時代小説初心者、女性です。
藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み、もっと藤沢作品にふれてみたくなりました。
沢山の作品があり、どれから手にすれば良いか判りません。
特にこれはお薦め!という皆様のご意見を参考にさせて頂きたいので、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。

ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは中年以降も描かれているところが特徴。ただし色恋は抜きです。
 剣術と恋、という要素でゆくと、少々毛並みは違いますがこれを色濃く打出している作品のひとつに「闇の傀儡師」(文春文庫)というのがあります。おそらく全藤沢作品のなかで主人公がいちばんつよい小説ではないかと。
 「三屋清左衛門残日録」(文春文庫)は相当地味ですが、これはこれで淡々とした日常の描きかたがいい作品で、「蝉しぐれ」とはまったく逆の魅力があります。
 ドストエフスキーは若い女の人に「ディケンズは何と何をお読みになりましたか? 二作だけ? すばらしい。あなたにはまだそれだけ人生の楽しみが残っている」といったそうですが、ゆきつくところまでゆきつくと、藤沢周平は「たったこれだけしか小説書いてないのか……」と思える作家です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kankasouroさん、はじめまして。

「蝉しぐれ」に感動した藤沢作品初心者ですので、やはりそれに近い作風は是非読みたいと思っていました。

頂いたご回答は、大変参考になりました!作品の内容も丁寧に紹介して頂き嬉しかったです。

少しずつ時間をかけて藤沢作品に触れていきたいと思います。

ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:29

これだけは是非!という3点に絞ってお勧めします。



1、「用心棒日月抄」
機会があれば勧めています。
いわゆるお家騒動に巻き込まれて脱藩した侍が、江戸で様々な「アルバイト」をしながら、
国許から次々送り出される追っ手と死闘を繰り広げる。
ひとつづつの「アルバイト」が、忠臣蔵の裏事情と絡み合いながら展開する。
「アルバイト」の中身自体も面白く、刃鳴りが聞こえるかのような剣戟シーンは絶品。
(お気に召したら、「孤剣」「刺客」「凶刃」と、シリーズ第4作まである)

2、「暗殺の年輪」
藩の重臣暗殺を依頼され、権力争いに翻弄される若き武士。
18年前の父の死に、何が隠されていたのか?
1973年上半期直木賞受賞作。

3、「秘太刀馬の骨」
疾駆する馬を骨ごと断ち切るという「馬の骨」。
こう命名され、本人以外には封印されつつ代々継承されてきた秘太刀の真の遣い手は誰か?
現実感迫る推理が、息もつかせぬ展開に拍車をかける・・・。

少し宣伝調になってしまいましたね。
「蝉しぐれ」は名作ですね。
この3作は、ともかく「面白い」そして「圧巻」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hakobuluさん、はじめまして。
作品のご紹介と解説をどうもありがとうございました。
3作品是非読んでみたいと思っています。先日、このなかにもありました、「用心棒日月抄」シリーズを書店で探したのですがあいにくなく、今は短編集の「花のあと」を読んでいます。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 23:30

既に沢山の回答がありますが藤沢周平の作品で出てないものに


「玄馬」、「蕎麦屋町昼下がり」、「雲奔る」、
「春秋の檻」、「風雪の檻」、「愛憎の檻」、「人間の檻」
「橋ものがたり」、「春秋山伏記」、「義民が駈ける」
「秘太刀馬の骨」
などがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ss79さんはじめまして。
ご紹介ありがとうございます。ひとつひとつ作品の内容を調べてみようと思います。
「橋ものがたり」も面白そうですね。

お礼日時:2005/08/02 00:22

No.2さんが出されていますが、私も用心棒日月抄4部作が好きですね。



藤沢作品の初期のものは暗くて、読むと落ち込んでしまうものもありますが、この辺からだんだんユーモアが加わっています。

わけあって脱藩した主人公が、用心棒のアルバイトをしながら、いつもおなかをすかせているのが、強くて美男なのにちょっと哀れです。

彼を命がけで助ける女忍者の佐知が、ストイックに情熱を秘めて、何とも素敵な女です。故郷で留守を守る妻の由亀も可憐です。
現代女性にこんなものを求められたらしんどいけど、彼の描く女性はいいですね。

これまでの回答者さんお勧めのものは、皆安心して読めますが、あとは「花のあと」とか、ちょっと暗いけど「隠し剣」シリーズなど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pastoraleさん、はじめまして。
「用心棒日月抄」面白そうですね。あらすじも教えて頂けたので嬉しいです!他にご紹介頂いた作品もチェックしたいと思います。
ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:14

私も「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」で藤沢さんのファンになりました。

女性の藤沢ファンが増えるのは嬉しいです。

私は文庫本のカバーに載っている藤沢作品を片っ端から読みましたが、とにかく作品が多いので前に買った本をまた買ってしまい、書店で交換してもらったこともあります(笑)。

全作品がオススメですが、とりあえず◆獄医立花登手控えシリーズ◆よろずや平四郎活人剣(上)(下)◆彫師伊之助捕物覚えシリーズ◆用心棒日月抄シリーズあたりはいかがでしょうか。

藤沢作品は「たそがれ」「隠し剣」と映画化され、今年は「蝉しぐれ」も公開されます。こちらも楽しみにしているんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

reikomamaさん、はじめまして。
「たそがれ・・・」は、TVの映画で観ました。今思うと原作から読みたかったなと思います(登場人物の顔が俳優の顔で浮かんでしまうので)
「蝉しぐれ」も、文庫本の帯に印刷された俳優がどうしても浮かんできてしまいました。
秋公開のようですので、観てみようかと思っています。
はたして、文四郎=市川染五郎、ふく=木村佳乃が原作のイメージとあうか??楽しみです。
ご紹介頂いた作品、参考にさせて頂きます。
ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:09

三屋清左衛門残日録はどうでしょう。


NHKで同じくドラマ化されましたが実に味わい深い話です。

参考URL:http://www.e-yamagata.com/unasaka/sekai/10/10.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asucaさん、はじめまして。早々のご回答をどうもありがとうございました。書店でチェックしたいと思います。

お礼日時:2005/08/01 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤沢周平作品のおすすめは?

今さらながら「蝉しぐれ」「隠し剣孤影抄」と読みました。
すごく面白かったです。
少し前までここで教えていただいたノンフィクションなど読んで荒涼とした気分でしたが(そういうのも好きですけど)、今はこういう小説を続けて読みたい気分です。
もちろん次は「隠し剣秋風抄」を買いますが、問題はその後です。

何から読むといいと思いますか?
藤沢周平作品のおすすめを教えてください。

世間一般の評価がどうかより読んだ本人が良いと思ったものを教えてもらえるとありがたいです。
あらすじよりも、おすすめの理由とかを書いていただけた方が百倍うれしいです。

あと、こちらが質問している立場で申し訳ないんですが、
 ・詳しいサイトのURLを貼ったもの
 ・過去の質問のURLを貼ったもの(検索してチェック済みです)
 ・amazonのURLを貼り付けて「こんなのはどうでしょうか」という回答(自分の意見が無い)
 ・藤沢周平以外のおすすめ
という回答は遠慮いただけると助かります。

注文が多くてすいません。
藤沢周平が好きになってしまった私は、藤沢周平を本当に好きな先輩読者さんから色々教わりたいのです。わがままお許し下さい。

今さらながら「蝉しぐれ」「隠し剣孤影抄」と読みました。
すごく面白かったです。
少し前までここで教えていただいたノンフィクションなど読んで荒涼とした気分でしたが(そういうのも好きですけど)、今はこういう小説を続けて読みたい気分です。
もちろん次は「隠し剣秋風抄」を買いますが、問題はその後です。

何から読むといいと思いますか?
藤沢周平作品のおすすめを教えてください。

世間一般の評価がどうかより読んだ本人が良いと思ったものを教えてもらえるとありがたいです。
あらすじより...続きを読む

Aベストアンサー

藤沢周平をつまみぐいするなら短編集「驟り雨」(はしりあめ)でしょうか。(全10編)
江戸の名前もあるのかないのか・・そんなごく普通の人々の喜怒哀楽を描いています。ちゃんばら物は出て来ません。
「贈り物」「泣かない女」「遅いしあわせ」などなど。
取るに足らない出来事が、幸せだったり不幸だったり、人生ままならないってことですね。

Q池波正太郎先生の作品を読む順番は?

質問です。今、池波正太郎先生の作品にはまってしまっています。
「鬼平」「剣客」「梅安」「真田太平記」の順に読んだりしているのですが
希望としては、「真田太平記」を読んだら、次は「獅子」とか・・・。
その物語に関連する番外的なのを続けて読みたいと思っています。
ただ、どの順で読んでいいのか分からなくて困っています。
先日も本屋(あまり種類が置いていないのですが)で蝶の戦記?の上下が
ぽつんとあったのですが、それを読んでしまっていいのか?
その前に続いているのがあるのでは・・・。と思っています。
できれば、どの順で読むと良い、みたいなことを教えていただければ、
と思っております。・・・長々と申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 池波正太郎先生の作品にはまっている方へ。ご年齢が不明なので、一概には言えませんが。

 「鬼平」、「剣客」、「梅安」と、3大シリーズを読んでいらっしゃるなら、番外を続けて読まれましたか。

 「鬼平」では、「乳房」、「にっぽん怪盗伝」、「おせん」。
 「剣客」では、「黒白」、「ないしょないしょ」。
 「梅安」では、「殺しの掟」。
 いずれも、文庫本で販売されています。私のお奨めは「まんぞくまんぞく」! 良いですよ。


 他の著名シリーズの「真田太平記」などもお読みらしいので、話の舞台(土地)や、年代(江戸後期、幕末)など、気に入ったものを片っ端からお読みになっては如何でしょうか。

 池波・先生の本は、何度も読んでも飽きが無いし、その都度に読んでて、良いなぁと思えます。私は、もう5回以上の読み返しをしております。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/gorozo

Q藤沢周平の映画化された小説

 「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」「武士の一分」「山桜」という4つの映画は藤沢周平氏の小説が原作だと思います。これらの小説は、文庫本でいうと、何というタイトルの本に入っているのか教えてください。
 また、藤沢氏の小説の主人公は、下級武士で、剣の達人というのがパターンなのでしょうか。私は氏の小説を一冊も読んだことがありません。上記の映画は、ほとんどワンパターンのように美しい女性に愛される剣の達人ばかりです。それが気になって質問しました。
 因みに、私は上記の映画作品はどれも好きです。でも、剣術の弱い下級武士は、ダメなのでしょうか。映画「花よりもなほ」のような小説もあったらいいなあと思いまして。

 

Aベストアンサー

 こんにちは。
●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀のようなものより、市井に生きる人々を書いた作品の方が好きです(武士物は歴史も絡んでくるもんで(^_^;))。元岡っ引きで今は堀師になっている伊之助の捕物シリーズとか、橋をテーマにした「橋ものがたり」直木賞受賞作の「暗殺の年輪」「時雨のあと」などなど精一杯生きる江戸の人達が哀愁を持って書かれています(暗殺の年輪は武士モノもありますが)。また「たそがれ清兵衛」には前述の通りかなり個性的な武士達がでてきますので、御希望の方がいらっしゃったと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31507865
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00861506

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報