こんにちは!

城山三郎氏もしくは吉村昭氏のファンの方、お二人の素晴らしい点、何故惹かれるのかを教えて下さい。
また、作品の中でも、これがおすすめという著書がありましたら、理由と共にご投稿いただければ幸いです。

わたしは今、城山三郎氏の対談集・「失われた志」という文庫本を読んでいますが、城山氏と吉村氏の対談に心打たれ、今年は城山&吉村 year にしようかと思っています。
お二人の作品は、それほど読んでいませんが、「男子の本懐」と「羆嵐」がいまのところわたしのベストです。

どうぞよろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

 こんにちは、adelaideさん。


 実は氏の作品に凝っていたのがもう10数年前のことで、細かいストーリーまでは覚えていないんですよ。ですからここに回答を寄せるのもかなり悩んだのですが、ま、ひとつご愛嬌ということで…(笑)。
 城山三郎さんの作品にはあまり裏切られた記憶がないですね。初期の頃、No.1でyasuhideさんもご推奨になっていらっしゃいますが、「価格破壊」を読みました。これが実に力のある作品で、安売り王を目指して次々に新しい試みに挑戦していく、後のスーパーDの総帥〇内氏の若き日の姿が活写されていました。挑戦する者の息遣いが実に生き生きと描かれていました。城山さんの作品のよさはやはり徹底した取材力にその源があるのではないかと思います。悲運の総理、広田弘毅を描いた「落日燃ゆ」はもうお読みになりましたか? 政官財の実力者たち、挑戦者たちを描かせると一流ですね、城山さんは。
 渋沢栄一という稀代の実業家を描いた「雄気堂々」もお薦めです。世の中、凄い奴がいるもんだと、当時やや放心状態になったものですが、残念ながら今、細かいストーリーを覚えておりません(ボケの始まり?(^_^;))

>何故惹かれるのかを教えて下さい。

 吉村昭氏は残念ながらまだ読んでないのですが(読みたい作家の一人で、読もうとはしてるんですが(^_^;))城山三郎作品に惹かれるのはやはりそこに色鮮やかに「男の生き方」が描かれているせいでしょうか。また、文章も読みやすい。変に技巧を凝らした小難しい文章じゃないし、かと言って推敲の充分ではない文章ではない。むしろあれほどの読みやすい文章を書ける才能は素晴らしい(ウラでの努力は並み大抵なものじゃないんでしょうが)。また、ストーリー展開も分かり易くていいですね。まぁそれだからこそあれだけの人気を誇っているのでしょうね。

 なんだかとりとめのない文章になってしまいました(いつものこと?)。「雄気堂々」「価格破壊」「落日燃ゆ」。まだお読みでなければ是非お読み下さい。ご期待に添えることと存じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

masatoshi-mさん、アドバイスをありがとうございます。お礼が遅くなり、失礼致しました。

「落日燃ゆ」、まだ読んでいません。
実は、この質問は、文庫「失われた志」という対談集を読んでいて、立ち上げさせて頂く事にしました。
基本的には、あまり対談集というのは好きではないのですが、何故購入し、読んだかというと、対談した相手の中に吉村昭氏がいた為です。
作家としてのお二人に関する評価は、masatoshi-mさんがおっしゃる通りだと感じています。
何と言いますか、文章を変にこねくり回してもったいぶっているような、そういう感じは微塵もないんですよね。
普通なら断られる人物の取材も、「城山氏なら・・・」ということで承諾されることもあるという話は、納得が行きます。

実は、週末から「もう、きみには頼まない」を読んでいます。
この主人公の石坂泰三氏も、すごい人物だと思います。もしまだなら、「失われた志」と「もう、きみには頼まない」、読んでみて下さい。
特に、吉村氏の作品が未経験でしたら、「失われた志」の対談は、吉村氏の価値観を知る事ができ、良い入門編となるかと思います。

余談ですが、昨年、東京・日本橋にある丸善という書店で吉村氏のサイン会があったんですね。午後6時から。仕事は6時まで。ボスに頼んでちょっと抜け出して行って来ました。一冊、一冊、筆ペンで丁寧にサインして下さるんです。
あれもお人柄なんでしょうね。握手してもらおうかと思いましたが、吉村氏のファンは誰もそういう事をしていなかったので、あきらめました。
まだまだミーハーのわたしです。

おすすめの三冊はぜひ読んでみます。

お礼日時:2002/01/21 11:35

私は吉村昭さんの良さは、抑えたトーンだと思います。


医家を描いても、戦艦を描いても、武士を描いても、
過剰ないれこみや構えがない淡々とした筆致が、
そこにある巨大な事実をリアルに、自然の色で見せて下さる。
ハリウッド映画のようにCGや急転直下のカメラワークでなく、
人間の眼に近い「神の眼」(小説の作者の眼は皆「神の眼」で、
カメラワークが違うのだと思っているので…)で見られる。
文章に漂う含羞と品格も大好きです。
小説はまだとても読み尽くしてないので
うっかりお勧めが申上げられないのですが…
随筆もとても面白いですよ。こっちはかなり読みました。
「実を申すと」というちくま文庫の1冊は是非。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

baianさんって、梅安さん?
なんて、またいつぞやと同じ事を考えてしまいました。
アドバイス、どうもありがとうございます。

吉村氏の作品を表現すると・・・「baianさんの文章1行目から8行目をコピー・ベースト」状態です。
手抜きのようで申し訳ないのですが、本当にお上手に表現して下さいました!
そうなんですよね!!!
「羆嵐」にしてもそうなんですが、例えば「磔」などからは、歴史と日本人についてと善悪についてと死についてと、本当に多角的な面から考えさせられ、それが静かに心に響いて来るんです。

「実を申すと」、ぜひ読んでみます。

お礼日時:2002/01/24 13:28

城山三郎さんの「価格破壊」がおすすめです。


内容のおもしろさもさることながら、小説のモデルが現在注目のスーパーDの創始者だと言われていますからよんでみるといいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yasuhideさん、アドバイスをありがとうございます。

「価格破壊」ですか。折も折、タイムリーな作品かもしれませんね。
現在D社に関しては、あれこれと報道されていますが、N氏はやはりワンマン経営者だったのでしょうか?
まあ、その辺の事も、城山氏が冷静に著してくれていると思います。
この時期、ぜひ読んでみようと思います。

お礼日時:2002/01/21 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吉村昭さんの本は何冊ぐらいあるのでしょうか?

吉村昭さんのファンです。
完全読破するにはどのくらいの数の本があるのでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こちらの「吉村昭資料室」が読書ガイドとして素晴らしいものがあります。
http://www.geocities.jp/bunmei24jp/

ここでは、単行本で153作品(文庫・新書本では166作品)となっています。
http://www.geocities.jp/bunmei24jp/itirana.htm

Q楳図かずお氏の作品で。

恐らく昭和45~50年の頃の作品で短編ものなのですが、内容は舞台が団地かマンションで
少年(主人公)が隣の部屋の友人にベランダ越しに誘うか何かで覗くと、隣の部屋の友人の母親が
子供(主人公の友人)を殺害しバラバラにして調理していて、調理した人肉のミートボールを
主人公宅へ「おすそわけ」として持参、主人公の少年の母親が応接して、少年は「この肉は
隣の○○君(氏名失念)の肉だ!」と訴えるも母親は「何を馬鹿な事言ってるの」と取り合わない
振り向く母親の肩越しに隣の母親が物凄い形相で睨む、、、

と、言った内容なんですが、題名、その後「如何なったか?」が思い出せません。
古い話なので、楳図ファンか御記憶の方、教えてください。

Aベストアンサー

昔どこかで読んだはず…と調べてみました。
「おろち」の中の一話、「カギ」かも知れません。
こちらのブログを読んでみてください。
https://ameblo.jp/mythyjack/entry-11204468681.html
http://ameblo.jp/dk8ettf/entry-10131926698.html

Q吉村昭さん 「メロンと鳩」

吉村昭さんの作品「メロンと鳩」の内容はどういったものなのでしょう?  
「メロンと鳩」に収録されている、短編「メロンと鳩」についてのみでよろしくお願いします。

できるだけ詳しくお願いします。

Aベストアンサー

http://bookshelf.co.jp/product_info.php/products_id/41214
処刑を目前にした死刑囚と面接委員との心の交流を鮮やかに描いた「メロンと鳩」

http://hb8.seikyou.ne.jp/home/crystal/tubuyaki/kanwa2006-12.htm
2006年12月15日金曜日。晴。
最初の短編「メロンと鳩」は,死刑囚と篤志面接委員との話である。「かれの妻は,むろんかれが委員の仕事をすることに反対だった。」とか・・・・


いずれもサイトの抜粋ですが、2番目のサイトにかなり詳しく書かれています。ご覧ください。

Q中村うさぎの著書について教えてください

最近、中村うさぎに興味をひかれ
彼女のエッセーを読んでみようと思っています。
そこで教えていただきたいのですが
彼女の著書の中で現在のパートナーとの
結婚のいきさつや結婚生活に触れた記述のある作品を
ご存じの方がいらっしゃいましたら
その著書名を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

該当の内容かどうか分かりませんが
「こんな私でよかったら……」(角川文庫)には
ちょこちょこ出てきたように思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E7%A7%81%E3%81%A7%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E2%80%A6-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E6%9D%91-%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E/dp/4044125201/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1243210712&sr=8-3

Q城山三郎もしくは吉村昭のファンの方へ

こんにちは!

城山三郎氏もしくは吉村昭氏のファンの方、お二人の素晴らしい点、何故惹かれるのかを教えて下さい。
また、作品の中でも、これがおすすめという著書がありましたら、理由と共にご投稿いただければ幸いです。

わたしは今、城山三郎氏の対談集・「失われた志」という文庫本を読んでいますが、城山氏と吉村氏の対談に心打たれ、今年は城山&吉村 year にしようかと思っています。
お二人の作品は、それほど読んでいませんが、「男子の本懐」と「羆嵐」がいまのところわたしのベストです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは、adelaideさん。
 実は氏の作品に凝っていたのがもう10数年前のことで、細かいストーリーまでは覚えていないんですよ。ですからここに回答を寄せるのもかなり悩んだのですが、ま、ひとつご愛嬌ということで…(笑)。
 城山三郎さんの作品にはあまり裏切られた記憶がないですね。初期の頃、No.1でyasuhideさんもご推奨になっていらっしゃいますが、「価格破壊」を読みました。これが実に力のある作品で、安売り王を目指して次々に新しい試みに挑戦していく、後のスーパーDの総帥〇内氏の若き日の姿が活写されていました。挑戦する者の息遣いが実に生き生きと描かれていました。城山さんの作品のよさはやはり徹底した取材力にその源があるのではないかと思います。悲運の総理、広田弘毅を描いた「落日燃ゆ」はもうお読みになりましたか? 政官財の実力者たち、挑戦者たちを描かせると一流ですね、城山さんは。
 渋沢栄一という稀代の実業家を描いた「雄気堂々」もお薦めです。世の中、凄い奴がいるもんだと、当時やや放心状態になったものですが、残念ながら今、細かいストーリーを覚えておりません(ボケの始まり?(^_^;))

>何故惹かれるのかを教えて下さい。

 吉村昭氏は残念ながらまだ読んでないのですが(読みたい作家の一人で、読もうとはしてるんですが(^_^;))城山三郎作品に惹かれるのはやはりそこに色鮮やかに「男の生き方」が描かれているせいでしょうか。また、文章も読みやすい。変に技巧を凝らした小難しい文章じゃないし、かと言って推敲の充分ではない文章ではない。むしろあれほどの読みやすい文章を書ける才能は素晴らしい(ウラでの努力は並み大抵なものじゃないんでしょうが)。また、ストーリー展開も分かり易くていいですね。まぁそれだからこそあれだけの人気を誇っているのでしょうね。

 なんだかとりとめのない文章になってしまいました(いつものこと?)。「雄気堂々」「価格破壊」「落日燃ゆ」。まだお読みでなければ是非お読み下さい。ご期待に添えることと存じます。

 こんにちは、adelaideさん。
 実は氏の作品に凝っていたのがもう10数年前のことで、細かいストーリーまでは覚えていないんですよ。ですからここに回答を寄せるのもかなり悩んだのですが、ま、ひとつご愛嬌ということで…(笑)。
 城山三郎さんの作品にはあまり裏切られた記憶がないですね。初期の頃、No.1でyasuhideさんもご推奨になっていらっしゃいますが、「価格破壊」を読みました。これが実に力のある作品で、安売り王を目指して次々に新しい試みに挑戦していく、後のスーパーDの総帥〇内氏の若き日の...続きを読む

Q荒木惟経氏の写真集を紹介してください

 産経新聞で毎週土曜日の朝刊に連載中の『アラーキーがゆく』に掲載される写真を楽しみにしています。

 撮影の対象は街の風景だったり、人物だったり動物だったりと様々なのですが、写真には全くの素人な私にも心に響くものがあります。

 できれば『アラーキーがゆく』で掲載されていたのをまとめた写真集があればベストなのですが、調べたところでは出版されていないようなのです。

 そこで是非皆様に『アラーキーがゆく の写真が好きならこういう写真集がいいんじゃない?』というのを紹介していただきたいのです。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アラーキーと言えば、僕の場合は「写真時代」の世代ですので、ヌードで知られている写真家ですが、
以前に、アラーキーの他の写真集でお勧めのものがないか質問をされていた方があります。

その方の質問も参考にしつつ、探してみて下さい。

教えてgoo No.566002 質問:荒木惟経氏の著作・写真集のオススメを・・・。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=566002

他には「センチメンタルな旅 冬の旅」や「さっちん」という写真集があります。
ただし、ほぼ絶版になっている可能性があるので、図書館等で見た方がよいです。
ちなみに「さっちん」はアラーキーの初期の作品です。

Q残酷、暗い感じの作品を(小説で)教えてください。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからないもの、読んでて気持ち悪くなるもの)
4、その他
1~2はいいですが3は耐性が全くありません。なので、3の作品を推す人は、比較的にユルいものでお願いします。
↓参考までに好みの作品(アニメやラノベばかりなので参考になるかどうかわかりませんが・・・)

〈アニメ〉
・新世紀EVANGELION(EOE)Air/まごころを君に ジャンル:1 特にAirが好み
・屍鬼          ジャンル:2
・うみねこのなく頃に ジャンル:2 グロシーンがいいです。本編に至ってはアレですが・・・
・エルフェンリート   ジャンル:2
・another        ジャンル:2 
・新世界より     ジャンル:2 少し違うかもですがラストが良かったので。

〈ライトノベル、小説等〉
・イリヤの空、UFOの夏 ジャンル:1 これもまた違う感じですが、こういうのもOKです。
・されど罪人は竜と踊る ジャンル:1 
・クリス・クロス       ジャンル:1
・NHKにようこそ!     ジャンル:1 後半が好きです
・失はれる物語       ジャンル:2 

〈ググった結果気になった作品〉
・ドストエフスキー作品
・村上龍作品
・グロテスク (小説)
・ZOO
・貴志祐介作品
・魍魎の匣
・Sキング?作品
・屍鬼(原作)
・乱歩 「芋虫」
----------------------------------------------------------------------------------
・終わらない夏休み(正直見たくありません)       ジャンルは3かな?
・少女椿     (アニメですが気持ち悪そうなので・・・)    〃
----------------------------------------------------------------------------------
回答者さんのおすすめ作品と、その作品を番号で教えてください。
1~2作品ぐらいお願いします。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからな...続きを読む

Aベストアンサー

夏目漱石作『こころ』『行人』。車谷長吉作『赤目四十八瀧心中未遂』。ラディゲ作『肉体の悪魔』。スタインベック作『ハツカネズミと人間』。フォークナー作『サンクチュアリ』。ジェーン・ブロンテ作「嵐が丘』。遠藤周作作『沈黙』。吉村昭作『ニコライ遭難』。池井戸潤作『空飛ぶタイヤ』。石田衣良作『うつくしい子ども』。川端康成作『十六歳の春』。有吉佐和子作『複合汚染』。吉村昭作『羆嵐』。吉田修一作『flowers』。丸山健二作『夏の流れ』。中上健二作『枯木灘』。金原ひとみ作『蛇にピアス』。S.モーム作『人間の絆』『雨』。多島斗志之作『少年たちのおだやかな日常』。トランボー作『ジョニーは戦場に行った』。菊池寛作『入れ札』。阿部公房作『箱男』。伊藤計劃作『The Indifference Egine』。

伊藤計劃こそ、いつ読むの?、今でしょ!という感じ。

Q池宮彰一郎氏の盗作騒動の詳細を教えてください。

先日、津本陽氏の盗作疑惑がニュースになっていましたが、池宮彰一郎氏も以前に同様な騒動を起こしていると聞きました。
実際にインターネットで調べてみたところ、池宮氏の『平家』と言う作品が吉川英治氏の『新平家物語』に酷似している箇所が散見されるとのことでした。
そして、池宮氏には他の作品にも似たような疑惑があるとのことでした。
そこで、池宮氏のどの作品が、誰の何の作品の盗作と言われているのかを教えてください。
その際、出版社はどのように対応したのか(絶版にした、文庫化の際に改訂した、など)など、そのときの騒動がどのように推移していったのか、なるべく詳細に教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「島津奔る」
http://kuroneko-y.hp.infoseek.co.jp/ikemiya.html

この件はいろいろなページがありますよ。

Q小説が苦手 客観視点でおすすめの作品

小説が読めなくて困っています。
ノンフィクションや実用書は好きですが小説だけ読めません。

純文学からファンタジー、ミステリー、SFなど、
様々な作品にチャレンジしましたが、最後まで読めた本はわずかです。
どんな作品を読んでも途中で飽きてしまいます。

たいていの場合、主人公から見た視点が苦手で感情移入できないようです。
ドキュメンタリータッチの作品か、もしくは特定の登場人物よりは
「人類」や「世界」という視点で書かれた作品はないでしょうか。
最近読みやすいと感じたものは以下の作品です。(小説でないような気もします)

サイモン・シン 『フェルマーの最終定理』
ジャック・ケッチャム 『隣の家の少女』
イタロ・カルヴィーノ 『見えない都市』

無理して読む必要はない、という回答はなしでお願いします。

Aベストアンサー

ドキュメンタリータッチの作風で有名なのは吉村昭の小説。『羆嵐』『戦艦武蔵』など多くの作品があります。

アゴタ・クリストフ『悪童日記』も、心理描写などが一切ないので、質問者さま向きかと思います。

Q「外山ひとみ氏」について・・・・・これは事実ですか

非常に衝撃を受けています!
写真家で著名な外山ひとみ氏が亡くなられたと、2013年11月6日の「Yahoo!知恵袋」の質問に書かれていますが、これは事実でしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116079850 
 

もし事実なら、確実性を求める為にどのような言葉を入力し、PCで検索すればいいのでしょうか。
普通の言葉を入力しても、「Yahoo!知恵袋」に書かれている「外山ひとみ氏他界」のことが、なかなか出て来ないからです。

以前、彼女のある著書の大ファンだったのですが、それが出版されたのは1999年で、以後、外山ひとみ氏について、特に接点はありませんでした。
しかし、「Yahoo!知恵袋」の質問者や回答者達も否定していませんので、いつ逝去されたのかを、どこで検索すれば出て来るのか、是非教えて下さい。
また、逝去されたのは、事実なのでしょうか?

Aベストアンサー

 
『外山ひとみ 写真家』でググルとツイートが出てきます。
 
フェイスブッックの最新に今年の12月15日に病院のクリスマス会に参加した事が出てきます。
 
闘病中とのこと。
 


人気Q&Aランキング