脂肪細胞を染色したいのですが、通常のパラフィン切片ではだめなんですよね。
硬組織なのですが、凍結切片にしないで行う方法を教えてください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

こんにちは。

脂肪染色では、有機溶剤を使う包埋法は、脂肪が溶け出してしまうので使えません。
ゼラチン包埋などは凍結用ですから、凍結しないとなると直接切片にするしかないでしょう。

ビブラトームやマイクロスライサーという機械を使う方法はいかがでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
上記のような機械がないので,できないんです。
シンプルなエポン包埋しかないのですかねー

お礼日時:2001/11/13 21:19

こんにちは。

また来ました。
無理すればゼラチンを濃くして使うという手もあるかもしれません。
40度程度まで許せれば、かなりいけると思います。
もしくは、バキューム(減圧)が出来る仕掛けが何かあれば、これでかなりいけるだろうと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細胞の凍結保存におけるイソプロパノールの役割について細胞を凍結保存する

細胞の凍結保存におけるイソプロパノールの役割について細胞を凍結保存する際に、僕の研究室では、-80度で凍結保存する際に、イソプロパノールが入った容器を用いて凍結を行うのですが、これにはどのような役割があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「生物」カテでお聞き下さい。
化学屋の発想では;多分水の結晶化を防ぐためだと思います。結晶化すると膜組織が破壊されます。

Q凍結細胞の海外輸送

凍結細胞の海外輸送
大学で研究をしている学生です。
このたび、ドイツの研究所より当大学で保存している癌細胞を譲ってほしいという依頼がありました。依頼は受けたいと思うのですが、何分海外輸送の経験がなく(国内輸送ですらしたことはありません・・・)、どのような手続きが必要なのか全くわからず途方にくれています。先方には、「輸送方法について詳しく指定してください」という内容のmailを送ったのですが、入出港証明書(CLEARANCE CERTIFICATE)のコピーらしきものが添付されてきたのみで、具体的な方法は明示されていませんでした。先方にはもう一度確認してみるつもりですが、一般的な凍結細胞の海外輸送の方法(輸送会社、送料の扱い、低温維持のための方法など)についてご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいと思い質問させていただきました。
御回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大きさにも寄りますが「日本郵便」が扱っているはずです。
うちの研究所でも、細菌などを郵送しています。
もちろん手続きは面倒です。

Q人体組織と細胞の違い。

遺伝子およびタンパクの発現異常を調べる実験をしています。そこで私は人体の組織切片を用いて免疫染色などの手法を用いて調べているのですが、人体組織では細胞が既に死んでしまっているため、動的な解析が出来ません。細胞を用いた実験なら動的解析も可能と考えられるのですが・・・。
そもそも、人体組織は一度パラフィン包埋してしまえば保存が簡単などの利点もありますが、切り出した組織の個人差などで株化した細胞とは違い、同じ処理を行っても安定した結果が得られないように思います。また、網羅的に行った組織の免染の結果を性別、年齢、stageなどで分類することにどのような意義があるのでしょうか?
遺伝子やタンパクの発現異常による病気の治療を考えた場合、その遺伝子またはタンパクが治療ターゲットとなりうるかを評価すれば良いのであるから、人体組織を使って疫学的な評価を出す必要はないと思うのですが、どうなのでしょうか?
細胞を用いた実験よりも人体組織を用いた実験の方が優れている点とは一体どういったところなのでしょうか?
以上の質問の答えを教えてください。出来れば分子生物学、医学の専門家にお答えいただきたいと思います。

遺伝子およびタンパクの発現異常を調べる実験をしています。そこで私は人体の組織切片を用いて免疫染色などの手法を用いて調べているのですが、人体組織では細胞が既に死んでしまっているため、動的な解析が出来ません。細胞を用いた実験なら動的解析も可能と考えられるのですが・・・。
そもそも、人体組織は一度パラフィン包埋してしまえば保存が簡単などの利点もありますが、切り出した組織の個人差などで株化した細胞とは違い、同じ処理を行っても安定した結果が得られないように思います。また、網羅的に行...続きを読む

Aベストアンサー

タンパク質そのものの生化学的解析や発現調節システムを調べるのであれば、そのタンパク質が発現している細胞や無細胞系でも可能です。しかし、細胞は株化した時に性質が変わってしまうことがあり、株化細胞で発現しているタンパク質が、その細胞の元となった組織でも同じように発現しているとは限りません。臨床応用を目指すものであれば人体組織を使った発現解析は必要だと思います。
専門家のご意見をご希望でしたら、[生物学]のカテゴリーに投稿してみてはいかがでしょうか。

Q細胞シート、iPS細胞・・・やっぱり医学部?

こちら受験生です。
最近受験3ヶ月前になって本当にやりたいことが見つかりました(^^;)
それは今話題のiPS細胞や細胞シートなど先進医療の研究です。

そこで質問なのですが、これらは医療に関係していますよね。ということは、研究するには医学部医学科に行くしかないのでしょうか?
仮にもし医学部じゃなくてもいいのならどこでできるのでしょうか。生命科学科とかでしょうか?
生命系の学部は一通り見ましたが、どうも遺伝子やゲノム、DNAなどしか書いておらずなんか違うかなと思ってしまいました。

ご返答お願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

専門外なので,一般論として参考にしてください. どんな分野でもそうですが,周辺分野があって初めて技術は進歩します. 細胞シートの場合,直接的には医学でしょうが,材料分野の進歩が不可欠です.場合によっては,構造や力学的なことが問題になることもあるでしょう.そう考えると機械系でも研究されているかもしれません.  ips tissue などのキーワードと大学名で検索するとヒットすると思います.学部レベルを調べてもなかなか見つからないと思います. いずれにしても,大学院レベルの話だと思います.

Q流動パラフィンの塗布の仕方について

密度を求めるのにアルキメデス法を使用するのですが、
試料が水を吸っては良くないものなので、どうしようかと探していたところ、パラフィンを塗布するというやり方がHPにのっていました。しかし、どのようなパラフィンを使用して、どのように塗布するのかまでは載っていません。どなたかご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

 先ず、パラフィンワックスですが、板状、粒状、粉状といろいろありますが、特に気にする必要はありません(同じものです)。品種もパラフィンワックスと記載されているものであれば特にこだわる必要はありません(基本的に組成に大きな違いはありません)。
量販店や、DIY店、もし学校や企業なら、出入りの業者から簡単に手に入ります。なかったら市販の白いろうそくでも良いです。
 塗布方法ですが、大きなガラスシャーレに、固体のワックスをいれ、電熱器等で80℃ぐらいに加温し完全に溶解します。後は、被塗布物をドブ漬けすればよいだけです(やけどに注意してください)。ただし冷えた被塗布物を溶融ワックスにつけて、すぐに引き上げると厚塗りになってしまうので、ワックス内で少しおいてから引き上げると、薄く均一になると思います。被塗布物が、ガラスのようにつるつるのときは、剥がれやすくなりますので、紙やすり等で少しこすり傷をつけると良いです。

参考URL:http://www.seiro.co.jp/w_museum/1/wax%20syurui/sekiyu.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報