先日ウォンカーワイ監督の「欲望の翼」を見ました。
ウォンカーワイ作品初めてで少し戸惑っています。
最後、トニーレオンが天井の低い狭い部屋で(船の中?)、何やらおめかししている?シーンがあったと思います。
突如として入ってくるあのシーンはいったいどういう意味なのでしょうか?
ウォンカーワイ作品は理解が困難だ(というかどうとでもとれる)と、聞きます。
これもそういうことなのでしょうか?
それとも、もう10年以上前の作品だと思うので、ほぼ定説的な解釈が既にあるのでしょうか?
もしあるなら、誰か教えてください。
また、特にそういったものがないのであれば、皆さまの解釈は?

そもそも、そのシーンが本当にトニーレオンなのかはっきりしないのですが…。(ビデオデッキがぼろいのか、もしくはもともとどちらかというと全体的に暗めの映像だったからかわかりませんが、顔がはっきり見えない)
ですが、確かトニーレオンがキャストに載っていたのをネット上で見たので、もし出ていたとすると、最後のシーンしか考えられないと思うのですが…。(1回しか見ていませんがそれまでのシーンには出ていなかったと思う)
でも、ビデオ自体のキャスト(エンディングのスタッフロール)にはトニーレオンの名は載ってなかった。…ので、ますます当惑。

あのシーンは次回作への布石、などという噂も聞きました。ということは続編にはトニーレオンが出るってこと?でも10年経っても作られてないってこと?もしくは私が知らないだけで、既にタイトルは違えども、続編に相当する作品がある?

ん~、わかりません。もろもろ、その辺のことお詳しい方お教え下さい。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず最初に、あの男はトニー・レオンです。

保証します(笑)。

この映画はもともと二部構成の大作になる予定だったといわれます。
第二部の年代設定は1966年ということも決まっていたらしく、第一部(『欲望の翼』)の登場人物もある程度絡んでくるようなものにするつもりだったらしいのですが、第一部の製作にお金も時間もかかりすぎたため、あのような仕上がりで公開されたようなのです。もちろん当初の予定通りに出来上がっていれば、トニー・レオンは第二部で登場していたのでしょう。

『ブエノスアイレス』に形を変えた第二部的なものを感じるという人もいますし、『花様年華』あたりは設定が年代的にも似ており、使用される音楽、全体的なムードは確かに『欲望の翼』を思い出させます。が、何れも『続編』ではない、というのが私個人の感想です。とはいえ、本当のところは監督の胸の中。ただ『欲望の翼』という作品は、この人の作品の中でも、特にそうした想像、憶測を生ませるだけの、妙な魅力をもっていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>この映画は~ 登場していたのでしょう。

そうだったんですか。

>『ブエノスアイレス』に形を変えた第二部的なものを感じるという人もいますし…

『ブエノスアイレス』、こないだ偶然見ました。観た感じ、私も続編と捉えることはできませんでした。もっとも、「形を変えた」とされると、なんとも言いようがありませんが…。
いつか、『花様年華』(この作品知りませんでした)も観てみたいと思います。

情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/05 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花様年華とはどういった意味なのでしょうか?

花様年華とはどういった意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

蕾から開花した花が時間とともに満開になりまた散っていくという、花と人生(年華)をかけた言葉だそうです。

Q続編前提だったのに1作で終わった作品

本来は何部作かのよていだったのが、結局1作目だけで終わってしまった作品について考えています。
私の知る限りでは『リディック』があり、個人的にはとても好きな映画なので残念です。
あとは『ジャンパー』も続編製作のニュースは聞こえてきませんね。
『パニッシャー』はヒットしない割には何度も製作されているのが疑問ですが…
『スーパーマン リターンズ』の続編はタイトルだけ判明しているものの製作は不明ですし、もっと過去の作品も含めると結構あるのかもしれない、と思ったので、他にもあれば皆さん教えて下さい。

Aベストアンサー

 アメコミ原作の映画に多いように思います。「デアデビル」、「キャットウーマン」なんかがそうです。さらに少し古いですが、「スポーン」もけっこう本気でシリーズ化を狙っていたそうです。個人的にはどの映画もイマイチと感じたので、やむなしと思います。

Q「花様年華」のバイオリン挿入曲名

2000年香港製作の映画「花様年華」の途中で何度か流れている、憂いを漂わせるの雰囲気をもつ、バイオリン器楽曲の曲名と作曲者名をご存知でしたら教えていただけますでしょうか。同じ曲は、時計メーカー Patek Philippe のテレビ・コマーシャルでも使われていました。

Aベストアンサー

『夢二のテーマ』でしょうか?
参考URLで視聴できますので、聴いてみてください。(1曲目)

http://www.towerrecords.com/product.aspx?pfid=2334072

日本で発売されているサントラにも、収録されているようです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HTTK/qid%3D1085144044/249-6883004-2204329

参考URL:http://www.towerrecords.com/product.aspx?pfid=2334072

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業

Q花様年華のDVDの…

隠しコマンド(「夢二のテーマチャプター」、「2人の想い出」)が分からなかったんです…。どうしたら見られるのでしょうか?そもそも隠しコマンドって?初歩的な質問(?)ですいません。

Aベストアンサー

隠しコマンドとは、ある条件を満たさないと現れないボタンのことです。
下記のサイトを参考にしてみてください。
特典コンテンツを2つ観るというのがミソですよ。

参考URL:http://tonyleungcw.com/bbs/cbbs/cbbs.cgi?mode=one&namber=101&type=93&space=45&no=0

Qビデオ(VHS)ではっきり映っていたのにDVDではっきり映っていないのはなぜですか

あるアメリカ映画を、レンタルビデオ(VHS)で観たときは、
女性の裸体が出てくる場面があるのですが、その裸体がはっきり映っていたのですが、
同じ映画のDVDを買って観ると、同じ場面で、女性の裸体が暗くなってよく見えない状態になっていました。
それは何か理由があるのでしょうか。
どうしてでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来的に独立していないので、
「映画」そのものの著作権、肖像権のライセンス
を正式に受ければ問題は起きないようにも思えますが、

 事後的に、何らかの特殊な事情で「(個別の俳優の)肖像権」
のみが「差し止め」等の対象となり、再編集の対象とならざる
を得ないケースも考えられないこともありません。

 ただ、日本国内では、(個別の俳優の各シーンも含む)映像著作権
というものは製作サイドに所属しているのが通例であって
 http://www.kanto-ba.org/series/s49.htm

米国のように裁判の争点となるケースも少ないのでは
ないでしょうか?
http://www.mahlesq.com/htm/pub9.htm

 具体例として
日本でも「青春の殺人者(1976)」で完全版がでにくいのも
そのシーンに当時17歳の現役女子高生でもあった
(巨乳で有名な)原田美枝子の乳を水谷豊がシャワー室で
吸うシーンがあるのですが、原田美枝子側が独立の肖像権
をもとに、製作サイドと何らかの特殊な事情があるように
思えて仕方がありません。

 また、一昔前のテレビドラマTBS「人間失格(1994)」の
鬼教師役で有名になった斉藤洋介も、若い時期に
漫画家の赤塚不二男が監督したAV作品(2本)が過去ソフト化
され、今でも中古市場に出回ることを相当嫌がっていますし
(裁判で紛争になったかはわかりません)。

 また、「(個別の俳優の)肖像権」に拘わらず
事後的に「差別・偏見」等の趣旨が包含しているのが発覚し
「表現の自由」との対立という形で裁判上の紛争となり
、「差し止め」か「再編集」
が余儀なくされてしまうケースもあるようです。

 ご質問の内容の場合は、最初のVHS化の時点では
問題はなかったのに、DVD化の時点で「(個別の俳優の)肖像権」
が問題となってきたとも考えられますが、単に作品上の
映像技術上の再編集の趣旨ともとれますので、
なんとも正確な回答はできません。

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来...続きを読む

Q欲望の翼

先日ウォンカーワイ監督の「欲望の翼」を見ました。
ウォンカーワイ作品初めてで少し戸惑っています。
最後、トニーレオンが天井の低い狭い部屋で(船の中?)、何やらおめかししている?シーンがあったと思います。
突如として入ってくるあのシーンはいったいどういう意味なのでしょうか?
ウォンカーワイ作品は理解が困難だ(というかどうとでもとれる)と、聞きます。
これもそういうことなのでしょうか?
それとも、もう10年以上前の作品だと思うので、ほぼ定説的な解釈が既にあるのでしょうか?
もしあるなら、誰か教えてください。
また、特にそういったものがないのであれば、皆さまの解釈は?

そもそも、そのシーンが本当にトニーレオンなのかはっきりしないのですが…。(ビデオデッキがぼろいのか、もしくはもともとどちらかというと全体的に暗めの映像だったからかわかりませんが、顔がはっきり見えない)
ですが、確かトニーレオンがキャストに載っていたのをネット上で見たので、もし出ていたとすると、最後のシーンしか考えられないと思うのですが…。(1回しか見ていませんがそれまでのシーンには出ていなかったと思う)
でも、ビデオ自体のキャスト(エンディングのスタッフロール)にはトニーレオンの名は載ってなかった。…ので、ますます当惑。

あのシーンは次回作への布石、などという噂も聞きました。ということは続編にはトニーレオンが出るってこと?でも10年経っても作られてないってこと?もしくは私が知らないだけで、既にタイトルは違えども、続編に相当する作品がある?

ん~、わかりません。もろもろ、その辺のことお詳しい方お教え下さい。
よろしくお願い致します。

先日ウォンカーワイ監督の「欲望の翼」を見ました。
ウォンカーワイ作品初めてで少し戸惑っています。
最後、トニーレオンが天井の低い狭い部屋で(船の中?)、何やらおめかししている?シーンがあったと思います。
突如として入ってくるあのシーンはいったいどういう意味なのでしょうか?
ウォンカーワイ作品は理解が困難だ(というかどうとでもとれる)と、聞きます。
これもそういうことなのでしょうか?
それとも、もう10年以上前の作品だと思うので、ほぼ定説的な解釈が既にあるのでしょうか?
もしある...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初に、あの男はトニー・レオンです。保証します(笑)。

この映画はもともと二部構成の大作になる予定だったといわれます。
第二部の年代設定は1966年ということも決まっていたらしく、第一部(『欲望の翼』)の登場人物もある程度絡んでくるようなものにするつもりだったらしいのですが、第一部の製作にお金も時間もかかりすぎたため、あのような仕上がりで公開されたようなのです。もちろん当初の予定通りに出来上がっていれば、トニー・レオンは第二部で登場していたのでしょう。

『ブエノスアイレス』に形を変えた第二部的なものを感じるという人もいますし、『花様年華』あたりは設定が年代的にも似ており、使用される音楽、全体的なムードは確かに『欲望の翼』を思い出させます。が、何れも『続編』ではない、というのが私個人の感想です。とはいえ、本当のところは監督の胸の中。ただ『欲望の翼』という作品は、この人の作品の中でも、特にそうした想像、憶測を生ませるだけの、妙な魅力をもっていると思います。

Qスピルバーグ監督作品「ミュンヘン」の1シーンについて…

今、創作活動を行っているのですが、その辺りでちょっとお聞きしたい事があります。
序盤のシーンにて、ジェフリー・ラッシュ(エフライムという役名です!眼鏡をかけた男で、序盤に登場します)と、主人公が公園で歩きながら暗殺の説明を受けるシーンがあります。
「誰々をこうやって殺してくれ」のような会話を人がいる所で平然と会話をしているのですが、現実の視点から見て実際によく行われていたりするものなのでしょうか…?

Aベストアンサー

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファイルを送ります。
映画「ジャッカルの日」では、殺し屋ジャッカルにテロ集団は、
高級ホテルで出会って殺人を依頼します。
この時に報酬なども取り決めます。
おそらく現実は、もっと複雑で、何人かの人が間に入っているでしょう。
おそらく誰が依頼したかは全くわからないようになっているのでしょう。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23269
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10302

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファ...続きを読む

Q映画 『2046』 を観る前に…。

今日(26日) フジテレビの『特ダネ!』で 笠井アナが『2046』を観る前に『???』と言う作品を観てからの方がいい。 というような事をおっしゃっていたのですが なんという作品かわかる方 教えていただけませんか?            残念ながら 私は『2046』を公開初日に観て来てしまったのですが 関連性がある作品ならばビデオを借りてこようかなーと思いますので 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

もう回答いただいておりますが

たぶん「花様年華」ではないかと思います。

「花様年華」が「2046」の前作にあたるようです。つまり「2046」は「花様年華」の続編に位置づけられる作品ということのようです。

トニ・レオンは同じ役柄のようでトニー・レオンの心情や2046の意味を知るには「花様年華」を見ておいたほうが良いと試写で見た友人も話していました。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32482/index.html

映画楽しんで来て下さいね!

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32482/index.html

Q女性が自分の性器を傷付けるというシーンのある作品を、

女性が自分の性器を傷付けるというシーンのある作品を、
むかし観ました。
全編は見ていませんが、印象に残るシーンですので、
ご存知の方がいらっしゃると思います。

上のようなヒントで検索をかけても、残酷なニュース記事ばかり
ヒットしてしまって...

覚えているシーンの内容です。
女性は娼婦ぽい役だったと思います。
客か情夫の男が彼女の部屋に行くと、
彼女はベッドに横たわっていますが、
彼女が自分の性器を刃物か何かで傷つけている事に
男が気づき「どうしてこんな事をするんだ」と悲しそうに言います。

他に、女性が大きな安全ピンで、
自分の両頬を貫通しているシーンもありました。

ピンときた方、タイトルを教えて下さい。

Aベストアンサー

>他に、女性が大きな安全ピンで、
自分の両頬を貫通しているシーンもありました。

これでひらめいたのですが、たぶん「町でいちばんの美女・ありきたりな狂気の物語」(81年イタリア・フランス)だと思います。
ただ女性器を傷つけるシーン、はどうでしたか…、そういうシーンで印象的なのは、私もベルイマン監督の「叫びとささやき」なのですが。大きな安全ピンを頬に刺すシーンは上記の作品に間違いなくありましたので。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD16886/index.html


人気Q&Aランキング