キリスト教は女性蔑視の宗教である・・・というような結論を望んでいるわけではありませんが、歴史を振り返ればそのような主張も説得力があるように思います。

★クリスチャンの方は、出来れば聖句からこの問題を説明していただけないでしょうか。

★クリスチャンでない方のご意見もお待ちしております。


今回もどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

 成立が2000年近く前なんですから、基本的にはその当時の価値観によっている宗教であるのは間違いないでしょう。

キリスト教会の公式声明で「奴隷の扱いについて」が発表されていた時期もあるんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を感謝します。

歴史を持つ宗教というものは、様々な時代の価値観に晒されますから、常に正等であれというのも難しいものなのでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/15 19:41

こんにちは。

クリスチャンではありません。

私は、イエス・キリストの教え=キリスト教ではないと思ってます。

イエス・キリストの教えを受けた弟子が、師の言葉を自分なりに解釈して、さらにその弟子に教えて・・・という、ある意味、伝言ゲームみたいな状態になります。

そして、一派の宗派をなすようになれば、教祖は神格化され、段々、超現実的な存在に作り替えられてゆきます。

これはキリスト教に限らず、あらゆる宗教に言える事でしょう。

キリスト教で言うなら、キリストの母、聖母マリア様は処女である、というのは、キリストを神格化する為に作られた話である事は間違えありません。
そのために、純潔性を求められ、処女懐胎という、生物学上、あり得ない事を言ってるわけです。

他にもマグダラのマリアの迫害?もどきの話他、いろいろありますが、全てキリストという人を神格化する為に作った話なので、現実のキリストという人からはかけ離れた話になってるはずです。

そして、長い歴史を持つ集団が、女性蔑視であったり軽視であるのは、宗教だけでなく、珍しい事ではありません。

古来、男性は、力で子孫反映に貢献し、その力ゆえに集団を支配するという形態が一般的でした。
その名残を留めているというだけの事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答に感謝します。

>古来、男性は、力で子孫反映に貢献し、その力ゆえに集団を支配するという形態が一般的でした。
>その名残を留めているというだけの事だと思います。

●これは、旧訳(ユダヤ教)の民族神のなごりということでキリスト教世界にそのまま当てはまるようにも思います。


>全てキリストという人を神格化する為に作った話なので、現実のキリストという人からはかけ離れた話になってるはずです。

●私はどちらかといえばクリスチャン寄りの立ち場で回答するつもりなので、ちょっとプロセスを逆転させて頂いて(^^
キリストを神であることを裏付ける記述や教義が必要になることもまた当然であると思います。ただ、ご指摘にあるように、本来の教えから離れているのであれば問題ですね。

この辺のところにどのような回答が寄せられるか楽しみにしています。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/15 01:11

キリスト教に限らず、すべての神は民であるすべての我々に対して平等です。



そもそも、女性蔑視との考えにいたる、質問者様ご自身のお考えに、このご質問の本質があるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答に感謝します。

>キリスト教に限らず、すべての神は民であるすべての我々に対して平等です。

同意します。

にもかかわらずこの質問をしたのは、宗教としての教の部分がどのような問題を抱えているのかという事についてみなさまの意見をお伺いしたいからです。

神が女性蔑視をしていない=宗教が女性蔑視を行わないという結論にはならないのではないかと考えています。


●そもそも1920年、アメリカで婦人参政・憲法修正により、
沈滞していたフェミニズムが、約50年後の第二次フェミニズム運動にで大きなうねりを見せた事実は宗教的土壌とは何の関係もないものなのでしょうか。

この辺のところも回答してくださる方がいれば嬉しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/15 01:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本人のキリスト教徒ってイエズス会のことだったんでしょうか?】 日本に隠れキリシタンがいた踏み絵の

【日本人のキリスト教徒ってイエズス会のことだったんでしょうか?】


日本に隠れキリシタンがいた踏み絵の時代です。

その当時のキリスト教=イエズス会のことを指していた?

今のキリスト教徒はイエズス会じゃないですよね?

キリスト教がイエズス会から日本に入ってきていつの間に違うキリスト教に乗っ取られたのでしょう?

今の日本のキリスト教ってユダヤ教でもなさそうですし何のキリスト教なんでしょう?

なんでイエズス会系から違うキリスト教系に信者がいつの間にか変わっていた。

不思議なことですよね。

Aベストアンサー

>その当時のキリスト教=イエズス会のことを指していた?
イエズス会ではなく「カソリック」を指していました。

キリスト教の簡単な歴史を書くと分かりやすかもしれません。
キリスト教は、もちろんイエス・キリストが1世紀の初頭に布教した内容が元になっているのですが、昔のことですからいろいろな地方でいろんなことを話したり、キリストが死んだあと弟子が話した内容が伝わっていたり、といろいろな教えがあったのです。ローマは最初、キリスト教を禁教にしていましたが、4世紀になるとキリスト教を信じる皇帝が即位したりして、キリスト教をローマの国教にしました。

この時、先ほどのようにいろいろな教え、いろいろな記録を集めて整理して聖書にしたのですが、2世紀にはローマの範囲外であったギリシャ周辺には「正教会」ができていて、正教会はローマの国教化には協力しませんでした。かれらはのちにプロテスタント、と呼ばれることになります。
また、のちにドイツになるあたりでも、キリスト教は布教されていたのですが、ローマの範囲ではない地域もあり、やはり国教化に協力はしませんでした。

このローマの国教化に参加してできたのが「カソリック」で、今のローマ法王につながっていきます。

で、このカソリック戦国時代にはいろいろな会派として世界中で布教するのですが、これは植民地化の手先だったわけで、それを知った秀吉や家康は弾圧して、踏み絵をさせているわけです。
だから、イエズス会だけでなく、カソリックが弾圧を受けたのです。

鎖国後もイギリスとオランダは日本にくることを許されたのは、彼らがキリスト教でもカソリックではなくプロテスタントだったからです。

>今の日本のキリスト教ってユダヤ教でもなさそうですし何のキリスト教なんでしょう?
今の日本のキリスト教はいろいろな宗派があります。

2世紀にカソリックと袂を分けた正教会も日本に教会をもっていますし、明治以降はカソリックもきています。

>その当時のキリスト教=イエズス会のことを指していた?
イエズス会ではなく「カソリック」を指していました。

キリスト教の簡単な歴史を書くと分かりやすかもしれません。
キリスト教は、もちろんイエス・キリストが1世紀の初頭に布教した内容が元になっているのですが、昔のことですからいろいろな地方でいろんなことを話したり、キリストが死んだあと弟子が話した内容が伝わっていたり、といろいろな教えがあったのです。ローマは最初、キリスト教を禁教にしていましたが、4世紀になるとキリスト教を信じる...続きを読む

Q論理学の問題について。『「全ての結論は間違っている」という結論』は正しいか否か

「全ての結論は間違っている」という結論は正しいのか、否か…。
論理学の初歩問題だと思うのですが(誤謬?)、うまく答えを導き出せずに困っています。
どなたか、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに、全称命題の復習をされたらいかがという、適切と思われるアドバイスが出されていますが、念のために。

「結論」という件を横に置く為に同等な例を出しますが、

命題A)すべての命題は偽である。
をちょっと考えて見ましょう。
命題Aは偽です。自己言及形の命題ですが何の問題もありません。
この命題Aを何らかの手段で証明しようとして、例えば、命題Aを真だとすると、などと考えると、そこでいきなり終ってしまうので、面食らうことはあるでしょう。それだけのことであって、パラドックスでも何でもありません。証明をする必要がないくらい自明な、「偽の命題」であったというだけのことです。元々命題には、「真の命題」と「偽の命題」が在る。

あなたの命題
P)全ての結論は間違っている
は、「結論」と呼び得るものとは何かという厳密な話をする必要もなく、偽です――なぜか――。結論が「偽」であるケース、即ち結論が間違っている場合はあるでしょうが。
したがって、
偽の命題Pを結論とするような、何らかの形式論理的展開が存在したとするなら、それは、その前提が偽であったはずです。即ち、命題Pを結論とするような展開は、徒労であるということです。考えるに値しない。ましてあなたの質問のように、”「……」という結論は正しいのか”、と言うような、”という結論” なんていう<無前提の偽の結論>など考察の対象にならん。



――もっと簡単な話としては、
我々が或る命題を「結論」と呼ぶのは、我々が正しい命題というものを持ち得る=在る、と考えていることを基礎としている訳だ。したがって、「全ての結論は間違っている」と誰かが言えば、「そんな、アホなことを」、で終わりでしょう。

すでに、全称命題の復習をされたらいかがという、適切と思われるアドバイスが出されていますが、念のために。

「結論」という件を横に置く為に同等な例を出しますが、

命題A)すべての命題は偽である。
をちょっと考えて見ましょう。
命題Aは偽です。自己言及形の命題ですが何の問題もありません。
この命題Aを何らかの手段で証明しようとして、例えば、命題Aを真だとすると、などと考えると、そこでいきなり終ってしまうので、面食らうことはあるでしょう。それだけのことであって、パラドックスで...続きを読む

Q江戸時代はなぜキリスト教はNGだったの?

日本は仏教が中心ですが、キリスト教信者もいます。キリスト教に篤い学校・老人施設・病院などもあります。
しかし、江戸時代はキリスト教は禁止されていました。キリスト教を信仰すると罰を受け、踏み絵などキリスト教信者を見つけては処罰という制度もありました。天草四郎を中心とした島原の乱も起きるなどしながらもキリスト教は禁止されましたが、隠れキリシタンも多数存在していました。
で、いったいなぜ江戸時代はキリスト教が禁止されていたのでしょうか???

Aベストアンサー

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観とは相容れなかった。欧州では支配者と創造主は同一であるという「神権政治」、そこから発展した、王の地位は創造主より授けられたものという「王権神授」という伝統的倫理観が土壌にあります。そのような倫理観がない世界(日本)に創造主の絶対性を重んじる思想は、主君・領主への忠誠より、創造主への忠誠を優先させます。このことが天下統一のさわりになると、豊臣秀吉は天正15年(1587)に禁教令を発します。

 さらには外交政策の面。徳川家康は和平外交を進めるため、当初は信仰を黙認していましたが、慶長5年、オランダ船リーフデ号漂着により、プロテスタントであるオランダ・イギリスと交渉開始。日本市場の拡大を図るため、ポルトガル・スペインの締め出しを計画。そこでカトリックへの不利な情報と中傷を行いました。つまりカトリック国の侵略的意図。信徒を利用した反乱計画などをは、当時の幕府としては「天下統一のさわりになると」いう危惧をより拡大させました。禁制により教会の破壊・宣教師の国外追放。信徒の東北・蝦夷地への放逐などが行われました。
 徳川家光はさらに厳しく禁制を行いますが、寛永14年(1637)の島原の乱による衝撃から、鎖国政策の徹底とキリシタン弾圧はより強固となります。
 カトリックの海外布教は、プロテスタントに対する対抗措置という面がありました。その点、海外布教を重視していないプロテスタント国とは幕府は貿易を行えたのでしょう。

参考
『国史大事典』(吉川弘文館)

 ただし、禁制も太平の世が長く続くことで形骸化していき、当初はキリシタン監視の意味でもうけられた寺請制度も、寺院側からすれば「檀家としての勤めを果たしていれば、裏でキリスト教を信仰していても黙認する」という事実もありました。領主も「良き領民としての勤め」を果たす限りは信仰も黙認状態でもありました。キリシタンであると暴露しても、領主の監督不行届と罰せられる危険性があったからです。
 現在でも「カクレキリシタン」の家では、寺院の檀家であり、神社の氏子であり、家には仏壇・神棚が祀られて、同時にカクレキリシタンである。その信仰体系は仏教・神道・民間信仰とキリスト教が混在した、いわゆるカトリック・プロテスタントとは異なる信仰形態ですが、キリスト教公認以後も、カトリック・プロテスタントに改宗せず、先祖が守ってきた信仰として「カクレキリシタン」として守り続ける家があります。

資料
『オラショ―魂の通奏低音 カクレキリシタン』(宮崎賢太郎・長崎新聞社)
http://www.nagasaki-np.co.jp/jigyoubu/book/kakure_book.html

『カクレキリシタンの信仰世界』(宮崎賢太郎・東京大学出版会)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130104020/250-7207972-6663457

江戸幕府のキリシタン禁制は慶長17年(1612)、幕府直轄領での禁制、翌18年に、全国さらに外国まで広げたものですが、キリスト教禁令にはさまざまな要素があります。
 キリスト教布教当初から信仰が拡大するにつれ、キリシタン大名領では神社仏閣の破棄が行われました。そのことから民衆側からもキリスト教を邪教視する風潮がありました。同時に寺社の破棄は、日本の伝統的倫理観の破壊と恐れられたのでしょう。

 次に創造主の元の平等、つまり創造主の絶対性ですが、それが日本の封建領主の倫理観...続きを読む

Q支配を望む、それとも支配されるのを望みますか?

人は、支配を欲するのか、支配されることを欲するのか?

世の中の出来事を見ていると、
人は、意外に、他者に支配されることを望んでいるのではないか?
と思えることが多々あります。

人は、他者を支配することを欲するのか、他者に支配されることを欲しているのか?

教えてください。
よろしくお願いします。

わたし、SMのSです、Mでも結構です。
わたしの考えるSM論でもOK。
ファッションなどの流行に敏感です、
ホニャララさんは、わたしの《神》です、
ニーチェは間違っている、
などなど、
この質問に関係することならば、どのような内容でも大歓迎です。

Aベストアンサー

基本的には、人は「支配されたい」という欲求はなく、あるのは、「所属したい」「つながっていたい」という欲求だと言われています。

アメリカの心理学者のアブラハム・マズローは、人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りであると述べています。
1.生理的欲求(Physiological needs)
2.安全の欲求(Safety needs)
3.所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
4.承認(尊重)の欲求(Esteem)
5.自己実現の欲求(Self-actualization)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96

1と2は生物の本能的な欲求で、3番目から社会的欲求と言われます。
この「所属したい」「つながっていたい」という欲求の中で、このルールに従わないと仲間に入れないとか、この人の言うことを聞かないとつながっていられないという場合に、支配されているような状態になるわけです。

ただ、欲求の大きさが大きいほど、支配の幅が広がり、欲求が小さいほど、支配されない状態になると言えると思います。


4が「認められたい」という欲求で、高じて支配への欲求となります。
5は自己実現で、これは支配への欲求がさらに高じて、支配を使命と考えるようになる時の欲求といえます。

基本的には、人は「支配されたい」という欲求はなく、あるのは、「所属したい」「つながっていたい」という欲求だと言われています。

アメリカの心理学者のアブラハム・マズローは、人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りであると述べています。
1.生理的欲求(Physiological needs)
2.安全の欲求(Safety needs)
3.所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
4.承認(尊重)の欲求(Esteem)
5.自己実現の欲求(Self-actualization)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E...続きを読む

Q日本でキリスト教が禁止されたら?

江戸時代のはじめごろ、日本ではキリスト教が禁止されました。その時代は踏み絵などでキリスト教を徹底的に排除しようとしましたし、キリスト教を信仰し続ければ死刑になっていました。しかし、隠れキリシタンも多数出現しました。

ここで2つ質問ですが、
1:キリスト教の禁止は徳川家光将軍時代だったように思いますが、なぜ当時の将軍は日本でのキリスト教の信仰を禁止したのでしょうか?
2:もし、現在日本でキリスト教の信仰が禁止されると、どうなると思いますか?

Aベストアンサー

> 1:キリスト教の禁止は徳川家光将軍時代だったように思いますが、なぜ当時の将軍は日本でのキリスト教の信仰を禁止したのでしょうか?
スペインによる植民地化を防ぐための政策だった。(下記url参照)

> 2:もし、現在日本でキリスト教の信仰が禁止されると、どうなると思いますか?
戦時中に英語が敵性語として禁止され、様々な言葉が日本語に置き換えられました(野球の「ストライク」→が「よし」、「カレーライス」→「辛味入汁掛飯(からみいりしるかけめし)」等々)。それと同じように、キリスト教の影響があるものを禁止されたり表現を変えられたりするのではないでしょうか。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog154.html

Q《自己主張するな》は 自己主張ではないのか?

言わずもがな・・・かも分かりませんが あらためての問いです。

この哲学カテでのやり取りに見かける〔小さな?〕もんだいです。



分かり切ったことではないかという場合にも 一票を投じてご見解を明らかななかたち
としてみてください。


わづかに 分かり切っていないという向きにあっては 《自己の〈意見〉を主張する》
と《自己を主張する》とが 区別されると考えているふしがあります。

そのような区別は できますか?

Aベストアンサー

(あ)を想定していました…

質問者さんの意図を把握しました。
《自己主張するな》は如何なる場合に於いても等しく自己主張ですね。

> そのような区別はできますか?
できる、できない、というよりは、する場合・状況はあると思います。

(い)の場合、ある組織に於いて例えば上司が部下に《自己主張するな》と言う場合、それ自体は自己主張であると解釈されない(もしくはできない)のでは、と思います。

Qキリスト教の最終目標は何ですか?

キリスト教の最終目標は何ですか?

キリスト教の国が戦争をしているので、キリスト教がいる限り世界平和は訪れることはないと思うんですが、信者は馬鹿ですか?

キリスト教の国が戦争をしているのに、キリスト教は世界平和をうたっている。自分たちが戦争を仕掛けてるのに????

Aベストアンサー

全人類をキリスト教に改宗させることです。そのためには何でもやります。戦争も虐殺も侵略も弾圧も、何でもありです。この2014年間の世界史をつぶさに勉強すればそのことがよく分かります。2014年間に起きた戦争のほとんどはキリスト教徒によるものです。その中には分派のユダヤ教も入ります。仏教徒やイスラム教徒が起こした戦争は少ないです。

Q聖句検索

聖書の聖句 例えばマタイ5章1節を検索して、
「○○訳」では「・・・」
「××訳」では「・・・」
「■■訳」では「・・・」
と幾つかの翻訳を同時に見られるようなwebサイトはありませんか?
しかも無料で。
ご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語だけでよろしいですか?

口語訳、新改訳、新共同訳が参照できますが、新改訳は著作権の関係上、全文は表示されないそうです。

画面分割機能もありますが、、デスクトップ(ディスプレイ)が大きくないと3つ同時はキツイですね。

参考URL:http://park10.wakwak.com/~ebible/bsrch/

Q精神科医とキリスト教

私はキリスト教徒で、心療内科に通っていますが、以前「キリスト教はいいですよ」と担当医にはなしたら、困った顔をされました。やはり精神科医は、「キリスト教は死ぬと天国だから自殺の引き金になる」と思っているのでしょうか?
精神科医とキリスト教について詳しい方、ご意見願います。
また、私個人は、キリスト教によって精神の安定が保たれていますが、たまに疑いが起こることもあります。
心療内科に通う身として、キリスト教とどう付き合っていくべきかもご意見伺えたら嬉しいです。

Aベストアンサー

No.7です。
ちょっと補足を。
私はうつ病を患ってますので、逆に、
自殺=キリスト教的には絶対の禁忌。
であることが、自殺衝動への強烈なストッパーになっているのも事実であります。
自殺=自分をこの世に生み出した神の全否定=自分の信仰の全否定=アイデンティティの崩壊
とつながっていくからです。
自殺衝動が起きると、自殺してしまいたい誘惑と信仰の間で身もだえし、「神さま、助けてください。苦しい。つらい。これでもまだ『生きよ』とおっしゃるのですか? 私にはまだ耐えられる力がありますか? この試みを耐え忍ぶ力をどうか私にください」と祈ります。
信仰がなければ、躊躇なく死の誘惑に身をまかすだろうにと。信仰があるからこそつらいと思うことさえあります。

西洋の映画で、キリスト教徒が自殺する場合、自分の命とともに、自分の神も宗教も参加しているコミュニティ(お墓に入れてもらえません)も何もかもかなぐり捨ててしまう決意や絶望感であると思います。

天国と地獄については、真っ向から「そんなものありませんよ」というプロテスタント信者はいないでしょう。日本の風土に「地獄と極楽」のイメージは根強くあるので、地域の風習や習慣をむやみに否定はしないのです。
大航海時代にカソリックが全世界に布教したとき、その地域の風俗・習慣をむやみに否定して不必要な反感を買うことはせず、むしろキリスト教の教義に結びつけて利用しました。日本でも「聖母マリアは観音さまと同じような存在」とか「極楽は神さまの国に行くことですよ」と、既存イメージを上手く利用して布教しました。この柔軟性がキリスト教が広く知れ渡った遠因でもあります。
天国と地獄についての認識は、キリスト教を深く知れば正しい認識に自然となっていきますから、それでかまわないと思います。

それから「私はキリスト教徒です」とおっしゃると、キリスト教の信者は「この方は洗礼を受けてどこかの教会に所属しているクリスチャンなんだな」と誤解しますよ。

最後に、私はカソリックについては全然わかりませんので、悪しからず。

No.7です。
ちょっと補足を。
私はうつ病を患ってますので、逆に、
自殺=キリスト教的には絶対の禁忌。
であることが、自殺衝動への強烈なストッパーになっているのも事実であります。
自殺=自分をこの世に生み出した神の全否定=自分の信仰の全否定=アイデンティティの崩壊
とつながっていくからです。
自殺衝動が起きると、自殺してしまいたい誘惑と信仰の間で身もだえし、「神さま、助けてください。苦しい。つらい。これでもまだ『生きよ』とおっしゃるのですか? 私にはまだ耐えられる力がありますか? ...続きを読む

Q《自己主張するな》は 自己主張ではないのか?

 あらためての問いです。

 この哲学カテでのやり取りを見て感じる疑問です。

 すでに問いましたが どうもおかしい。

  ○ 《自己主張するな》は 自己主張ではないのか?

 この一点にしぼります。

 分かり切ったことではないかという場合にも 一票を投じてご見解を明らかななかたちとしてみてください。


 わづかに 分かり切っていないという向きにあっては 《自己の〈意見〉を主張する》と《自己を主張する》とが 区別されると考えているふしがあります。

 そのような区別は できますか?

Aベストアンサー

自己主張しすぎるのも、しなさすぎるのも、問題だと思いますから、
けっきょくは、バランスの問題ですよね。

その一点にしぼるならば、
その言葉を発した人の意図によるとしか言えませんが、
もしあなたの自己主張に、その人自身がカチンときたのであれば、
その人なりの主張というか、我の強さ?でしょうね。

あなたが自己主張しすぎるために、
あなたに問題がふりかかっていると思われて、
素直にあなたを思われたのであれば、
愛ゆえだったのかもしれませんね。

でも、かりに愛ゆえであっても、伝え方がまずいと、何にもなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報