時代小説初心者、女性です。
藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み、もっと藤沢作品にふれてみたくなりました。
沢山の作品があり、どれから手にすれば良いか判りません。
特にこれはお薦め!という皆様のご意見を参考にさせて頂きたいので、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。

ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは中年以降も描かれているところが特徴。ただし色恋は抜きです。
 剣術と恋、という要素でゆくと、少々毛並みは違いますがこれを色濃く打出している作品のひとつに「闇の傀儡師」(文春文庫)というのがあります。おそらく全藤沢作品のなかで主人公がいちばんつよい小説ではないかと。
 「三屋清左衛門残日録」(文春文庫)は相当地味ですが、これはこれで淡々とした日常の描きかたがいい作品で、「蝉しぐれ」とはまったく逆の魅力があります。
 ドストエフスキーは若い女の人に「ディケンズは何と何をお読みになりましたか? 二作だけ? すばらしい。あなたにはまだそれだけ人生の楽しみが残っている」といったそうですが、ゆきつくところまでゆきつくと、藤沢周平は「たったこれだけしか小説書いてないのか……」と思える作家です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kankasouroさん、はじめまして。

「蝉しぐれ」に感動した藤沢作品初心者ですので、やはりそれに近い作風は是非読みたいと思っていました。

頂いたご回答は、大変参考になりました!作品の内容も丁寧に紹介して頂き嬉しかったです。

少しずつ時間をかけて藤沢作品に触れていきたいと思います。

ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:29

これだけは是非!という3点に絞ってお勧めします。



1、「用心棒日月抄」
機会があれば勧めています。
いわゆるお家騒動に巻き込まれて脱藩した侍が、江戸で様々な「アルバイト」をしながら、
国許から次々送り出される追っ手と死闘を繰り広げる。
ひとつづつの「アルバイト」が、忠臣蔵の裏事情と絡み合いながら展開する。
「アルバイト」の中身自体も面白く、刃鳴りが聞こえるかのような剣戟シーンは絶品。
(お気に召したら、「孤剣」「刺客」「凶刃」と、シリーズ第4作まである)

2、「暗殺の年輪」
藩の重臣暗殺を依頼され、権力争いに翻弄される若き武士。
18年前の父の死に、何が隠されていたのか?
1973年上半期直木賞受賞作。

3、「秘太刀馬の骨」
疾駆する馬を骨ごと断ち切るという「馬の骨」。
こう命名され、本人以外には封印されつつ代々継承されてきた秘太刀の真の遣い手は誰か?
現実感迫る推理が、息もつかせぬ展開に拍車をかける・・・。

少し宣伝調になってしまいましたね。
「蝉しぐれ」は名作ですね。
この3作は、ともかく「面白い」そして「圧巻」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hakobuluさん、はじめまして。
作品のご紹介と解説をどうもありがとうございました。
3作品是非読んでみたいと思っています。先日、このなかにもありました、「用心棒日月抄」シリーズを書店で探したのですがあいにくなく、今は短編集の「花のあと」を読んでいます。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/08/03 23:30

既に沢山の回答がありますが藤沢周平の作品で出てないものに


「玄馬」、「蕎麦屋町昼下がり」、「雲奔る」、
「春秋の檻」、「風雪の檻」、「愛憎の檻」、「人間の檻」
「橋ものがたり」、「春秋山伏記」、「義民が駈ける」
「秘太刀馬の骨」
などがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ss79さんはじめまして。
ご紹介ありがとうございます。ひとつひとつ作品の内容を調べてみようと思います。
「橋ものがたり」も面白そうですね。

お礼日時:2005/08/02 00:22

No.2さんが出されていますが、私も用心棒日月抄4部作が好きですね。



藤沢作品の初期のものは暗くて、読むと落ち込んでしまうものもありますが、この辺からだんだんユーモアが加わっています。

わけあって脱藩した主人公が、用心棒のアルバイトをしながら、いつもおなかをすかせているのが、強くて美男なのにちょっと哀れです。

彼を命がけで助ける女忍者の佐知が、ストイックに情熱を秘めて、何とも素敵な女です。故郷で留守を守る妻の由亀も可憐です。
現代女性にこんなものを求められたらしんどいけど、彼の描く女性はいいですね。

これまでの回答者さんお勧めのものは、皆安心して読めますが、あとは「花のあと」とか、ちょっと暗いけど「隠し剣」シリーズなど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pastoraleさん、はじめまして。
「用心棒日月抄」面白そうですね。あらすじも教えて頂けたので嬉しいです!他にご紹介頂いた作品もチェックしたいと思います。
ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:14

私も「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」で藤沢さんのファンになりました。

女性の藤沢ファンが増えるのは嬉しいです。

私は文庫本のカバーに載っている藤沢作品を片っ端から読みましたが、とにかく作品が多いので前に買った本をまた買ってしまい、書店で交換してもらったこともあります(笑)。

全作品がオススメですが、とりあえず◆獄医立花登手控えシリーズ◆よろずや平四郎活人剣(上)(下)◆彫師伊之助捕物覚えシリーズ◆用心棒日月抄シリーズあたりはいかがでしょうか。

藤沢作品は「たそがれ」「隠し剣」と映画化され、今年は「蝉しぐれ」も公開されます。こちらも楽しみにしているんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

reikomamaさん、はじめまして。
「たそがれ・・・」は、TVの映画で観ました。今思うと原作から読みたかったなと思います(登場人物の顔が俳優の顔で浮かんでしまうので)
「蝉しぐれ」も、文庫本の帯に印刷された俳優がどうしても浮かんできてしまいました。
秋公開のようですので、観てみようかと思っています。
はたして、文四郎=市川染五郎、ふく=木村佳乃が原作のイメージとあうか??楽しみです。
ご紹介頂いた作品、参考にさせて頂きます。
ご回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/01 15:09

三屋清左衛門残日録はどうでしょう。


NHKで同じくドラマ化されましたが実に味わい深い話です。

参考URL:http://www.e-yamagata.com/unasaka/sekai/10/10.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asucaさん、はじめまして。早々のご回答をどうもありがとうございました。書店でチェックしたいと思います。

お礼日時:2005/08/01 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤沢周平の映画化された小説

 「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」「武士の一分」「山桜」という4つの映画は藤沢周平氏の小説が原作だと思います。これらの小説は、文庫本でいうと、何というタイトルの本に入っているのか教えてください。
 また、藤沢氏の小説の主人公は、下級武士で、剣の達人というのがパターンなのでしょうか。私は氏の小説を一冊も読んだことがありません。上記の映画は、ほとんどワンパターンのように美しい女性に愛される剣の達人ばかりです。それが気になって質問しました。
 因みに、私は上記の映画作品はどれも好きです。でも、剣術の弱い下級武士は、ダメなのでしょうか。映画「花よりもなほ」のような小説もあったらいいなあと思いまして。

 

Aベストアンサー

 こんにちは。
●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀のようなものより、市井に生きる人々を書いた作品の方が好きです(武士物は歴史も絡んでくるもんで(^_^;))。元岡っ引きで今は堀師になっている伊之助の捕物シリーズとか、橋をテーマにした「橋ものがたり」直木賞受賞作の「暗殺の年輪」「時雨のあと」などなど精一杯生きる江戸の人達が哀愁を持って書かれています(暗殺の年輪は武士モノもありますが)。また「たそがれ清兵衛」には前述の通りかなり個性的な武士達がでてきますので、御希望の方がいらっしゃったと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31507865
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00861506

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀の...続きを読む

Qクリスティの作品 この作品のタイトル教えて!

ポアロシリーズだったと思うのですが
最初の方で招待客の1人が毒を盛られて死んでしまうのですが
それは、無差別殺人で誰でも良かったのです。
犯行を解明した後、「そうです、このポアロが死んでしまうかもしれなかったんですよ!」
みたいなポアロの台詞で終わっていたと思うのですが、
この作品のタイトルわかりますか?
できれば、もう一度読みたいと思っていますので
犯人は書かないで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 作品自体は、No.1とNo.2の方が既にお答えになってるもので間違いないでしょう。現在普通に流通していて入手しやすいのは、No.2の方が挙げておられる創元推理文庫『三幕の悲劇』とハヤカワ文庫『三幕の殺人』です。
 ただしこの両者、実は犯人や終わり方は同じなのですが、途中からの展開・犯人の動機が違うという、驚くべきことになっています。
 何でも、クリスティのこの『三幕~』には、少なくとも三つのプロットがあるらしいです。どうしてこういうことになっているのかは分かりません。
 従って、以前に質問者さんが読まれたものによっては、再読したものとプロットが違ってて妙な違和感を覚えることがあるかもしれませんが、それはこのような事情によるものですので、その場合は別のものを読まれてみるとよろしいと思います。
 参考URLは『三幕の悲劇』と『三幕の殺人』の違いについての質問と回答ですが、ネタバレになっているのでご注意下さい。

参考URL:http://okwave.jp/qa1716193.html

Q藤沢周平の組頭

藤沢周平の小説にときどき出てくる武士・組頭はなんの組なんでしょうか?

Aベストアンサー

海坂藩は架空の存在ですから、真実は藤沢周平氏の頭の中にしかありません。藤沢氏は故人で、海坂藩の設定を藤沢氏自身が詳細に書き残したものもないはずですから詳細は永久に不明です。

いくつかの小説を読むと、海坂藩の職制は
執政←中老←組頭←奉行
と言う階層みたいですが。

なお、藤沢氏自身は庄内藩士の家柄ではなく庄内地方の農家の出身で、藩の組織まで詳しく知っていたかどうか疑問です。小説の海坂藩は、実収20万石以上の大藩である庄内藩より小さい数万石規模のように思えます。「組頭は何の組頭か」といった細かい設定まではしていないと考えるべきではないでしょうか。

Qアレックス・シアラー作品と似た感動を味わえる作品

アレックス・シアラー作品と似た感動を味わえる作品

「青空のむこう」などアレックス・シアラーさんの作品がとても好きです
勇気や感動を与えてくれ、読んだ後に心温まる感じが何ともいえません

そこで質問なのですが、アレックス・シアラーさん以外の作者で、本を読んだ後このような気持ちになれる作品はありませんか?

Aベストアンサー

ルイス・サッカー『穴』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062755874.html

カール・ハイアセン『HOOT』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4652077270.html

金城一紀『レヴォリューションNo.3』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043852029.html

Q藤沢周平作品のおすすめは?

今さらながら「蝉しぐれ」「隠し剣孤影抄」と読みました。
すごく面白かったです。
少し前までここで教えていただいたノンフィクションなど読んで荒涼とした気分でしたが(そういうのも好きですけど)、今はこういう小説を続けて読みたい気分です。
もちろん次は「隠し剣秋風抄」を買いますが、問題はその後です。

何から読むといいと思いますか?
藤沢周平作品のおすすめを教えてください。

世間一般の評価がどうかより読んだ本人が良いと思ったものを教えてもらえるとありがたいです。
あらすじよりも、おすすめの理由とかを書いていただけた方が百倍うれしいです。

あと、こちらが質問している立場で申し訳ないんですが、
 ・詳しいサイトのURLを貼ったもの
 ・過去の質問のURLを貼ったもの(検索してチェック済みです)
 ・amazonのURLを貼り付けて「こんなのはどうでしょうか」という回答(自分の意見が無い)
 ・藤沢周平以外のおすすめ
という回答は遠慮いただけると助かります。

注文が多くてすいません。
藤沢周平が好きになってしまった私は、藤沢周平を本当に好きな先輩読者さんから色々教わりたいのです。わがままお許し下さい。

今さらながら「蝉しぐれ」「隠し剣孤影抄」と読みました。
すごく面白かったです。
少し前までここで教えていただいたノンフィクションなど読んで荒涼とした気分でしたが(そういうのも好きですけど)、今はこういう小説を続けて読みたい気分です。
もちろん次は「隠し剣秋風抄」を買いますが、問題はその後です。

何から読むといいと思いますか?
藤沢周平作品のおすすめを教えてください。

世間一般の評価がどうかより読んだ本人が良いと思ったものを教えてもらえるとありがたいです。
あらすじより...続きを読む

Aベストアンサー

藤沢周平をつまみぐいするなら短編集「驟り雨」(はしりあめ)でしょうか。(全10編)
江戸の名前もあるのかないのか・・そんなごく普通の人々の喜怒哀楽を描いています。ちゃんばら物は出て来ません。
「贈り物」「泣かない女」「遅いしあわせ」などなど。
取るに足らない出来事が、幸せだったり不幸だったり、人生ままならないってことですね。

Q赤川次郎作品で感動して泣ける作品は?

赤川次郎作品で感動できる作品を探しています。

感動の理由は読者それぞれの理由が有ると思います。
タイトルを教えて下さい。

Aベストアンサー

『午前0時の忘れもの』
身内を亡くしてしばらくしてから読んだので、けっこう泣きました。

参考になると思われるホームページがありましたので、↓に貼り付けておきますね。

参考URL:http://www.h4.dion.ne.jp/~njp/work/d02.htm

Q藤沢周平作『市塵』を読んでいたら、新井白石がイタリア人シドッチのほかに

藤沢周平作『市塵』を読んでいたら、新井白石がイタリア人シドッチのほかにスウェーデン人とも交流があったという疑わしい記述がありました。

ツュンベリー(リンネの弟子で長崎オランダ商館づき医師)くらいしか江戸時代に日本にきたスウェーデン人はいないと思うのですが、ほかにもいたのか、白石と交流できた人物に該当しそうなスウェーデン人の候補は誰なのか、あるいは藤沢周平作品の誤謬(参考文献自体の誤謬かもしれません)かわかりましたら教えてください。

Aベストアンサー

>ツュンベリー…くらいしか江戸時代に日本にきたスウェーデン人はいないと思うのですが、ほかにもいたのか、

『鎖国初期のスウェーデン人たちの日本遍歴/柳沢重也』によれば
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006406240
新井白石との時代・接点を考慮しなければ少なからずいたようです^^

>白石と交流できた人物に該当しそうなスウェーデン人の候補は誰なのか、

残念ながら現時点では?ですm(_"_)m

>藤沢周平作品の誤謬(参考文献自体の誤謬かもしれません)か

どうも誤謬ではない可能性もあります。

>白石研究のめぼしい書物にスウェーデンとの関わりが書いているかどうか

「そこで白石の世界圏認識の進展に於いて、その契機となり促進剤ともなった事件を求めると、大凡そ次の様になるであらう。
…(中略)…
この他、なほ挙げるとすれば、年時不明であるが、
蘇亦斉(スエーデン)人との面会もある。」

僅か二行とは言え、
新井白石研究者であられた宮崎道生氏の文言だけに重みを感じます。

『弘前大学國史研究(3号) 新井白石の世界圏認識/
宮崎道生著(弘前大学文理学部)/
弘前大学國史研究会/25-Feb-1957』
<3下段~4上段/26>
http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/2564

以上 中間報告まで…って最終報告はまず無理ですが(笑)

>ツュンベリー…くらいしか江戸時代に日本にきたスウェーデン人はいないと思うのですが、ほかにもいたのか、

『鎖国初期のスウェーデン人たちの日本遍歴/柳沢重也』によれば
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006406240
新井白石との時代・接点を考慮しなければ少なからずいたようです^^

>白石と交流できた人物に該当しそうなスウェーデン人の候補は誰なのか、

残念ながら現時点では?ですm(_"_)m

>藤沢周平作品の誤謬(参考文献自体の誤謬かもしれません)か

どうも誤謬ではない可能性もあります。

>白石研...続きを読む

Q筒井作品好きにおすすめの作家・作品を教えてください。

筒井康隆さんの作品が好きなのですが、筒井作品好きにおすすめの作家がおりましたら教えてください。

筒井作品を読み始めたのは二年程前からで、短編小説ばかり読み漁っています。
短編の中では、エロドタバタ「欠陥バスの突撃」、エログロ「薬菜飯店」、風刺?「最後の喫煙者」「アフリカの爆弾」、切ない?「佇む人」「母子像」、SF「たぬきの方程式」「関節話法」、SFジュブナイル「時をかける少女」なんかが好きです。
ちなみに、今まで読んだ筒井作品の中で唯一面白くないと思ったのは「愛のひだりがわ」でした。

他にもいろんな作家さんの本を読んでみたいなと思っているのですが、ツボにはまってしまった筒井作品があまりにも独特なので、他にどんな本に手をつけていいのか悩んでいます。
参考までに、私は現在大学四年生の女子です。
小中学生の頃はファンタジーを中心に児童文学を読んでいましたが、高校・大学生になってからは恥ずかしながら読書とは無縁の生活を送ってきました……。

作家さんでなくおすすめの作品でもオッケーです。
ジャンルは特にこだわりませんが、がっつり恋愛やがっつりホラーな本は読める気がしません。
おすすめの作家・作品がありましたらお願いします。

筒井康隆さんの作品が好きなのですが、筒井作品好きにおすすめの作家がおりましたら教えてください。

筒井作品を読み始めたのは二年程前からで、短編小説ばかり読み漁っています。
短編の中では、エロドタバタ「欠陥バスの突撃」、エログロ「薬菜飯店」、風刺?「最後の喫煙者」「アフリカの爆弾」、切ない?「佇む人」「母子像」、SF「たぬきの方程式」「関節話法」、SFジュブナイル「時をかける少女」なんかが好きです。
ちなみに、今まで読んだ筒井作品の中で唯一面白くないと思ったのは「愛のひだりがわ...続きを読む

Aベストアンサー

筒井康隆好き、ということを念頭に置いておすすめするならば

清水義範
「永遠のジャック&ベティ」「シナプスの入江」「バールのようなもの」「深夜の弁明」「虚構市立不条理中学校」
最後を除き、どれも短編集です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%BE%A9%E7%AF%84

R・A・ラファティ
「9百人のお祖母さん」「どろぼう熊の惑星」
乾いていてぶっとんだユーモア満載のへんてこなSFです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3

他に
伊坂幸太郎、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%9D%82%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E
奥田英朗、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E7%94%B0%E8%8B%B1%E6%9C%97
篠田節子
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E7%94%B0%E7%AF%80%E5%AD%90

筒井康隆好き、ということを念頭に置いておすすめするならば

清水義範
「永遠のジャック&ベティ」「シナプスの入江」「バールのようなもの」「深夜の弁明」「虚構市立不条理中学校」
最後を除き、どれも短編集です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%BE%A9%E7%AF%84

R・A・ラファティ
「9百人のお祖母さん」「どろぼう熊の惑星」
乾いていてぶっとんだユーモア満載のへんてこなSFです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BBA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86...続きを読む

Q藤沢周平 お薦めを教えてください

時代小説初心者、女性です。
藤沢周平の「蝉しぐれ」を読み、もっと藤沢作品にふれてみたくなりました。
沢山の作品があり、どれから手にすれば良いか判りません。
特にこれはお薦め!という皆様のご意見を参考にさせて頂きたいので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは中年以降も描かれているところが特徴。ただし色恋は抜きです。
 剣術と恋、という要素でゆくと、少々毛並みは違いますがこれを色濃く打出している作品のひとつに「闇の傀儡師」(文春文庫)というのがあります。おそらく全藤沢作品のなかで主人公がいちばんつよい小説ではないかと。
 「三屋清左衛門残日録」(文春文庫)は相当地味ですが、これはこれで淡々とした日常の描きかたがいい作品で、「蝉しぐれ」とはまったく逆の魅力があります。
 ドストエフスキーは若い女の人に「ディケンズは何と何をお読みになりましたか? 二作だけ? すばらしい。あなたにはまだそれだけ人生の楽しみが残っている」といったそうですが、ゆきつくところまでゆきつくと、藤沢周平は「たったこれだけしか小説書いてないのか……」と思える作家です。

 「蝉しぐれ」は彼の小説のなかでも最上級品なので、これに質感の似たものというのはあまり多くないんです。ほかのはやはり多少肌理があらいところがあります。
 小説の質感、情感、丁寧な抒情を求めるなら「海鳴り」(文春文庫)が比較的「蝉しぐれ」に近いと思います。おそらく藤沢唯一の恋愛小説です。また、まったく内容は違いますが「本所しぐれ町」(新潮文庫)という市井ものも、しっとりとおちついた良作です。
 お家騒動と若者の成長という話の筋で似ているのは「風の果て」(文春文庫)で、これは...続きを読む

Q西村寿行作品でもっともエロスとバイオレンスに満ちた作品を教えてください

西村寿行作品でもっともエロスとバイオレンスに満ちた作品を教えてください 。

お願いします。

Aベストアンサー

「峠に棲む鬼」徳間文庫
女主人公が、上下巻を通じて、のべ百人くらいの相手にレイプされます。
女性が読んだらちょっと気分悪くなるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報