言葉で言い表せないかもしれません。自分というものはどうやって成り立つことが出来ているのでしょうか。たとえば、なぜ、私は<私>であって、あなたではないといいきれるのでしょうか。私が自分のことを意識しているということは、どういうことなのでしょうか。自分から出た、ものが自分にかえってくるのでしょうか。自分はなぜ<自分>なのですか?どなたかお答えいただけませんでしょうか?すみません。十分に、この感覚が言語化できなくて。言語化できないことを質問するなど間違っているかもしれませんが、ずっと疑問でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

質問『自分が<自分>であることがなぜわかるのか』



では逆から考えてみましょう。
本当に私たちは、自分という存在を認識できているのでしょうか。

何かを認識するということは、その何かを自分の対象物としてみる
ことから始まります。

身の回りにあるもの、本やペン、マンガ、パソコンなど自分以外の物
を認識することは簡単にできます。

目には見えませんが、電気・空気・磁気といった存在も、それらの
作用を通して認識することができます。


では、自分はどうやって認識できますか。
自分の体は、鏡でみたり、体重計に乗ったりして、確認することができます。
しかし「自分自身」は認識できるのでしょうか。

自分はこういう人間だ、どこで生まれ、どうやって育ち、今何の仕事をしている
というようなことを考えることはできます。
しかしそれは「考えられている自分」であって、本当の自分ではないのです。
自分はこうだと考え始めた瞬間、その「考えられている自分」は考えている
主体の自分から離れ、対象的な存在となってしまいます。
「本当の自分」というのは認識できないのではないか、これが私の結論です。

この問題は昔から多くの聖賢たちの論議の対象となっていました。
インドでは何千年も前から、こういう問題を考えていました。そしてその内容
の一部がヴェーダ哲学にまとめられています。

それからギリシャ哲学の祖であるソクラテスもそうです。ソクラテスは若い頃
神託を出すある神殿にいきますが、そこで「汝自身を知れ」という言葉を見て
びっくりします。これが大変な難問であることに気づいたからです。そして
ソクラテスは、その後哲学者の道を歩むようになります。

では認識することのできない「本当の自分」の正体とはいったい何でしょうか。
インド哲学では「アートマン」[日本語では真我(たぶん)]という存在を
述べていますが、説明が難しいのでここでは省略します。


上記で述べた内容については、「ソクラテス最後の13日」(PHP研究所)
で詳しく述べられています。興味がありましたらご一読してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0



 僕もいつぞや、そういうことを考えたことがありました。でもいまは全くそんなこと考えないようになりました。何がきっかけかはわかりません。でもせっかくだし、ここで、何が原因なのかいろいろ仮説をつらつらと、思いつくまま述べていこうと思います。参考にならないかもしれませんが。 



Q なぜ自分が「自分」と僕(richan)が分かったのだろう (自問自答)


 1.長きにわたる、生きてきて、できたたくさんの思い出。
 その頭の片隅にひょいと残っているものが、形にふれることのできない「自分」について、一筋の光にあたるような… (意味ぷー) 
 
 まー、自分が自分たらしめるのは、自分の「思い出」とか「経験」ってことかなー。 ☆ピーン(効果音) そう、自分とは、つまり、自分の経験の集合体!!  だからあんまり経験の積み重ねのないころは、自分の実感がないのかったりしてー。    ハイおしまい(なんかDeepになりそうだし)

 2.自分の将来について悩み、そのために自分をいろいろ考えた。もしくは、(ハイデッカーさんの実存主義じゃないけど) 死に直面し、もうだめだと思ったときに、助かり、生き延びたことで、「生きる」ということの実感を得た。


 実は、僕はいっぺん、人の顔だけが見えなるというおかしなことになり、脳腫瘍の疑いをかけられた体験があります。その日は一日中、言葉にはできない、心苦しさや孤独、恐怖、を感じました。そして一日中、いままでの(十数年の)人生をふりかえりまくって「悔いはないじゃないか!」って結論づけたり、「もし生きれたら、したいこと」を考えまくったり、好きだった人への愛こそが自分の存在意義だと結論づけたり、死んだペットや家族は死ぬときどーだったのだろーと考えたり・・・などなど。

 その後、なんか「自分」が確立したような気がする・・・ような・・・しないような・・・  (しかも1.より、さらにDeepになってしまったような)


3.個性が確立した。他人に染まった生き方をしなくなった。



一流学校に進学し、そこでのいわば「エリート」たちに会った。「エリート」は一般にいう「大衆」とは対をなしたもので、全てを自分で考え、常に「大衆」に対して疑いの目を向けていた。自分も彼らの影響を受け、それができるようになってきたから???かな???


 ちょっと、時間の都合上ここで切ります。まだ書きたいし、他の方々の回答も見たいです。 ではまた。
    • good
    • 0

もしかして、デカルトさんのお出ましなのでしょうか?



「われ思う、ゆえにわれあり」

森羅万象すべてに疑いの目を向けて、いろんな側面から真実を見つけ出そうとした彼が、欲望を持ったり、感じたりしている自分という対象にだけは、疑いを持とうにも持ちようのないところがある、ということに気づいたそうです。

そこで行き着いた境地、「われ思う、ゆえにわれあり。」

それこそが、自分というものを証明するものである、ということでした。

これを学んだ高校時代は、感動して授業を受けていた記憶があります。20年も前の話です。でも今改めて考えると、多少詭弁臭い匂いも感じる。彼の業績は大きいが、その後も哲学者が同じテーマに挑みつづけたのは、完璧な理論ではない部分がどこかにあったからでしょう。

でも、凡人の私は、このレベルで十分満足です。
    • good
    • 0

こんな事に明瞭に回答できる人いるのでしょうか?


私もykkw_2001さんと同じく「自分が<自分>であることがなぜわかるのか」以前に「自分が<自分>であることがわかっているのか」と思いました。

まあ、少し強引で、回答とも違うちんぷんかんぷんな事かも知れませんが、
popup2002さんをぶん殴って「痛いのは誰だ」と聞きます。
できるのはそれぐらいです。勘弁してください。
    • good
    • 0

>ずっと疑問でした。


その感覚は、わからないでもありません。

回答ではないので、申し訳ないのですが。

ご質問の主旨は、「自分は<自分>であることが(わかっている)」ということが大前提ですね。

私は、「自分は<自分>ではない可能性がある」と考えています。
目前にしているこの部屋の風景、さっき食べたサラミソーセージの食感、お湯割ウヰスキィののど越し、すべてがレンタルビデオから写し取った感覚か、精密にプログラムされた電気信号を脳に流し込んでる体感ゲームマシンや医療機器である可能性です。
また、宇宙の意思としての「神」が、小手先で描いた落書きかもしれない。

「自分は<自分>である」とは、<自分>を中心に考えた世界に限定された幻想かもしれません。

#とまぁ、難しい質問には、ワケワカ回答を出してしまうのは、やっぱオレなんだなぁ。

popup2002さんとともに、識者のご意見を待たせていただきたく思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分は<自分>であることがわかっているということが前提にあるのも不思議です。ないこともあるはずなのにです。<自分>を中心にした舞台にいて、みんな演技してくれているのかもしれません。この感覚が理解できる方がいらっしゃって嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自分へのご褒美」ということば

「自分へのご褒美」とよく女性を中心に言いますが、なぜわざわざ「自分へのご褒美」なんて言うのですか?
「いちいち言わないでだまって好きなもの買ってろ!」って言いたくなります。
自分がガンバっているのを人に認めてもらいたいんでしょうか?
買う理由を確認したいのでしょうか?

「ご褒美」は人からもらうものだし、たいした仕事もしてない人ほど自分にご褒美ばっかりあげている気がします。

なぜ人は「自分へのご褒美」というのですか?

個人的には自分自身に甘い人なんだ、、と思ってしまうのですがどうでしょう?

Aベストアンサー

それは人それぞれだと思います。
人から得る評価もあれば個人的な評価もあるでしょう。
自分で目標を設定した事って無いですか。
「1時間勉強したらテレビを見よう」だって見方を変えたら「自分へのご褒美」じゃないですか。
甘いかどうかは。貯金が必要な時に貯金が減っていっているなら話は別ですが、別に禁欲する事が良い意味での厳しさという事ではないと思います。
解脱を目指しているわけでもないし。

Q生きること 在ること なぜそればかり?<暇な人だけ答えて下さい>

生きるって壮絶なんだなぁと思う。
一寸先は霧。その先も霧。手探りしても、強度が首ネッコをつかんできたりする。
絶対的なことはやっぱりあるし、すごく暴力的だったりする。
でも何で生きることだけなんだろうと素朴に疑問。
そしてどうして在ることばかりなんでしょうか。在ることって、時にあつかましい。生きることも、息をつかずに迫ってくる。
心の中だけなら無限に応えられそうなものだけど、基本的に、生きること、在ることしかない。
なぜも何もないかもしれませんが、どんな回答でも嬉しいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに
言葉が生きている。

今の教育の成果と言えるかもしれない。
自分の好きな道を探しなさい。。。

門戸は広く開けられているかに見えるが
有る意味荒野に放り出されるようなものだ。
学校をでていきなり自分にあった生き方、職業など判る分けない。
楽しくなければ長続きしない。。。

世の中楽しいことばかりじゃないし
辛いことがあると
ここは私のいる場所ではないのではないか
もっと違う、自分にあった場があるんじゃないか
と思い始める。

それの行き着く先が、生きるって何だ。
うまく生の軌道に乗れなければそれと直面せざるを得ない。
生の軌道って何だろう。
川の流れのようにだろうか
人の世の流れは何処に向かうのだろう。。。

Q自分にご褒美、してますか?

先日、糖尿病の隔月の受診を済ませ、検査結果は極めて良好でした。
ちょっと、体重は減らし過ぎのようで、主治医からは少し増やしても良いと(?)。
加えて、嬉しい事に、月に1~2度なら、食事制限を緩める日を設けても良いとの事でした。
そこで、頑張った自分に(プチ)ご褒美、という事で、およそ3年ぶりくらい?にコーラを頂く事にしました。
ただ、緩み過ぎはいけませんので、ささやかにミニ缶、160㎖ ですが(苦笑)。

皆様は、自身にご褒美をしていますか?または、どのようなご褒美でしたか?
ちょっとしたご褒美でも、豪勢?なご褒美でも、コッソリと、でも構いません。
お気軽に、回答をお寄せください。(但し、シモ系回答はご遠慮願います。)
それでは、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

訳あって、貧乏生活中。

節約生活のご褒美として、月末に余った小銭で、チョコレートと鯛焼きを買います。

夫(糖尿病+浪費家)への嫌がらせ効果で、美味しさ倍増です!。

証拠隠滅には、細心の注意を払います(笑)。

Q殺生について<無邪気な蚊の淡い一生>

部屋の中を無邪気な蚊が楽しそうに飛び回っていました。

突然私の耳元で「ブーーン」と不快な音が聞こえてきたので、
無意識のうちに耳元に手を当てたところ、その蚊は、哀れ
にも気絶してしまい、デスクの上に横たわってしまいました。

しばらくの間必死に介抱していたのですが、私の祈りは届
かず、たった今、息をひきとってしまったようです。

私はなんと罪深い事をしてしまったのでしょう。無邪気な蚊が
哀れでなりません。この先私は如何に生きて行けば良いので
しょうか‥‥‥。

Aベストアンサー

 正法に帰依することでしょう。
 蚊が命をかけて、諭してくれたとして、自らが成仏して、その縁の功徳力で蚊をも成仏させましょ。
 それが、蚊に取っても供養にもなり、回向ともなるでしょう。
 食べられる魚にしても、食肉となった動物にしても同様であります。自分が成仏させていただく為の犠牲であり、糧であります。これで、自分が成仏しなければ、報われる事もないでしょう。
 如何ですか?
 真面目なご質問なら、本当に肝に銘じて下さい。
 冗談半分ならば、このような質問はすべきでありません。回答者に対して、失礼であり、侮辱することになります。

Q自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために

自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために
どういうことをやっていますか?また何を自分にプレゼントしますか?

またよく美味しいものをご褒美にするとよくききますが
ご褒美じゃなくても買おうと思えば買えるのであまりありがたみを
感じることができないのですが、ありがたみを増やすコツ見たいのがあれば
おしえてください

Aベストアンサー

こんにちは。

買おうと思えば買えるけど買わない・・・ということはすぐに必要ないものということですよね?
それを後先考えずに欲しいから買っちゃおう・・・=普段我慢している物欲を解放するということではないでしょうか?

例えば私の場合。

今日は頑張ったから何かご褒美ほしいな。→普段は太るから食べないようにしてる、大好きな豚骨ラーメン食べちゃおうかな?
といった感じでしょうか?

ありがたみってよりはストレス解消に近いですけどね。

自分の中で普段我慢していることをしてみてはいかがですか?

Q我思ふ故に<彼>在り?

かなり前の映画ですが、
「マルコヴィッチの穴」(でしたか)というのがありました。
人気俳優のマルコヴィッチ氏の中に、
うだつのあがらないあやつり人形師の主人公の男性が入って、
マルコヴィッチ氏になって考え、行動してしまうという映画でした。

そこで私は思ったのですが、
今日、哲学の世界で、
「自分が考え、行為しているようで、実はそれは他の何者かがしている」
ということがあるのでしょうか?

学生時代、そういったことを扱っていた哲学の授業にお邪魔したことがあったのですが、
専門でもなかったため、ちんぷんかんぷんで単位だけいただいてそのままでしたた…。

人の主観とか、その道に明るい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
「A思う故にB在り」
Aに入るのは一人称固定、つまり「私」のみです。「彼」が思うのかどうかは「彼」にしかわかりませんから。

で、Bに「私」が入った場合、
「この世界に根拠がないとしても、今自分が知覚しているのは間違いのないこと。だから『自分が存在すること』の根拠は『自分が考えているからだ』で十分だ」
となります。

Bに「彼」が入った場合、
「彼が考えているかどうかはわからないが、私には彼が見える。人間らしく振舞っている。いや、別にロボットでもかまわない。とにかく私が彼を感じている以上彼は存在するのだ」
となります。(ここはクオリアだとかイデアとかの話に繋がるような話になるかと思います)

デカルトがそれを考えたかどうかは知りませんが、考えたなら上の答えが出たはずです。

X氏がY氏に支配されているとします。
この場合、X氏が肉体以外の全てを支配されているならば、思考主体はY氏のみになりますから、
Y氏主観の「我思う故に我在り」
のみが存在することになります。

X氏に少しでも思考する隙間があれば、自分で思考しているのか思考されているかに関わらず、
X氏、Y氏それぞれの主観の「我思う故に我在り」
が存在することになります。

思考主体がなければそもそも疑問を持ちようがないし、少しでも主体があるのなら、「我思う~」が成立するのです。

なんかどんどんややこしくなっているような・・・。

無理やりまとめますと、
デカルトが言ったことは
思考主体の思考は、思考主体の存在を、思考主体にのみ証明可能である。
思考主体以外の話になると、まったく別の問題になるかと・・・。

#4です。
「A思う故にB在り」
Aに入るのは一人称固定、つまり「私」のみです。「彼」が思うのかどうかは「彼」にしかわかりませんから。

で、Bに「私」が入った場合、
「この世界に根拠がないとしても、今自分が知覚しているのは間違いのないこと。だから『自分が存在すること』の根拠は『自分が考えているからだ』で十分だ」
となります。

Bに「彼」が入った場合、
「彼が考えているかどうかはわからないが、私には彼が見える。人間らしく振舞っている。いや、別にロボットでもかまわない。とにかく私...続きを読む

Q自分へのご褒美ってどんな物がありますか?

1000円以下なら スイーツなど 食べ物が中心ですが

そこで質問です

(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?
(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?

Aベストアンサー

初めまして。

>(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?


『てもみん』
でしょうか。



>(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?


『足裏マッサージ』
辺りでしょうかw。


(^.^)

Q<注意>ここ、哲学カテゴリで論争はいけないか?

上記のような注意書きが出来て驚いているのですが、、、、
教えて!gooとしては、一質問一回答がふさわしいのは分かりますが、哲学カテゴリで行われる論争、議論などはその質問(議題)に対する回答を考えるうえで、様々な論理の展開を呼び、よりよい回答、質問者にとってよりよい結果に繋がる可能性をもっています。それは、タダの個人の意地の張り合いとは比べられない重要性があると思います。そのような理由からでは、教えて!gooにおいて、議論、論争は本当にふさわしくないのか?となると、そんなことはないと思います。論争、議論を禁止するべきかそうでないか?皆さんはそれぞれどうお考えですか?

Aベストアンサー

この<注意>が最初からあったものなのか、それとも後での追加なのかは知りませんが、
どうもこのままでは文脈も判然としませんね。

哲学について、折角いろいろな知識をお持ちの方がウォッチされている場ですし、
たとえばですが、
『○○について、○○という面(理解)から、私は○○と考えますが如何でしょうか?』
のような【質問】は別におかしくないと思いますし、それに対して、
『○○という面もありますから、私はそうは思いません。』
のような【回答】もあり得ると思います。
そうした場合に、質問側が「補足」欄を使って相手の回答内容に異議を伝えるような流れも考えられると思うんですが、
そういうやり取りも、「論争」という解釈になるんでしょうかね?
----
おっしゃるような”様々な論理の展開”を通じての ”質問者にとってよりよい結果”ということからは、
回答者同士のやり取りなども含めて、できればあまり縛りを設けない方がいいとは思いますが、
いずれにしても、もし管理者側の判断でそれが必要ということなら、少なくとも解釈がまちまちにならないように、
「趣旨」と「線引き(論争とかの解釈)」についてのもう少し分かりやすい記述は必要だと思います。

この<注意>が最初からあったものなのか、それとも後での追加なのかは知りませんが、
どうもこのままでは文脈も判然としませんね。

哲学について、折角いろいろな知識をお持ちの方がウォッチされている場ですし、
たとえばですが、
『○○について、○○という面(理解)から、私は○○と考えますが如何でしょうか?』
のような【質問】は別におかしくないと思いますし、それに対して、
『○○という面もありますから、私はそうは思いません。』
のような【回答】もあり得ると思います。
そうした場合に、質問側...続きを読む

Q自分へのご褒美

こんにちは。

今自分へのご褒美を買うとしたら、何を買いますか?

私は、スキンケアやバスグッズか、ちょっとお高めの下着(可愛くて綺麗なブラ)が欲しいなと思っています。

よろしければ教えて下さい。
ただ、『自分へのご褒美』という言葉に嫌悪感を抱く人もいるようですので、そういう人はスルーして下さい。

Aベストアンサー

クルージング旅行!
誰も一緒に行ってくれない旅でしたが、最高に楽しかったです◎
何回でも自分にご褒美してあげたいです(^^)

Q<分子レベルにまで分解しても自然に自己集合する、「できやすい形」>について、教えて下さい。

このカテのある質問を読んでいましたら、活躍されている人からの回答のなかに、次の説明を発見しました。
<細胞器官などの構造は、分子レベルにまで分解しても自然に自己集合する、「できやすい形」である事が知られています。>
興味を惹かれましたので、「できやすい形」などについて、もう少し教えて下さい。

Aベストアンサー

生物学的な基礎知識です。

自己集合については、下記のサイトの下段に、細胞器官
であるリボゾームを個々のタンパク質まで分解した後、
溶液中で、元の細胞内器官に自己集合する事が記されている。
「単離したリボゾームをさらに個々のRNAとタンパク質成分に解離後、これらを混ぜて再構成することが可能である。1968年(昭和43)野村真康(1927― )らは、大腸菌30S亜粒子について、16SRNAと21種の成分タンパク質を混ぜ、それらが自発的に再集合して完全な活性をもつ30S亜粒子となることを発見した。この実験は、リボゾーム(あるいは一般に細胞内の複雑なオルガネラ)を正しく構築するのに必要な情報はすべてその成分の構造自体に含まれていて、他の因子とかエネルギーとかを必要としない自己集合過程であることを示した点できわめて意義深い」

https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%A0-658381


人気Q&Aランキング

おすすめ情報