私は最近クラシックをよく聞くようになったのですが、日本にたくさんオーケストラがありますが、どこが一番なのでしょうか?またはどこがおすすめですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

某プロオケのバイオリニトの先生が、「世界で最も音程が正確なのはN響だ」とおっしゃっていました(音楽性がどうこうは抜きにして)


それとは別に私自身の好みでは、新日フィルと読響が好きです。
でも、これ↑はあくまで「私の」好みなので、puresutonさんご自身で色々なオケの演奏会を聴きに行かれたり、CDなどを聴いたりして聴き比べされるとよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!なんかすごくいいこと教えてもらいました!私もみなさんに負けないぐらいたくさん聞いてどこかのファンになりたいです!

お礼日時:2001/11/07 15:39

技術的にうまいというのであれば在京のいくつかのオケでしょうか。



ただ、その時のオーケストラの状態や観客の質や雰囲気で、受ける印象や感動はかなり違ったものになると思います。それほど技術的には上手でなくても大変感銘を受けることもありますし、技術的には不足が無くてもいまひとつという演奏もあったりします。
自分は地方に住んでいますが、小林研一郎指揮の新日フィルがチャイコフスキーを演奏したときは、自然と涙がこぼれてきました。指揮者や奏者が喜びをもって音楽を奏でているのが、心底伝わって来たのでした。
好き嫌いもあると思いますが、前評判通りの演奏もあればそうでないのもあります。同じオケでも指揮者やその時々によって違うものです。
そういう意味では、当たりはずれがあるものですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!すごくためになりました。まだまだ初心者ですが色々聞いてみたいと思います。

お礼日時:2001/11/07 16:03

日本のオーケストラのエキスを抽出したような、



サイトウキネンオーケストラ

年に1回の編成ですが、メンバーの、そうそうたるもの・・・見事です・・

指揮は小澤征爾。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~cal40330/saitoFC.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!ぜひ聞いてみたいです。年に1回という所がまたすごそうですね~

お礼日時:2001/11/07 15:59

私はN響が好きですね。


パーカッションのティンパニー奏者:百瀬氏のファンです。(笑)
色々とお世話になりましたし…

やはりN響は日本を代表するオーケストラの一つじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!そういえばこの間N響アワー見ました。あの引退された方でしょうか。わたしもN響好きです。

お礼日時:2001/11/07 15:51

個人の好みもありますが…



常設じゃないですが、
ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えいただいてありがとうございます!はじめて知りました!ぜひ聞いてみたいとおもいます!

お礼日時:2001/11/07 15:34

人にはそれぞれ音の好みもあるだろうし、編成や解釈の仕方など、演奏会や録音など、その都度違って聞こえたりしますよね。

でもだいたい今のところ「NHK交響楽団」が日本一だとは思いますけどね。

私はあまり優劣を意識したことはないんですけど、反対にここの音だけはイヤというのはありますね。あえて名前は言いませんけど・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!やっぱり好みってありますよね。私もたくさん聞いて好きなオケを探したいと思います。

お礼日時:2001/11/07 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代オーケストラと古楽器オーケストラの違い

ブリュッヘン指揮の18世紀オーケストラベートーヴェン第九を聴いていたのですが現代オーケストラと古楽器オーケストラの違いはなんですか?
古楽器オーケストラのほうがピッチが低いような感じがしました。

Aベストアンサー

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケストラでなくても、たまに、昔の曲を低目のピッチで演奏してます。
それだけピッチが違うと別の調ですよね


楽器の構造、編成と人数

まず、楽器が、当時と今では格段に違います。

まず、木管楽器と弦楽器はNo2の方におまかせです。
クラリネットも、名前は忘れましたが、今は、普通の、木ではない、と思います。

次に金管楽器
トロンボーンのようにスライドを使うものは別として、
ホルンやトランペットは、バルブ(ピストン)の無いものを使っていました。ですから、使われている音に限りがありますし、曲の調が変わると、調の違う楽器に持ち替えていました。

今、昔の曲を演奏する場合には普通に用いられているテューバですが、作られたのは、かなり最近です。
当時は、名前は忘れましたが、違う楽器を使っていました。金管楽器なのに、木管楽器のように、穴を押さえてさまざまな音程の音を出す仕組みでした。
そのため、大きな音もあまり出なかったようです。
楽器としての完成度が低いので、あまり使われていないか、使われてもこった使い方はされていません。
今、その楽器のかわりにテューバが使われるのが普通です。
当時、もし、テューバがあったら、大作曲家たちは、どういう使い方をしたでしょうか?


打楽器
詳しいことは知りません。
ただ、今と比べて、使われている楽器の種類が格段に少ないと思いますが。


編成
楽器自体の違いもさる事ながら、人数と楽器数も、昔は格段に少なかったはずです。
当然、全体の音量も小さいです。
作曲家によって、個人差もありますが。


映画「アマデウス」なんか、参考になるのでは。
私自身、細かな知識が無いため、検証できませんが。


音楽の解釈は、人それぞれで、法律と違って、どれが正しい解釈か、を追及する、っていうのはない、と思います。
ですから、人によって、さまざまな解釈があって、良いと思います。

その中で、作曲家が生きていた当時の楽器や編成で演奏する、っていうのは、作曲家の意図を知る上で、大変興味深い試みと思います。
ただ、当時の楽器やその他の環境の制限の中で、作曲家たちは作曲したわけで、そのころの作曲家たちの意図を忠実に再現している、とは必ずしも言えない、と思います。
もし、モーツアルトに、シンセサイザーを使わせたら、どんな音楽をつくるでしょうか?わくわくします。

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケスト...続きを読む

Q運動会でよく耳にする曲(オーケストラ)の題名を教えてください

運動会で、よく曲(オーケストラ)が流れますよね。
私は「天国と地獄」しか知らないのですが、他にももっと、運動会でよく使われるオーケストラの曲ってあると思うんです。

「天国と地獄」以外に、どのような曲がありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

「ギャロップ」・・道化師~カバレフスキー
「クシコス・ポスト」・・ネッケ これはピアノ曲にもなってます。
「トランペット吹きの休日」・・アンダーソン
「スイス軍の行進」ウイリアムテル序曲・・ロッシーニ
「急行列車」・・作者はわかりません。
http://66.102.7.104/search?q=cache:9MBS3LtjU7IJ:www5d.biglobe.ne.jp/~hosoreco/gakugei/undoukai_page.htm+%E9%81%8B%E5%8B%95%E4%BC%9A%E3%80%80%EF%BC%A2%EF%BC%A7%EF%BC%AD&hl=ja

Qオーケストラ楽器のサイズについて

自分のHPで、背景画像として、室内にオーケストラ楽器を複数配置したイラストを書いています(イラストレーターにて)。

楽器の画像を個別にWebから拾って、それを参考に1つずつ描いているのですが、全ての楽器を実際に見たり持ったりしたことはないため、それぞれの楽器の大きさの比較を正確にできず、困っています。

楽器がずらりと並べられたような画像を探しても、なかなか見つかりません(遠距離からのオーケストラ風景などはあるのですが、楽器が小さすぎてよく見えません)。

金管楽器、木管楽器、擦弦楽器、などなどを書いています。

これらの標準的なサイズに関しての情報をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

映像で宜しければ、日曜日の夜九時からのN響アワーをご覧になったら如何でしょうか。オーケストラがメインの番組ですし、各楽器奏者のアップもありますよ。ただ動画ですからね。
日曜日の朝九時にもテレビ朝日で題名の無い音楽会が放送されていますがこちらは指揮者のアップが多いかな。

Q2大オーケストラという話でひとつは「ウィーン・フィル」ということを聞い

2大オーケストラという話でひとつは「ウィーン・フィル」ということを聞いたのですが、
もうひとつは何でしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

2大オーケストラって用語は大昔の話なので、真に受けないほうがいいと思います。

一応「グラモフォン」誌の世界のオーケストラ・ランキングを載せときます。
参考までに。

1位:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
2位:ベルリン・フィル
3位:ウィーン・フィル
4位:ロンドン交響楽団
5位:シカゴ交響楽団
6位:バイエルン放送響
7位:クリーブランド管弦楽団
8位:ロサンゼルス・フィル
9位:ブダペスト祝祭管弦楽団
10位:シュターツカペレ・ドレスデン
11位:ボストン交響楽団
12位:ニューヨーク・フィル
13位:サンフランシスコ交響楽団
14位:マリインスキー歌劇場管弦楽団
15位:ロシア・ナショナル管弦楽団
16位:サンクトペテルブルク・フィル
17位:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
18位:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
19位:サイトウ・キネン・オーケストラ
20位:チェコ・フィル

参考URL:http://okaka1968.cocolog-nifty.com/1968/2008/11/post-5487.html

Q協奏曲で独奏楽器とオーケストラのかけ合いやそれぞれの役割がどのような良さや効果を生み出しているかにつ

協奏曲で独奏楽器とオーケストラのかけ合いやそれぞれの役割がどのような良さや効果を生み出しているかについて教えて下さい。

かけ合いではオーケストラの綺麗な音の重なりと独奏楽器の…が交互に聞くことができて良いと思った。 と書きたいのですが…にはいる言葉が見つかりませんので教えて下さい。

また それぞれの役割についてはよくわかりらないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の独立してくっきりとした音色を交互に聞くことができ」
「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の縦横無尽の活発な動きを交互に聞くことができ」
という感じですか?

オーケストラの「混じりあって複雑な」「重厚な」「どっしりとした」「ハーモニーにあふれた」ものと、ソロ楽器の「くっきり、はっきり」「楽器独特の音色」「美しい旋律」「軽妙な動き」の対比ということが言いたいのでしょうか。

「それぞれの役割」って、決まったものはないと思います。
上に書いたような「対比」も、「際立った対比」もあれば「対話、会話、おしゃべり」のようなものもあるし、「動と静」のような正反対のものであったり、「山と木」のように調和して共存するようなものもあるでしょう。

ダンスやバレエでも、ソロとバックが違った動きをしたり、一緒に動いたり、バックがソロをサポートしたり突き放したり、ソロだけだったりバックの集団だけだったり、いろいろな組合せで見せ場を作りますよね。
そういう「バリエーション」や「多彩さ」が、オーケストラだけ、ソロ楽器だけの場合とは違う、協奏曲の魅力なのではないでしょうか。

「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の独立してくっきりとした音色を交互に聞くことができ」
「かけ合いでは、オーケストラの綺麗な音の重なりと、独奏楽器の縦横無尽の活発な動きを交互に聞くことができ」
という感じですか?

オーケストラの「混じりあって複雑な」「重厚な」「どっしりとした」「ハーモニーにあふれた」ものと、ソロ楽器の「くっきり、はっきり」「楽器独特の音色」「美しい旋律」「軽妙な動き」の対比ということが言いたいのでしょうか。

「それぞれの役割」って、...続きを読む

Qクラシックの演奏家、または先生をされている方

こんにちは。
クラシックの演奏家の方、または先生をされている方に
おたずねいたします。

演奏会や発表会で人前で演奏する時

(1)自分の世界に100パーセント入って、現世を忘れるような
 感覚で弾いている。
(2)演奏に集中しながらも、どこか他の事を考えている部分がある。
 (例えば、このホールは音響がいいな。とか、終わったら○○に
  行こうとか。)
  演奏している自分を見ている、もう一人の自分がいる感じ。

どちらでしょうか?
また、(1)、(2)のどちらが良いと(または悪いと)思われますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アマチュアのオーケストラ・プレーヤーです。
レッスンについているプロ奏者からは、「出来るだけ人前で弾く機会、出来ればソロで弾く機会を作りなさい」と指導されてきました。
それは、「音楽というものは、人前で他人に聴いて頂くという意識することで、一段レベルアップする」からだと考えています。

そういう観点に立つと、

(1)は考えにくいと思います。演劇だって観衆を意識して行うのが醍醐味ですし、音楽だってそうです。
僕はチェロ弾きで、もういい年なので(笑)、本番はトップサイドに座ることが多いです。
チェロが内側に入る配置の場合、チェロトップサイドは、丁度観客席に真正面に正対します。
だから、いやでも観客が目に入ります。
チャイコの悲愴第二楽章のワルツなんかじゃ、僕チェロ弾きながら踊っちゃいます♪(笑)
「こういうアクションだとカッコいいなぁ~。そうだ!ここで、チェロパートは全員ケツを椅子から離して、3センチ浮かせよう!全員は遅いから俺だけでもやろう、、」なんてバカなこと考えながら、、
一人だと目立ちすぎるので、トップにも促して。イカン、、、こりゃ逆だ。

どちらかと言えば(2)ですが、余計なことは考えず、演奏に関連する別のことを考えます。

昔は、演奏会を聴きに来た娘から、「パパ、一人だけ目立とうと思わないように、、、」と、よく指導かまされました。。。

アマチュアのオーケストラ・プレーヤーです。
レッスンについているプロ奏者からは、「出来るだけ人前で弾く機会、出来ればソロで弾く機会を作りなさい」と指導されてきました。
それは、「音楽というものは、人前で他人に聴いて頂くという意識することで、一段レベルアップする」からだと考えています。

そういう観点に立つと、

(1)は考えにくいと思います。演劇だって観衆を意識して行うのが醍醐味ですし、音楽だってそうです。
僕はチェロ弾きで、もういい年なので(笑)、本番はトップサイドに座...続きを読む

Qオーケストラの楽器、音の高い順を教えて欲しいです。

バイオリンなどの弦楽器は、音の高い順がわかります。
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスですよね。
しかし、オーボエなど他の楽器は音の高い順が分かりません。
弦楽器以外には、金管楽器、木管楽器がオーケストラで使われると思います。
フルート ファゴット(バスーン) サクソフォン オーボエ クラリネット
トランペット  ホルン テューバ  トロンボーン
これら楽器の音の高い順から低い順までを教えてください。

他にも使われているよというのがあれば指摘ください。
打楽器は要りません。

Aベストアンサー

こんばんは。

音の高い順というのは、最高音が高い順という意味でよいでしょうか。というのは、楽器の中には、音域の広い楽器と狭い楽器があり、例えば、クラリネットはオーボエより高い音が出ますが、低い音も、オーボエより低い音が出ます。ですから、音域全体の比較ですと、高い、低いの順番がならべにくくなります。そういうわけなので、最高音が高い順に並べてみます。楽器名の前に、●▲の記号を付けておきます。●は、現代のオーケストラで常用される楽器、▲はたまに使われる楽器です。

●ピッコロ
●フルート
●E♭管のクラリネット(ピッコロ・クラリネット)
●クラリネット
▲F管のトランペット(ピッコロ・トランペット)
●オーボエ
▲オーボエ・ダモーレ
●イングリッシュホルン
▲アルト・フルート
●トランペット
▲アルト・サクソフォン
●ホルン
●バス・クラリネット
●ファゴット
●トロンボーン
●テューバ
●コントラファゴット

ほかに、まれに使われる楽器、特定の時代や、特定の国でのみ使われる楽器には、次のようなものがあります。

コルネット
バス・フルート
バス・オーボエ
ヘッケルフォーン
ワーグナー・テューバ

なお、サクソフォンには、アルト・サクソフォンのほかに、ソプラノ、テノール、バリトン、バスなどがありますが、クラシックのオーケストラではまず使われることはありません。また、トロンボーンは、昔はアルト・トロンボーン、テノール・トロンボーン、バス・トロンボーンなどの種類がありましたが、現在ではテノールとバスの両方の音域をカバーできる楽器を使用するのが普通なので、表にはトロンボーンとだけ記しておきました。

音域表がいくつかネット上にあるので、URLを張っておきます。

http://img01.ti-da.net/usr/yubibueoukoku/img069.jpg

http://peanuts2.sakura.ne.jp/omotya/jpeg1/kion.jpg

http://elmwood.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/07/19/oniki.png

以上、御参考まで。

こんばんは。

音の高い順というのは、最高音が高い順という意味でよいでしょうか。というのは、楽器の中には、音域の広い楽器と狭い楽器があり、例えば、クラリネットはオーボエより高い音が出ますが、低い音も、オーボエより低い音が出ます。ですから、音域全体の比較ですと、高い、低いの順番がならべにくくなります。そういうわけなので、最高音が高い順に並べてみます。楽器名の前に、●▲の記号を付けておきます。●は、現代のオーケストラで常用される楽器、▲はたまに使われる楽器です。

●ピッコロ
●フルート...続きを読む

Qクラシック音楽を以前勉強されていた方、または音楽の性質に関する分析が得意な方、助けて下さい

音楽の性質をテクスチャー、ペース、テンション、リポーズなどに分けて解説されることがあります。
今回はこの中でも特に、テンションとリポーズについてあなたの意見を聞かせて欲しいのです。下の5つの中からどれでもいいので1曲でも2曲でもピックアップしてテンションとリポーズにつて気づかれたことがあればご意見をもらえるでしょうか?もしくはその曲のもつ特色や特徴などでもよいです。
よろしくお願いします。

1. バッハ ブランデンブルク協奏曲 第4番
2. ベートーベン 交響曲第3番 第3楽章
3. モーツァルト フィガロの結婚 序曲
4. ショパン 幻想即興曲 OP66
5. サン・ハウス Clarksdale Moan

Aベストアンサー

専門家ではないので参考にならないかもしれませんが、ショパンの幻想即興曲はいきなり聴き手の意表を突くような、嬰ハ短調(♯4つ)でソ♯のオクターブで始まります。そして右手は16分音符、左手は8分音符の六連符のアルペジオといういわゆるポリリズムで、最初から作曲家の心情は内なる敵と闘っているいるような印象です。

中間部になると、一転して変ニ長調(♭5つ)になって、平穏が訪れます。再現部で嬰ト短調に戻りますが、一瞬、変ニ長調のメロディの断片が顔を出します。

ショパンの曲は、「怒り」「苛立ち」「激情」「悲壮感」を表すのが多いです。また、『スケルツォ第一番』では、「コレンダ」(クリスマスキャロル)が聞こえて来ます。
幻想即興曲の場合は、「激情」→「平穏」→「激情(憧憬)」のように曲想が変わると思います。

ヴァレンティーナ・イゴシーナ
https://www.youtube.com/watch?v=B-HosIOod_A

Qオーケストラの楽器の聞き分けに役立つ教育のリソース?

10歳の子供が、近く音感の試験を受けます。内容はいくつかあるのですが、中にオーケストラで使われている楽器の聞き分けというテストがあります。おそらくは、短い小節がある楽器で演奏され、その使われた楽器を言い当てるというものと思われます。このトレーニングのために、有効な教育ソース(ウェブサイトでもなんでも)をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

探せばまとまった教材はあるかもしれませんが、こういう場合私が最初に思いつくのは、イギリスの作曲家、ベンジャミン・ブリテンの「青少年の管弦楽入門」という曲です。ナレーション付きで、楽器を紹介しながら進んでいきます。日本語のナレーションが入ったCDもあるはずですが、視覚が伴った方がいいでしょうから、Youtubeで御覧になることをお勧めします。まず、ブリテンの曲だけをそのまま使った動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=MXVqisH05G0&spfreload=10

もう一つ、この曲をベースにしながら、ほかの曲も使って、一つ一つの楽器を詳しく紹介しているものがあります。だいぶ昔のもので、懐かしいヴィデオですが、作曲家の山本直純がNHK交響楽団とともに収録したものです。

パート1
https://www.youtube.com/watch?v=sH6lINJGnmk&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT
パート2
https://www.youtube.com/watch?v=9uMGxlqlEvw&index=2&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT
パート3
https://www.youtube.com/watch?v=Pb8i1htIpg0&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT&index=3
パート4
https://www.youtube.com/watch?v=aYWOMyJnrRY&list=PLYXSBb6AQJMaKYiD_KcMB7fPQxoCxfOqT&index=4

それぞれの楽器の音を手っ取り早く覚えるには、ほかの楽器と一緒でない完全なソロか、はっきり目立って聞き取れるものがよいです。少し面倒でも、Youtubeで「Flute solo」、「Oboe solo」などのように、「楽器名+solo」で検索すると、いろいろなものが出てきます。一つの楽器につき、複数の例を聞けるのもよいところです。楽器によっては、完全な無伴奏のものを見つけにくいものがありますが、何かしら見つかります。以下、例として少しだけ挙げておきますので、あとはお探しください(有名な曲とそうでない曲が混ざっています)。

フルート
https://www.youtube.com/watch?v=YEyKM13yf_4
オーボエ
https://www.youtube.com/watch?v=Vh96omI0bYE
クラリネット
https://www.youtube.com/watch?v=LQAQdM_P0ik
ファゴット
https://www.youtube.com/watch?v=3vCHr3XGASM
ホルン
https://www.youtube.com/watch?v=oq78r3VSdrQ
トランペット
https://www.youtube.com/watch?v=6PRIiYnzLB0
ヴァイオリン
https://www.youtube.com/watch?v=gpnIrE7_1YA
ヴィオラ
https://www.youtube.com/watch?v=hBW3VshYcuc
チェロ
https://www.youtube.com/watch?v=onQYPAVSplk
コントラバス
https://www.youtube.com/watch?v=PGZOCrWVcTs

何種類ぐらいの楽器がテストの対象になっているのかわからないので、これだけにします。見つけられないものがあったらおっしゃっていただければすぐ見つけます。

ブリテンの曲以外に、楽器を覚えるのにある程度役に立つものには、プロコフィエフの「ピーターとおおかみ」や、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」などがあります。

探せばまとまった教材はあるかもしれませんが、こういう場合私が最初に思いつくのは、イギリスの作曲家、ベンジャミン・ブリテンの「青少年の管弦楽入門」という曲です。ナレーション付きで、楽器を紹介しながら進んでいきます。日本語のナレーションが入ったCDもあるはずですが、視覚が伴った方がいいでしょうから、Youtubeで御覧になることをお勧めします。まず、ブリテンの曲だけをそのまま使った動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=MXVqisH05G0&spfreload=10

もう一つ、この曲をベースにしながら、...続きを読む

Qクラシックギターの音がよく聴こえる範囲

先日クラシックギターのコンサートに行って、演奏者に対して、ほぼ真横で、しかも離れたところに座ったため、音がよく聞こえず、がっかりして帰りました。マイクを使わないクラシックギターのコンサートでは、演奏者の正面を基準に、角度にして左右何度以内におさまっている席がいいとか、距離はどのくらいのところがいいとか、具体的な数字がありましたら教えていただけませんか。

Aベストアンサー

ギターの音は、サウンドホールを中心に前方へ放射線状に出て行くでしょうから、およそ奏者の前方で聞けば問題ないと思います。ただ質問者のお座りになった真横になると多少不利なのかもしれませんね。(まったく素人の想像ですが)。

生のギターは、大きな会場では想像以上に音量がないようです。
また、これはギターに限ったことではないのですが、PAを使わない生の音の演奏会では、会場のコンディションによってものすごく聞こえ方が変わってきます。
もともとのホールの良し悪しはもちろん、たとえば、お客さんの数が多いか少ないかなんてのも、残響にかなり影響があるようです。
また、ギターなどは残響が多いほうがいいと思いますが、ピアノだと、残響が多すぎると音楽がボケてしまって、マイナスに感ずることもありました。

もう何十年も前のことですが、ナルシソ・イエペスの演奏会で、どうも演奏がよく聞こえず、どうしたことかと思っていたら、奏者が演奏を中断してそでに入って、すぐ出てきて、演奏を再開したら、ちゃんと聞こえるようになったことがありました。
ホールのエアコンの音が演奏の音をじゃましていたのでした。とまるまで気がつかない程度のわずかな雑音だったのですが。

ともかく、クラシックギターのコンサートは小さな会場で聞きたいものですね。500人くらいの小ホールが楽しめる限界なんじゃないかなぁ。
といって、アンプを使った演奏もぼくは聞きたくありません。コンチェルトは聞いたことがないのですが、これはアンプを使わないと、聞こえないだろうと思います・・。使わない演奏会もあるのかしらん・・・)

昔は、お茶を飲みながら聞ける定員数十人程度の小さなサロンのような会場が都内にいくつかあったのですが、現在はどうでしょう。

ギターの音は、サウンドホールを中心に前方へ放射線状に出て行くでしょうから、およそ奏者の前方で聞けば問題ないと思います。ただ質問者のお座りになった真横になると多少不利なのかもしれませんね。(まったく素人の想像ですが)。

生のギターは、大きな会場では想像以上に音量がないようです。
また、これはギターに限ったことではないのですが、PAを使わない生の音の演奏会では、会場のコンディションによってものすごく聞こえ方が変わってきます。
もともとのホールの良し悪しはもちろん、たとえば、...続きを読む


人気Q&Aランキング