今年の春頃に初めて見た映画で、今では大好きな映画の一つなのですが、この映画のラストで、主人公のエメラインとリチャード、そして2人の間の子供が、食べたら死んでしまうという実を食べてしまいましたよね。
その後彼らは、生き別れたリチャードのお父さんに発見されますが、結局3人は死んでしまっていたのですか?確か船員の一人が3人の脈をとって、「眠っているだけです」って言っていたと思うのですが、はっきりとした結末が私にはどうしても分からなくてずっと気になっています。分かる方は教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1991年に続編「ブルーラグーン」が公開されています。

その続編のはじまりは三人が発見されて、子供だけが生き残っている状態で、その後、帰国途中に船にたしか伝染病かなにかが発生して、子供二人と大人一人が船で脱出して、またまた遭難するような話でありました。
続編から察するに、二人は「青い珊瑚礁」のラストで死んでいます。
続編を考えないならば発見された時点では「生存」していて「眠っていただけ」ということになります(ただしその後、死んでしまうのかもしれませんがラストシーン時点ではハッピーエンドとなります)。
続編を認めるか認めないかで「生存」「死亡」が判定できるのではないでしょうか?
    • good
    • 8

彼らは一度食べたら死ぬまで眠り続けるという「眠りイチゴ」を食べて漂流していました。

従って発見された時点では眠っていたということになっています。
が、続編で両親はストーリー上邪魔だったのか発見時すでに死亡していたという設定に変わっていました。
    • good
    • 10

最初見た時には死んでしまったと思ったのですが、No.1の方が答えておいでのように、続編があります。


その続編から察するに、眠っているだけ?のようでした。

続編は邦題「ブルーラグーン」(91年制作)で、主演は、現在はリュック・ベッソン制作の「ジャンヌ・ダルク」や「フィフス・エレメント」などで有名になったミラ・ジョヴォヴィッチです。
この当時はまだ十七歳の可憐な美少女でした。
    • good
    • 4

海の上を漂流していた一艘の小船には、主人公ら3人の家族が死んだように横たわっていた。

それを発見し、近づいた船員がかれらの脈をとり心配そうに3人を見つめるリチャードのお父さんに一言「眠っているだけです」。そしてエンディング曲とともにリチャードのお父さんののっている大きな船を画面の中央においてカメラが遠くひいて船が小さく写る?ような感じだったと思います。
つまり、3人ともさまざまな逆境をはねのけて最後には文明社会に戻る(本当に戻れるのか?)といった『めでたしめでたし』のハッピーエンドですね。
この映画は、ブルックシールズの出世作の一つと言われているだけあって当時初めて見たときは衝撃がありました。いわば考えさせられる映画だったのでしょう。
だからかもしれませんが良い印象で心に残っています。
    • good
    • 2

うろ覚えではありますが、確か眠っているだけだったと思います。


もし記憶違いでなかったら、続編(?)で今度は子供が同じような境遇に(遭難して無人島暮らし)置かれる映画があったような気がします。
はっきりしなくてすみません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最新のリチャード・ギア主演の映画のタイトルは?

大ファンなのに、前作は見逃しました。
電車の中吊り広告で、試写会のおしらせか、「綴り」という言葉が入ったタイトルと美しいギア様を見かけました。正しいタイトルを記憶されていらっしゃる方!教えてください。

Aベストアンサー

これですね。
「綴り字のシーズン」

参考URL:http://www.foxjapan.com/movies/beeseason/

Qリチャード・ギア主演の不倫殺人映画のタイトル

リチャード・ギアが出ている映画なんですが、不倫の映画で、彼の奥さんが自分より ずっと年下の男性と浮気をしてしまいます。

それを知った彼(リチャード・ギア)は とても苦悩し、ある日奥さんの不倫相手の男性を殺害してしまうんです。

彼のセリフにこんな言葉があります。
殺人を犯してしまった彼は、奥さんにこう言うんです。
「殺したかったのは彼じゃない…君だ・・・」

これ、なんて映画だったか思い出せないのですが、分かる方いらっしゃるででしょうか。

Aベストアンサー

「運命の女」

だったかと思います。妻役がダイアン・レインだったかと…

参考URL:http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id239304/

Q男二人が病気で死ぬ前に好きな事をやって死んでいく映画のタイトル

何年か前に見た事がある映画のタイトルがわかりません!確か、男二人が病院で余命宣告を受けて死ぬまでに遊びまくって死んでいくという映画です。
ラストシーンは海の浜辺で酒を片手に二人共バタリ、バタリと倒れて死んでしまうと思いました。
どなたか知っている方いましたら教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

ドイツ映画の「ノッキン・オン・へブンズ・ドア」です。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31541/index.html

Qトワイライトゾーン 幻の宇宙船(死の宇宙船)の結末

トワイライトゾーン 幻の宇宙船(死の宇宙船)の結末を
知りたいのです。昔見て、あっと驚く結末だったのですが、
どうしても思い出せません。
ご存知の方、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

結末を含めたストーリーのあらすじは以下のようなものです。

========

3名の宇宙飛行士が遊星上に着陸。そこで、自分たちのものとそっくりの宇宙船が大破しているのを発見する。しかもその宇宙船の中には、自分たちの死体が……。

その後、飛行士たちは地球に戻ったという幻覚を見るようになる。何かの見間違えと考える船長は、宇宙船をいったん離陸後、再度着陸させるが、そこには相変わらず大破した宇宙船が……。

船長はその幻覚はエイリアンが見せているのではないかと言うが、飛行士の一人が自分たちはすでに死んでいるのではないかと反論する。自分たちが死んでいるという考えを受け入れられない船長……。

そこに、ラストのロッド・サーリングのナレーションがかぶり、シーンは飛行士が遊星上に光源を確認している冒頭シーンへと戻る。

========
以上、DVDで確認しました。これで記憶がよみがえるとよいのですが、いかがでしょう?
なお、ラストのナレーションは「さまよえるオランダ人(Flying Dutchman)」にも言及し、エピソードをトワイライト・ゾーンでの幽霊船物語として締めくくるものです。

結末を含めたストーリーのあらすじは以下のようなものです。

========

3名の宇宙飛行士が遊星上に着陸。そこで、自分たちのものとそっくりの宇宙船が大破しているのを発見する。しかもその宇宙船の中には、自分たちの死体が……。

その後、飛行士たちは地球に戻ったという幻覚を見るようになる。何かの見間違えと考える船長は、宇宙船をいったん離陸後、再度着陸させるが、そこには相変わらず大破した宇宙船が……。

船長はその幻覚はエイリアンが見せているのではないかと言うが、飛行士の一人が自分た...続きを読む

Qビデオ(VHS)ではっきり映っていたのにDVDではっきり映っていないのはなぜですか

あるアメリカ映画を、レンタルビデオ(VHS)で観たときは、
女性の裸体が出てくる場面があるのですが、その裸体がはっきり映っていたのですが、
同じ映画のDVDを買って観ると、同じ場面で、女性の裸体が暗くなってよく見えない状態になっていました。
それは何か理由があるのでしょうか。
どうしてでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来的に独立していないので、
「映画」そのものの著作権、肖像権のライセンス
を正式に受ければ問題は起きないようにも思えますが、

 事後的に、何らかの特殊な事情で「(個別の俳優の)肖像権」
のみが「差し止め」等の対象となり、再編集の対象とならざる
を得ないケースも考えられないこともありません。

 ただ、日本国内では、(個別の俳優の各シーンも含む)映像著作権
というものは製作サイドに所属しているのが通例であって
 http://www.kanto-ba.org/series/s49.htm

米国のように裁判の争点となるケースも少ないのでは
ないでしょうか?
http://www.mahlesq.com/htm/pub9.htm

 具体例として
日本でも「青春の殺人者(1976)」で完全版がでにくいのも
そのシーンに当時17歳の現役女子高生でもあった
(巨乳で有名な)原田美枝子の乳を水谷豊がシャワー室で
吸うシーンがあるのですが、原田美枝子側が独立の肖像権
をもとに、製作サイドと何らかの特殊な事情があるように
思えて仕方がありません。

 また、一昔前のテレビドラマTBS「人間失格(1994)」の
鬼教師役で有名になった斉藤洋介も、若い時期に
漫画家の赤塚不二男が監督したAV作品(2本)が過去ソフト化
され、今でも中古市場に出回ることを相当嫌がっていますし
(裁判で紛争になったかはわかりません)。

 また、「(個別の俳優の)肖像権」に拘わらず
事後的に「差別・偏見」等の趣旨が包含しているのが発覚し
「表現の自由」との対立という形で裁判上の紛争となり
、「差し止め」か「再編集」
が余儀なくされてしまうケースもあるようです。

 ご質問の内容の場合は、最初のVHS化の時点では
問題はなかったのに、DVD化の時点で「(個別の俳優の)肖像権」
が問題となってきたとも考えられますが、単に作品上の
映像技術上の再編集の趣旨ともとれますので、
なんとも正確な回答はできません。

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報