ドイツの民族構成をみると、トルコ人が多いのですがそれはなぜでしょうか?
「民族」といわれたときには、出稼ぎの人も含みますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 他の方の回答のとうりです。

受け入れやすかった時代があったのです。それにドイツでは、質問からはずれますが、育児手当が結構もらえます。それで生活している人もいるくらいです。
 私は一時期フランクフルトに住んでいたのですが、トルコ人はとっても多く、ケバブ屋がたくさんありました。私の会社で掃除する人もトルコ人でした。でも、ドイツ語がほとんど出来なく、家族がいっぱいでした。親戚を呼び寄せまくっているようです。
 トルコ人向けの安いスーパーもあり、住みやすい環境なのではないでしょうか?
でも、その安いスーパーで売られていたソーセージが日本の某高級店で法外な価格で売られていたのがショックでした。
 全然、関係なくてごめんなさい。
 とにかく、ドイツの都心部では異民族のとても住みやすい環境です。
    • good
    • 0

ドイツの場合は高度成長の担い手となる労働力をトルコ人労働者に頼ったという名残ですね。

日本の場合は東北地方などから「金の卵」として上京した人が中心だったので、都民と同化してしまって「痕跡」が分からなくなっているわけです。あ、質問の趣旨と少し違ってすいません。
    • good
    • 0

 西ドイツ時代、ドイツ政府は、外国人労働者不足に対して、寛容な政策を取り、家族とも受け入れて、後々は帰ってもらう予定でしたが、現実は、不況になっても帰ってくれなくて、ネオナチの若者達の対象となっています。



参考URL:http://www.jca.ax.apc.org/iken30/News2/N58/N58-2 …
    • good
    • 0

 


  何故多いのかと言われても、わたしには分かりません。
  トルコ人に聞くか、またはドイツの人口統計とか、人口調査の政府機関などの分析報告でも聞くしかないでしょう。
 
  一般に、西欧の先進諸国は、単純労働・3K労働のため、外国人労働者を受け入れて来ました。ドイツでは、人口の10%が外国人で、トルコ人はそのなかでも一位で200万人いるとされます。この理由として、外国人労働者を受け入れるに際、ドイツはトルコ人に対し寛容で、フランスは旧植民地だったアルジェリア人に対し寛容であるので、両国では、これらの人々の人口が大きくなっているということがあるようです。フランスのアルジェリア人の場合は分かりますが、ドイツのトルコ人は何故か、という疑問が残ります。
 
  ドイツでは、トルコ人を、正式に「外国人労働者(ガストアルバイター)」と承認した結果、戦後、特に1960年以降、不法滞在外国人労働者としてではなく、正式な外国人移住労働者としてのトルコ人が増え、不法な滞在でないので、トルコ人はやがて、妻をドイツに迎え、独身トルコ人は、トルコに一旦帰って結婚した後、妻と一緒にドイツに帰って来て定住するので、一時的出稼ぎ労働者と違い、家族単位で人口が増えるので、トルコ人人口が大きくなったのではないかと、わたしは印象を抱きますが、はっきりそういうプロセスだったというデータは知りません。
 
  歴史的に人口調査や、移住などの目的などの確認調査を行って、それを分析した結果があれば、かなり客観的な経過(理由ではなく)が分かりますが、ここまで外国人が増えるとは、1960年頃の西ドイツは考えていなかったようなので、正確なデータや分析はない可能性があります。
 
  年々増加し、遂に200万になったという結果のデータしかないのではないでしょうか。また考えられる理由は上に述べました。
 
    • good
    • 0

「ガストアルバイター」で色々と調べてみてください。



参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツでのトルコ人

イルハン選手のドイツ語を聞いて思ったのですが、どうしてドイツにはトルコの人たちが多く住んでいるのですか?

Aベストアンサー

第二次大戦後、周辺国に迷惑をかけたということで、
ドイツは周辺国からの移民を積極的に受け入れた
んです。ですからトルコに限らずいろいろな
国の人がいるんですが、1961年にベルリンの
壁ができたことで、お隣の旧東欧諸国から来る
人は減り、そこにドイツの経済繁栄があったため、
安価な労働力としてトルコ人の比率が上がったの
です。
 最新のデータは分かりませんが、トルコ人の
人口比率はドイツ人口の2%弱、100数十万人
程度だと思います。

 ただ、特に東ドイツ統合後、失業率が上がり、
ドイツでドイツ人が食べて行かれないのに、
トルコ人のような外国人が働いていられると
何事か!ということで暴動が起きたりして、
現在は減少傾向にあると思います。

Q米食民族国家はどうして人口が多いのでしょうか?

最近思うのですが、米を主食とする民族は人口が多いような気がします。
中国、インド、日本、バングラデシュ、韓国、東南アジア諸国などの米食民族が居住する地域は、いずれも人口稠密です。
小麦を主食とする欧米や中東諸国と比較しても人口が多いような気がします。
どうしてでしょうか。
米食は、種の再生産に適しているのでしょうか。

Aベストアンサー

コメは単位面積あたりムギの50倍の収量があるといわれています。その代わりに、ムギと栽培の手間隙は比べ物にならない労働力集約型作物です。ということは、単位面積で考えると50倍の人間を養える一方で、大雑把に言って50倍の人間が必要になります。
コメを生産している地域では人口密度は高くなるのは当然です。また、大家族制になりがちで、欧州のような「個人主義」も育ちにくくなったのではないでしょうか。ひとつ屋根の下に親戚一同暮らすケースが増えますから。

Q日本人の民族性

日本人には「裁判を起こしたくない」など、トラブルを避けたがる傾向があると思います。裏づけをしたいのですが、何か良い文献、論文、サイトご存じないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
お役に立つかわかりませんが井沢元彦の著書など如何でしょう。
彼は多くの著書を通じて古代から日本を支配してきた「和」(何より争いを起こさないことを優先すること)の精神について力説しています。
ベストセラーにもなった「逆説の日本史」などでもいいですが、「井沢式『日本史入門』講座〈1〉和とケガレの巻」や「世界の『宗教と戦争』 講座」(中に「和の世界」日本の章があります)などが手っ取り早いかもしれません。
彼によると日本人は「法による正義」より「納得の実現」を求める傾向にあり、どんな些細なことであってもなるべく争いごとは避け、誰の恨みも残らないよう「話し合い」による解決に拘ってきたとし、それは外来のどの宗教とも違い、ましてや民主主義などとも異なるものであると主張しています。
彼の説には少々無理があるようなところも見受けられますが、中々鋭いところをついているのではと納得されられる部分も多々あり、興味深いものです。
ご質問の内容にぴったり合致するものかわかりませんが、多少でも参考になればと思います。

Q自分は「うつ」や「トラウマ」「ストレス」など検証しにくい状態だと思い込み、それを隠れ蓑にする人はいるでしょうか?

例えば、単なるダラケ癖を

まったくの計算からではなく、
無意識に「うつ」や「トラウマ」「ストレス」など検証しにくい状態だと思い込み、それを都合よく隠れ蓑にする人はいるでしょうか?

※ 検証しにくい状態とは、上記の3つだけでなく、他にもあると思いますが。。。

身近な事例などありましたら、教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

自己愛型人格障害の方は無意識に鬱を隠れ蓑にする
傾向があるようです。
そのような「自称うつ」を「擬態うつ」と名付けた
精神科医がおられます。

以下に「擬態うつ」の事例がありますのでご一読ください。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/gitaiqa1.html

Qドイツ西部 と 西ドイツは一緒ですか?

western germany を英訳すると、「ドイツ西部」 と訳されました。

West Germany を英訳すると、「 西ドイツ」 と訳されました。

地理に弱いのですが、「ドイツ西部」 と 「西ドイツ」 は、同じ地域なんでしょうか?

Aベストアンサー

違います。
ご存知だとは思いますが、1990年までドイツは西ドイツと東ドイツの二国に分かれていました。
その時の西ドイツの英語での国名(通称)が「West Germany」です。

ドイツ西部は単にドイツの西地域というだけの意味であって、国名ではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報