釣りにはとんとシロウトな私ですが、ブラックバスの害についてはメディアを通してある程度知るところとなりました。
そこで疑問なのですが、これだけ環境を破壊し、釣り人の肩身をも狭くしているブラックバス密放流が、なぜ依然として行われているのでしょうか?
また、世間の批判が噴出する以前でも、ブラックバスが次々と放流されていった理由は何なのでしょう?
ブラックバスの放流を擁護する意見もあると聞きましたが、その人たちの論の根拠とはなんですか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。


過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスやブルーギルが様々な形で放流されていった様です。
しかしながら、現在ではその生態もある程度解明されているにも拘らず、放流は後を絶ちません。
これは無責任な放流と言っても良いと思います。
ブラックバスに代表される大陸産の淡水魚はその悪食が問題となっており、目の前を通過する移動物体を食欲からではなく本能で攻撃若しくは捕食する週間を持っています。
これらの淡水魚が本来生息しない環境化に放たれるわけですから、在来種は当然巻き込まれるはずのない食物連鎖に対応できず激減していきました。
鮎、鮠、公魚、鮒、在来種の稚魚が殆ど外来種の悪食によって生存環境を脅かされています。
理由は簡単です。
フィッシャーマンにとってブラックバスは魅力的なファイトを楽しませてくれる絶好の対象魚といえる点に尽きるでしょう。
1985年を境に85年以前に放流された時点では、今の様な生態が確認(在来魚に与える影響)されていませんでしたのでやむなしの感がありますが、85年以降に生息が確認された地点に関しては、明らかに確信犯による放流と言えるでしょう。
ただ、一度放流され生息が確認された湖沼に関しては、魚の権利(あるかは別儀)は問わないとして、フィッシャーマン達がレジャーとして楽しむ事が出来る環境がある事も事実と言えるかと思います。
そこで、漁業を営む方にとっては切実な問題ですが、密放流は暫くは続くのではないかと思います。
ブラックバスを擁護する意見の方たちは、生態が確認されていく過程で減少しており、現在表立って異議を唱える方は少ないと考えられます。
ブラックバスやブルーギル等の外来魚は繁殖能力や適合力が日本在来種に比べ極めて優れている事、更に攻撃性が高い事、総てが確認されている事実となってからは
密放流は多少ですが減少してきてはいるようです。
既に大抵のエリアに行き渡った感も否定できない事実ですが…
意外な事実として、子供達による密放流が原因となっている事実もあります。
身近な場所で釣りをしたい、PR不足環境に与える影響等の知識に乏しい、等による事が原因と言われています。
回答にはならないかもしれませんが、既に外来種ではなくなっている感もあるブラックバスです。
今後は生態環境を注意深く見守っていく事が必要な魚ではあります。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい説明をありがとうございます。
そうですか。以前とは状況もだいぶ変わってきているのですね。

ただ、「魅力的なファイトを楽しませてくれる絶好の対象魚」ということと、「日本の在来種を守る」ということを天秤にかけても、ブラックバスの放流をしてしまう人がいることに、あらためて悲しさを感じます。

お礼日時:2002/01/18 21:28

こんにちは。


私は趣味で釣りをしますが、やはり今のブラックバスの現状、放流のし過ぎです。
さて、密放流の理由ですが、単純にたくさん釣りたい、自分だけ知っている釣れるポイントを作りたいという理由だけでしょう。こんな理由で放流しちゃダメです。
バスは地域を活性化するという意見があり、事実、儲かっている地域があるようですが、自分が儲かるからということで自分たちの都合が良いようにするというのはどうでしょうか。
それから、棲み分けについてですが、管理釣り場を作るなら賛成です。でも、密放流はなくならないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

うーん、商売に結びつくからこそ、モラル向上も同様になされるべきでしょうね。
ありがとうございました。

大方、今の状況と問題点を確認できましたので、締め切らせていただきます。

みなさま回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 16:04

密放流は犯罪です。

それなのに根絶できない理由は100%エゴによるものです。論や根拠など『盗人猛々しい』としか言えません。
釣具メーカー、釣具店のエゴ
釣り人のエゴ
これらの両面から対策を実施し、罰則を強化する必要があります。
さらに、教育の現場で教材として取り上げるなどの啓蒙活動を行っていかなければ、将来は日本の在来種は居なくなってしまうかもしれません。
下記URLをご参考になさって、理解を深めてください。

参考URL:http://www.turinokensaku.com/keijiban-bass12.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

モラルの問題というだけでは、難しいのかもしれませんね。
対策として罰則強化もありうるということでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 16:01

今晩は。


 単なる感想ですが、ここまでの回答を読む限り、問題をきちんと捉えている方ばかりで、ほっとしています。結局問題は自分さえ楽しければそれで良い、という釣り人の無責任さに有ります。これは例えば高山植物の盗掘と同じことですよね。
 私の予想では、この後に(密)放流擁護派が現れて、真っ向から反対の論陣を張ることは多分無いでしょう。現れても欲しく無いと思います。それでは。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ちょっと擁護派の言い分も聞いてみたくはありますが・・・

でも、もう少し先の議論、「全滅させるか、住み分けするか」ではかなり意見が割れていると聞きました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/19 00:00

こんにちは。


自分の知りうる限りのことしかお答えできませんが…。

ブラックバスの放流には個人的には大反対なのですが、
ある程度修復が困難な状況まで本来の生態系が破壊されてしまった
地元の湖などではそれなりのメリットもあるようです。
具体的にいえば、漁業に代わって入漁料で生計を立てたり、
ダムしかない過疎化が進む山村の町おこしになったりするということです。

参考までに英語ではレジャーで釣りをする人をアングラー、
漁師さんのことをフィッシャーマンと言うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悪貨は良貨を駆逐するが、貨幣に変わりはないということでしょうか。
確かに逆手にとって、村おこしによる住み分けでマナーの向上ができれば、言うことはないでしょうね。

でも、閉鎖的な湖沼でなければ、また流出すると思うのですが、河川などへ流れ込むことはどうなんでしょう?

お礼日時:2002/01/18 23:55

私は北海道に住んでいます。

北海道には基本的にはブラックバスはいません。
ブラックバスがどれほど魅力があるかはわかりません。
このたび、道南の大沼という大きな沼でブラックバスが2匹見つかりました。
北海道にはオショロコマやイトウなどここにしかいない種がいます。
そういったものを守るため、それと、大沼の水産資源を守るために駆除を
決めました。大沼の生物を全部、別の水槽に移し(膨大な作業!!)その後、
水中に火薬を仕込んで発破するそうです(大沼には珍しい品種はいません)。
この方法がわりと自然に被害が少ないようですが・・・。

回答ではないですが、今、北海道ではこんなニュースかでています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

北海道ならでは?の作業でしょうか。
でも、そうでもしない限り、ブラックバスだけを除くことは難しいのでしょうね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 23:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックバスの密放流

釣りにはとんとシロウトな私ですが、ブラックバスの害についてはメディアを通してある程度知るところとなりました。
そこで疑問なのですが、これだけ環境を破壊し、釣り人の肩身をも狭くしているブラックバス密放流が、なぜ依然として行われているのでしょうか?
また、世間の批判が噴出する以前でも、ブラックバスが次々と放流されていった理由は何なのでしょう?
ブラックバスの放流を擁護する意見もあると聞きましたが、その人たちの論の根拠とはなんですか。
教えてください。

Aベストアンサー

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスやブルーギルが様々な形で放流されていった様です。
しかしながら、現在ではその生態もある程度解明されているにも拘らず、放流は後を絶ちません。
これは無責任な放流と言っても良いと思います。
ブラックバスに代表される大陸産の淡水魚はその悪食が問題となっており、目の前を通過する移動物体を食欲からではなく本能で攻撃若しくは捕食する週間を持っています。
これらの淡水魚が本来生息しない環境化に放たれるわけですから、在来種は当然巻き込まれるはずのない食物連鎖に対応できず激減していきました。
鮎、鮠、公魚、鮒、在来種の稚魚が殆ど外来種の悪食によって生存環境を脅かされています。
理由は簡単です。
フィッシャーマンにとってブラックバスは魅力的なファイトを楽しませてくれる絶好の対象魚といえる点に尽きるでしょう。
1985年を境に85年以前に放流された時点では、今の様な生態が確認(在来魚に与える影響)されていませんでしたのでやむなしの感がありますが、85年以降に生息が確認された地点に関しては、明らかに確信犯による放流と言えるでしょう。
ただ、一度放流され生息が確認された湖沼に関しては、魚の権利(あるかは別儀)は問わないとして、フィッシャーマン達がレジャーとして楽しむ事が出来る環境がある事も事実と言えるかと思います。
そこで、漁業を営む方にとっては切実な問題ですが、密放流は暫くは続くのではないかと思います。
ブラックバスを擁護する意見の方たちは、生態が確認されていく過程で減少しており、現在表立って異議を唱える方は少ないと考えられます。
ブラックバスやブルーギル等の外来魚は繁殖能力や適合力が日本在来種に比べ極めて優れている事、更に攻撃性が高い事、総てが確認されている事実となってからは
密放流は多少ですが減少してきてはいるようです。
既に大抵のエリアに行き渡った感も否定できない事実ですが…
意外な事実として、子供達による密放流が原因となっている事実もあります。
身近な場所で釣りをしたい、PR不足環境に与える影響等の知識に乏しい、等による事が原因と言われています。
回答にはならないかもしれませんが、既に外来種ではなくなっている感もあるブラックバスです。
今後は生態環境を注意深く見守っていく事が必要な魚ではあります。
では。

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスや...続きを読む

Qブラックバス釣りについて、滋賀県が放流?

NO.#34512の、nebula2113さんの「ブラックバス釣りについて」の質問について、回答が締め切られているようなので新規で教えてください。

滋賀県がブラックバスを放流したとの、回答がありましたが、本当なのでしょうか?
また、本当だったとして、「とある目的」とは、なんだったのでしょうか。
現在、滋賀県が行っているバス駆除に使っている税金はなんなのだろう、と言う問題になりそうですが。

ちなみに私の基本的なスタンスは、バス釣りはしてもいいが、再放流(キャッチアンドリリース含む)は禁止と、いうところです。

Aベストアンサー

以前#34512を拝見して、滋賀県が放流したとあるのをみて、これは何かの誤報だと思いました。ご存じだとは思いますが、都道府県は内水面の漁業調整規則によって各漁業協同組合を監督指導する立場と聞いています。よって放流に直接関与することは無いと思われます。
 ただし、都道府県によって状況は異なりますが、例えば内水面の試験養殖場などを持って、魚類の改良育種などを行っている施設があった場合、そこから逃げ出して繁殖することはあり得ることだと思います。そこで、琵琶湖にそのような施設があって、そこでブラックバスを育種したことがあったのかどうかを調べるべきだと思います。
 以下はあくまで推測ですが、県によって琵琶湖にバスが増えたのなら、当然行うべきバリア設備を怠った『過失責任』を問えると思うのですが、実際はやはり何らかの意図を持った人々によって組織的に行われたと見るべきでしょう。それが誰なのかは、『津々浦々バスが蔓延する』ことで利益を得るのは誰なのかを考え見れば一目瞭然です。
釣具店にはルアーやワーム、バスロッドが所狭しと並んでいるではありませんか。それを造っているのは、何という会社なのでしょうか。
 ゴミは片づければそれできれいになるのですが、あのゴミは、他の生物を食い尽くしながら増殖していくのです。
何とかしたいものだと思いませんか?

以前#34512を拝見して、滋賀県が放流したとあるのをみて、これは何かの誤報だと思いました。ご存じだとは思いますが、都道府県は内水面の漁業調整規則によって各漁業協同組合を監督指導する立場と聞いています。よって放流に直接関与することは無いと思われます。
 ただし、都道府県によって状況は異なりますが、例えば内水面の試験養殖場などを持って、魚類の改良育種などを行っている施設があった場合、そこから逃げ出して繁殖することはあり得ることだと思います。そこで、琵琶湖にそのような施設があ...続きを読む

Qブラックバスについて

ケーブルテレビで釣りビジョンなるチャンネルがあります。

バスフィッシングの番組が多いのですが、(磯釣り派の私としては磯釣り番組の割合がやや少ないのが少し寂しい・・)そもそもブラックバス釣りは全国で出来るのでしょうか?

また、ブラックバスは食用にならず他の種を駆逐するのでリリースは禁止と聞いたのですが、実践はされているのでしょうか?

ブラックバスがいることで実際に他の種は駆逐されているのでしょうか?

Aベストアンサー

何故か全国に居ますね。ブラックバス・ブルーギル・ウシガエル
自分が住んでいるところは島なのですが、何故かいます。
出来てまだ8年も経っていないダム池にも居ますね、なぜでしょう。

「ブラックバスは食用にならず他の種を駆逐するのでリリースは禁止と聞いたのですが」
それを言ったのは知ったかぶった人間ですね。ブラックバスなどもそうですが多くの場合食用で持ち込まれた外来魚もかなりいますよ。
リリースは地域によっては大丈夫とされています。
まぁ外来特別法的には「リリース・生きたままでの保管、輸送・養殖、無許可での飼育・放流」が厳しく禁止されています。
なので言ってしまえば”生きたままでのリリースは禁止”です。
自分は持ち帰って食べたり、切り身にして飼育しているカメやカニに食べさせています。

「ブラックバスがいることで実際に他の種は駆逐されているのでしょうか?」
消えています。
ダム池で最初の何年かは、フナ・メダカ・コイなど居たらしいのですが現在ブラックバス・ブルーギル・ウシガエル・ニシキゴイ・モクズガニ・最近一匹だけ目視できたクサガメ、と生態系が逝かれてます。

何故か全国に居ますね。ブラックバス・ブルーギル・ウシガエル
自分が住んでいるところは島なのですが、何故かいます。
出来てまだ8年も経っていないダム池にも居ますね、なぜでしょう。

「ブラックバスは食用にならず他の種を駆逐するのでリリースは禁止と聞いたのですが」
それを言ったのは知ったかぶった人間ですね。ブラックバスなどもそうですが多くの場合食用で持ち込まれた外来魚もかなりいますよ。
リリースは地域によっては大丈夫とされています。
まぁ外来特別法的には「リリース・生きたままでの保管...続きを読む

Q秋のブラックバス釣りの基本について(ボート釣り)

10/30 と 11/3 に仕事が休みとれたので
友人と久々に地元の比較的小さな湖でボートを出そうと思っております

私は奈良県在住です。

実践(?)から離れているので、おうかがいしたいのですが
この時期(秋口)の釣り方の基本をお教え頂ければと思います。

●基本的にはサーチベイトで探っていくのがベストでしょうか?
その場合はクランク(ラトルin)もしくはスピナベ等で良いのでしょうか。

またその日によっても違うと思うのですが
バスの層というものが今ひとつ分かっておりません・・・
(魚探は持っておりません)

秋口の釣り方の基本、ご教授いただければ幸いです

何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

秋はバスが元気、とは良く耳にしますよね?これは秋になるとバスが積極的にルアーを追いかける事に由来しているわけですが、積極的にルアーを追いかけているならレンジが多少ずれていても“私なら”あまり気にせずにガンガン投げて巻いていきます。

「そんな乱暴な…」と思われることでしょうが、ボート釣りで湖に行くのであれば小さな湖と言っても気になるポイントを全部丁寧に叩いていったら1日じゃ足りないと思いませんか?おまけに秋は「ターンオーバー」が終息に向かっていて表層と水底との温度差が余りありません…という事は全レンジにバスがいる可能性が高い!という事になりますね。
私は関東在住ですが、ほとんど急深な岸ばかりでドン深が続く相模湖では丸1日クランクを、遠浅の岸や溶岩帯が多くオカッパリ天国の河口湖では丸1日スピナーベイト、でっかい皿池の山中湖では丸1日バイブレーション…とパイロットルアーを固定してしまいます。こうでもしないと湖を回って全レンジをガンガン叩いていく事は不可能ですからね。

だからあなたが一番信頼できる巻物系ルアーをひとつに絞って1つのポイントで10投も投げたらガンガンポイントを変えていくのが最も手っ取り早いというわけです。ひとつでも多くのポイントを叩いて「やる気のあるバス」だけを拾い釣りするのが私の秋の釣り方です…都合が良い事に多少レンジがずれていてもやる気があるバスなら向こうから追っかけてくれますから。もちろん漫然と投げていくのではなくキャストしたらロッドを立てたり寝かせたりリーリングスピードを少々変えたりと、前回リトリーブした時と変化をつけることがコツです…ロッドを立てたり寝かせたり、リーリングスピードを変えていく事でルアーの泳ぐレンジは変わりますからね。

秋の釣りの場合「エリアを消去していく」事も結構重要で、ひとつエリアが減ればそれだけ他のポイントを叩く時間が稼げます。先ほども触れた通りターンオーバーしているエリアでルアーを投げても水中の酸素が欠乏しているのでサカナなんかいるわけがない、だから投げるだけムダ、ということ。水切れが悪くなんか臭く水面が泡立っているところは十中八九ターンオーバーが起こっていますので「ダメだこりゃ」と割り切る事もとっても重要なんです。
奈良でも神奈川でも、東日本でも西日本でも、日本でもアメリカでも、バスは所詮バスですから、ガンガン投げて1尾でも多くの「超やる気のあるバス」を探してください。

どうも、釣りバカです。

秋はバスが元気、とは良く耳にしますよね?これは秋になるとバスが積極的にルアーを追いかける事に由来しているわけですが、積極的にルアーを追いかけているならレンジが多少ずれていても“私なら”あまり気にせずにガンガン投げて巻いていきます。

「そんな乱暴な…」と思われることでしょうが、ボート釣りで湖に行くのであれば小さな湖と言っても気になるポイントを全部丁寧に叩いていったら1日じゃ足りないと思いませんか?おまけに秋は「ターンオーバー」が終息に向かっていて表層...続きを読む

Qブラックバスはどのくらいの水深までいますか?

人造湖でブラックバス釣りをしようと考えております。ブラックバス用ルアーの潜行深度は深くても6~7mぐらいのようですが、ブラックバスはどのくらいの水深までいますか? もっと深いところにはいないのですか?
また、ブラックバス用のシンキングペンシルがないようですが、これって上記の件と関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

いかがでしょうか? 参考になりますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1029415240

Qブラックバス釣りについてです!

この針とワームの大きさで大体最低どれくらいのsizeが釣れますか?

Aベストアンサー

ルアーのサイズは小は大を兼ねて食ってきますが大きな魚が釣れるかどうかはフックの強度で決まります。(釣りをされる場合はフックのサイズ・強度をわかっていないといけません。)
弱い針だと折れますから。ルアーが大きかったり派手なものは目立つということはあります。

よって魚の大きさはフックの強度次第でしょうね。フックの強度を調べればわかるかなとおもいます。

バスは小魚なら頭から一口で咥え込みこみます。一気に口に収まらなくても頭から徐々に飲み込みます。口からシッポが出ていてもそのうち飲み込みますよ。
ルアーサイズは5cm~20cmくらいならいいんじゃないかなとおもいます。

Q都筑区のせせらぎ公園はブラックバスが釣れるんですか?

昔都筑区が港北区だった頃せせらぎ公園でブラックバスが釣れたと聞いたことあるのですが、今釣れるのか知っている方教えてください。
それと神奈川で相模湖以外にブラックバス釣りが出来る場所があったら教えてください!
お願いします!

Aベストアンサー

ども。神奈川県内だと相模湖の近くですけど
津久井湖、城山湖、宮ヶ瀬ダムでバスが釣れます。
ただ宮ヶ瀬は釣り禁止で結構監視がよく見回りに来ます。
城山湖も本来は禁止なのですが監視はほとんどきません。

自分は神奈川の湖は相性悪いので(腕?)
霞ヶ浦か河口湖に行ってしまいますね(汗)

Q河口湖と山中湖でブラックバス釣り

河口湖と山中湖でブラックバス釣りでは、どちらが陸から釣るのに釣れますか?
ボ-トには乗りません。
釣りする料金は、それぞれいくらでしょうか?
または富士五湖で料金のかからない湖はありますか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

例えば同じ所に延々何時間もルアーを放り込んでいるような釣りをしていたり1日中竿を痙攣させて喜んでいるようなネガティブな釣りをしていたら、山中湖でも河口湖でも釣堀でも釣れません。少し意地悪の前置きはこれくらいにして…

入漁料などの詳細は
“http://www.kawag.jp/”
↑河口湖漁協HPと
“http://www.lake-yamanaka.net/forms/top/top.aspx”
↑山中湖漁協HPを参照してください。前売りだと河口湖¥1,000山中湖¥520(巡回監視員から購入となると¥500+消費税加算)ですが、ポイントが絞り込みやすいのは河口湖ですね。
山中湖は皿池状態で見た目の変化はほとんど無く、最も変化がある平野地区では「みさきキャンプ場」にある水中岬と湿地帯(湿地帯は一応鳥獣保護区で釣り自粛を求められています)・対岸の通称東電前くらいがオカッパリポイントで、これからの季節釣り人でごった返します。他のポイントはウィード絡みで探っていきますが、思ったより沖にウィードベッドがあるためボートのほうが有利になってきます。
河口湖は地図上でざっくりと南北に分けて南岸は溶岩帯のえぐれにノーシンカーを落とし込む釣りが一般的です。いわゆる河口湖メソッドは南岸で生まれたものですね。対して北岸は岸近くまでウィードが迫っていてミノーやジグヘッドを投げて巻けば釣れます。オカッパリでの釣り易さで言えば圧倒的に河口湖のほうが有利です…何しろ北岸でウィードが引っかかる所を探して歩けばいいのですから。

富士五湖で唯一料金が掛からないのは精進湖(バスに限る)ですが、最北岸のホテル街前にある浜以外は全て溶岩帯で足場が悪いうえ切り立った所もそこかしこ、加えてへらぶな釣りの「聖地」のひとつなのでへらオヤジたちが多いです。従って肉体的にも精神的にもある程度のタフさが求められます。

総じて富士五湖では溶岩帯ではノーシンカーを落とし込む(それ以外だと根掛かる)・その他はウィード絡みでミノーやクランク・ジグヘッドを投げて巻く…基本です。これを逆にやってしまうと、とても悲劇的な最期を迎えます(ルアー大量根掛かり消失、根掛かって外そうと無理にロッドを煽ってロッド骨折ご臨終、最悪なのはボウズ等など…)。あと溶岩帯はとても良く滑る(富士山の溶岩は鉄分豊富♪なので鉄板の上を歩くようなもの)ので靴はグリップ力の高いものを選びたいところです。

どうも、釣りバカです。

例えば同じ所に延々何時間もルアーを放り込んでいるような釣りをしていたり1日中竿を痙攣させて喜んでいるようなネガティブな釣りをしていたら、山中湖でも河口湖でも釣堀でも釣れません。少し意地悪の前置きはこれくらいにして…

入漁料などの詳細は
“http://www.kawag.jp/”
↑河口湖漁協HPと
“http://www.lake-yamanaka.net/forms/top/top.aspx”
↑山中湖漁協HPを参照してください。前売りだと河口湖¥1,000山中湖¥520(巡回監視員から購入となると¥500+消費...続きを読む

Qシーバスからブラックバスに妥協

こんにちは。
3日前にシーバスのルアー釣りを始めてぶっ続けで30時間竿を振ったりしたのですが釣れなくて心が折れそうです。
シーバス釣りを諦めるつもりはありませんが、心を回復するためにちょっとだけブラックバス釣りをしてみようかと思ってます。
理由は2つありまして、1つはブラックバスは簡単に釣れると言う人が多いから、もう1つはシーバスは今の時期釣るのがとても大変だと聞いているからです。
今日も釣りに行こうと思うのですが、シーバスとブラックバス、どちらに行くべきでしょうか?
こんな自分にもブラックバスは釣れますか?
タイムリーな話なので回答は早め希望にしておきます。

Aベストアンサー

根本的に釣りそのものに対峙する姿勢が間違っていると感じます。

(1)釣りが上手い人 = 魚の居場所を見つけるのが上手い人
(2)釣るのが上手い人 = 状況に合わせた選択が上手い人
(3)釣りがお上手な人 = 基本的なキャスティング等の技術が優れている人

釣りが上手い、下手は外見から見えるキャストやルアー操作等の技術的な
部分を言われる場合が多いと思いますが、それは釣りをするために必要な
ごく基本的な部分であり、釣りのほんの一面性しか見ていないと思います。

貴殿が通われている釣り場に本当に鱸が居るのか?
何処で、何を捕食しているのか?
回遊パターンか? 居付きの魚か?
季節の進行や潮の干満で常に状況が変化しているのです。
この中から自分の道具で捕れる、場所やパターンを探していくのがルアー釣
りの醍醐味だと私は考えます。

今の時期はシーバス釣りは難しい?
少なくとも東京湾エリアでは、ストラクチャーとシェードに魚が付く最もイージ
ーなシーズンで、大きさにこだわらず数を狙うなら今だと思います。

失礼なようですが、ブラックバスを釣りに行っても残念ながら貴方に釣られる
魚は多くはないと想像出来ます。

少々お説教臭い物言いですが、それなりの年配者なのでご容赦下さい。

根本的に釣りそのものに対峙する姿勢が間違っていると感じます。

(1)釣りが上手い人 = 魚の居場所を見つけるのが上手い人
(2)釣るのが上手い人 = 状況に合わせた選択が上手い人
(3)釣りがお上手な人 = 基本的なキャスティング等の技術が優れている人

釣りが上手い、下手は外見から見えるキャストやルアー操作等の技術的な
部分を言われる場合が多いと思いますが、それは釣りをするために必要な
ごく基本的な部分であり、釣りのほんの一面性しか見ていないと思います。

貴殿が通われている釣り場に本当...続きを読む

Qブラックバスのフローター釣り

バスフィッシングを始めてもう長いのですが、最近フローター釣りを始めました。
まだまだフローター初心者なので、何か良いアイテムや持っていれば便利な物、注意点などを教えて下さい。
知り合いにフローター釣りする人がいないもので・・・

宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。フローターフリーク(5年目)です。フローターの世界へようこそ。

最も重要な、安全面(体力・体調含め)など、あまりに基本的なことはネットで検索できますし、もうご存知の内容であるとくどいので経験談を中心にします。

>持っていれば便利な物
“傘”を一つ持っていると便利ですよ。雨避けではなく、移動手段として使います。小さな池なら要りませんが、絶好ポイントに早く着きたいときなど、風向きを味方に帆の代わりにして楽に移動することができます。

また、ロッドスタンドやドリンクホルダーなども着けている人も多いですが、私の意見としては両方要りません。ロッドは立てるとあらゆる場面で邪魔です。ドリンクはすぐ温くなるホルダーに置かず、ペットボトルを紐で水面にぶらさげています。(アオコだらけとかの汚い池はしませんが・・)

>注意点などを・・
降りた所から遠くへ往き過ぎると、帰るのが大変ですので特に帰りの風向きは要注意です。“傘”も適切に使わないと自滅します。

最後に、バスの思わぬ動きに気を付けて下さい。これは経験なのですが、ある日ランカーがヒットしてファイト中、サッとフローターの下に潜り込まれました。影に隠れたつもりなのでしょうが、その際バスの口からはみ出たトリプルフックが自分のウェーダーにグッサリと刺さり穴を開けられました。幸い怪我も無くランディングはできましたがズボンは濡らされました。
トップでの初50UPでしたので楽しい思い出の一つですが・・・。

  

こんにちは。フローターフリーク(5年目)です。フローターの世界へようこそ。

最も重要な、安全面(体力・体調含め)など、あまりに基本的なことはネットで検索できますし、もうご存知の内容であるとくどいので経験談を中心にします。

>持っていれば便利な物
“傘”を一つ持っていると便利ですよ。雨避けではなく、移動手段として使います。小さな池なら要りませんが、絶好ポイントに早く着きたいときなど、風向きを味方に帆の代わりにして楽に移動することができます。

また、ロッドスタンドやドリンク...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報