最新閲覧日:

グリーンベレーやブラックベレーって日本人でもなれるのものですか?どういう人たちがなるものなのでしょうか?教えて下さい。

A 回答 (4件)

No.2の方の補足です。


作家の柘植久よし氏というかたが、グリーンベレーに籍をおいていたことがあるはずです。名前の漢字がわからなくてすみません。
フランス外人部隊にいて、グリーンベレーの教官をしたことがある方だと記憶しています。
この方の本を見てみると後ろに経歴が載っています。
    • good
    • 1

altyraさんの回答にありました、本を紹介します。


三島瑞穂さん著の「グリーンベレーD446」です。
わたしは、連載されている時に少しだけ読んだことが
あります。
結構面白かったですね。

本が出ていることは知っていましたが、まだ読んでません。

参考URL:http://www.namiki-shobo.co.jp/html01/m_yomu001.h …
    • good
    • 0

 No1の方の回答に補足です。


 グリーンベレーになるためには「アメリカ市民」であることが最低条件です。

 また、反米的な思想・言動がなかったか、それこそ生まれた瞬間にまでさかのぼり調査されます。あと、親族に自殺者や精神異常者がいてもだめです(何親等以内かは忘れました)

 すくなくとも、日本で生まれた日本人がグリーンベレーになることはほぼ不可能です。そのような例がまったくないわけではないようですが。たしか、そのような方の自伝がありました。その本に詳しく書いてあったのですがタイトル・著者名は忘れました。心当たりのかたいませんか?
    • good
    • 0

グリーンベレーについて書きます。


グリーンベレーになるためには、一応一定期間の軍の服務が必要です。

2段階として、第82空輸部隊に服務し、落下傘(パラシュート)の訓練を受ける。まだこれでは充分ではない。4週間の基本教育を履修する。その後、グリーンベレーに入る資格を持つようになる。

訓練過程は、3段階で16週の間実施される。

第1段階 : 基礎訓練過程で一日17時間ずつ31日間実施される。

訓練目的:どんな状況でも耐えられる体力、精神力の培養。

訓練内容:早朝5時起床して、完全武装で12kmを走る。走り終わったらあらゆる体力訓練が待っている。グリーンベレーの隊員になるための必修訓練などが実施される。

第2段階 :専門課程で3週間実施される。火器、戦闘工兵術(爆破)通信、衛生、情報など五つの訓練を集中的に受ける。

第3段階の訓練を成し遂げる者は20-30%位に過ぎない。

この訓練を成功裏に終えた隊員は、願望のグリーンベレー隊員になり、各特殊部隊に配属される。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ