『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

囲碁、将棋ファンの皆様こんにちは。うちの小学校高学年のサッカー小僧が、突然、囲碁か将棋もやってみたい!、と言い出しました。恥ずかしながら夫婦そろって囲碁も将棋も知りません。図書館で子供向けの本をちょっと見てみましたが、一ゲーム(なんていうのでしょうか?)終わるのにどちらもすごく時間がかかりそうで忙しい小学生にはどうかなとも感じたり・・
 そこで、囲碁、将棋ファンのみなさん、独断と偏見で結構です、囲碁と将棋の面白さの違いや、サッカー大好き少年に薦めるなら自分ならこっち、というお話をお聞きしたいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

将棋ですね。

駒の個性をそれぞれに生かして対局するところがいいです。囲碁は一昔前の悪平等ですね。皆同じです。将棋は歩には歩の役割があり、飛車には飛車の役割が有ります。最初のうちは盤の端っこにあって何に使うんだろうっていう香車も強くなってくると生かし方が判ってきて感動します。
日本の将棋は駒が一種類です。人類皆兄弟。ノーサイドのホイッスルが吹かれると、同じ駒箱に入る仲間です。白黒に分かれているチェスや囲碁より平和的。碁石は、試合終了後も別々の入れ物。
取るというのも、お話し合いで、こちらの陣営に来て戴く。駒台という第二の盤に乗り、最後まで盤から排除されることはありません。囲碁やチェスでは一旦盤を離れた石や駒は対局中に再復帰できません。
将棋はソフトが進んでいます。全く知らなくても、次の手をヒント通り指していけばいい勝負。ヒントを見なくてもヒント通りさせれば有段者。囲碁のソフトは弱いです。
将棋は手の良し悪しがほとんど説明できます。囲碁はこう打つもんだとしか説明できない手が多いです。
将棋は某サイトで1分切れ負け専門でやってる人が居ます(考量時間が二人合わせて2分未満なので必ず2分以内に勝負がつきます)。さすがに王様取らずに終わることが多いですが、2分切れ負け(足して4分)なら半分は、3分切れ負け(足して6分)なら八割はちゃんと勝負がつきます。小学生の対局時間は普通10分程度です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。いろいろと内情がわかって面白く読ませていただきました。

お礼日時:2005/07/14 22:45

私は小学校の時に将棋クラブに入っていました。

将棋は私も詳しくは習っていませんが、駒の動かし方さえわかれば王様を取って勝ちという単純な感じのゲームだと思います。
小学校の高学年くらいからは囲碁も習いまして、最初は相手の石をとることばかり考えて勝負にもならなかったですが、中学・高校ではクラブに入っていましたが先生と打っていろいろと教えてもらううちにはまっていきました。

私にとってはやりだすと囲碁のほうが面白いと感じます。相手によっては威圧的な打ち方をして自分の陣地が食い荒らされることもありますが、自分の陣地を守り相手の陣地を食い荒らす、かなり奥の深いゲームです。

最近ではコンピューターゲームで連珠(五目並べ)もしています。たかが五目並べとは言いますが、連珠は碁盤より狭い15道盤で打ち、黒に三三、四四、長連(6つ以上並ぶこと)の禁じ手が科せられているため、白は黒に禁じ手を打たせて勝つことや、黒は禁じ手に引っかからないように気をつけて打ったりと、かなり奥の深いゲームです。
連珠の場合は競技人口が少ないせいもあってよき指導者になかなかめぐり会えず独学でも十分にやっていけると思います。
話が横にそれてごめんなさい。

私は囲碁をおすすめします。連珠も奥の深いゲームなので連珠もおすすめします。
    • good
    • 4

勝負において、白黒がはっきりつくのが将棋で、白黒が穏やかにつくのが囲碁だと思います。


ですから、将棋の方が負けた時にとても悔しいですし、ぎりぎりの攻防で、自分の攻撃をかわされた上で息の根を止められる(負ける)と、とてもショックです。
No.15の方も言われているように、若者向けというのは一理あるかもしれませんね。活発なお子さんなのでしたら、将棋で「闘争心」を養う方が向くかもしれません。
    • good
    • 6

 囲碁は、自分の陣地を広げていくゲームですから、「創造」のゲームということができます。

それに対して、将棋は「破壊」のゲームです。どんなに堅い囲いを築いたとしても、終盤になれば、せっかく築いた囲いは見る影もなくなり、お互いボロボロの状態になって攻め合うことになります。ボクシングに例えると、「お互い足を止めたままの打ち合い」とでも言うのでしょうか? どっちが先に倒れるか、いや、どっちが一手でも早く相手の王様を詰ますか、というとっても激しいゲームなのです。
 年を取ると将棋から囲碁に切り替える人が多いようですが、恐らく年を取るとこの激しさに付いていけなくなるのだと思います。
 よって、血気盛んな若者、サッカーが好きだといえる年代では、将棋の激しさのほうが性に合うのではないでしょうか?
    • good
    • 7

私も息子(小5)も、ヒカルの碁を読んで碁を始めました♪


プレステやキューブのソフトでも「ヒカルの碁」があって、それだけで
子供はルールを覚えてけっこう強くなってる子もいます。

私(母)は子供の頃に将棋にハマって、明けても暮れても父と指していましたが、
高校で勉強が忙しくなり卒業?しました。
以来ほとんど将棋はしていませんねー

囲碁をやっている方は一生の趣味だ、とおっしゃる方が多いようです。
盤面が大きいので(マスの数が多い)やればやるほど奥が深いのでしょう。

息子はサッカーチームに入り、将棋も囲碁もやりますが、
囲碁の方が好きだといいます^^;
一生お付き合いしていって欲しいと、親として思っています。

やり始めたら、意外な事に、やり方を知っている子はいるものですヨ?
おじいちゃんに教えてもらった、とか、お父さんに教わったとか。
少ししか知らなくても、子供は「俺だって知ってるぜ!」なんて言って
やってるし、もっと知ってる子は教えたがるし(笑)

私は、囲碁をおすすめしまーす^^

参考URL:http://www.nihonkiin.or.jp/juniorclub/
    • good
    • 5

囲碁・将棋とも、どちらも面白いのですが、ご質問を読んで思ったのは「誰が教えるんだろう?」ということですね。


ご両親が囲碁も将棋も知らない状態で、なおかつ近場に道場がないのであれば、ご両親が本で覚えてからお子さんに教えるという事でしょうか。

そういう条件なら、おそらく将棋の方がいいですよ。
囲碁は、本だけだと覚えにくいかも知れません。

ルール自体は、囲碁の方が簡単なんです。
ただ、何も知らない状態の方が本を読んだだけでは、どうなれば終わりなのかが、なかなか分からないと思います。打てる人に習うのならいいですが、初心者の独学はかなり難しいと思って下さい。

将棋のルールは囲碁より込み入ってますが、ゲームの終わりは明確です。相手の王様を取れば勝ちですから。
(この表現は厳密には間違いですが、ルールを覚える段階ではこう思っていて良いです)

後は時間の問題もありますね。
普通は、将棋の方が早く終わります。

囲碁をされる場合、9路盤、13路盤などの小さい碁盤を使えば、上に書いた問題はかなり緩和されます。9路盤だと、さすがに終わり方が分からないということもないでしょうし、あっと言う間に終わります。
(ただ、やっぱり19路盤と比較しちゃうと「パチもの」感があるかも知れませんが)

無理にどちらかに決めずとも、覚えやすい将棋を覚えて将棋仲間を作れば、そこから囲碁の出来る知り合いができるかも知れません。そうすれば、囲碁も覚えられるでしょう。
ま、最終的には「好きな方」をやるのが一番です。
    • good
    • 5

こんにちは。

小学生の時、囲碁・将棋部でした。
将棋の方が勝ち負けの判断がしやすく、小学生
としてはおもしろかったです。
囲碁はルールは簡単ですが、勝ち負けの判別は
慣れてこないと難しかったという記憶があります。
どちらが良いとかはないと思いますが、私は将棋
のほうが理解はしやすいかと思います。
囲碁なら9路盤とかおすすめですよ。
    • good
    • 4

どちらも陣取り合戦のゲームです。


かかる時間は、だいたい2-30分~1時間くらいでしょう。
(TVゲームをやっている時間よりは短いでしょうね^^;)
将棋は城攻めのような局地戦(王様をとれば勝ち)。
囲碁は国vs国レベルの大局戦でしょう(陣地が最終的に大きい方が勝ち)
具体的には~

・将棋
コマの動き方が、それぞれ異なっていて難しい。
(ソレが面白いというのもあります)
取ったコマを自分のコマとして使える。
ただそれを覚えてしまえば、あとは比較的簡単。
やぐら(防御する陣形)など攻め方を覚えると、また面白いです。

・囲碁
ルールはとても簡単。陣取り合戦で、相手の石を囲むと自分の陣地になるだけです。
ただルールが簡単なゆえに、何手先まで読む必要や、定石(パターンの攻め方)を覚える必要があります。

どちらもそうですが、相手がいてこそ上手くなりますし面白いです。
お子さんの友だちが、どちらをやっているか?またあなたがどちらが面白いと思うか?(一緒にできるか)ということを、まず考慮なさってはどうでしょうか?

どちらのゲームも頭を使いますし、子どもには良いと思います。
片方だけと言わずに、両方やってみて興味があるほうにというのでも良いでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。どちらも面白そうですね。友達は、この手の遊び相手はいないらしいです。みな、インドア派の小学生はほとんど、カード、TVゲームです。環境はあまりよくないですね。家族で、流行らせるしかないかと。

お礼日時:2005/07/14 22:41

フルサイズの碁盤は大きすぎるから最初は


「小型版の九路盤から」とはよく言われますね。

将棋ができる小学生も、最近は少ないでしょうから
将棋や囲碁をできる施設(おおむねお店だと思う)があるか?
そのへんは重要かもしれません。

最近では、どちらもネット対戦もできるはずですから
そのへんを考えたほうがいいかもしれません。


余談ですが…余談のほうが長くなるのはどうかと思った :-D

将棋や囲碁のソフトは多々あるわけですが
そんな中で(たしか米国で作られている)囲碁専用の
hikarunixというLinux技術による、CD起動版があります。
Linuxで動く囲碁ソフトを複数収録したものです。

起動できるUSBメモリーやCDで販売もしていますが
海外のことでもあるので、日本では無償ダウンロードで
ISOファイルを入手し、CD-Rに書きこむ方法がお奨めです。

OSの無い不要のPCを専用に使ったり
数枚CD-Rを作成して、普及活動に使うことも可能でしょう。

ただ、試したことがありません。
日本語対応についても、難しいか
まったく英語で操作せざるを得ない。

hikarunixの命名の理由は、その筋には苦笑もので
人気囲碁マンガだった"ヒカルの碁"が
世界的に囲碁人口を増やした結果のようです。

囲碁がわからない人にもおもしろいマンガであり
作中でネット囲碁の匿名性を活かした演出が見られます。

なお、downloadにはhttpのほかBitTorrentが利用できます。
時間帯によっては普通にhttpでも速いみたいですが
今DIONの回線で開始して、BitTorrentで所要時間予想20分弱。
しばらくはうちからもseedingします。

日本でhikarunix商用版が発売されると
それはそれでおもしろそうなのでtanomi.comでも行くかな。

参考URL:http://www.hikarunix.org/
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そういう施設は近所にはないようです。ネット対戦等ちょっと専門的な内容をありがとうございます。(正直、私には内容が難しいかったかも・・・)

お礼日時:2005/07/14 22:34

とりあえず、はさみ将棋からはじめてみてはどうでしょうか?


使うこま数も普通の将棋より少なく、ルールも結構シンプルなので、低年齢層でも楽しく遊べると思います。
囲碁はどちらかといえば中高年層~高齢者層向けで、将棋もルールは低年齢層にはとっつきにくい気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/14 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲碁と将棋、どちらを始めるか迷っています。

囲碁と将棋のどちらにも興味があってやってみたいと思っているんですが、
どちらをやるか迷っています。

将棋はルールは分かっていて、少しだけやったことがある程度
囲碁はルールは多少分かっていて、ほとんどやったことがない

といった状況なのですが、どういった違いがあるか教えてもらえませんか?
正直どちらも面白そうなので、どっちを始めても楽しめるとは思うのですが・・・

Aベストアンサー

 すべての2択の問題に直面した時、正答はその2択以外のものの中にあります。

 今のあなたの場合は、将棋囲碁両方始めること、それのみが正解です。

 考えただけでも、一定程度の向き不向きは分かりますが、打ち込んでみないと分からない部分もありますから、とりあえず実戦をしてみたほうがよろしいと思います。

 ゲーム内容ばかりでなく、あなたのおかれている環境次第では、良い師匠と言うか、先輩に恵まれるゲームのほうが良いということもあり、単なるゲーム内容ばかりでは判断しかねることもあります。
 両方を初めて見て、その上で、良い対戦相手のいるほうを選んでも良いと思います。

 ただしせっかく皆さんが、いろいろアドバイスしてくださったのですから、それらはきちんと記憶するにこしたことはありません。
 しかし、たった二つのものを比較すると、結果的にはそれぞれに一長一短があるようになってしまいます。

 でも、その一長一短は実際には嘘です。
 あなたという個性を通過していない、一長一短は、本来あり得ないのです。
 人によっては、必ずしもそのようには働きません。

 だからまず、それぞれの長所を信じて、両方ともチャレンジしてみれば良いのです。

 将棋も囲碁も奥の深い知的なゲームですから、両方にチャレンジしたところで、すぐには結論が出ないでしょう。
 息切れしたら、その時はじめて、どちらか一方に絞れば良いでしょう。

 すべての2択の問題に直面した時、正答はその2択以外のものの中にあります。

 今のあなたの場合は、将棋囲碁両方始めること、それのみが正解です。

 考えただけでも、一定程度の向き不向きは分かりますが、打ち込んでみないと分からない部分もありますから、とりあえず実戦をしてみたほうがよろしいと思います。

 ゲーム内容ばかりでなく、あなたのおかれている環境次第では、良い師匠と言うか、先輩に恵まれるゲームのほうが良いということもあり、単なるゲーム内容ばかりでは判断しかねることも...続きを読む

Q将棋、チェス、囲碁の面白さの違いは?

大人なのですが、これから将棋、チェス、囲碁をいちから学びたいと思っています。
そこで、この3つのそれぞれの面白さや特徴を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 補足質問を拝見しました。

> 将棋はそれぞれの特徴あるコマを使って、王様を攻めるのがとても戦略性が高いように

 囲碁に乗り換えた人間の意見ですので、将棋を好まれる方には違う意見があろうかと思いますが、将棋は「戦略」というより、狭い戦場での「戦術」のゲームだろうと思います。

 ハラハラドキドキしながら、その戦場で勝つか負けるかを競うゲームです。

 それに対して囲碁はまさに「戦略」の問題です。広い盤面をどう使うか、どこでどう譲っていいのか、どこは譲れないのか、どこの戦いは放置できてどこが急がれるのか、まさに「世界戦略」なのです。

 分かりやすい例でいえば、プロ棋士の間でも、地に辛いといわれるタイプと中央志向のタイプとがあります。

 前者は一歩一歩領地を確保するのが好きなタイプ、後者は始めは領地などありませんが、終盤にさしかかると盤の中央に地ができてきます。 

 また、あちこちで石が生きるか死ぬかを争う「戦い」をするのが好きなタイプと、戦いを避けて穏やかに打ち進めるタイプがあります。

 昨今のアジア情勢で言えば、韓国は急戦タイプ。勝ち負けを考えず、強引に戦いを挑んでいます。将来、北朝鮮を合併して資金が必要になったらどうすんだ、日本と絶縁していていいのか、というようなことは考えず、「いま勝つ」ことしか考えていない。

 日本は相手をいなし、かわし、徹底的に戦いから逃げるタイプ。鳩山元総理のように度が過ぎると、地を荒らされて大敗北必至。

 中国はその中間。ベトナムだのインドネシアだの彼方此方で小競り合いを繰り返ししながら、着実に他国の地を荒らして来ています。

 それぞれの国の世界戦略の有無、方針の違いですが、それを盤面上でやるのが囲碁です。
 

 補足質問を拝見しました。

> 将棋はそれぞれの特徴あるコマを使って、王様を攻めるのがとても戦略性が高いように

 囲碁に乗り換えた人間の意見ですので、将棋を好まれる方には違う意見があろうかと思いますが、将棋は「戦略」というより、狭い戦場での「戦術」のゲームだろうと思います。

 ハラハラドキドキしながら、その戦場で勝つか負けるかを競うゲームです。

 それに対して囲碁はまさに「戦略」の問題です。広い盤面をどう使うか、どこでどう譲っていいのか、どこは譲れないのか、どこの戦いは放置...続きを読む

Q将棋と囲碁のプロ棋士の人数の違い

囲碁をやったことのない超初心者です
将棋界も囲碁界も年間4人くらいしかプロになれないのに
将棋は約160人、囲碁は400人とプロの数に差があります
なぜ違うのですか?
入ってくる人数が同じなら、プロの人数も同じにならないとおかしいと思うのですが。いずれ同じ人数が引退するんですから。
謎です。

Aベストアンサー

既に書かれているように, 最初の前提が間違ってる.

将棋でプロになるのは (編入試験を除くと) 三段リーグを通過するしか方法はなく, 1回 (半年) のリーグで通過できるのは最大 3人だから, 年間で最大 6人. ただ, 現在の三段リーグができてから実際に 6人プロになった年度はなく, ほとんどの年度では 4人でたまに 5人昇段する.

一方囲碁の方は日本棋院と関西棋院がそれぞれ採用していて, 日本棋院が年間 6人. 関西棋院は見付けられなかったけどここで 2人とれば 8人. 過去の例だと 1年で 10人くらいとったときもあったんじゃないかな.

あとついでにいうと将棋には「強制的に引退させられる」制度があるのに対し囲碁にはないようだ.

Q子供がプロ棋士になりたがっている。

小学校1年生の子供(男児)がプロ棋士なりたいと言っています。少し前から、将棋連盟の子供将棋スクールに通っています。最近10級から9級になりました。
親、親戚などは将棋が弱くて遺伝的にも、将棋の環境も恵まれていません。2週間に1度の将棋スクールの日を楽しみにしていますが、毎日の将棋がヘボ将棋の親が相手では、子供にとって良い練習相手とは思えません。(勝ったり負けたりです)
プロになる人って、やはり遺伝とか、親が将棋が上手くて毎日相手をしていた、などが大いに関係するのでしょうか?

Aベストアンサー

>>こんにちは、将棋のプロを目指されてるとのことですが、可能性とゆうことではさすがにまだわからないでしょうね。ただひとつの目安としては小学6年までには最低でもアマ3段は必要らしいです。

6年生でアマ3段ではプロは無理でしょうね。アマ3段、4段などの段位はかなり曖昧な部分がありますので判断がしづらいですが、最低でも小学校3,4年までに街の道場で4段になっていないと無理でしょう。近年はレベルの向上が著しく、奨励会合格レベルが格段に上がっています。大人も混ざった新聞社主催のアマチュア棋戦の県代表になった子供でも奨励会に入ることは難しい時代です。

しかし悲観することはありません。少々真面目にやれば小学3,4年までにアマ4段は容易いことですし、早ければ1年ほどでなることも可能です。子供の頭は柔らかいので上達も早いのです。今のうちから将棋をやらせれば十分に間に合います。通わせる道場や教室を早めに選択して、最低でもあと1,2年で将棋スクールを卒業できるほどの実力を身につけさせてあげてください。

QZ会の通信教育を小学生にさせている保護者の方

小学校3年生の女の子がいます。同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。
うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。
そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。
塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。
ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。
塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。
小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。それだけです。あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。

もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。

几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。進学をご希望ならなおさらです。

塾についてですが、まず公文式。あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。お金を払ってまでやることではないです。公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。
次に受験予備校。入試テクは確かに便利です。目が覚めるような感じがします。娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。予習がなければ行くだけ無駄です。

普段学習について。
九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。

なんだか話がとびとびですが(笑

とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。一冊終わったらまた一冊と。頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、(長くてすみません)
子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。第一、説得力に欠けます。「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。

私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑

自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。すみません。

頑張って下さい。

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生...続きを読む

Qプロ棋士は頭がいいので高学歴なのですか?

大学将棋では、偏差値レベルと将棋の強さレベルが大体あっています。将棋といえばその先まで読み取る力、あらゆる定石の暗記など、頭がよくないとできないこともいっぱいあります。

そこで質問ですが、将棋と学歴(頭の良さ)はほぼ関係があるといっていいのでしょうか?もちろん高校から棋士を目指せば高卒ですが、強い人はやはり頭がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

プロ棋士は将棋の勉強が忙しくて、それ以外の勉強している暇が無い人が多いので、将棋以外の知識=一般教養=高学歴とは縁が遠いです。
フィギュアの浅田真央ちゃんのようになりたかったら高校や大学出てからじゃ遅いですよね。プロになる人は小学生の頃から将棋が強いので、小学生や遅くとも中学のうちにプロの2軍(奨励会)に入り、そこを卒業するとプロ棋士ですので、一般人の考える就職の為の学歴は不要になります。
というか、芸能人と同じで撮影が忙しくても高校くらいは出ますが、さすがに大学受験は、大卒を売りにしたい女優や学問好きな人以外は、行かないです。
将棋の勉強の気晴らしに、囲碁やゲームや競馬や株やるように、受験勉強や大学の授業受ける人も少しはいますが。
頭いいだけじゃプロになれないですよ。将棋の先人たちの結果を引き継がないと、つまり棋譜を並べて研究の貯金してないと勝てません。高橋尚子さんももし、トレーニングなしでマラソンすれば結果はひどいことになったでしょう。それと同じです。
同じトレーニングをして、アマチュアの想像を超えるトレーニングですが、その量が同じ場合に初めて才能が問題になります。まずはトレーニングを続けられるかですよ。将棋に限りませんけどね。イチローの様な天才でも子供の頃から毎日すごい量のトレーニングしてましたよね。
ちょっと頑張るとすぐ誉めてもらえる、落ちこぼれを主眼に置いた学校社会は学校の中だけのことですよ。高校3年間一度も授業中に教室徘徊しないし、私語もしなかっし、宿題も全部やったのに何で受験落ちるんだなんていってもしょうがないのと同じですよ。

プロ棋士は将棋の勉強が忙しくて、それ以外の勉強している暇が無い人が多いので、将棋以外の知識=一般教養=高学歴とは縁が遠いです。
フィギュアの浅田真央ちゃんのようになりたかったら高校や大学出てからじゃ遅いですよね。プロになる人は小学生の頃から将棋が強いので、小学生や遅くとも中学のうちにプロの2軍(奨励会)に入り、そこを卒業するとプロ棋士ですので、一般人の考える就職の為の学歴は不要になります。
というか、芸能人と同じで撮影が忙しくても高校くらいは出ますが、さすがに大学受験は、大...続きを読む

Q囲碁は脳に良いとよく聞きますが、脳科学的に根拠はあるんでしょうか?

良いとしたら、どれぐらい、どのように良いんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
囲碁や将棋、チェスといった脳活動を研究している博士は世界中にたくさんいると思いますが、それが「脳に良い」と発表されたというのは、私はまだ聞いたことがないです。
囲碁では「論理的な思考」や「直感力」を養うことができます。ですが、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きです。

集中力や注意力を要しますので、「脳の活性化」に対しては啓発的な刺激を発生させることができるわけですが、これだけでしたら読書でもスポーツでも同じことです。脳科学ではこのような知的作業には「老化防止」や「認知症予防」の効果が予測されていますが、また統計的な結果しかなく、具体的な生理学的根拠といいますのはそれほどはっきりとは解明されていません。
では、囲碁や将棋といいますのは、決められたルールに従って思考を行いますので、この作業を繰り返すことによって「学習効果」が期待できます。そして、これによって獲得された思考力や直感力が他に応用できますならば、我々の脳の機能は向上するということになります。

「論理的な思考」といいますのは、「与えられた情報を基に論理的な結果を予測する」ということです。
囲碁や将棋といいますのは全ての情報が開示されていますので、できるかできないかは別としましても、十手二十手先を正確に読み、相手がどんな手を打ってくるのかも予測することが可能です。では、「直感」といいますのは、これは第六感ではなく、いちいち思考というプロセスに頼らなくとも「直ちに論理的な結果を選択することができる」ということでありまして、これには必ずや訓練というものが必要となります。そして、我々の脳内でこのような「訓練の結果」を学習しているのは「小脳」です。

全ての情報が開示されているのですから、論理的な思考ができさえすれば誰でも結果を出すことができるはずです。ですが、はっきり言って囲碁や将棋の複雑さといいますのは端から通常の人間のキャパシティを超えています。
大脳皮質が繰り返し思考を行いますと、その「手順」というのが小脳に学習されます。では、この思考の手順が学習されますと、細かいことは小脳が自動で片付けてくれますので、大脳皮質は更にその先を読むことができるようになります。果たして、プロの棋士といいますのは様々な手筋や局面を無数に体験していますので、論理的に矛盾のない一手をまるで超能力のように見付け出してしまいます。正に訓練の賜物であり、これが「直感」の正体ですね。

つい先日の新聞なんですが、将棋の棋士が詰の手筋を読むとき、「大脳基底核」というところに反応のあることが確認されたという記事が載っていました。大脳基底核といいますのは、例えばドアを開けるとか階段を昇るといった、我々の日常的な行動を補佐する中枢です。
これがどういうことかといいますと、プロの棋士といいますのは手筋を読むというのがほとんど日常生活のレベルになってしまっているということです。いったい、どういう脳みそなんでしょうか。

このように、我々の脳といいますのは考えることによって考えることが上手になります。そして、これだけ複雑な思考を繰り返し学習することのできるものといいましたら、囲碁、将棋、マージャンなどがその代表格ということになります。
では、このようにして獲得した学習結果が囲碁や将棋以外の思考に確実に応用できるとしますならば、我々の問題解決能力は飛躍的に向上するわけです。経験的な事実としましては、ある程度の体験が伴うならば別の問題に対処する能力も押し並べて向上するわけですが、このような学習結果が我々の脳内でどのように運用されるのかといったメカニズムはまだほとんど解明されていません。
プロの棋士といいますのは、みな頭が良いです、これは疑いようがないと思います。ですが、別な問題に対処するならば、そのための訓練を行った方が効果の高いことは明白です。
そして、囲碁といいますのは与えられた情報を基に結果を出す作業でありますから、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きということになります。まして言うまでもなく、脳が発達期にある子供の場合でありますならば、果たして論理的な思考だけではなく、「創造的活動」や「情操的活動」など、全てのバランスを整えることが必要となります。

こんにちは。
囲碁や将棋、チェスといった脳活動を研究している博士は世界中にたくさんいると思いますが、それが「脳に良い」と発表されたというのは、私はまだ聞いたことがないです。
囲碁では「論理的な思考」や「直感力」を養うことができます。ですが、未体験の問題に創造的な思考を行うには不向きです。

集中力や注意力を要しますので、「脳の活性化」に対しては啓発的な刺激を発生させることができるわけですが、これだけでしたら読書でもスポーツでも同じことです。脳科学ではこのような知的作業には...続きを読む

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Q今、小学生。やって良かった学習、学習法があれば・・・

首都圏から離れる数十万の市に通う小学校3年生の子どもがいます。
成績はテストでは、ほぼ100点といったところです。
今の段階でテストで学力ははかれるとは思えませんね。
ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や、学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。
子どもなりの夢を叶えるに大学には行きたいみたいです。
学校の宿題以外に、書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

お子さんをお持ちの方や、教育関係の方で、今のうちからこれはやっておいたらいいよと思うこと、
逆に、あれをやったけど効果も利点もなかったなど
お話聞かせていただけませんか?
ひとり目のせいか、子どものやる気を伸ばしてやる方法がみあたりません。

ちなみにこちらは小学生の塾はありません。
塾は中学からのようです。

Aベストアンサー

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半で高校2年レベルまで教えました。
私がわからなくなったので、公文をやめました。

6年生
Z会(通信教育)の私立中学1年コースの数学を学習させました。
もちろん、本人ひとりではできません。
ここで、公文で足りなかった数学の問題の記述のしかたを徹底的に教えました。

中学3年間
塾に行きました。英語はまったく学習していなかったので、それを自覚させて、努力させました。
中学を卒業してから打ち明けてくれた話ですが、
「学校の数学の授業は、図形のところだけ授業を聞いて、あとは聞いてなかった。教科書は、1学期中くらいに1年ぶんを終わらせていた。」そうです。
ただ、努力型の子で、登校前のほんの10分でも
英語の単語カードや社会のカードを見て覚えていました。

高校(現在)
1,2年は通信教育のZ会のみ。
高校のテストがたくさんあるので、Z会をやるだけで必死のようです。
3年の現在は、塾にちょっとだけ行っています。

1科目に自信をつけるとほかの科目も連動して成績がアップしています。
理系のくせに、中学3年の3学期のテストで国語、100点取ったし、高校でも、「アンタ、ほんまに理系か?」というくらい、文系科目の得点率がいいです。

余談です。
小学校の「ゆとり教育」とか「個性重視」の教育を信用してはいけません。
現在、中学生の娘、小学校のとき、「個性重視」でおだてられてその気になってしまって、
現在、中学校で勉強できなくてエライ目にあっています。
結局、大学入試の制度は相変わらず変わっていないので、気をつけたほうがいいです。
小学校の先生は小学校を卒業するまでしか責任を持ってくれないし、中学校の先生も中学を卒業するまで。
結局、自分の子と長くつきあうのは親だけです。
がんばりましょう。

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半...続きを読む

Q囲碁の級・段は、いくつからいくつまで ?

囲碁の腕前のことなんですが、
アマチュアの場合は、
一般に、何級から始まって、何段まであるんでしょうか ?

----
あと、プロの場合についても、同様によろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アマチュアは、30級から1級までが級位で、その上は初段、二段、…、八段となっています。
ただ、七段以降は最近出来たものなので、実力的に取れる人であってもあまり取りません。
手間もお金もかかる割には、実力の指標にならないのですよね。
六段も、取れる人が取るとは限らない傾向があります。
ですから、五段以上は「五段以上」とひとくくりに見た方が良いです。

ネット碁は場所によってまちまちですし、私はよく知りません。

プロは、初段、二段と来て九段まであります。級位はありません。
「十段」と言うのもあるのですが、これは「本因坊」や「名人」などと同様に、タイトルのうちのひとつです。

入段したてのプロとトップアマの対局を雑誌でよくやっていますが、プロがアマに二、三子置かせるくらいが適正のようです。
ですから、プロの初段はアマの八段よりも上です。

余談ですが、院生はプロではないので、院生ならではの段級位が公式にあるわけではありません。

更に余談。
現在のプロのシステムは降段がありません。加えて、少なくとも数年前までは累積勝利数での昇段がありました。(今はどうなっているのか、ちょっと分かりません)
そのため、年月が経つにつれて九段が増え続け、段位制が形骸化しているという問題があります。
また、アマとプロの段級位が紛らわしい、国際的な段級位と合わせづらい、アマ七段以降はほとんど取得されない、など、現行の段級位制度はさまざまな問題を抱えています。
これらの問題を解決するため、最近は新しい制度の模索もされており、「プロは入段したら即七段、アマは六段まで」という、プロアマ共通段位制なんていうものも考えられているそうです。(出展不明)

そう遠くないうちに、アマとプロの段級位は連続になるのかも知れません。


(参考URLは、日本棋院の発行するアマ免状のお値段表です)

参考URL:http://www.nihonkiin.or.jp/joho/menjou/menjouindex.htm

アマチュアは、30級から1級までが級位で、その上は初段、二段、…、八段となっています。
ただ、七段以降は最近出来たものなので、実力的に取れる人であってもあまり取りません。
手間もお金もかかる割には、実力の指標にならないのですよね。
六段も、取れる人が取るとは限らない傾向があります。
ですから、五段以上は「五段以上」とひとくくりに見た方が良いです。

ネット碁は場所によってまちまちですし、私はよく知りません。

プロは、初段、二段と来て九段まであります。級位はありません。
「十...続きを読む


人気Q&Aランキング