言葉で言い表せないかもしれません。自分というものはどうやって成り立つことが出来ているのでしょうか。たとえば、なぜ、私は<私>であって、あなたではないといいきれるのでしょうか。私が自分のことを意識しているということは、どういうことなのでしょうか。自分から出た、ものが自分にかえってくるのでしょうか。自分はなぜ<自分>なのですか?どなたかお答えいただけませんでしょうか?すみません。十分に、この感覚が言語化できなくて。言語化できないことを質問するなど間違っているかもしれませんが、ずっと疑問でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

質問『自分が<自分>であることがなぜわかるのか』



では逆から考えてみましょう。
本当に私たちは、自分という存在を認識できているのでしょうか。

何かを認識するということは、その何かを自分の対象物としてみる
ことから始まります。

身の回りにあるもの、本やペン、マンガ、パソコンなど自分以外の物
を認識することは簡単にできます。

目には見えませんが、電気・空気・磁気といった存在も、それらの
作用を通して認識することができます。


では、自分はどうやって認識できますか。
自分の体は、鏡でみたり、体重計に乗ったりして、確認することができます。
しかし「自分自身」は認識できるのでしょうか。

自分はこういう人間だ、どこで生まれ、どうやって育ち、今何の仕事をしている
というようなことを考えることはできます。
しかしそれは「考えられている自分」であって、本当の自分ではないのです。
自分はこうだと考え始めた瞬間、その「考えられている自分」は考えている
主体の自分から離れ、対象的な存在となってしまいます。
「本当の自分」というのは認識できないのではないか、これが私の結論です。

この問題は昔から多くの聖賢たちの論議の対象となっていました。
インドでは何千年も前から、こういう問題を考えていました。そしてその内容
の一部がヴェーダ哲学にまとめられています。

それからギリシャ哲学の祖であるソクラテスもそうです。ソクラテスは若い頃
神託を出すある神殿にいきますが、そこで「汝自身を知れ」という言葉を見て
びっくりします。これが大変な難問であることに気づいたからです。そして
ソクラテスは、その後哲学者の道を歩むようになります。

では認識することのできない「本当の自分」の正体とはいったい何でしょうか。
インド哲学では「アートマン」[日本語では真我(たぶん)]という存在を
述べていますが、説明が難しいのでここでは省略します。


上記で述べた内容については、「ソクラテス最後の13日」(PHP研究所)
で詳しく述べられています。興味がありましたらご一読してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 1



 僕もいつぞや、そういうことを考えたことがありました。でもいまは全くそんなこと考えないようになりました。何がきっかけかはわかりません。でもせっかくだし、ここで、何が原因なのかいろいろ仮説をつらつらと、思いつくまま述べていこうと思います。参考にならないかもしれませんが。 



Q なぜ自分が「自分」と僕(richan)が分かったのだろう (自問自答)


 1.長きにわたる、生きてきて、できたたくさんの思い出。
 その頭の片隅にひょいと残っているものが、形にふれることのできない「自分」について、一筋の光にあたるような… (意味ぷー) 
 
 まー、自分が自分たらしめるのは、自分の「思い出」とか「経験」ってことかなー。 ☆ピーン(効果音) そう、自分とは、つまり、自分の経験の集合体!!  だからあんまり経験の積み重ねのないころは、自分の実感がないのかったりしてー。    ハイおしまい(なんかDeepになりそうだし)

 2.自分の将来について悩み、そのために自分をいろいろ考えた。もしくは、(ハイデッカーさんの実存主義じゃないけど) 死に直面し、もうだめだと思ったときに、助かり、生き延びたことで、「生きる」ということの実感を得た。


 実は、僕はいっぺん、人の顔だけが見えなるというおかしなことになり、脳腫瘍の疑いをかけられた体験があります。その日は一日中、言葉にはできない、心苦しさや孤独、恐怖、を感じました。そして一日中、いままでの(十数年の)人生をふりかえりまくって「悔いはないじゃないか!」って結論づけたり、「もし生きれたら、したいこと」を考えまくったり、好きだった人への愛こそが自分の存在意義だと結論づけたり、死んだペットや家族は死ぬときどーだったのだろーと考えたり・・・などなど。

 その後、なんか「自分」が確立したような気がする・・・ような・・・しないような・・・  (しかも1.より、さらにDeepになってしまったような)


3.個性が確立した。他人に染まった生き方をしなくなった。



一流学校に進学し、そこでのいわば「エリート」たちに会った。「エリート」は一般にいう「大衆」とは対をなしたもので、全てを自分で考え、常に「大衆」に対して疑いの目を向けていた。自分も彼らの影響を受け、それができるようになってきたから???かな???


 ちょっと、時間の都合上ここで切ります。まだ書きたいし、他の方々の回答も見たいです。 ではまた。
    • good
    • 0

もしかして、デカルトさんのお出ましなのでしょうか?



「われ思う、ゆえにわれあり」

森羅万象すべてに疑いの目を向けて、いろんな側面から真実を見つけ出そうとした彼が、欲望を持ったり、感じたりしている自分という対象にだけは、疑いを持とうにも持ちようのないところがある、ということに気づいたそうです。

そこで行き着いた境地、「われ思う、ゆえにわれあり。」

それこそが、自分というものを証明するものである、ということでした。

これを学んだ高校時代は、感動して授業を受けていた記憶があります。20年も前の話です。でも今改めて考えると、多少詭弁臭い匂いも感じる。彼の業績は大きいが、その後も哲学者が同じテーマに挑みつづけたのは、完璧な理論ではない部分がどこかにあったからでしょう。

でも、凡人の私は、このレベルで十分満足です。
    • good
    • 0

こんな事に明瞭に回答できる人いるのでしょうか?


私もykkw_2001さんと同じく「自分が<自分>であることがなぜわかるのか」以前に「自分が<自分>であることがわかっているのか」と思いました。

まあ、少し強引で、回答とも違うちんぷんかんぷんな事かも知れませんが、
popup2002さんをぶん殴って「痛いのは誰だ」と聞きます。
できるのはそれぐらいです。勘弁してください。
    • good
    • 1

>ずっと疑問でした。


その感覚は、わからないでもありません。

回答ではないので、申し訳ないのですが。

ご質問の主旨は、「自分は<自分>であることが(わかっている)」ということが大前提ですね。

私は、「自分は<自分>ではない可能性がある」と考えています。
目前にしているこの部屋の風景、さっき食べたサラミソーセージの食感、お湯割ウヰスキィののど越し、すべてがレンタルビデオから写し取った感覚か、精密にプログラムされた電気信号を脳に流し込んでる体感ゲームマシンや医療機器である可能性です。
また、宇宙の意思としての「神」が、小手先で描いた落書きかもしれない。

「自分は<自分>である」とは、<自分>を中心に考えた世界に限定された幻想かもしれません。

#とまぁ、難しい質問には、ワケワカ回答を出してしまうのは、やっぱオレなんだなぁ。

popup2002さんとともに、識者のご意見を待たせていただきたく思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分は<自分>であることがわかっているということが前提にあるのも不思議です。ないこともあるはずなのにです。<自分>を中心にした舞台にいて、みんな演技してくれているのかもしれません。この感覚が理解できる方がいらっしゃって嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして自分が自分なのか

私は小さい頃からよく宇宙の成り立ちや物事の始まり、仕組みなどを考えることが多く、根っこの根っこまで知りたいという考えが強い子どもでした。
それは21年間生きた今も変わらなくて、人とは少し変わった思考なんだということを何と無く感じながら、表にはあまり出さずに過ごしてきました。

例えばテレビに映し出される光や電気、それを形成する骨組みのプラスチックの部分なんかはどうやってどこから出て来たんだろうとか、何と無くはわかるのですが、そういった人工的なものが何もなかった時代の地球を考えると、なんで人はこんなものを作ろうと思ったんだろうとか、もちろんそれまでの時代の流れがあるのはわかります。
けれど周りの人からするとどうでもいいと思うようなことをひたすら考えてしまう時があります。

うまくは説明できないのですが、宇宙の成り立ちなんかを考えるとどんどん想像が膨らんで、ワクワクしたりします。
そしてその想像を上回る答えを知ることができると、もやもやが晴れてとてもすっきりして満たされた気分になります。

自分のいいたいことが文にしようとするとピッタリ合う言葉が見つからなくて、とても輪郭のぼけた内容になってしまいすみません。

最近ではふとしたときに自分が自分として自我を持っているのはどうしてだろうとか、もしかすると自分と全く同じ自我や価値観を持ち生まれている人間が、自分が知らないだけで本当はいるんじゃないかとか。そうなると、自分である細胞なども、実は解明されてないだけで自我を持っているんじゃないかと、自分の手のひらをみて考えてしまいます。

いつもは普通に生活しているのですが、何かの瞬間でふとそんな考えに至ります。

大抵そんな時は一人でいるときや、クラシックなど人の声が入ってない音楽を聞いたとき、お城や古い年代を感じさせるものに出会ったとき、綺麗な星空や青空を見上げた時、なんか胸の奥を掴まれるようなものを見たり聞いたりした時がおおいと思います。

普段は友達とも普通に遊ぶし、表向きはなんら人と変わらないと思います。

ただ、昔から人の考えていることや人間の心理などを特別勉強したわけではないのに、なぜか感覚的にわかってしまったり、それが当たっているせいか無駄に人の心理を読んでしまったりします。

たぶん想像力が凄いというより想像したまま閉じられなくなるんだと思います。

言いたいことがまとまってない文書になってしまったのですが、私が聞きたかったのは、同じようなことを思ったり、感じたことはあるか、というのと、今まで想像して面白かったのはどんなことかっていうのを聞きたいです。

私が小さい頃から本当はこうなんじゃないかと考えているのに、一つこんなことがあります。

宇宙は終わりがないと言われていますが、宇宙のなかにはたくさんの惑星や星があり、銀河があり、その銀河のなかに太陽系があり、そのなかに地球があります。そしてその地球にはたくさんの国があり、人間がいて、人間を形成する細胞があり、細胞にはミトコンドリアなどがあります。

その成り立ちと一緒で、実は宇宙にも終わりがあって、私たちが壮大だと思っていた宇宙も実はミトコンドリアと一緒で、何かの細胞の一部だったりするのでは?ということです。
説明するのが難しいのですが、実は私たちの体にいるミトコンドリアも私たちが知らないだけで自我を持ち、テレビを見たり何かを食べたりして生活していて、結果それが人間の生きるエネルギーになっているんじゃないかと。
簡単に言うと、私たちの体の中も実は宇宙と一緒なんじゃないかと幼い時から考えたりします。

みなさんはこんなふうに考えたり感じたりしたことはありますか?

色んな人の考えが聞けてワクワクできたらと思います(笑)

あ、あとこういった考えや感じ方なんかには名前があったりするのでしょうか?精神的な疾患とか……苦笑

長くなってしまいすみません。

私は小さい頃からよく宇宙の成り立ちや物事の始まり、仕組みなどを考えることが多く、根っこの根っこまで知りたいという考えが強い子どもでした。
それは21年間生きた今も変わらなくて、人とは少し変わった思考なんだということを何と無く感じながら、表にはあまり出さずに過ごしてきました。

例えばテレビに映し出される光や電気、それを形成する骨組みのプラスチックの部分なんかはどうやってどこから出て来たんだろうとか、何と無くはわかるのですが、そういった人工的なものが何もなかった時代の地球を考...続きを読む

Aベストアンサー

50年弱昔、私が小学校低学年の頃。
学研の科学と学習という雑誌に、質問者さんと全く同じ考えが、
マンガ仕立てで掲載されていました。
私はそれにいたく納得してしまって、実は今も、
宇宙と呼ばれるものはそうなのではないかと思っています。

で、もしそうであるならば、
私は母体に悪さをする存在ではありたくないなと。
長生きしたいですから。健康で、孫と遊べるように。

Q1000本のワインがあって、1つは毒入りです。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければなりません(理由はAに書きます)
しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。

ゆえに10時より後には飲めません。


A、もし10時以内に飲んだ場合
死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。
一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時
二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。
つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。


ゆえに1人1本しか検査できません。

従って1000本には1000人必要です。





こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです…

先生にだされた問題だとか。


どうして10本になるのでしょうか?


困ってます。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければ...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに書いておこうかな(^^)
2進数                 10進数
 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0   2番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   3番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0   4番目のワイン
 ・・・【中略】・・・
 1 1 1 1 1 0 0 1 1 1  999番目のワイン
 1 1 1 1 1 0 1 0 0 0 1,000番目のワイン
奴隷は上に1があればそれを飲む
 A B C D E F G H I J  10人

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q自分と言う存在が怖いです。存在すること、死のこと。

漠然としているのですが…

たまになんで自分なんだ?って思うんですよね
自分は奇跡だけでは表せないほど凄く偶然で生きています
そして自分なんです…
多くの人が存在する中で自分…
100年前には存在さえしなかった自分
ちっぽけです…怖いです…

でも僕はこの世に生まれてきた事に関しては凄く良かったと思っています
まず、おいしいものを食べたり、寝たり、遊んだり
家族、友達と喋ったり、喧嘩したり、彼女とのんびりすごしたり
そして今年大学を受験する高校3年生です

こんな充実した生活を送りながらも常に上記の事が引っかかっていています…
今までにも何度か経験していたのですが、数日程度で治まりました…
しかし最近になり人生の体感時間は19歳で折り返しであると言うことを知りました
もう一年で19歳かぁ…高校生活も早かったなぁなどと考えていたら
再び考えてしまい治まりがつかなくなってしまいました…

ものすごく怖くて最近何も手につきません…

やはり一番は死後のことが気になりすぎているのでしょう
ホントに怖いです
なんで自分はこんなにも幸福なのに…と思ってしまいます…
地球全体の人間だけで見ても18歳まで生きるのも大変なことです
やはり幸福が消えるのがツライのでしょうか…
でも不幸でも僕は生きたいと思ってるのですが…

次に怖いのは自分です
他人というのは変わりは居ないとは言え当たり前ですが多数存在します
しかし自分自身はひとりです
エゴになりますが、自分が消えたときすべては無となります
自分の存在してきた意味がなくなるのです…
子孫を残そうが地球が消えたら終わりです…

明確な答えなどないのに考えてしまう…

そして今この文を書きながらですが
寝れない自分に彼女が「寝れるまでメールしよっか?」
と言う他愛無い一言に涙を流してしまう自分…(涙脆いので
何故涙なんてながれるのでしょうか…
感受性が高いのは誇れることだとは思ってるのですが…

あの世が明確にあるなら安心するんでしょうけど
無いに等しい…
脳が消えても、魂のようなものが残るという風な
近いものがあると信じていましたが
脳を傷つけただけで記憶も消えるし性格まで変わってしまう…
ものすごく存在して欲しいですけどね…

天国なんかにいけるとは思っていません
様々な生物の犠牲の元にある一人の人間ですし
悪いことだってしたこともあります…
地獄でもいいので存在してほしいし自分も存在したい…

文がバラバラになってしまってすいません…
さらに長々と…
もう胸が一杯で折れそうです…
落ちつかせることなんか出来るのでしょうか?

漠然としているのですが…

たまになんで自分なんだ?って思うんですよね
自分は奇跡だけでは表せないほど凄く偶然で生きています
そして自分なんです…
多くの人が存在する中で自分…
100年前には存在さえしなかった自分
ちっぽけです…怖いです…

でも僕はこの世に生まれてきた事に関しては凄く良かったと思っています
まず、おいしいものを食べたり、寝たり、遊んだり
家族、友達と喋ったり、喧嘩したり、彼女とのんびりすごしたり
そして今年大学を受験する高校3年生です

こんな充実した生活を送り...続きを読む

Aベストアンサー

>しかし最近になり人生の体感時間は19歳で折り返しであると言うことを知りました

誰だぁ、そんないいかげんな事を言ったやつは?。
人生の体感時間は、人生がある限り、だよ。
プンプン!(←なぜ怒る?)。

参考になるかどうか知りませんが。
私は君くらいのとき、一年間の半分をベッドの上で過ごしていました。
ある難病に罹ってしまったのです。
症状は結構深刻だったらしく(本人は以外にボケてるんだよね)手術も考えられたようですが、幸いメスは入れないで済みました。
恋人?、大学受験?とんでもない!!。
生きるのに精一杯、自分の身体と戦うのが日課でした。

でも、そのことを今は後悔してないんですよ。
面白いものですね。
「病気」は、私に本当に色々な事を教えてくれました。
そのことがあるから、他人に「アドバンテージ」を感じないで済んでいるんですよね。
逆に言えば健康で、何でも上手くそれなりに行ったと仮定したとして、将来激烈な「生き残り社会」の中で揉まれていた可能性もあったわけです。
私には金品財産は大して無いですが「心の資産」があります。
そして「未来」に絶望しないという「柔軟性」があります。
私は今でも、成長途上です。

答えにはなってないかもしれないけど、人生は「ひとつ」じゃ無いんだよ?。
これからも「優しさ」は忘れないでいてね。
(44才、男)

>しかし最近になり人生の体感時間は19歳で折り返しであると言うことを知りました

誰だぁ、そんないいかげんな事を言ったやつは?。
人生の体感時間は、人生がある限り、だよ。
プンプン!(←なぜ怒る?)。

参考になるかどうか知りませんが。
私は君くらいのとき、一年間の半分をベッドの上で過ごしていました。
ある難病に罹ってしまったのです。
症状は結構深刻だったらしく(本人は以外にボケてるんだよね)手術も考えられたようですが、幸いメスは入れないで済みました。
恋人?、大学受験?とん...続きを読む

Q自分の存在に違和感を感じています。

物心ついた頃からなのですが、
自分が存在していることに違和感を感じています。

「存在していたくない」という訳ではなく、
「なぜこういう風に見えるのか?」「なぜそう感じるのか?」といった感じです。

五感を通して得られる情報は皆さん同じだと思うのですが、
なぜか自分だけは違うと思ってしまうのです。

特に変わったモノが見えるわけでも、聞こえるわけでもありません。
ごくごく普通の生活を送っていると思います。

にもかかわらず、まるで作り物の世界に自分ひとりでいるような・・・。
そんな例えが近いように思います。

特にはハッキリとした理由が無いのに、
感覚だけがハッキリと違和感を訴えるので悩んでいます。

子供の頃は悩みっぱなしで、親にも相談しましたが理解はしてもらえませんでした。
30年以上生きてきた今は、悩みこそすれ精神的に不安定になることも無く普通に生きています。

とはいえ、意識がある以上この違和感は消えません。
強くなることも弱くなることも無く、絶えず違和感を感じ続けています。

何か脳の障害なのか、何か特別な意味があるのか・・・。
皆様のご意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願いいたします。

物心ついた頃からなのですが、
自分が存在していることに違和感を感じています。

「存在していたくない」という訳ではなく、
「なぜこういう風に見えるのか?」「なぜそう感じるのか?」といった感じです。

五感を通して得られる情報は皆さん同じだと思うのですが、
なぜか自分だけは違うと思ってしまうのです。

特に変わったモノが見えるわけでも、聞こえるわけでもありません。
ごくごく普通の生活を送っていると思います。

にもかかわらず、まるで作り物の世界に自分ひとりでいるような・・・...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。あなたが信じるかどうかは自由ですので参考程度に・・・。

今生に生まれた人間のルーツはそれぞれあって、最近は訳有って地球以外の星からの転生組みが相当数生まれてきています。

この人間たちの特徴は正にあなたが感じている事に合致しています。検索としてはインディゴチルドレン、スターピープル、ウォークイン、ワンダラー等色々な言葉がありますので暇でしたらどうぞ・・・。書物もたくさん出ています。

Q娘を死ねばいいと・・・助けて下さい・・・

娘を死ねばいいと思う・・・シングルマザーです。

息子達は反抗しても可愛いと思えますが、高校生の娘のことはいつも死ねばいいのにと思います。

毎日金をせびり、クレジットカードを限度額越えるまで使いきり、車で送り迎えは当たり前です。
だらしなくて、自転車の鍵を無くす、定期券を無くす、携帯も無くす、学校の教科書も無くす。毎日何かを無くしてお金がかかります。
ブランド志向で、靴でも「三千円ぐらいの物にして」と言ってあるのに一万円以上のを買って来て、「三千円なんて言われてない」と言い張ります。言った、言わないが多く、紙に書いても無理やり書かされたから無効と言い張ります。約束を守ったことが無く、「お母さんを騙してるじゃない」と言うと、「私が騙された時は騙したヤツが悪い。私が騙した時は騙されたヤツが悪い」と言います。

服は脱ぎっぱなし、廊下やリビングは娘の脱いだ物やカバンからはみ出た物が散乱しています。生理で汚れた下着もナプキン着いたまま脱衣場に脱ぎ捨てて置いてます。トイレを血で汚します。弟達がいるので困ります。

格好ばかり気にして、メイクや着替えに時間をかけ毎日学校は遅刻。進学校に入ったものの勉強は全くせず留年がかかっていますが、男の子の視線ばかり気になるようです。とにかく毎日新しい服を着ます。
家では食卓に大股開いて足を乗せ、携帯をいじりながらおならばかりしています。弟達が食事をしていても平気おならをします。

寝ているか携帯をいじっているかの生活です。夏休みは夜通し携帯がDVDを見ていて、朝の10時から寝出し、夜の7時まで寝ています。宿題が山のようにあり「宿題やるから起こせ」と言われてるので何度も呼びますが返事しません。部屋は鍵をかけています。1時間くらい起こすのにかかります。

朝は、10回ぐらい起こさないと起きません。目覚まし時計が壊れている、鳴らないと主張します。目覚まし時計はもう何個も買い替えています。

食事がまずいと言って蹴って来ます。私の返事のしかたが反抗的だとガラスのコップを投げつけます。土下座しろと言い、土下座するまでタンスや本棚の物を落とし続けるので土下座すると頭を足で踏み付けられます。弟達の前で。

お前がそんなに気持ち悪いから父さんは逃げた、離婚はお前のせい、と言います。お前を死ぬまで利用し続けてやる、お前は私の奴隷だと言います。私はみすぼらしい恰好をしたり太っているわけではないです。

夫は浮気癖があり、私はうつと摂食障害になり、自傷行為もありました。夫が離婚したいと言うので、夫の気が変わらないうちにとすぐに応じました。娘が小学生の時です。

弟達は色白で小柄、二重の目が私に似ました。よくジャニーズ系統だねと言われます。
娘だけは夫似です。体型もです。色黒で目付きが鋭い、高身長でがっしり。メイクが上手でメイクすると観月ありささんに似ていると言われています。
男の子の友達が多いし彼氏も途切れません。美人で勉強もスポーツも出来る娘さんと近所では言われますが、家の顔はとんでもないのです。家族の中で娘はひとりだけ異種な感じです。娘が私を見る目に夫を思い出して吐き気がします。

小5くらいからずっと私をお前呼ばわりで、奴隷扱いです。私に物を投げるので、私の片目は網膜剥離を起こし、失明しかけています。私が怪我をすると弟達は「バンソウコウ貼ってあげる」と言いますが、娘は「バチが当たった」と言います。母の日にも、弟達は「いつもありがとう」とおこずかいでキッチン用品をくれたりしますが、娘は「お前には野良犬のクソでもやりたくないわ」と言います。

娘が憎い。怖い。死んでしまえばいいと思う。

弟がお風呂に入ろうと脱衣場で裸になっているのを蹴り出して、自分は鍵を締め切り1時間以上入浴します。
風呂につかりながら髪をパックするので、入った後の風呂が汚いです。髪の毛やマスカラが浮いています。ぞっとします・・・。

まだ娘は16歳。これからも・・・長いです。お前が勝手に産んだんだからお前が死ぬまで奴隷としてこき使うと言います。

すみませんが、冷たい視線での非難はやめて下さい。可愛いと思えない・・・噛みついてくる時は死んでくれ、死ね、と思う・・・正直な気持ちなのです。娘が起きてくる・帰って来るとゾッとするのです。

私のような経験をなさった先輩方や、有識者の方に、このどうしようもない毎日をどう生きていけばいいのか教えて欲しいのです。

娘を死ねばいいと思う・・・シングルマザーです。

息子達は反抗しても可愛いと思えますが、高校生の娘のことはいつも死ねばいいのにと思います。

毎日金をせびり、クレジットカードを限度額越えるまで使いきり、車で送り迎えは当たり前です。
だらしなくて、自転車の鍵を無くす、定期券を無くす、携帯も無くす、学校の教科書も無くす。毎日何かを無くしてお金がかかります。
ブランド志向で、靴でも「三千円ぐらいの物にして」と言ってあるのに一万円以上のを買って来て、「三千円なんて言われてない」と言い張...続きを読む

Aベストアンサー

あんたぜいたくだ。
家族でも、気の合わない関係はあるよ。相手のあら探さない。一緒に暮らしてんだから、お互いいいとこ見て、仲良く暮らさないと、自分がつまんないよ。

自分の不都合なことは常識を持ち出して「相手は間違ってる」と言って、そういうの止め。人生つまらなくなるから。

幸せは目の前にあるのに、気づかずもったいない。
それは10億円持ってるのに気づかず、貧乏暮らししてるようなもんだよ、まじで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報