シェラのマウンテンパーカーの撥水効果が全く無くなり、ちょっとした小雨でも吸い込んでしまうので、撥水効果を復元したいと思っています。

テントなどの防水(撥水)を調べていたら、小川キャンパルの「塗る防水剤」(実際は撥水剤)とホワイトベアの「完全防水剤」と言うのを見つけました。

ホワイトベアの商品は、その名の通り完全な防水剤なので、テントなどの内部床面に塗布するようですので(内部に塗布するのが基本)、利用するとしたら「塗る防水剤」かなぁと思います。
実際に使われた方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか?。

また、完全防水剤を使ったけれど問題なかった、良かったとか、他の商品で圧倒的な撥水効果を復元させたなどのご意見もありましたら、併せてお教えください。

どうぞ宜しく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



フェールラーベンのG1000素材は
 http://www.ssksports.com/fjallraven/column/fr/co …
60/40素材に極めて近く、適度な通気性と撥水性・難燃性をうたっています。
このG1000素材の撥水性の復元に『グリーンランドワックス』というものがありますがそれで如何でしょうか。
 http://www.webleague.net/goods/goodsdet.php3?id= …

私は60/40とG1000の両方とも愛用しておりますが、どちらの素材にもお薦めです。

参考URL:http://www.ssksports.com/fjallraven/

この回答への補足

本日、グリーンランドワックスを購入しました。
SSK本社に問い合わせたところ、シェラの60/40は小職の言うとおり縦糸がポリエステルで横糸がコットンで織り込まれているが、G1000素材はポリエステル65%とコットン35%を撚り合わせた糸で縦横をおりこんでいると言う事でした。
ワックスはコットンにだけ浸み込んで、ポリエステルには浸み込まないそうで、G1000素材は全体にコットン繊維が使われているので、均等に浸み込むが、シェラの素材は横糸にしか浸み込まないとの事。但し、必ず効果は得られる筈なので、是非一度試してみて欲しいとの回答でした。

そこで、塗り方を教えてください。
テカテカに光るまで塗りこんで、アイロンかドライヤーの熱で浸み込ませるのでしょうか?。
テカテカの度合いが良くつかめません。

補足日時:2005/09/29 22:26
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

フェールラーベンのHPを拝見させていただきました。蝋状の物を浸み込ませると言う発想は全く無かったです。
実際に60/40クロスに使用されてみてどうでしたか?。
マウンテンパーカの用途は、防寒が主目的ですので、風を通さない(ある程度の通気性は必要ですが)、少々の雨ならシャットアウト出来れば良いなぁと思っています。

ここ2,3年はクローゼットに眠っていたのですが、今の女房からの初めてのプレゼントのパーカですので、破れて使い物にならなくなるまで着用したいと思っています。

お礼日時:2005/09/28 23:44

撥水材についてのいくつか意見を。



塗るタイプ、スプレータイプを比較されているようですが、個人的には「漬け込むタイプ」がお勧めです。

NIKWAXというブランドの物を愛用しているのですが、撥水成分が生地に染み込んだ水を介して浸透するらしく、スプレータイプの物よりも持続性が良いように感じます。

また、雨のときなどは外の面よりも、フードの内側や袖の内側などの不快感が気になる物。

漬け込みタイプだと裏表しっかり撥水効果が期待できます。

ちなみにNIKWAXのスプレータイプもありますが、ぬらした状態で吹き付けるので、漬け込みに近いかも?


普通の撥水スプレー(巷では防水スプレーとも言うけど)にはフッ素のもの(スコッチガードなど)とシリコンが含まれている物があります。
確証はないのですが、フッ素の物が細かい毛羽立ちで水をはじくのに対して、シリコンは膜のようなものを張ってしまうのではないかと思ってゴアテックスのような通気性が命の物には使わないようにしています。
    • good
    • 1

>スプレータイプも塗るタイプも一緒だと思うのです>がどうでしょう?。



小川キャンパル塗る防水剤は 中味はフッ素系の防水剤ですので スプレー缶入りと替わりは無いでしょう

>シェラのマウンテンパーカは縦糸がナイロン、横糸>がコットンで織り分けられています。

この素材のコットンに効果でるか どうかですねー
    • good
    • 0

皆様のおっしゃっているように


一度アイロンがけしてみてください
防水剤は 熱により復元するものなのです。

シェラのマウンテンパーカーがどんな素材か解からないのですが 通常の スプレー防水剤で メーカー品 スコッチガードなど塗るのが良いと思います。

塗る防水剤はテントのフライシート用などに使う 通気性有りの素材用です。ゴアッテクスのテントにも使えます 
服に使ったとの話は 仲間でも居ません 使えない事は無いかな?しかし液体が多く垂れ しみにならなかいこの点が心配

ホワイトベアーやテムポー製の「完全防水剤」は 
ビニールコーティングする感じなので 素材に一皮皮膜を作とで言いますか 若干厚くなる感じで 素材の風合いが 固くゴアゴアになると思います この防水剤は テントの床グランド部など 通異性を必要としない完全防水性能のみ必要な部分に使われます 
テントでもフライシートには使用しませんので 
衣服には使用不可とお考え下さい。
完全防水剤=通気性セロになると考えて間違えないです 着心地ゴアゴア 中はムレムレ汗だくで風引きますよ!

やはり衣類用の 安物で無い(効かない) メーカー品防水スプレーが無難です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シェラのマウンテンパーカは縦糸がナイロン、横糸がコットンで織り分けられています。
水分を含むと横糸のコットンが膨張して防水効果を生み出すと言う事ですが、購入後17年も経過しているので、濡れるとそのまま浸み込んで来てしまうのです。

他の方のお礼にも書かせて頂きましたが、スプレータイプと塗るタイプでは、どのように違うのでしょうか?。市販の「防水スプレー」って、ホワイトベアーやテムポー製のような防水剤ではなく、所謂撥水剤ですよね。同じ撥水剤であれば、スプレータイプも塗るタイプも一緒だと思うのですがどうでしょう?。
(塗る方が、より効果的だと思うんです。)

お礼日時:2005/09/27 15:59

普通の撥水スプレーを定期的に使用するのがよろしいかと思います。


表面が少し濡れるくらいに吹き付けないと、あまり意味がありません。

塗る系の防水剤は全く用途が違うので、おすすめできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通の撥水スプレーと塗るタイプのものとの差は何なのでしょうか?。
一応、小川キャンパルの「塗る防水剤」と言うのは、撥水剤との事ですが。(メーカーに確認しました。)

「表面が少し濡れる」と言うことは、塗るタイプの撥水剤の方が効果があるってことなんでしょうか?。

お礼日時:2005/09/27 15:43

 テント用の防水液を塗っちゃうと、服がガビガビになっちゃいます(この表現わかりますぅ?(^^;



 市販のシリコン系のスプレーをかけてアイロンをする、という手もありますが

 クリーニング店で防水加工(まあ、むこうでも防水スプレー塗ってるだけですが(^^;

 のほうが、コストも安く長持ちでお勧めです。

あと、撥水と防水は違う事だと理解してますよねぇ?
シエラの60/40のパーカーですか?
あれは、濡れることで生地が締まって防水効果を高めてるので、あまり強力な撥水加工をすると、防水能力が落ちますのでご注意を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうです。シェラデザインズ定番の60/40マウンテンパーカです。確かに、機能としては濡れることによってコットンの横糸が膨張して防水効果をもたらすと言う事ですが、17年前に購入したものなので、普通の雨などでは肩の部分等はそのまま中の服に水分が浸み込んで来ます。

お礼日時:2005/09/27 15:39

一度ドライヤーであっためてみてください。


撥水効果が復活する可能性があります。
温め過ぎには注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

17年前に購入した代物ですので、ドライヤーで温めただけでは復活しないように思われます。

お礼日時:2005/09/27 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイク用の防水バックパックを捜しています。

バイク用の防水バックパックを捜しています。僕がバイクに乗るときは、ウエストバッグではなく、バックパック(リュックサック)を使用しております。最近、急に雨天になったときに、一般的なバックパックを使用したところ、当たり前ですが、中までずぶ濡れになってしまいました。出かけた先でパンフレットなどをもらうのが好きなので、これからは、防水性に優れたバックパックを使用したいと考えているのですが、値段や大きさにより色々ありますので、どれを選んでよいか判りません。お勧めの物がありましたら、参考にしたいと思いますので、お教えください。
また、バックパックではなく、パニアケースのほうがよいと思われた方もお教えください。
参考基準として、身長:164cm・250ccのオフロード車に乗っております。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どなたも解答が付かないようなので・・・

250のOFF車だとリヤにキャリヤが付けれればそれにトップケースを取り付ける、もしくはホムセで販売している箱を載せて止め方を工夫する、後は知人がしていることですが片側にステーを自作して其所に釣りようなどのソフトバッグを取り付ける。

ただし横に取り付けるのはかなりの工夫と強度の有る物でないと持たないかも知れません、私ならトップケースが簡単で鍵も掛かるし25L程度の物ならヘルメットも入るし便利なのでこちらにします(実際一台のスクーターに25Lと大型のOFF車は39Lのトップケースを付けています。

私のバイクは元々リヤのキャリヤが付いているので取り付けも簡単にできましたが質問者のバイクにその様な物が(市販などのキャリヤ)有れば簡単ですが余り重い物は詰めません(キャリヤが持たないかも、又トップケースは大抵5キロ程度の制限が有ります)

大きな物も乗せるのであればキャリヤを取り付けてシートの後部とキャリヤを利用してホムセの箱(色々市販されている)で多少強度のある物で蓋がワンタッチで開く物を取り付ける(私はこちらの経験は有りませんが知人にセローに取り付けていたのも見ています。

市販のサイドケース(パニヤ等)は値段も高価だしOFFだとマフラーが片側にありどうしても横幅が広くなりますよ(私のは純正が付いていますが)片側15L程度の物でもかなりの幅に成ります(もっとも便利なので殆ど外して走ったことは有りません)狭いところでハンドルが変わったと安心したらケースを引っかけたなんて事になるかも・・・

又OFFロードを走るときなどケースの落下も心配なのでベルトで落下防止をしているくらいです(ワンタッチで取り外せるので振動で外れることが過去に一度経験)

もっとも用品で販売しているトップケースもOFFロードを元気よく走れば落下の危険はあります(動画で見たこと有り)や吸い物だと25Lで1万くらいであるしこれが一番手軽だと思うけど・・・

どなたも解答が付かないようなので・・・

250のOFF車だとリヤにキャリヤが付けれればそれにトップケースを取り付ける、もしくはホムセで販売している箱を載せて止め方を工夫する、後は知人がしていることですが片側にステーを自作して其所に釣りようなどのソフトバッグを取り付ける。

ただし横に取り付けるのはかなりの工夫と強度の有る物でないと持たないかも知れません、私ならトップケースが簡単で鍵も掛かるし25L程度の物ならヘルメットも入るし便利なのでこちらにします(実際一台のスクーターに...続きを読む

Q完全防水のリュックサックかディーバッグはどこの製品がお薦めでしょうか?なるべく防水が強いのがいいです

長く使うものなので2万ぐらいまでを考えていますが、
MAXで4万ぐらいならば検討しようかと考えていますが、
安く済むならそれに越したことはありません。

どこのメーカーの防水リュックサックがお薦めでしょうか?
教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この手の製品なら豪雨はおろか、水の中に沈めてもそうそう浸水しませんよ。
http://item.rakuten.co.jp/pirarucu/gp-002/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001

「ドライリュック」あたりで検索すればいろいろあります。
長持ちを期待するより、安いので数年で買い換えたほうが防水性能的には有利でしょう。
とはいっても、穴が開いたりベルトが千切れたりしない限り結構持ちます。
私のは無名ブランドの安物ですが、10年くらい使ってます(雨の日だけなので使用頻度はそれほど多くないけど)。

Qバックパックは使いやすさか防水性か?

折りたたんでコンパクトにしまうことができる、軽量なバックパックで山歩きをします。

基本的に天気予報が雨の日は山歩きしませんが、

バックパックは蓋のない開放ポケットや防水でないジッパーなどが露出した使いやすいものがいいのか、
それとも簡単に中にアクセスできなくても、巾着で縛った上に蓋状のカバーがかかり、コンプレッションベルトがあるようなもののほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

濡れて困る物はジップロックなどの防水袋に入れておけば良く、それらを更に大きな袋に入れれば、防水的には問題ないでしょう。
ただ、雨の時にはバッグに水が溜まることもあるだろうし、開放ポケットでは転んだりしたときに、ポケットから大事な物が脱落する事もあるでしょう。
気がつかなければ面倒なことになると思います。

Qテント・タープの撥水補修はどうしてますか?

長年使い込んできたテントとそのフライ部分、スクリーンタープの撥水加工がそろそろヘタってきました。
使用毎にスコッチなどの撥水スプレーをたっぷりかけるのですが効き目が無いようです。シーム部も怪しくなってきました。
そこでそろそろ防水補修を強化したいのですが、どこの撥水剤をどのように使えばいいでしょう?

Aベストアンサー

まず良く洗い 油分や不純物を落として下さい
汚れの上からのコーティングは効果半減です

テントフライには #2さんと同じ 「小川キャンパルの塗る防水剤」千~1.2千円位がお薦めです 小さい角缶で 先に フエルトが付いていて コレで塗ります スプレーより数倍多く塗れます 一缶あれば2度塗り出来るでしょう
通気性も有る防水剤です。

スクリーンタープは 上記防水剤でも良いデスが
完璧な防水性を持たせるなら ホワイトベアーやテムポーの 防水剤 1L缶入り(ペンキの様な四角い缶)
2千円位を 刷毛塗りします。この防水剤は テントの 床(グランドシート)に使う 通気性無しの強力完全防水剤です。

シーム部は 低温アイロンを掛けて見てください
シームテープなら 貼り付き直るでしょう 貼れなかったら 貼れないシームテープ部を切り取り 別売されてる 補修用シームテープをアイロンで貼り付けます。切り取った部分は重ねるように貼り付けて下さい

縫い目の糸の部分は 目止めシールされてますか?
防水コートしても 糸に雨水染みて 内側シームテープに染みます
目止め剤は あれこれ有りますが 「アライテントのシームコート」500円位 これが一番塗り易く効果大 仕上がりも綺麗で コレしかない!超お薦めです
スリスリと数回糸に塗ると糸に染み込に 糸の色が変わりますので この状態を見て次に塗り進めればOK
乾燥も早いです。塗り過ぎないように!あくまで 糸の部分だけと思って下さい

※防水剤も 低温アイロン掛けで 防水性能が復活します。 毎回防水剤を使う必要は有りません

テント・タープ共に 使用後出来るだけ 汚れを落とし 持ち帰る 帰宅後室内で 濡れ雑巾拭きし 3日位乾燥させ 毎回同じ折り目でなく 違う方向に折り畳みます。
あと防水剤は擦れにより 防水性能低下しますので 擦れに注意です。

まず良く洗い 油分や不純物を落として下さい
汚れの上からのコーティングは効果半減です

テントフライには #2さんと同じ 「小川キャンパルの塗る防水剤」千~1.2千円位がお薦めです 小さい角缶で 先に フエルトが付いていて コレで塗ります スプレーより数倍多く塗れます 一缶あれば2度塗り出来るでしょう
通気性も有る防水剤です。

スクリーンタープは 上記防水剤でも良いデスが
完璧な防水性を持たせるなら ホワイトベアーやテムポーの 防水剤 1L缶入り(ペンキの様な四角い缶)
...続きを読む

Qバックパックの防水対策?

折りたたんでコンパクトにしまうことができる、軽量なバックパックで山歩きをします。

バックパックにはフラップやジッパーで閉じない、このようなオープンポケットもありますが、
http://image.rakuten.co.jp/sacvero/cabinet/items/gregory/grg-58182/grg-58182-003.jpg
http://img13.shop-pro.jp/PA01074/960/product/44163538.jpg?20120601165205
防水スプレーしていても、雨が降ってきたらポケット内が海になって内部へ浸水してくるのでしょうか?

簡単にできるオープンポケットの防水対策は、どのようにするといいのでしょうか?

Aベストアンサー

作りの良いザックでは 中に入った水を外へ逃がすための
排水口を付けているものもありますね。
手っ取り早い雨対策は ザックの大きさに合わせた
レインカバーを使用することでしょう。
しかし背中側は開いてますので完璧とは言えません。
それでどうしても濡らしたくない物は それぞれを
ビニールの袋に入れて密封してからザックに入れることだと
思います。

Q透湿撥水(防水)素材の洗濯

私は毎日ランニングをするので、山系の方々よりウインドブレーカーや
ベースレイヤー・ミッドレイヤーを洗濯する頻度が多いです。
ニクワックスのテックウォッシュなんて高級洗剤でいちいち洗濯していたら
お金がいくらあっても足りません。
私の場合はシャボン玉せっけんのスノール(植物性100%のほう)で
洗濯しています。
18Lバケツで手洗い・・・。
合成洗剤は生地によくないらしいですね。というか柔軟剤さえ
入ってなければよいのでしょうか。
中性とアルカリ性であればなんでもいいのかな?
具体的なブランド名をメーカーがガイドラインとして発表してくれれば
悩まなくても済むんですがね。

皆さんはどんな洗剤でどんな風に洗ってますか?
イタイ失敗例とかも書いてくださるとうれしいです。
できれば裏技も・・・。

そうそう、キーワードは「安あがり」です。

Aベストアンサー

 バケツで手洗いするのであれば、銘柄は問いません何でもいいですよ。

安く手に入る洗剤で(合成でも構わない) よーくすすぎをすればいいだけの事です。

植物油1000%であろうが鉱物油であろうが石鹸に成るときに合成しなけりゃ石鹸にならないんだから、どれでも一緒です。

Q大きな、防水リュックサック、バックパック

震災対策として、大きなリュックサックを検討しています。

入れたいものは、

2リットルペットボトル水×3本
ガスボンベ6本
ガスボンベ式のコンロ1個
乾パンの缶×5個
防寒シート1枚
サランラップ1本
紙皿、割り箸
カッパ×2つ
簡易トイレ1パック
ゴミ袋45リットル30枚(普通に売られているまま)
缶詰
保存米
ミニ鍋(飯ごう?)

これくらい入る大きなリュックがほしいです。
50,60リットルくらいでいけるでしょうか?

お奨めリュックが有れば教えてください。

Aベストアンサー

モンベルなんかにこういうのがありますよ。
まさしくエマージェンシー用です。
http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=776000

>50,60リットルくらいでいけるでしょうか?

いけますね。

ザックもモンベル製のものはいいですよ。
http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=261000
値段はそんなにかわらないんだから、エクスペディション70くらいがいいでしょう。

防水はザックカバーと、各荷物を小分けにジップロックして、
さらにビニールなどで包みます。
http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/items/zipper.html

これに下着と小さく潰せる上履きをいれておくといいでしょう。
震災時は靴も履けずに外に飛び出さざるを得ない状況があり、
足を怪我すると行動に大きく支障が出るからです。

それといろいろ重宝するのが新聞紙。

Qテントの防水数値について

とても初歩的な質問でしたらすいません。
テントの防水1500っていうのはどういう意味なんでしょうか。
これくらいの数値は防水剤で何とかなるでしょうか?
それとも防水数値の高いものを購入したほうがいいでしょうか?
テントを買う前に、不安なので質問させていただきました。

Aベストアンサー

フライシート無し(シングルウォールテントと呼ばれる)だと本体は透湿防水素材(主流はゴアテックス)になり、同サイズのフライ有りタイプに比べて5割り増し位の値段になると思います。

フライなし(ゴアなど)の場合:
1.本体自体に耐水性があるので、雨の中で設置していてもテント内があまり濡れない。
2.フライをかぶせる手間がない(設置・撤収が楽)
3.雨天時に出入りすると中に雨が入りやすい。
4.夏は暑い(本体の通気性が少ないので)。また、こんな時に雨が降ってきたら…。
5.ゴアテックスなどでも大雨&風が強い等の時には染み込んでくる事もあるらしい(これは未体験)。

フライあり(本体は耐水性無し)の場合:
ほぼ「フライなし」の場合の逆ですが、その他は
1.フライの一部が前室になっている場合が多く、靴などの、テント内に入れたくないものをそこに置ける。特に雨の日など便利。
2.雨の日などでテントで調理する場合に全室が使える(場合もある)。
3.雨が降っていて暑い時などでも解放出来る(風通しを確保しやすい。

よく言われるのは、「軽量化のためにフライ無し(シングルウォール)を買ったけど、雨の事を考えてフライも買った」という事らしいです。

フライシート無し(シングルウォールテントと呼ばれる)だと本体は透湿防水素材(主流はゴアテックス)になり、同サイズのフライ有りタイプに比べて5割り増し位の値段になると思います。

フライなし(ゴアなど)の場合:
1.本体自体に耐水性があるので、雨の中で設置していてもテント内があまり濡れない。
2.フライをかぶせる手間がない(設置・撤収が楽)
3.雨天時に出入りすると中に雨が入りやすい。
4.夏は暑い(本体の通気性が少ないので)。また、こんな時に雨が降ってきたら…。
5.ゴアテ...続きを読む

Qバックパックのサブバック

今度海外旅行に行くのでバックパックを購入しようと思っています。現地で動くときようにデイパックも購入しようと思っているのですが、バックパックを背負っているときは邪魔になりそうです。バックパックにサブバックがついているタイプのもあるようなのですが、使いやすいんでしょうか?また皆さんはバックパックをホテルに預けて現地で行動するときはどのようなバックを使用していますか?

Aベストアンサー

バックパッカーの人たちは、サブにデイパックを持っている人が結構いましたよ☆
私もその中の一人ですが、その背負い方はバックパックは当然背負うのですが、デイパックは胸に背負うというか、胸負っていうのでしょうか?体を、前からと後ろからで荷物にサンドウィッチされる感じです。

ヒップハンガーバックで旅に行きましたが、バックパックを預けてソレ1つの行動ならOKでしたが、組み合わせると、使い勝手が悪いです(*_*;)
ショルダータイプは単独でも、組み合わせでも、
結構つかえますよ☆

総合的には、やっぱりデイパックとバックパックの組み合わせが一番使い勝手がよかったです☆

Q防水スプレーと撥水スプレー

ウィンドブレーカーのカタログに「強力な撥水性がありますが防水性はありません」とあります。
スプレーでは防水スプレーと撥水スプレーが混同しているように見受けられます。
文字どうりの防水スプレーや撥水スプレーはあるのでしょうか。それぞれはどう使い分けるのでしょうか。また、防水スプレーにも値段差がかなりあります。これはどんな機能の違いがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

撥水性=水をはじく性質。水圧がかかると水が繊維を通過してもれる可能性がある。
防水性=水ははじかなくてもよいが、水は繊維を通過してもれることはない。
という質問の趣旨でよいですよね?
巷でよく見かける防水スプレーは、ほぼすべて撥水スプレーだと思われます。
防水するにはある程度の厚さのコーティングか、薄い防水膜を仕込む必要がありますが、スプレーでそれらを作ることは難しいため、私は防水スプレーは見たことがありません。
防水は、ぬりぬりするタイプをよくみかけます。(白熊印でハケで塗るやつとか)
撥水スプレーには、シリコン系とフッ素系の違いがあります。
防水透湿性が必要なゴアテックス等には、透湿性能が失われてしまうシリコン系は絶対に使用してはいけません。フッ素系が適しています。変わりにシリコン系は撥水性能がフッ素系より強い面を持ちます。
他にも革用とか、用途に応じた製品が出ているので値段の差はそのあたりにもよると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報