シェイクスピアの作品は好きなのでいろいろ
読んでいますが、このたびただの「好き!」
から一歩踏み出して、よし、シェイクスピアを
論じている本を読んでみてみよう!
と図書館で作品についてあれこれ述べてある
本をみてみました。
最近読んだのが「リア王」だったのでそれについて
かいてある本を見たところ、
「ブランク・ヴァースが・・・」ということが
かいてありました。
これって一体何なのでしょうか?
いちおう、検索てしらべてみたところ詩の形の
なにからしいのですがよくわかりませんでした。
ゴネリルとリーガンだったがが使ってるみたいですが
それは日本語で読んでもわかりませんか?
その本はちょっと難しかったので借りてこなかったので
タイトルなどは忘れてしまいました;;
もしかしたら全然違うかもしれません。
そのうち、英語で読むのに挑戦してみたいのですが
ご存知の方、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 ブランク・ヴァースというのは脚韻のない詩の形で、シェイクスピア劇の場合、高貴な人物が話すところやかっこいい場面では必ずと言っていいほど使われています。

ゴネリルやリーガンだけではなく、リア王の主要な登場人物はたぶんみんなここぞというところではブランクヴァースでしゃべります。詩ですので一行ごとに改行し、場合によっては二人か三人の短い台詞のつながりで一行をなす(ハーフラインといいます)こともあります。

 ブランクヴァースは脚韻がないのになぜ詩かというと、リズムがあるからです。英語の詩には弱い音節と強い音節があり、その組み合わせでリズムができます。シェイクスピアのブランクヴァースには、おおまかに言って以下のようなリズムがあります。

(弱教)(弱教)(弱教)(弱教)(弱教)
この()内をひとまとまりとして数え、(弱強)が五回続いて一行をなすので、弱強五歩格と呼ばれます。つまり(弱い音節+強い音節)×5で、一行は10音節になりますね。

 例えば『リア王』第一幕第二場冒頭のエドマンドの台詞で、強い音節を大文字、弱い音節を小文字で書きますと、

thou NAture, ART my GOddes, TO thy LAW
my SERviCEs are BOUND. WhereFORE should I
stand IN the PLAGUE of CUStom, AND perMIT...

 ちょっと読みにくいですが、声に出して読んで頂くとなんとなくリズムがあるのがわかると思います。音節をちゃんと数えて計算し、リズムをつけて読むのはかなり大変で、英語圏でも演劇の勉強をしたことのない人はあまりちゃんとできないそうです。

 ブランクヴァースにはいろいろ例外がありまして、幕の終わりとかカッコよく決めたいところでは最後の二行で韻を踏む二行連句が使われたり、最後に弱い音節がくっつくフェミニン・エンディングが使われることもあります。あと、ここぞというところでは破格が使われます。ハムレットの有名な

to BE, or NOT to BE. THAT is the QUEStion.
 なんかは、普通破格で読まれます(上の大文字のところを強く読んでみて下さいね)。

 弱い音節と強い音節の判断は、辞書をひいてアクセント記号を見て考えて下さい。弱強五歩格で読んでいて、単語のアクセントの位置や文のつながりがおかしいと感じたときはたいてい破格です。

 あと、道化やお笑い担当の役者は普通散文でしゃべります。ブランクヴァースは、基本的にかっこいいところで高貴な人物がしゃべる言葉です。

 ブランクヴァースについての解説ですが、最近出た『ロミオトジュリエット 恋におちる演劇術』という本に初心者向けの解説があります。この本は非常に易しく一般向けに書かれているのでおすすめですよ。下にアマゾンのアドレスをはっておきます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622083 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなりましてすみませんでした~!
非常に分かりやすい解説をありがとうございます。
やはり英語でないとよさはわからないみたいですね。
英語圏のひとでも難しいとなるとちょっとしり込み
しちゃいますが、わかるようになるとさらに
劇を楽しめそうですね。
それにしてもこんな複雑なルールのもとで
劇を書くなんてすごいですね。
永久保存したいくらいのご回答を本当に有難うございました!

お礼日時:2005/07/09 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェイクスピアについて

シェイクスピアについて

大学生です。
最近イギリス文学、特にシェイクスピアに興味があります。
シェイクスピアの作品について論評している本でおすすめのものがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
前記のよくわからなかった分は、
正しくは中央公論社の「世界の文学セレクション」でした。
村上春樹さんはも少年のころは、このシリーズを読まれていたそうです。

Qシェイクスピアの「お気に召すまま」という作品を読みました。

シェイクスピアの「お気に召すまま」という作品を読みました。

「君、時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ」

という台詞が、誰がどんな場面で言ったのか知りたかったからです。

しかし、私の買った書籍には、この台詞がありませんでした。

この台詞は、誰がどんな場面でいったのか教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Orl のセリフに

Orl. And why not the swift foote of time? Had not that bin as proper? Ros. By no meanes sir; Time trauels in diuers paces, with diuers persons: Ile tel you who Time ambles withall, who Time trots withal, who Time gallops withal, and who he stands stil withall

とうのがあり、"Time trauels in diuers paces, with diuers persons" の部分がご質問の部分に相当するように思われます。

場所は全体の中ごろですから、第2幕第2場くらいじゃないかと思います。
Orl. とあるのは、Orlando のことでしょう。

下記のサイトのテキストで見ました。
 → http://www.gutenberg.org/cache/epub/2244/pg2244.html

どんな場面なのかは、ずっと読まなければ分りませんし、私の読解力ではとても無理だし、日本語訳を持ってるわけでもないので、それは答えられそうにないので他の方にお任せします。

Orl のセリフに

Orl. And why not the swift foote of time? Had not that bin as proper? Ros. By no meanes sir; Time trauels in diuers paces, with diuers persons: Ile tel you who Time ambles withall, who Time trots withal, who Time gallops withal, and who he stands stil withall

とうのがあり、"Time trauels in diuers paces, with diuers persons" の部分がご質問の部分に相当するように思われます。

場所は全体の中ごろですから、第2幕第2場くらいじゃないかと思います。
Orl. とあるの...続きを読む

Q「シェイクスピア」の「言葉遊び」

「シェイクスピア」の「言葉遊び」についての質問です。

●以前何かの本で、シェイクスピアは、生涯の作品で、(またはある作品中で)おおよそ、いくつぐらいの言葉遊びを用いていた。という記事を見ましたが忘れてしまいました。(><)

シェイクスピアって、駄洒落や言葉遊びの名手だったことは推測できますが、おおよそどのぐらい使っていたか、ご存知の方ご指導くださませ。m( _ _ )m

生涯の作品中でも、特定の作品中でもかまいません。

Aベストアンサー

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? that rebellion
Had met ill luck?
「The Second Part of Henry the Fourth」

【早口言葉】
But she as far surpasseth Sycorax,
As great'st does least.
「The Tempest」

【Shakespeare Quotes】
My words fly up, my thoughts remain below
Nothing can come of nothing

全く関係ありませんが、「Shakespeare Jokes」というサイトがあります。
洒落のサイトです。
"Do me, or not do me. THAT is the question."
http://www.arches.uga.edu/~erhart/Jokes/Jokes.htm

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html,http://www.allshakespeare.com/quotes/

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? tha...続きを読む

Qシェイクスピア作品のどこに魅力があるのか分かりません。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気持ちが乖離している事に疑問を持っています。

シェイクスピアの表現が一般的になりすぎて新鮮味を感じないからなのか、はたまた現代の表現に適していないからなのか・・・。
また、ベニスの商人の後書きに書いてあったのですが、既存の民話や作品を繋ぎ合わせて、物語を構築する手法を用いて作品を作っていたという説明に、シェイクスピア独自のオリジナリティーが無かった事に対する失望も湧き上がった事も魅力を失わせた理由の一つと思います。

ただ、私がシェイクスピアを読む上での観点が誤っていたりする事も考えられるので、シェイクスピア作品を読む上でどこに着目すべきかを、どなたかご教示頂ける方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく。

また、
・どこに着目すべきか
・シェイクスピアの作品の作り方はどこが評価されているか
・誰が、どの作品を評価しているか
が分かる参考図書等があれば教えて頂けないでしょうか?
(ホームページでも構いませんが、私は見つけられませんでした・・・。)

ちなみに私が読んだ中で素晴らしいと感じたものは、
 ゲーテのファウスト、
良いと思ったのは、
 武者小路実篤 愛と死
面白さがよく分からないものが
 川端康成 伊豆の踊り子

文学以外で素晴らしいと思ったのは、
 福澤諭吉 学問ノススメ
最近の本で良かったのは、
 的場明弘 超訳 資本論
です。

勝手我侭な質問で大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気...続きを読む

Aベストアンサー

シェイクスピアは大衆向けのにぎやかし芸であって、
藤山寛美や手塚治虫と同類でありシーンごとの
盛り上がりをどうするかがコンセプトなのです。
テーマとか全編構成はそのための手段にすぎません。
あなたがおもしろさを理解できないのは
趣味が合わないからですよ。
大ヒット作品であっても好みに合わない人もたくさんいるのです。

Qシェイクスピア作品とアーサー王伝説の原題

年度末にロンドンとシェイクスピアの生家の場所へ旅行することになりました。
そこで友人達からシェイクスピアとアーサー王伝説の本を買ってきて欲しいと頼まれたのですが、無学なことに私は原題を知りません…‥
シェイクスピアの作品とアーサー王伝説の原題と作者、出版社をご存じの方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?
また、イギリスで一般的に読まれているのはここの出版社のものだとか、ここで買うと良いなどの情報もありましたらお教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

すみません、長い上につけたし。

もし純粋に「お土産物」と考える場合ならば、
装丁や挿し絵で選んでもいいと思います。

シェイクスピア作品は少し古い英語で書かれており、
私はさほど英語力が高くないのでああいう英語はよく分からないんですが、「原著」が欲しいならそっちですな。
http://homepage1.nifty.com/igirisumonya/0000.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422889294

私はどうも戯曲形式が苦手で、日本語でも読めません。
ちゃんと詳しい人からコメントがあるといいですが(^^;

なにはともあれ、良いご旅行を!

Qシェイクスピア作品はなんで「文学」として評価されてるんですか?

シェイクスピアの作品はすべて劇の台本ですよね。
現代のものであれば、劇の台本と読むための文学作品は、区別されて
台本自体は、演劇という作品の準備にすぎない、として扱われると思うんですが

なんでシェイクスピアについては「文学」としての評価が与えられているんでしょうか。


…とまで書いたところで、シェイクスピアに限らず、劇の台本の形をとる作品っていっぱいあるじゃん、と気づきました。
そういうものってすべて、上演されることと、そのまま読まれること
両方を目的として書かれてるんでしょうか?

Aベストアンサー

戯曲作品について。
近年の戯曲作品には、上演を目的としたもの(これが本旨でしょう)と上演と購読とを狙ったもの、そして購読を狙ったものとがあるようです。
まあ、上演も行いそれだけでも読むに堪えるような御本(戯曲)と云うのは大変だろうとは思いますが、中には院本の体裁を取りながら一体これってどう云う演出を考えているのだろうかとか上演する事を考えているのだろうかと云うものもあります。

なお、沙翁の場合、邦人は邦訳で読むので解りがたいですが、原文は韻文となっているようです。従って韻文としての美しさもその一つとして文学として評価されているのでしょう。

もう一つは古典文学を現代の目で見てはいけないと云う事です。本邦の国劇や浄瑠璃本も演劇の上演の準備と云う点では同じではないでしょうか?

まあ、これが文学作品か否かの線引きは画然としたものがあるとは思えませんし、理学や数学のようの定義もないようですから。(主観が交じる事になる、…と感じるとか、…と思えるとか)

Qシェイクスピアについて質問します

映画「恋に落ちたシェイクスピア」をみて、シェイクスピアに興味をもちました。
この脚本はすべてフィクションだと思いますが、
実際のシェイクスピアはどういう人物だったのでしょうか?

1.文豪のイメージがありますが、貧乏だったのですか?
2.役者でもあったのですか?
3.演出しながら脚本を作ったのですか?
4.結婚はしたんでしょうか?
5.直筆原稿など残っていますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実はシェイクスピアは謎の人物です。

1234は不明です。彼の私生活は不明な点が多いです。日記はおろか手紙すら残っていません。
5:残っていません。

そして、1234についてなのですが・・・実は本人が作品を書いたという証拠はありません。
シェイクスピアの話の中に必ず付きまとうのが「作品は彼が書いたものではなく」別の人が使った筆名(つまりペンネーム)であるとする説があり、実際にそれなりの真実味があります。シェイクスピアの評価は「ラテン語もギリシア語もダメ」というものだったそうで・・・

本当の作者はだれかということになると、第1として上がるのがフランシスベーコンです。この人であるという説は昔からあったようです。
2005年10月には、作品の真の作者はシェイクスピアの遠縁であるヘンリー・ネヴィルであるという説が論文にまとめられています。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィリアム・シェイクスピア

Q夏目漱石作品等の古い文体(?)の本が読みたい!

国語の知識が無いので、何と表現するのかわからないのです・・・
夏目漱石や横溝正史の作品で、オリジナルの古い文体で書かかれたもの
(「云ふ、さうですか、~するやうに」等の語調で書かれているものという意味です。)
はどこの出版社で購入する事が出来るのでしょうか?
また、書店で請求する場合、この様な文体の名称は何と言えば伝わりますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

夏目漱石の作品については岩波文庫がおすすめです。
漱石に限らず近代日本文学の中で定評のある作品はほとんどが岩波文庫になっています。もちろん、オリジナルと同じ言葉遣い(旧仮名遣い)で収録されていますから、ivy2003さんのご希望にぴったりだと思いますし、大きな書店に行けば入手は容易です。

残念なことに岩波書店の販売方法が一般の本と違う(返品不可の買い切り制)為に、街の小さな書店や中規模の書店ではおいてないかもしれませんけれど・・

なお、参考URLは近くに大きな書店のない方のための岩波文庫の買い方のガイドです。

参考URL:http://www.tomita.net/column/s971008.htm

Qシェイクスピアの「今年死ねば来年はもう死なないのだ」はどの本に書いてあるのですか?

村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」という小説に、
ウィリアム・シェイクスピアが言っていたように、今年死ねば来年はもう死なないのだ。
という文があるのですが、シェイクスピアのどの著作に書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

シェイクスピアの史劇『ヘンリー4世」第2部における Francis Feeble のセリフ。

By my troth, I care not; a man can die but once; we owe God a death.... He that dies this year is quit for the next.

参考URL:http://www.consolatio.com/2005/05/shakespeare_on_.html

Q古典作品を読む場合、~系統の本という感じで本文のことがよく問題とされますが、これはどうしてですか。

古典作品を読む場合、本文のことがよく問題とされますが、これはどうしてですか。

つまり、「源氏物語」の場合「青表紙本」系統と「河内本」系統とがありますよね。本文を研究する場合、まずどちらの系統か確認してから読み進めていくと思います。本文が、どちらの系統か読む前に問題とするのはなぜなんでしょうか。

Aベストアンサー

古典の本文の研究というのは、写本の年代や筆写した人物・他の写本との異同を調べて作品の本来的な形を推測したり、成立過程を明らかにしたり、受容の歴史を考えたりするのです。
だから、いつごろ誰がどの系統の本を写した写本なのかを最初に問題にするのは当然です。
私は専門家ではありませんから、これ以上の知識はありません。
もし、試験の対策などでしたらもうすこし専門的な知識のある人の意見を参考にして下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報