毎晩日記をつけたいのですが、どうも、朝付けたりバラバラです。寝る前必ずつけるしくみっとか習慣はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は50年近く日記をつけています。

中学3年の頃から。年が分かりますね。
始めの頃は書いたり、書かなかったりでした。

めんどくさくなると、今日は何も無し、と書いていました。今見ると懐かしく
なります。中には日付はあるけれど、年が無くはて何時のことかと前後を見て見当
をつけます。

日記を書かなければと思いすぎると、はじめの内は脅迫観念に襲われました。
そのような時には年月日だけ書いて、今日は駄目でした。で終わりにするのです。

間が抜けても気にしないことです。抜けた期間は、この間付け落ちとして、
後を続ければ良いでしょう。

これを繰り返すうちに自然に習慣になり、日記をつけなければ1日が終わった気が
しなくなります。

でも古い日記帳が50冊を越えると読み返すのも面倒くさくなります。
一度読み返しました初めのうちは青春時代が懐かしく思えましたが10冊位読み返したらくたびれました。

今は読み返し一休み中、そのうちにもう一度読み返し自分の年表でも作ろうかな
と、思っています。
    • good
    • 0

こんにちは。


私は5年日記をつけるようになってから長続きするようになりました。
小学生の頃は鍵つき日記を付けたり、家計簿の下に書いたり、青春時代は
ノートに毎日書ききれないくらい付けたこともありましたが、さめやすい性格で
後で見直すと、歯抜け状態で・・・

10年くらい前に(まだ10年日記や5年日記がメジャーでなかった頃)自分で
大学ノートに見開きで4日分になり5年間同じページでかけるように、枠をとって
本当に短い文章しか書けませんが、毎日書き始めました。
子どもの行事、健康、その日の献立、愚痴や不満、自分の事で何もない時は、
ニュースや気候まで。少ないスペースなのですぐ埋まります。
又、前の年のゴールデンウィークは何をしてたっけ?とか、ここ何年、母の日の
プレゼントはなんだったかな?とか見直すのに最適だし、書きながら、ついつい
前のを読み返してしまいます。
日記は、枕もとに置いておくと忘れません。その日の出来事を感情ぬき
で綴るのも結構、怒り狂って吐き出すのも結構、必ず開くことにしておくと続く
と思います。
5年10年日記は、書き続けてこそこの価値が出てきますし。
頑張って下さい。
    • good
    • 0

こんにちは、私はとても日記など続ける事は無理と思っていました。


子供の頃は夏休みの絵日記が苦痛で・・・・・(笑)

ところがパソコンを使っての日記は何故か続いています。
3年も・・・・不思議です。
仕事から帰って来てパソコンを立ち上げる時書き込みますが
私しか使わないパソコンなので特別パスワードなど考えていません。
便利なソフトもあるようです。

愚痴あり、自慢あり、なんでもありの日記です。
    • good
    • 0

kurokurosiさん初めまして。

私も日記を付けています。私は夜なかなか寝付けないたちなのでお風呂にはいる前などにベットに日記を置いて置きます。そして過去の日記を読みながら今日の出来事を記して床につきます。
でも日記って別に毎日つけなくてもいいと私は思っています。その日1日が嫌なことだった場合書くことも辛いし読み返して思い出すのも嫌になります。
中学生だった頃はいいことよりも嫌なことの方が多かったため日記自体が陰険な感じになっていて捨ててしまいました。毎晩つけようと考えるのではなく楽しいことがあった日や嬉しいことがあった日にその1日を思い出しながら日記を付けたらどうでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで日記帳に日記をつけたことのない方へ質問です。

今まで日記帳に日記をつけたことのない方へ質問です。
どんな日記帳をもらったら日記をつけてみようって思いたくなりますか?(たとえば、日付は既に入っていて、その日あった大きな出来事が記されているとか)もちろん、今日記をつけていらっしゃる方からのご意見も大歓迎です!

Aベストアンサー

日記というものから遠ざかって10年以上たちます。

少しでもやる気が起きそうなのは、「楽しかったこと」「嬉しかったこと」「悲しかったこと」「怒ったこと」というように感情別にカテゴリーがあってそれで日付別になってたら書きやすいと思いますね、個人的に。

悲しいことや怒ったことばかりになってきたら楽しいことを増やそうとするもんだし、励みにもなりそうですがね。

こんな意見でよかったでしょうか???

Q白杖を持った視覚障害者(?)に注意して以来、どうも恨まれつけ狙われているみたいで気味が悪いです。

通勤時に私が利用する駅と乗る電車が同じで、ほぼ毎朝見かける白杖を持った女性がいます。
ただ、今まで見かけてきた白杖を持った方とは明らかに様子が違うと、かねてから思っていました。
駅の入口から階段を下る速さ、駆け下りてます。私が同じように駆け下りても互角となるでしょう。改札までの通路は、点字ブロックの上を歩く、というより小走りです。私と同じ乗車口から乗るのですが、白杖をに突きさすように電車に乗り込み、まっしぐらに優先席付近に向かいます。(その後大抵、席を譲ってもらっているようです。)ある時は、ものすごい駆け込み乗車もやってのけていました。
その、確かに苦労をしているであろうとはいえ、「そこのけそこのけ白杖をついた私が通る」とでもいうような態度が私はどうしても納得がいかず、また実際はかなり見えているようだという考察から、私はある時電車の中で彼女に、先述の旨(マナー違反では?)を指摘しました。
すると、その時は、「それは指摘していただきありがとうございます。」と特に言い返してくるでもなく終わりました。
その後です。彼女は私と同じ乗車口ではなく隣の乗車口から乗るようになりました。そして、私が並んでいると、ぶつかっていって、「すみません」といったり、私が見ているところで歩いて壁にぶつかって見せたりということ(パフォーマンス?)をしだしました。
そして、最も気味の悪い出来事が起こりました。その日は休日で、かなり遠い場所で友人と待ち合わせていました。電車を乗り継ぎ二回目の乗り換え駅で電車の発車を待っていると、なんと件の女性が現れたのです。脇には、多分彼女を案内してあげようとしていた、通りがかりの親切な女性がいました。あえて気にしないようにしていましたが、今日もまた、駅前で買い物をして出ると、目の前の店で買い物をしている彼女に遭遇。これは相当根に持たれているな、という不気味さと、やはりかなり見えているではないかという怒りとで、何とも言えない気持ちになりました。
そこで皆さんのお知恵を拝借したい次第です。長くなってしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

通勤時に私が利用する駅と乗る電車が同じで、ほぼ毎朝見かける白杖を持った女性がいます。
ただ、今まで見かけてきた白杖を持った方とは明らかに様子が違うと、かねてから思っていました。
駅の入口から階段を下る速さ、駆け下りてます。私が同じように駆け下りても互角となるでしょう。改札までの通路は、点字ブロックの上を歩く、というより小走りです。私と同じ乗車口から乗るのですが、白杖をに突きさすように電車に乗り込み、まっしぐらに優先席付近に向かいます。(その後大抵、席を譲ってもらっているよう...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも、質問主さんの、「白杖を持っている=視覚障害者=全盲」という認識が間違いです。
ですので「視覚障害者なのに見えているじゃないか」と怒りを覚えるという事でしたら、
該当の女性は、質問主さんの視覚障害に対する知識が不足している為に、理不尽な怒りの対象になっている被害者である。といえます。

特に明るい昼間の時間帯ですと、明暗の差により、輪郭などはかなりはっきりと見える視覚障害者の方もいらっしゃいます。
ただし、そういう方でも多くの場合、薄暗い時間帯になると明暗の差がなくなる為、見えなくなってしまいます。

また、通いなれた道ならば、晴眼者よりも感覚が鋭い方たちですので、見えているかのように移動できる事もあります。

駅構内をあきらかに「走っている」ならばマナー悪いですが、小走りというのは「早歩き」のスピードかとおもいます。
その程度の通行者なら、いくらでもいます。
晴眼者なら早歩きしてよくて、障害者はおとなしくしておけ。というのもよくわかりません。

降りる人を押しのけて乗り込むようならいけませんが。降りた後にすばやく乗り込むのでしたら、
ゆっくり乗って込み合ってしまうと、視覚障害の為に晴眼者よりも身動きが取りにくく人にぶつかって迷惑をかけてしまう為、
すいているうちに素早く乗り込むようにしている。という事も考えられます。

更には、障害者の方が優先席付近に向かう事のなにが悪いのか?
電車内はたいがい薄暗くなりますから見えにくく、「いつでも同じ場所に乗る」事は、降りる際の利便性向上につながります。
毎日違う場所に乗っても、なに不自由なく降りていける。それができないからこそ白杖をお持ちなのでしょうから。

唯一、駆け込み乗車は、障害のあるなしに関わらず大変にマナーの悪い危険な行為ですので、この点は、質問主さんが注意されるのも理解できます。
共感できるのはこの点のみです。

指摘後隣の乗車口から乗るようになった。というのは、指摘のしかたに寄るでしょう。
駆け込み乗車以外について、マナー違反云々とおっしゃったのでしたら、
「必要な事だからしているのに、それを嫌がる人のようだから、お互いの為に距離をおこう」
という適切な対応のようにも思えます。

根にもたれているという感覚について、
ぶつかった日は、雨、曇など、薄暗い日ではありませんでしたか?
前述のように、「晴れていれば明暗の差である程度、見える」視覚障害者の方は珍しくありませんが、
そういう方は、晴眼者にとっては全く気にならないようなうす暗がりでも、見えづらくなるものです。
そのためにぶつかってしまった。という可能性はあります。
また、出先でたまたま会ったからといってなにが問題なのか?も、わかりません。

まあ、あまり気になさらないほうがよろしいかとおもいますよ。
私がみたところ、質問主さんがあげられているような事で「根にもたれている」とは感じられませんので。

そもそも、質問主さんの、「白杖を持っている=視覚障害者=全盲」という認識が間違いです。
ですので「視覚障害者なのに見えているじゃないか」と怒りを覚えるという事でしたら、
該当の女性は、質問主さんの視覚障害に対する知識が不足している為に、理不尽な怒りの対象になっている被害者である。といえます。

特に明るい昼間の時間帯ですと、明暗の差により、輪郭などはかなりはっきりと見える視覚障害者の方もいらっしゃいます。
ただし、そういう方でも多くの場合、薄暗い時間帯になると明暗の差がな...続きを読む

Q日記をつけたい★

こんばんは。
インターネットで日記を付けたいと思っています。他の方に読んで頂き、コメントしてもらう。。。というようなスタイルのサイトを探しています。
アクセス数が多めでレイアウトも素敵なサイトをご存知の方、是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「さるさる日記」
「日記のススメ」
なんてどうでしょう?
個人的にはさるさるの方が規模も大きくてオススメです☆

「さるさる日記」
http://www.diary.ne.jp/

「日記のススメ」
http://tw1.cgiboy.com/diary/

Q日記をつけていますか

どうぞ教えて下さい。日記をつけていますか?将来、その日記は役に立ちそうですか?

Aベストアンサー

つい先月から、3年日記を始めました。
1ページに3年分の同じ日の日記を書ける形式の日記ですね。
根気のある方ではありませんが、書ける日に書く、という気楽な姿勢で書いています。

役に立つというよりは、
「ああ、去年はこんなこともしていたな」とか
「この出来事からもうこんなに経つのか」とか
そんな風に振り返ることができたら楽しいだろうと思っています。

その中で、もしかしたら自分の成長を感じられることもあるかもしれませんし、
あるいはもっと変えていかなければならないことに気づけることもあるかもしれません。
忘れかけていたことを思い出すきっかけになるかもしれませんね。
そういうことがあれば、役立ったな、と思えるんじゃないでしょうか。

毎日、夜に1日を振り返ることで反省するきっかけになるという方もみえると思います。

私としては、「役に立つ」というのは二次的な事項で、楽しんでやれるかということが大事だと考えています。

Q今から日記をつけるのはダメでしょうか?

今から日記をつけるのはダメでしょうか?
一歳3ヶ月の息子がいます。生まれてすぐ育児日記をつけていたのですが、途中で書く余裕がなくなってしまい半年ほどでやめてしまいました。

最近よく夜は寝てくれていて時間もあるので、また日記をつけたいなぁ~と思っています。
普通の日記&育児日記を書こうと思っています。

・今さら育児日記をつけるのって遅すぎますか?
・今まで育児日記関係なく、日記を長く続けられた事がありません…どうしても内容が愚痴になってしまい、途中でやめてしまいます。何か長く続けられるコツありますか?
・ほぼ日手帳が気になります…使いやすいでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そんな事ないでしょ?
思い立ったが吉日で。
貴方にとってはそれが今なんだと思う。
日記に綴るという営みを通して。
貴方は日々の大切さ、積み重ねを深く感じていける。
息子さんの小さな成長を喜べるようになる。
今から書いていくなら。
こうしてまた日記を付けたいな~と思ったという「今の気持ち」を。
日記の最初のページに、しっかり貴方の言葉で書き込んでおく。
そうすれば。常にそのページを貴方が目にする事で。
今の気持ちに還っていける。そして続けていける。
中身は。貴方次第で良いんだよ。
日記だから細かくとか、丁寧に~という力みは要らない。
書きたい事があればしっかり書く。
特に無ければ。ざっと一日を振り返る程度で良い。
ただ、ブランクを作らない。何か数行でも書く。
それが日記をつけるリズムを作る事になる。
いつも同じ内容、中身を~と思うからしんどくなってくるんだからね。
リラックスして。
あくまで育児の延長として。
尚且つ貴方自身が自分と向かい合う大切な時間として。
日記という作業を貴方のこれからに取り入れていけば良いんだと思う。
仮に続かなくても。
書きたいな思った気持ちに正直になってみること。
そしてまずやってみること。それが大切なんだからね。
今しか出来ない。
積み重なれば積み重なるほど。それが歴史になって、貴方にとって尊い読み物、財産にになる☆

そんな事ないでしょ?
思い立ったが吉日で。
貴方にとってはそれが今なんだと思う。
日記に綴るという営みを通して。
貴方は日々の大切さ、積み重ねを深く感じていける。
息子さんの小さな成長を喜べるようになる。
今から書いていくなら。
こうしてまた日記を付けたいな~と思ったという「今の気持ち」を。
日記の最初のページに、しっかり貴方の言葉で書き込んでおく。
そうすれば。常にそのページを貴方が目にする事で。
今の気持ちに還っていける。そして続けていける。
中身は。貴方次第で良いんだよ。
日記...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報