教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

よろしくお願いします。
オフィスの移転に伴い電話関連の設備を調べているのですが、
MDF盤とIDF盤との違いについてよくわかりません。
また、この盤内の口数最大が契約電話回線最大数と考えて宜しいのでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えて頂けますでしょうか?
よろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (2件)

NTTのケーブルが接続されている盤がMDFです。


構内交換機を使っている場合は交換機の内線側が集約されている盤もMDFです。
そこから分岐してオフィス内で中継している小さな盤がIDFです。
(かなり大きいものでもIDFです)

ケーブル(端子)数は増設に備えて必ず余裕を取っています。
契約数や実装数よりはかなり多いです。
ケーブル芯数や端子数もきりのいい数字になっていますのでそれに合わせます。
    • good
    • 7

全くの素人ですが、聞いたことがあることを。



ビルの1F(通常)にある、ビル全体の電話回線の集合盤がMDFで、各階にある基盤がIDFと聞いたことがあります。

その為、MDFの最大がビル全体の最大で、IDFが
各階の回線数ということかもしれません。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング