先日、子どもに見せようと借りてきたのですが、内容とか俳優が私が小さい頃?に見たものとは、全く違いました。
 借りてきたものは副題がついていて「第一章」となっていたものですが、リメイク版なのでしょうか?
 昔のは、いかにも「ファンタジー」だったのですが・・・。
 この以前の版のものはDVDで発売されているのでしょうか?
 あと、レンタルで借りるときに正確なタイトルが知りたいです。
 アマゾンで見たのですが、よくわかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



第一章となってたのでしたら劇場公開のではなくテレビ版ですね。

以下参照して下さい。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

劇場版は次の3本です。

ネバーエンディング・ストーリー(1984)
ネバーエンディング・ストーリー第2章(1990)
ネバーエンディング・ストーリー3(1994)

以下参照して下さいね。

http://www.allcinema.net/prog/search.php

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/search.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が知っているものも3まであったので、テレビ版があったことも知らずにいたものですから、レンタルショップでは「これだー!」と迷わずに借りてきたのでした・・・。
劇場版の1から3の間は10年間もあるんですね。でも、1だけで充分だった気がしました。

お礼日時:2005/09/21 11:25

ネバーエンディングストーリーは1984年の西ドイツ映画です。

監督がウォルフガング・ペーターゼン主演がノア・ハサウェイです。これで確認いただけますでしょうか。最初のシーンは主役の男の子がいじめっ子に追いかけられて、本屋に逃げ込みます。こんなシーンで始まったでしょうか。シリーズとして2と3が出ており、番外編のような感じで遥かなる冒険(TV版)が出ているようです。2には第2章と付くのですが、1章というのはなかったような気がします。(あやふやです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうそう「ノア・ハサウェイ」です!
借りてきたものを見ていたら冒頭から「何か違う!」と思っていたのですが、テレビ版というのがあったのですね。

お礼日時:2005/09/21 11:14

これではないでしょうか?



主人公の男の子の名前は「アトレーユ」です。
岩のかたまりみたいなおじさんが出てきます。
「ファルコン」という名前の犬のような顔をした
真っ白い毛の生えた竜のような動物に乗って空を飛んだりします。

主題歌(?)は、リマールという人の「ネバーエンディングストーリー」。
日本語版では芳賀健二が歌ってましたw

私も昔見て結構感動しました^^

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005O …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうそう「ファルコン」には乗って見たいな~と子供心に思ってました。
リマールの歌はよく覚えてます。日本語版が芳賀健二なのは初めて知りました(笑)

お礼日時:2005/09/21 11:12

ネバーエンディング・ストーリー (1984年/西ドイツ/イギリス) の題名でDVD出ていますよ。


↓ご参考にして下さい。

参考URL:http://www.discas.net/cgi-bin/so-net/s?ap=c_good …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
このようなHPもあるんですね。初めて知りました。
借りるならビデオでもよいのですが、自分で持つならDVDが良いので助かりました。

お礼日時:2005/09/21 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリメイク版?

BS放送で何年前の映画かわかりませんが古い映画で「許されざる者」という洋画をやっていたのですが、クリーンスト・イーストウッド監督、主演の「許されざる者」はリメイク版なのでしょうか?それとも題名が同じで内容は違うのでしょうか?初歩的な質問でお許しください。どなたかご存知の方おられましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全く違う映画です。
【許されざる者(1960)】
アラン・ルメイの原作小説を映画化した西部劇です。
バート・ランカスター、オードリー・ヘップバーンが
出ています。
家族の絆を描いた映画です。 

【許されざる者(1992)】
クリント・イーストウッド監督、主演の西部劇です。
銃を捨て暮らしていた老ガンマンが、
償金稼ぎのために再び銃を取る話です。
本格的な西部劇でクリント・イーストウッドが老いたガンマンをうまく演じています。
対決する保安官に、ジーン・ハックマンが出ています。
相棒役のモーガン・フリーマンの演技も渋くていいですね。
余談ですが、この映画を気に入ってDVDで時々見ています。
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=10356

参考URL:http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=9346

Q映画「ポセイドン」(2006年リメイク版)の窓のヒビについて

映画「ポセイドン」(2006年リメイク版)の窓のヒビについて、
船が転覆した後、窓ガラスにヒビが入り割れるシーンがありましたが、
深海では無いのに、どうしてヒビが入るのでしょうか?

Aベストアンサー

そのシーンは覚えていませんが、おそらく船体に不自然な強い力が加わり、その力が窓枠にも及び、ガラスに歪みが生じたのではないでしょうか。
ガラスは、その歪みに耐え切れずヒビが入ったのだと思います。

Qリメイク版ロボコップのラスト近辺について

--ネタバレなので知りたくない方はこれ以降は読まないでください。--

本日リメイク版ロボコップを見ました。
ラストの方で社長(会長?)のレッドブレスレットのプロテクトを破り射殺しますが
あれはどうやってプロテクトを破り、何故撃てたのかわかる方いますでしょうか?(家族への思いが強く、撃てた???)
初代ロボコップは例の「お前はクビだ!!」によるプロテクト解除は傑作と思いましたが、
今回の場合は何か明確な理由のようなものはあったのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あれ不思議でしたよね。特に説明無かったし、なにか伏線入れておくべきだったと思います。
まあ、妻子を思う人間としての力が機械の制限に勝った言うことかなと思いますが、あれ、妻子を狙わなければ社長、ロボコップに勝てたんですよね。

初代ロボコップでは、マーフィーは人間としてのアイデンティティーを喪って(記憶を消されて)ロボコップとして再生、その後、マーフィーであった頃の自分を徐々に取り戻し、ラストの「お前はクビだ」から「良い腕だな、君の名前は」「マーフィー」でロボコップのテーマ、というしびれるシーンにつながっていくのですが。

今回のバージョンだと、そもそも、マーフィーとしてのアイデンティティーを喪わずにロボコップ化しています、その分なのか全般的に厚みがないと感じました。

Qオリジナルを再評価させたリメイク版

最近、フリードキンがリメイクでクルーゾーの「恐怖の報酬」を再評価させたと、映画サイトで知りました。私自身はオリジナルを先に見ていたので、リメイク版はもう一つでしたが、このような例は他にも在りますでしょうか?
再評価させたと言うか、世に知らしめたと言うか、定義も曖昧ですが
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

リメイクがしょぼくてオリジナルの良さを再確認してしまう例は数が多いと思いますが(「太陽がいっぱい」「グロリア」・・・等々)、そもそもリメイク製作の目的がオリジナルの賞賛としか思えないのがガス・ヴァン・サントが撮った

サイコ(1998)
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31514/index.html

です。
シャワーだのブラインドの影だの有名なシーンはもとより、もっと細かい描写やカメラが「カラー版そっくりさん」なのです。
公開当時のプレスの評に「これは一般映画館で公開されるべき映画ではなく、シネマテークでヒッチコックのオリジナルと並べて上映されるべき実験映画である」というものがありました。それを読んだ当時は「実験映画」って誉めすぎじゃないの?と思いましたが、後年ガス・ヴァン・サントが「ジェリー」等、実験映画としか言いようのない方向に行ってしまったことを考えると、ある程度当たっていたのかもしれません。
映画自体は全般的に不評だったと思いますが、オリジナルとリメイクをカップリングしたDVDも発売されました。監督の目論見は成功したんでしょうか・・・・。(ちなみに私もガス・ヴァン・サントを見た後で、久しぶりにヒッチコックを見直しました。)

また全く別の方向ですが、スペイン語映画という、本来いわば狭い市場でしか鑑賞されないはずの「オープン・ユア・アイズ」が一般人気を得たのは、「バニラ・スカイ」というリメイクが時間的にもあまり間隔を置かずに製作されたことも大きいと思います。

こんにちは。

リメイクがしょぼくてオリジナルの良さを再確認してしまう例は数が多いと思いますが(「太陽がいっぱい」「グロリア」・・・等々)、そもそもリメイク製作の目的がオリジナルの賞賛としか思えないのがガス・ヴァン・サントが撮った

サイコ(1998)
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31514/index.html

です。
シャワーだのブラインドの影だの有名なシーンはもとより、もっと細かい描写やカメラが「カラー版そっくりさん」なのです。
公開当時のプレスの評に「これは一般映画館で公開さ...続きを読む

Qリメイク版のREC/ザ・クアランティンを見たのですが、これってスペイン

リメイク版のREC/ザ・クアランティンを見たのですが、これってスペイン版RECとは違いがあるんでしょうか?
また、REC2も見たいと思ってるんですが、リメイク版の方だけを見た状態で楽しむことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

スペイン版「REC]とハリウッド版「REC]に違いはほとんど有りません。
スペイン版ではゾンビのように描かれていましたが、ハリウッド版は未知の病気のようになっていました。
細かなところに違いは有りますが、ほとんど一緒と思ったほうがいいですよ。
どちらも出来は良いので、どちらか1作品だけ観ていれば十分です。スペイン版を先に観ていればハリウッド版に物足りなさを感じますし、ハリウッド版を先に観ていればスペイン版が物足りなく思えます。
これはストーリーが分かってしまっているからだと思います。なぜこれほど同じものを2つ作ったのか不思議なくらいです。
リメイク版をご覧になっていれば、そのまま「REC2」を鑑賞してください。わざわざオリジナルまで観なくても大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報