最新閲覧日:

ヘッセの「春の嵐」、こころに染みて忘れられない本になりました。
読まれた皆様、感想をおきかせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


「春の嵐」をお読みになったんですね。
僕は、高校時代からヘッセに夢中になり、今でもヘッセは最も好きな作家の一人です。
奇遇なことに、僕が初めて読んだヘッセの作品が、この「春の嵐」でした。”人は老いるに従って、人生を人のために生きたいと思うようになる”という下りに非常に感動した覚えがあります。クーンとゲルトルートの関係も、切ないですね。
他にも1杯感動した個所があったのですが、ここ5年くらい読んでいないのでちょっと思い出すのが難しいです。(笑)

僕は「春の嵐」の後、とりあえず「郷愁」、「車輪の下」など前期の作品を読み、そして「デミアン」や「シッダールタ」だどの中期の作品、そして後期の作品を読みつづけました。
でもやっぱり、前期の作品のような、情緒あふれる作品が一番好きです。

もし他の作品をまだお読みになっていないのでしたら、是非お勧めします。
僕ももう一度「春の嵐」を読み返してみようかな・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

matrixissocoolさま
お返事ありがとうございます。
私も最初に「春の嵐」と読んだのは高校生のときです。その時はたいして感動も
なかったのですが、先日読み直して、私の人生最高の1冊になりました。
matrixissocoolさまが引用されている部分も最も印象に残った
ところのひとつです。
ある程度年をとるとクーンとゲルトルートと同じく誰でも人生もう
「訂正がきかない」と感じる事はあるでしょうね。それでも人は自分の人生に
優しくなれるのだ、と言う事を教えてもらったように思います。

お礼日時:2001/11/19 08:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報