆んど読んでいないので、昔の作品しか知りませんが。
皆さんが言われているように「三毛猫ホームズ」のシリーズから入るのが一番読みやすいんじゃないかな、と思います♪
あとは私の大好きだった作品をひとつ。
「白い雨」うろ覚えですが、奥多摩に降る白い雨の中起こる連続殺人事件・・・。恐怖サスペンス、といった感じだったと思います。ぜひ読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

とりあえずは、さわりとして、三毛猫シリーズからはじめようと思います。明日、古本屋に行って探してきます。

「白い雨」ですね、ぜひ読んでみます。

お礼日時:2005/05/03 19:59

「授賞式に間に合えば」


赤川次郎大好きでいろいろオススメはあるんですが、ひとつだけといえばコレです。面白いです。

この回答への補足

すみません、授与式⇒授賞式。ですね。

補足日時:2005/05/03 19:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こう、一冊だけあげられると、なんとしてでも読みたくなってきてしまいます。
「授与式に間に合えば」ぜひ読んでみたいと思います

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 19:49

やはり皆さん言われてますが『三毛猫ホームズ』シリーズが読みやすいと思います。

このシリーズの作品は人物のちょっとした説明がされているので、一番最初の作品から読まないと分からないと言う事がないと思います。
後は本屋さんの新刊コーナーに平積みされている短編集などがいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり三毛猫ホームズ、良いみたいですね。
短編集って言うのもありですね。。。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 19:48

こんにちは



赤川次郎さんの本は文庫になっているものはかなり読んでいます。
お勧め本書かせていただきます。

『杉原莢香シリーズ』

爽香が15歳から1年に1冊の本が出ます。現在は31歳だったと思います。これがイチオシ!

『三毛猫ホームズ』

これははずせません。かなりいっぱいありますがどれから読んでも違和感がないかも。

『純一と真弓』の泥棒+刑事の夫婦のシリーズ

突拍子もない設定ですがなかなか面白いです

『美知と麗子の双子のシリーズ』
「ウェディングドレスはお待ちかね」他

上げればきりがないのですが、参考にしてください
古本屋さんでもいっぱいあるのでシリーズものも手に入れやすいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

15歳から31歳まで一冊づつ、面白そうですね。
三毛猫ホームズシリーズは、一度読んでみようと思ったのですが、途中から読んでわからなかったら嫌だと思ったので、避けていました。違和感ないのなら、安心して、読めますね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 19:45

こんにちは



赤川次郎さんの本は文庫になっているものはかなり読んでいます。
お勧め本書かせていただきます。

『杉原莢香シリーズ』

 爽香が15歳から1年に1冊の本が出ます。現在は31歳だったと思います。これがイチオシ!

『三毛猫ホームズ』

これははずせません。かなりいっぱいありますがどれから読んでも違和感がないかも。

『純一と真弓』の泥棒+刑事の夫婦のシリーズ

突拍子もない設定ですがなかなか面白いです

『美知と麗子の双子のシリーズ』
  「ウェディングドレスはお待ちかね」他

上げればきりがないのですが、参考にしてください
古本屋さんでもいっぱいあるのでシリーズものも手に入れやすいですよ。
    • good
    • 0

初めまして。


私も赤川次郎が大好きで学生の頃から読んでいました。結構持っていましたが場所がなくなってしまったのでお気に入りを残して今でも余裕があったときに読んでいます。
私のおすすめは、三毛猫ホームズシリーズ(かなり長いけど)、マザコン刑事シリーズ(読みやすいです)
こちら団地探偵事務局(これは今手元に2巻までありますが続きが出てるかは不明)が読みやすいのではないかと思います。
参考にしてみてください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/05/03 19:40

むかーしちょっとだけはまって読んでた時期がありました。


その中でも「顔のない十字架」が面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「顔のない十字架」ですね、
ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2005/05/03 19:36

古本屋であるのを安い順からとか。


私は天使と悪魔シリーズが好きでした。

「天使よ盗むなかれ」他は、お薦め。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安い順ですか、なるほど、それもいいかもしれません。
「天使と盗むなかれ」ぜひ、呼んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 19:35

ドラマ・映画化された作品から入ってみては?↓



参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/junfuji/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドラマ・映画化された作品なら、はずれがなさそうでよさそうですね。参考にしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤川次郎さんの作品で

最近、昔の赤川次郎さんの作品を読むことにハマッています。
ほとんどの作品が再読になるんですが、今のところ『顔のない十字架』と『白い雨』が好きです。シリーズ物はイマイチ好きじゃないのが多いです(汗)。

皆さんは赤川次郎さんの作品で、どの話が一番面白いと思いますか?

Aベストアンサー

やはり「三毛猫ホームズ」シリーズですね。
あとは、「3姉妹探偵団」
蛇足ですが、昔、三毛猫シリーズがテレビドラマになったときの片山刑事役は石立鉄男でした。^^;

Q赤川次郎さんの作品を探しています

 初めまして。皆さんのお力をお借りできればと思い、質問させていただきました。

 表題通り、赤川次郎さんの作品を探しています。中学~高校時代に読んだので、20年近く前になると思うのですが、短編集かシリーズものと一緒に収録された短篇だったと記憶しています。

1.あるOLが自分でもしらないうちに社内でも人気の男性と結婚するとして招待状が送られてくる。友人の入れ知恵で相手の男性に説明をして婚約者のふりをすることになるが、OLは死亡。友人と男性はその秘密を共有して……友人視点のお話でした。死亡したOLさんの親戚だという刑事さんが出てきました。

2.サラリーマンが女子高生と援助交際?みたいに1晩をすごし、その後サラリーマンと不倫していた女性が死体で見つかって……という話。サラリーマンと女子高生が、ハンバーガーを食べているシーンがありました。

3.話の筋はまったく覚えてないのですが、女性の一人称で、その女性は貯金を自分の部屋のティッシュケースか何かに隠している、というくだりがありました。

 3つとも殺人が絡んだサスペンスです。
 自分で本屋に行って、1冊1冊立ち読みして探してみればいいのですが、現在病院で身動き取れない状態なので……。
 収録されている単行本名が分からないので、家人に内容を説明して買ってきて貰うのも難しいです。
 作品名と、収録されている本の情報をお願いします。分かったら自分でネットショッピングするか、家人に買ってきてもらおうと思います。

 初めまして。皆さんのお力をお借りできればと思い、質問させていただきました。

 表題通り、赤川次郎さんの作品を探しています。中学~高校時代に読んだので、20年近く前になると思うのですが、短編集かシリーズものと一緒に収録された短篇だったと記憶しています。

1.あるOLが自分でもしらないうちに社内でも人気の男性と結婚するとして招待状が送られてくる。友人の入れ知恵で相手の男性に説明をして婚約者のふりをすることになるが、OLは死亡。友人と男性はその秘密を共有して……友人視点のお話で...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
お捜しの本は、短編集「恋愛届を忘れずに」ではないかと思います。

1の話のタイトルは、「私への招待状」、2の方は、「私からの不等記号」、3は、わたしも本はもう持っていないため、ちょっとわからないのですが…表題作がこれかなと思います。

なにぶん、記憶が不確かですので、もしかしたらまちがっているかもしれません。
参考にしていただけたらと思います。

参考URL:http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%ce%f8%b0%a6%c6%cf%a4%f2%cb%ba%a4%ec%a4%ba%a4%cb&p=0&g=0

Q赤川次郎作品で感動して泣ける作品は?

赤川次郎作品で感動できる作品を探しています。

感動の理由は読者それぞれの理由が有ると思います。
タイトルを教えて下さい。

Aベストアンサー

『午前0時の忘れもの』
身内を亡くしてしばらくしてから読んだので、けっこう泣きました。

参考になると思われるホームページがありましたので、↓に貼り付けておきますね。

参考URL:http://www.h4.dion.ne.jp/~njp/work/d02.htm

Q赤川次郎の“三毛猫シリーズ”についての質問。

最近赤川次郎さんの三毛猫シリーズにはまってよく読んでいるのですが。
どうしても気になることがあるので知っているかたがいらっしゃいました教えてください。
妹の晴美は過去に大きな悲しい恋を経験したことがよくいろんなシリーズで出てくるのですがどのような経験をしたのかは載っていません。
いろいろそのことが載っていそうな題名を見つけて買って読んでもいるのですが、分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

「三毛猫ホームズの推理」って読みましたか?

後は、読んでからのお楽しみ。

Q赤川次郎さんの作品で、面白い物を教えてください。

赤川次郎さんの作品で、面白い物を教えてください。
古くてもいいですし、シリーズ物でもいいです。

サスペンスやホラーチックなものが好きですが、ジャンルはどういったものでもかまいません。

Aベストアンサー

120冊ぐらい所持していますが、『死者の学園祭』、『悪女』 は凄く面白かったのでずっと記憶に残っています。
お勧めです。

Q浅田次郎氏&島田荘司氏&恩田陸氏の作品について@

読書の好きな私ですが、島田氏も恩田氏も浅田氏も、数多く作品を出されている方々なので、どこら辺から手をつけてよいのか迷っています。。。
そこで、どちらでもかまいませんので、お勧めの作品を教えてください@

Aベストアンサー

島田荘司は、ほとんど読んでいます。
きちんとした推理小説です。
大きく分けて御手洗潔ものと吉敷竹史ものがあります。
過去の作品のキャラの経緯が新しい作品に微妙に反映されていることもあり、
新しい作品を先に読むことには注意が必要です。

御手洗ものだったら、
発表順に読むことを強くお薦めします。
『占星術殺人事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『異邦の騎士』
という順番です。
『異邦の騎士』はいいですね。
短篇集『御手洗潔の挨拶』も面白いです。

吉敷ものだったら、
『涙流れるままに』は後回しにする方がいいでしょう。
面白いのは、
『北の夕鶴2/3の殺人』
『奇想、天を動かす』
あたり。

他に、独立した作品で『火刑都市』はお薦めです。

特に『龍臥亭事件』『龍臥亭幻想』は先に読まない方がいいです。
まあ、作品の水準の問題もありますが。

Q赤川次郎さん作品

こんにちは。
赤川次郎さんの小説にはまっています!
最近「三毛猫ホームズシリーズ」と「三姉妹探偵団シリーズ」をすべて読み終えた所です。
そこで新しいシリーズを読み始めようと思うのですが、たくさんあるので迷っています。どれがおすすめかよろしければ教えて下さい!
(推理もの限定で。短編でもいいですが、できればシリーズもののしかも長いやつがいいですね。)

Aベストアンサー

私も、昔読んでいました。
今は、1シリーズに絞って、読んでいます。

「杉原爽香シリーズ」です。
毎年、9月に本が出ます。(あっそろそろ新刊ですね)
そして、本の中の人物毎年、成長していきます。

一作目が
「若草色のポシェット」(爽香15歳)
次に出る新刊で爽香30歳になります(笑)

えっと、全て書き出してみますね。

若草色のポシェット
群青色のカンバス
亜麻色のジャケット
薄紫のウィークエンド
琥珀色のダイアリー
象牙色のクローゼット
瑠璃色のステンドグラス
暗黒のスタートライン
小豆色のテーブル
銀色のキーホルダー
藤色のカクテルドレス
うぐいす色の旅行鞄
利休鼠のララバイ
塗羽色のマスク

ですね。
タイトルに色の名前が付きます(笑)

興味を持って頂けると、嬉しいです。

Q有栖川有栖さんの本はどれから読めばいい?

有栖川有栖さんの本が面白いと言う事なので
読んでみたいと思うのですが
シリーズ等あるようなので、どれからどう読めばいいのか
どなたか教えて下さい。
このシリーズはこの順、といった事をお願いします。

Aベストアンサー

読んだことあるので“一応”経験者とさせて頂きました。

シリーズは大きく分けると2つです。

1 大学生 有栖川有栖が主人公 探偵役は大学の先輩 江神
2 推理小説家 有栖川有栖が主人公 探偵役は友人(大学助教授)火村

私は最初に1(大学生の方)の第1作「月光ゲーム」を読みました。
(デビュー作だったらしい)
これは初めての人も入りやすいのではないでしょうか。

しかし、作品の数は2シリーズの方が多いので、
(さらにこの中に「国名シリーズ」などに分かれます)
シリーズ物として楽しむなら2の方をどうぞ。
作品を追う毎に火村という人物の抱えている過去が少し見えてきた気がします。

ファンの方のサイトに作品リストやお勧めなどが載っていました。
(実はこのサイトも「教えてgoo」で知ったのですが…)
御参考にどうぞ。↓

参考URL:http://www12.u-page.so-net.ne.jp/zk9/kaname_n/

Q赤川次郎 作品名

赤川次郎の作品で
タイトルが思い出せません。

分かる方いましたら
お願いします!

どうしても
もう一度読みたいです


主人公、女子高生

(o^^o)あらすじ(o^^o)

修学旅行の間に
引っ越し前の仲の良い友達aを
助けるため
冒険をする話

修学旅行に行く日に
その友達から
SOSの手紙が来る

なので修学旅行に行かず
助けにいく

仲の良い友達は
自分を含め3人

友達bと助けに行こうとするが

ヤクザ的な人に
人質にとられ、
自分とヤクザボスの下部の2人で行く

友達aを助ける間に
下部は自分を好きになる

結果、下部は
足を洗いたいと言い、
ボスに殺されてしまう



分かりづらく
長々しい文ですみません。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

Aベストアンサー

「友よ」だと思います。

Q最初は笑って読んでいて最後に気づくとないてる本

最初は笑って読んでいて最後に気づくとないてる本
こんなふれこみで、ラジオ(4/6、昼頃、j-wave)にて紹介されていたんですが、最近の本で中央公論社から発売されているらしいのですが、車の運転中に拝聴していたので肝心のタイトルや作家名はサッパリ聴き取れずじまいでした。
もしそんな本があったらラジオ紹介に合致してなくても一度読んでみたい気がします。
ご紹介よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浅田次郎さんの『プリズンホテル』はいかがでしょうか?
夏・秋・冬・春の全四冊です。
はじめのほうはただの荒唐無稽な話のようですが順番に読んでいくと
最後の春でほろっときます。不意打ちのように涙が出て
自分でもどうして泣くのかわかりませんでした。
4冊読んできて心の中にたまっていたものが一気にあふれてしまったような感じです。
ラジオで紹介していた本はわかりません。ごめんなさい。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087473295/249-5976363-7411539


人気Q&Aランキング

おすすめ情報