角度の出し方について教えてください。直角三角形で底辺A100mm垂線B30mm
の時の角度の出し方

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

垂線B30mm が底辺A100mmの途中に降りるとすると


直角三角形ですから三点は底辺Aの中点(O)を通る
円(半径50mm)にのっていることになりますよって
垂線と中心で形作られる三角形は5:4:3の三角形
となります。またこの三角形のOでの角度は
arctan(30/40)となり
直角でない角のうちの小さいほうの角度は
この半分になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2001/12/05 22:57

直角三角形XYZで、XY=100[mm]であるとします。


∠X=90°である場合、XZ=30[mm]となるので、
∠Y=arctan(30/100) 、∠Z=arctan(100/30) です。
※arctan(x)は、tan(x)の逆関数です。Windowsの電卓(calc.exe)を使用して求められます。
∠Y=90°である場合は、∠Xおよび∠Zは上記と同様に求められます。
∠Z=90°である場合は、∠Xおよび∠Yは一意には定まりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報