最新閲覧日:

ささくれが痛いんです。
放っておいて、ベロッとめくれるとさらに痛いんです。
ささくれを防ぐような方法、ありませんか?

A 回答 (3件)

ささくれ(さかむけ)の原因は、爪上皮の乾燥にあります。

水仕事などでは皮脂が奪われて乾燥しやすくなりますので起こりやすくなります。また、アトピーなど角質疾患がもとにあっても同様におきやすくなるのです。
予防方法は、乾燥を防ぐと共に、使用する石鹸や洗剤について気を配るのが一番です。乾燥を防ぐにはハンドオイルなどのケアですね。食事も無効とは言いませんが、これだけで完全に防ぐことはできないでしょう。また、冬の寒い時期などは手袋が有効です。

治りかけの時はどうしても気になり触ってしまいますので、『触らない』が一番必要なのですが、このときにも手袋は有効です。通気性が大事なので、木綿か、絹が一番適しています。それだけで治りやすくなるものですが、商品名『コロスキン』などの接着剤様の皮膚(殺菌)剤を用いると、引っ掛けてさかむけが酷くなるのを防ぎます。これは水に濡れても大丈夫なのでとても便利です。自分からはがさないように注意してください。
繰り返すと、爪上皮の部分が上手く再生しなくなることがあるので最初が肝心です。

専門外ですが、関連領域なので専門家として。
    • good
    • 0

私はささくれが痛い時は爪切りでめくれた皮を切りとっています。

それ以上めくれなくなります。

防ぐ努力はしていませんので自信なしですが、予防にはハンドクリームを塗っておくと良いんじゃないか?という気がしますが・・
    • good
    • 0

防ぐ方法は知らないのですが。

。。。m(__)m

痛い場合には以下の製品を使ってみてはいかがでしょう

ご参考までにどうぞ。。m(__)m

参考URL:http://www.kobayashi.co.jp/seihin/sc/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ