すごい急いでます!!お願いします<m(__)m>

当社デモ映像をネットで第三者に配信したいのですが、
元データがDVDです。
中身は見ていませんので容量は分かりませんが、
1GB以上はあると想定しています。
形式はDVD-VIDEOの形式です。VOBファイルとかの。

DVDをMPEGやAVIに変換する方法はありませんでしょうか?
MPEG変換はDivXなどのMPEG4以外でです。
コーデックをインストールしないでも
標準状態のWindowsMediaPlayer10で再生出来る形式に変換したいです。

もしくは、VOBファイルのままとかでネットに配信出来る方法があれば教えてください。
但し、それも標準状態のWindowsMediaPlayer10で再生出来る場合に限ります。

どなたかご教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そういう変換ソフトはいくつも発売されてますよ。

Vectorなんかで探してみてください。
コーデックなしで見られる形式がいいならwmv形式なんかに変換したほうがいいかもしれませんね。WindowsならMediaPlayerで見られます。
    • good
    • 0

VIDEO_TSフォルダ内の.VOBファイルをHDDにコピー、拡張子(.VOB)を.mpgにリネーム。


Windows Movie Writerのソースに指定できれば、そのまま変換すれば、WMV形式(MediaPlayer10で再生できる形式)の動画ファイルになります。

変換には処理速度の速いCPUが必要になりますが、変換にかかる時間は実時間の1.5倍~数倍必要となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Windows Movie Writerというのが、探しても見つかりませんでした^^;
WindowsMediaEncoder9というのをダウンロードして、
DVD2AVI、TMPGEncを利用し、WMVに変換する事で解消出来そうです。
TMPGEncは試用期間中はMPEG2にも変換出来るようなので、
実際作業するPCに入れてMPEG2かWMVで落とそうかと思います。

ありがとうございました^^

お礼日時:2005/12/23 03:14

ホロンの一連のソフトでいかがですか。



http://www.holonshop.com/products/dvd/index.html

「Cinematize 2 for Windows」は私も購入するつもりです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中絶後の炎症について

中絶後に、運悪く炎症をおこすとしたら子宮→卵管→卵巣の順ですか?
子宮に炎症おこらなければ卵管や卵巣に炎症おこりませんか?子宮に炎症おこらずに卵管あるいは、卵巣に炎症おこることはあるのですか?
子宮や卵巣は炎症おこってないけど卵管だけ炎症おこることはありえるのですか?
中絶後の炎症とは、クラミジアその他の性病でしか炎症がおこらないのですか?
性病以外で軽い炎症は、おこるのですか?その炎症は自然に治癒するのですか??

Aベストアンサー

#2です。

>卵管に炎症が(腫れ)があるということは、子宮も子宮内膜症だということでしょうか?
経膣では、炎症は見えるのですか?

経膣=経膣エコーの意? であれば「腫れ」は見えますが炎症は見えません。炎症が起こった結果として「腫れ」ているのです。卵管炎か卵管炎が終息した後に卵管溜水腫に至っている可能性があります。
「子宮内膜症」は感染症とは関係のない全く別の疾患です。関係あるとすれば「子宮内膜炎」で、感染症がまず子宮頚管に起こり→子宮内膜→卵管へと上行感染するのが普通です。ってか、これ言うのも何度目ですか、私。

>経膣で子宮や卵巣の腫れなど見当たらず大丈夫といわれた場合は、中絶後の炎症はないでしょうか?

中絶手術に起因する感染症はその数日以内に発症します。手術後の診察で問題なければ炎症はなかったということです。

>中絶の後に炎症などを疑う症状はどんな症状ですか??

えぇ、だから。ダラダラ続く出血と下腹部痛、発熱など。 ...何度書かせるんですかね、もう(^_^;)

>経膣で子宮頚びらんの場合、妊娠に問題ですか?

経膣?内診??「子宮頚部びらん」とは、 子宮頸部の細胞がエストロゲンの作用で増殖し、膣のほうにはみ出して一見「びらん(ただれ)」のように見えるものです。エストロゲン分泌の盛んな頃=性成熟期の女性の多くに見られるもので、病的なものではありません。妊娠の支障にもなりません。オリモノが多くて不快だったり不正出血の原因になるような場合にのみ治療対象となります。

#2です。

>卵管に炎症が(腫れ)があるということは、子宮も子宮内膜症だということでしょうか?
経膣では、炎症は見えるのですか?

経膣=経膣エコーの意? であれば「腫れ」は見えますが炎症は見えません。炎症が起こった結果として「腫れ」ているのです。卵管炎か卵管炎が終息した後に卵管溜水腫に至っている可能性があります。
「子宮内膜症」は感染症とは関係のない全く別の疾患です。関係あるとすれば「子宮内膜炎」で、感染症がまず子宮頚管に起こり→子宮内膜→卵管へと上行感染するのが普通です。...続きを読む

QVOBをMPEG2に変換について 

VOBをMPEG2に変換する方法がわかりません。無料ソフトと説明をつけて、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

まず、参考URLの方法で拡張子を表示させる設定にしておいてください。


# エクスプローラーで拡張子を変更したいファイルを表示させます。
# 拡張子を変更したいファイル上にマウスカーソルを移動させ右クリックします。
# メニューから[名前の変更]をポイントします。
# ファイル名が反転表示されますので、[←(左)]キーでカーソルを vob の直前に移動させ[Delete]キーを押して vob を削除します。このとき、ファイル名が全て消えてしまうなど、思い通りに変更できなかったときは[ESC]キーを押せば元に戻ります。
# 新しい拡張子 mpg を入力し[Enter]キーを押すと拡張子が変更されます。このとき「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」というメッセージが表示されたら[はい]をクリックしてください。

参考URL:http://www.windowsfan.com/xp/tips/contents/file_folder/file_kakuchoushi.htm

Q炎症に詳しい方!!

慢性炎症(膠原病ではない)において、炎症の原因が除去されているにも関わらず炎症が治らないことはあるのでしょうか?

慢性炎症はTリンパ球とマクロファージが相互に刺激しあい、炎症物質を放出しているようですが、炎症の原因が除去されれば炎症病巣におけるマクロファージの集積が止まり、マクロファージの活性もだんだん低くなり、マクロファージの寿命である数ヶ月が経てば炎症病巣からマクロファージが消えて慢性炎症が終了するのかなと考えています。

慢性炎症が炎症の原因が除去されているにも関わらず治らないということはマクロファージの集積、および活性が変わらないということになるのでしょうが、そのような体質、状態は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

>慢性炎症(膠原病ではない)において、炎症の原因が除去されているにも関わらず炎症が治らないことはあるのでしょうか?

ありえないと思います。「炎症の原因が除去されている」とは治癒を示すと思いますが、どうでしょうか。

ただし、単に一時的に炎症が抑えられているということなら話は別です。原因が治ってないわけですから。

ご存知だと思いますが、生体の炎症反応は治癒反応です。炎症を起こして壊れた組織を修復してるわけですが、その中心となるのがマクロファージです。異物の認識、MHCを使って抗原提示、さらにはサイトカインの放出、リンパ球の活性化を促して免疫反応を強め、最終処理までを行います。

>慢性炎症が炎症の原因が除去されているにも関わらず治らないということはマクロファージの集積、および活性が変わらないということになるのでしょうが、そのような体質、状態は存在するのでしょうか?

マクロファージは異物の認識(原因)があって初めて働くわけです。原因の治癒に至れば、こんなことは考えられません。

QFDのフォーマット形式について(標準データ交換形式)

一般的に、システムの設定などでFDのラベル形式が「標準データ交換形式」とあれば、「IBM形式」と読み替えて考えてもいいのでしょうか?

ネット等でいろいろ調べたのですが、確証が得られなかったため、質問させていただきました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>FDのラベル形式が「標準データ交換形式」とあれば、「IBM形式」と読み替えて考えてもいいのでしょうか?

IBM形式FDのうちの1つ。
他にも、H型データ交換形式などあります。
H型データ交換形式は、3.5インチでも使えるので、
今でも使われますが、ご質問の標準データ交換形式は、
8インチ(1S)のFDなので、今は使われないのではないかと
思います。

Qpower point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。

power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。


power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。
学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。
しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして
うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。
この原因として、
・コーデックが入っていない
・リンクがうまくいっていない
といったことが考えられると思います。
そのため、もっとも汎用的なコーデックであるmpeg1を使い、
動画をリンクではなく、pptファイルに埋め込んでしまえば、こういったリスクは避けられるのではないかと思っております。
まず、一つ目の質問でこれは正しいでしょうか?


それと2つめの質問、mpgファイルをpptファイルに埋め込みたいのですが、
どうやれば良いか分かりません。
検索してみると、それらしい解説ページは多少見つかるのですが、
具体的に書かれているページが見つからず、どうやれば良いか分からずに困っております。

どなたかアドバイス頂けますでしょうか?

power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。


power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。
学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。
しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして
うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。
この原因として、
・コーデックが入っていない
・リンクがうまくいっていない
といったことが考えられると思います。
そのため、もっとも汎用...続きを読む

Aベストアンサー

仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、
また、講演のお世話などで、多くの講師の方の
パワーポイントファイルをあずかってきました。

その観点からです。

まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。
mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。

もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。
ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。
スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら
MPEG1でも大丈夫なのですが、
結局、何を映しているのかわからないということで、
全画面表示することが多くなっています。
そうなると、MPEG2またはWMVあたりでないと、プロジェクターに
投影した時に、粗さが目立ってしまいます。

また、埋め込みよりもリンクの方が安定します。
パワーポイントファイルは、サイズが大きくなると、ページ替えが遅く
なったり、途中で落ちたり・・・問題が多発します。
(これも経験則です)

リンクを指定する場合、ファイル名、ディレクトリを指定するわけですが、
ここで普通に行うと、絶対パスで保存されてしまいます。
(c:\Document****\douga.mpgのような)
ここでディレクトリを消去して、ファイル名だけで保存することがポイントです。
結果、同じディレクトリに動画ファイルを入れておくだけでリンクずれは起こりません。

さらに言うと、一層のこと、スライドにはボタンだけおいてクリックすると、
メディアプレイヤーから動画再生したほうが、さらに安定的です
スライド開始前にメディアプレイヤーを起動させておくことがポイントですが・・・

やはり、埋め込みはスライド全体で考えた場合、
リスクは大きいですね。

2つめですが、
ANo1の方も書いてあるとおり、簡単に挿入できます。

いずれにしても、会場のPCがどういうものなのか・・・
などというのは、全くわかりません。
ですので、何をやっても上手くいかないときは上手くいかない
ということです(経験からの実感です)

ですので、一番いいのは、動作確認した自分のノートPCを持ち込むこと。
あとは、前もってCDーRを送り、動作確認を行ってもらう・・・
CD-Rデータはプレゼンテーションパックにした方がいいですね。

といったことが重要だと思います

長文になりました

仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、
また、講演のお世話などで、多くの講師の方の
パワーポイントファイルをあずかってきました。

その観点からです。

まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。
mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。

もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。
ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。
スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら
MPEG1でも大丈夫なのですが、
結局、何を映し...続きを読む

QMetasequoiaのmqo形式からobj形式に変換

現在メタセコイアのフリー版を用いて3DCGのモデリングをしているのですが、ファイル形式をmqo形式からobj形式に変換するソフトを探しています。

3DACEというフリーウェアは試したのですが、テクスチャがつかなかったり色がおかしかったり、ファイルが大きくなると起動しなくなるので他のソフトを教えていただけないでしょうか?
学生なのでPolyTransなどの高価な変換ソフトではなくできればフリーウェアがいいです。

Aベストアンサー

フリー版ってobjで吐けないんでしたっけ?
メタセコのシェアウェア版のライセンス購入するという選択肢はなし?

Q炎症、マクロファージについて詳しい方!!

慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります

まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。この慢性炎症に対してステロイドを投与するとマクロファージが分泌するサイトカインTNF-α,IL-1を抑制します。これはあくまで抑制なので、ステロイドの量を増やしたりしても慢性炎症は完全には消えないと思っているのですかどうでしょう?

また慢性炎症においてステロイドを投与し、さらに炎症の原因を取り除いたときに炎症の活動性はかなり低下するでしょう。
しかし慢性炎症の場合、発火・腫脹が収まるには相当な時間を要するはずです。
これは炎症の原因が取り除かれていてもしばらくTリンパ球との相互作用が続いているためだと思うのですが、この一見必要ない炎症はどの程度続くものなのでしょうか?

また慢性炎症はマクロファージが病巣から消失して初めて完治となるのでしょうか?それならばTリンパ球との相互作用が終了しても、病巣からマクロファージが死滅するまでは刺激を与えてはならないのでしょうか?

最後に慢性炎症病巣におけるマクロファージの寿命を教えてください。在住型マクロファージの場合は数ヶ月となっていますが具体的にはどの程度なのでしょう?

慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります

まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。この慢性炎症に対してステロイドを投与するとマクロファージが分泌するサイトカインTNF-α,IL-1を抑制します。これはあくまで抑制なので、ステロイドの量を増やしたりしても慢性炎症は完全には消えないと思っているのですかどうでしょう?

また慢性炎症においてステロイドを投与し、さらに炎症の原因を取り除いたときに炎症の活動性はかなり低下する...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。

慢性化した炎症が続いてさぞお辛いことと思います。なにか治すものはないか、色々ご自分で調べられてるご様子、心中お察しいたします。

有体に言えば、慢性疾患は対症療法でしか対応できない病院では治せません。遺伝的な疾患や、火傷、傷害、感染症など急性疾患は別ですよ。

長期にわたって通院しては薬を貰う、どこかで患者さんもこれで根本的に治るのか疑問に思わないといけないでしょう。もちろん医者も患者も治療はあくまで症状を抑えるだけのもの、原因を治療してるのではないというお互いの了解があれば別です。

極端ですが、基本的には慢性炎症は治癒のための炎症に任せて何もしないのが治療です。自分でしか治すことは出来ません。

例えは違いますが、どこか体を打撲したとします。すぐに治癒のための炎症反応が始まり腫れたり痛みが出てきますね。そのまま我慢していれば、そのうち自然に治癒していきます。切り傷も自然に修復します。

もちろん急性期に痛みが我慢できないほどあまりにも強ければ、一時的に痛み止めの服用や冷却して凌ぐことはあるでしょう。

体を治癒に導くのは全て生体の持つ自然治癒力です。

ストレスを減らし、免疫力をあげて治癒反応である炎症を押し進めるのが治癒への近道です。ストレスが減ると顆粒球は減り、その分リンパ球が増えますが。リンパ球と顆粒球は拮抗関係にあるからです。

質問者さんの声帯の炎症ですが、炎症が始まった時点から治癒反応が始まったということです。体は自ら炎症を起こすことによって宿主に使い過ぎて壊れた組織を修復してることを自覚させ、しばらく使うのを控えて下さい、と訴えてると思うことです。これが病気の本質です。そうするとそれに抗うことは出きるだけ避けないといけませんね。

ストレスには色々ありますが、体の使い過ぎ、過重労働まど身体的なストレス、不安や怒り、焦り、イライラなどの感情、また、感情を自ら抑圧してしまうことも大変なストレスです。それと繰り返し言っていますが、薬物です。

例えばステロイドですが、長期にいつまでも使っていると、治らないどころか、切れると炎症が酷くなっていきます。その炎症を抑えるためにさらにステロイドを増量せざるを得なくなり、それでも効果が少ないとなると次は免疫抑制剤。体内のホルモンはごく微量で生体の維持を行っていますが、ホルモン剤で外から投入すると自然の分泌量を超えていきます。ホルモンはコレステロール骨格を持っていますので、コレステロールのように多過ぎると体外への排出が困難になり次第に組織に沈着していくようになります。これが顆粒球の増多に繋がってかえって組織破壊を進めることになるのです。

慢性炎症は急性の状態から始まっていますが、その時の処置さえ間違えねばそれほど長期に続くことはないのです。慢性化させた原因の一つに薬の使い方があったわけです。

ですから、残念ながら、薬の投与期間が長いほどリンパ球による免疫反応が抑えられ、治癒は遅れます。これはいたしかたないでしょう。
また、ステロイドは長期に使うほど急に切ることはできません。リバウンドの炎症反応が強く出ることがあるからです。医師と相談しながら徐々に減らして下さい。もし、ステロイドに拘る医師でしたら、私なら考えます。

活性酸素はなくてはならないものですが、処理できないほどになると問題になります。そこで、おっしゃるように活性酸素を吸着する抗酸化物質を摂ればいいじゃないかという話になりますが、サプリメントで過剰に摂り過ぎると排泄が出来なくなり酸化物として体内にいつまでも残存するようになります。ご存知のように酸化物は老化を促進したり、発ガンにも関係する調査もあるくらい悪い影響を及ぼします。こういう脂溶性のビタミン類はを摂るならば、自然の食物からだと、不要なものは自然に排出され心配はありません。

言ったようなことが原因でストレスが溜まると、必ず血管が収縮して体温が下がり気味になってきます。心のストレスでもそれが起こるということですね。心と体は一つです。体の調子が悪くなれば、心も晴れません。心が晴れないと体調も悪くなります。

炎症の消失には時間がかかると思いますが、体全体は言うまでもありませんが、喉、首回りなどじっくり温め血流を良くしておいて下さい。これも免疫力強化に繋がりますし、体が温まると心にも余裕が出てきます。あれこれ悩むことを減らすことにもなるでしょう。

痛みなど不快な反応に苦しんでおられますが、「治癒反応だから、できるだけ我慢してください」と体が声を発しています。体を傷める治療は止めて体を労わって下さい。お大事に。

NO.1です。

慢性化した炎症が続いてさぞお辛いことと思います。なにか治すものはないか、色々ご自分で調べられてるご様子、心中お察しいたします。

有体に言えば、慢性疾患は対症療法でしか対応できない病院では治せません。遺伝的な疾患や、火傷、傷害、感染症など急性疾患は別ですよ。

長期にわたって通院しては薬を貰う、どこかで患者さんもこれで根本的に治るのか疑問に思わないといけないでしょう。もちろん医者も患者も治療はあくまで症状を抑えるだけのもの、原因を治療してるのではないとい...続きを読む

Q動画は形式によって画質が違いますが 形式変換すれば戻りますか? 

極力画質を落とさないでダウンロードしたいのです。

最初にflvでダウンロードしてしまったらそのファイルをmp4に
形式変換してもflv画像以上にはよくならないのですか?

仮にそうだとすれば最初のダウンロードは最高画質の形式でしてから
サイズを小さくしたければ別の形式に変換するのが正しい方法ですね

つまり、ダウンロード時点で画質は決まってしまうのでしょうか?
それとも どんな形式でダウンロードしても実はフル画質で保存され
再生時点で形式の違いが出るのでしょうか?
そうだとすれば ダウンロードはMP4でしてもFLVでしても
必要に応じて後から形式変換すれば本来の画質に戻る事になりますが・

Aベストアンサー

>この表現は、アップされている動画がMP4形式と言うのではなく、
>・・H.264コーデックで圧縮しながらダウンロードするMP4形式のファイルが高画質版です・・即ち”コーデックで圧縮”はダウンロード時に発生する処理作業なのですね

う~ん、私の書き方が悪かったせいで勘違いしているようですね。「H.264コーデックで圧縮したMP4形式の動画」というのはすでにYouTubeのサーバーに入っているんです。それを一切変換しないでダウンロードしたものが最も画質が高い動画になります。

現在、YouTubeのサーバーには従来画質のflv形式の動画と高画質のMP4形式のファイルの両方があるらしいです。そして、MP4形式の動画はあらかじめH.264コーデックでエンコードされています。ただし、以前は無かった高画質動画が追加されたようにYouTubeの仕様変更によって色々と変わる可能性もあります。現在はMP4ファイルを変換無しで落とすのが最高画質ですけど将来的にはさらに高画質の動画を落とせる可能性もありますからね。まぁ、将来といっても数年先の話でしょうけど。

MP4形式のまま変換無しで落とす方法に関してはGoogleなどで検索すれば解説付きで大量に出てくるのでそちらを参考にしてください。

>この表現は、アップされている動画がMP4形式と言うのではなく、
>・・H.264コーデックで圧縮しながらダウンロードするMP4形式のファイルが高画質版です・・即ち”コーデックで圧縮”はダウンロード時に発生する処理作業なのですね

う~ん、私の書き方が悪かったせいで勘違いしているようですね。「H.264コーデックで圧縮したMP4形式の動画」というのはすでにYouTubeのサーバーに入っているんです。それを一切変換しないでダウンロードしたものが最も画質が高い動画になります。

現在、YouTubeのサーバーには...続きを読む

Qパワーポイントでの動画再生

学会発表でパワーポイントを用いて発表するのですが、その中で動画があるのですが、再生されません。これはサイズが大きすぎるせいでしょうか。確かにパワーポイント自体は5MBほどなのに、動画ファイル(aviファイル)は350MBもあります。なにか容量を小さくしてくれる良いソフトはないでしょうか。自分のPCでは問題なく動くのですが、他の人のPCに移して使わなければならず、そのPCだと動かないのです。ファイルの場所も同じにしてあります。スペックも問題ないです。原因がわかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再生出来ないのは画面が真っ黒に表示されてると言う事でしょうか?PowerPoint2003の利用でしょうか?
真っ黒な状態になるようでしたら下記の操作でどうでしょう?

該当するファイルを開き、再生できない画像ファイルを削除。
[挿入]-[オブジェクト]から[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示。
[ファイルから]を選択し、【参照】ボタンをクリックして、再生したい画像ファイルを選択し【OK】ボタンをクリック。
(5) ファイルを保存。

Q至急です!!ワード文書をTIFF形式に変換し、更にそれをJPG形式に変

至急です!!ワード文書をTIFF形式に変換し、更にそれをJPG形式に変換するには?

当方、Windows XPを使用しております。
ワードは2003です。
ワードで文書を作成致しました。
この文書(Aとします)は50ページ以上あります。
JPG形式に変換したかったので、まずはTIFF形式にしました。
次にそのA文書TIFF形式のファイルを開いてコピーし、
JPG形式に変換しました。
この、変換したJPG形式ファイルを開くと、ツールには、
『Windows画像とFAXビューア』とあります。

今度はそれとは違う、もうひとつの文書(こちらも50ページ越え。Bとします)を
まったく同じ方法でJPG形式に変換したところ、
A文書とB文書の両方のワード文書のタイトル部分(1ページ目)が連続して
出てくるようになってしまいました。
文書はプレビュー(?)できず、そのタイトルページの2枚しか表示されません。

A文書・B文書共に見本として提出しなければいけないので、大変困っております。
このような方法のJPG変換ではダメだったのでしょうか。
ご助力をお願い致します。

至急です!!ワード文書をTIFF形式に変換し、更にそれをJPG形式に変換するには?

当方、Windows XPを使用しております。
ワードは2003です。
ワードで文書を作成致しました。
この文書(Aとします)は50ページ以上あります。
JPG形式に変換したかったので、まずはTIFF形式にしました。
次にそのA文書TIFF形式のファイルを開いてコピーし、
JPG形式に変換しました。
この、変換したJPG形式ファイルを開くと、ツールには、
『Windows画像とFAXビューア』とあります。

今度はそれとは違う、もうひとつの文書(こち...続きを読む

Aベストアンサー

ファイルの管理がまずくてAとBの文書の変換したもファイルの格納フォルダーを一緒にしてしまったのではないでしょうか。これを書き込んだ日付、時刻などを頼りに別のフォルダーに振り分けると問題は解決すると思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報