ちょびっツを読んでていくらが疑問があるので教えてください

(1)ちぃの心の中?というかことあるごとに出てくるもうひとりのちぃは、アレはエルダとフレイヤどっちなのでしょう?
(2)「ちぃのできることとできないこと」とありますができないことはわかります。じゃあちぃの「できること」ってなんでしょう?最終巻にも「ちぃのできることが何か知りたい?」という問いに秀樹が「いい」と言った、アレです。
(3)「秀樹がアタシだけのヒトじゃなかったらアタシたちはやらなきゃいけない」っていう台詞ありましたが、アタシたちがやらなきゃいけないことってなんでしょう?
(4)女ドラ○もんって…どういう意味で言ってるんでしょうか?

A 回答 (3件)

(1)フレイヤですねちゃんと秀樹が「フレイヤか?」と尋ねた時に「そうよ」と答えてましたから間違い無い筈です。



(2)全てのパソコンに搭載されている『個体識別プログラム』を破壊することです。

(3)自分達の様に他のパソコン達が悲しむ事が無いように『個体識別プログラム』を破壊することです。

(4)“いざと言う時に助けてくれる便利で頼りになる奴”と言う意味だと思います。たぶん

※『個体識別プログラム』=『顔認証システム』と捉えても構いません技術的には数段進歩した物でしょうが基礎は同じです。
    • good
    • 0

昔読んだきりで記憶があやふやなので(4)だけ回答します。



> (4)女ドラ○もんって…どういう意味で言ってるんでしょうか?
ヲタ向けマンガでよくある「どこからともなく女の子が転がり込んできて一緒に暮らしていく」設定の作品をドラえもんに例えて言っているのだと思います。
    • good
    • 0

(1)ちぃちゃんとよく出てくるのは、フレイヤです。


(2)ちぃちゃんには世界を破壊する力があります。(パソコンを壊すことで。)なので、ちぃちゃんを使えば世界をどうにでもできるのではないでしょうか。
(3)パソコンをすべて破壊することだと思います。
(4)なんでもできる、便利なもの?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちょびっツの疑問

ちょびっツを読んでていくらが疑問があるので教えてください

(1)ちぃの心の中?というかことあるごとに出てくるもうひとりのちぃは、アレはエルダとフレイヤどっちなのでしょう?
(2)「ちぃのできることとできないこと」とありますができないことはわかります。じゃあちぃの「できること」ってなんでしょう?最終巻にも「ちぃのできることが何か知りたい?」という問いに秀樹が「いい」と言った、アレです。
(3)「秀樹がアタシだけのヒトじゃなかったらアタシたちはやらなきゃいけない」っていう台詞ありましたが、アタシたちがやらなきゃいけないことってなんでしょう?
(4)女ドラ○もんって…どういう意味で言ってるんでしょうか?

Aベストアンサー

(1)フレイヤですねちゃんと秀樹が「フレイヤか?」と尋ねた時に「そうよ」と答えてましたから間違い無い筈です。

(2)全てのパソコンに搭載されている『個体識別プログラム』を破壊することです。

(3)自分達の様に他のパソコン達が悲しむ事が無いように『個体識別プログラム』を破壊することです。

(4)“いざと言う時に助けてくれる便利で頼りになる奴”と言う意味だと思います。たぶん

※『個体識別プログラム』=『顔認証システム』と捉えても構いません技術的には数段進歩した物でしょうが基礎は同じです。

QYourEyesOnlyちぃフォトグラフィクスを探してます

講談社から出ているCLANPのYourEyesOnlyちぃフォトグラフィクスをさがしています。
梅田、三宮、阪急川西駅周辺で売っている書店はないでしょうか。おしえてください。

Aベストアンサー

オンライン書店では無理でしょうか? 総額1500円以上は無料です。翌日発送です。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063346706/qid=1117927294/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-9355399-5716225

bk1
http://www.bk1.co.jp/product/2279944

QDearS と ちょびっツ

QNo.1903424:ハマる漫画!!: http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1903424 の ANo.9 の【DearS】の項で
「ちょびっツの模倣作ではないか、という批判もありますが面白いです。」とあり、
【ちょびっツ】に興味を持ったので読んでみました。なお【DearS】は既読です。

読んでみて思ったのは
・【DearS】の骨格は【ちょびっツ】のパクリと言われても返す言葉はない
・【DearS】の肉付は桃種オリジナルで、【ちょびっツ】とは(特に重要な脇役の部分が)異なる
・【ちょびっツ】は落ち(7巻後半~8巻)がしょぼい
・【DearS】は詰めこそ甘いものの許容範囲(8巻)
・個人的には、作品としては【DearS】の方が面白いと感じた、つまり劣化コピーの類ではないと考える。
・双方の発表時期と【ちょびっツ】掲載誌のメジャーぶりから考えて、偶然の類似とは考えにくい
・トータルとして、模倣か影響を受けただけのオリジナルかの判断は微妙

【DearS】の連載当時はこの手の議論とかはなかったのでしょうか?
あったとしたら、どのような意見があったんでしょう?
ネットで探してもアニメネタばかりで、原作の話が見つかりませんでした。

単なる好奇心なので、お暇なときに気が向いた方のご意見などいただければと思います。

QNo.1903424:ハマる漫画!!: http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1903424 の ANo.9 の【DearS】の項で
「ちょびっツの模倣作ではないか、という批判もありますが面白いです。」とあり、
【ちょびっツ】に興味を持ったので読んでみました。なお【DearS】は既読です。

読んでみて思ったのは
・【DearS】の骨格は【ちょびっツ】のパクリと言われても返す言葉はない
・【DearS】の肉付は桃種オリジナルで、【ちょびっツ】とは(特に重要な脇役の部分が)異なる
・【ちょびっツ】は落ち(7巻後半~8巻)がしょ...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの作品も途中までの展開は、俗に言うところの「良くあるパターン」ってやつでしょう。

まぁ【ちょびっツ】は【ぶっとび!!CPU】のエロ無しバージョンにしか見えないですが・・・。

Q花の慶二の原作小説を読んでの疑問

「花の慶二」の元になったという小説「一夢庵風流記」を読んだのですが、
漫画と結構違う点が多くて驚きました。

特に印象に残っているのは

・慶二が微妙に老けている(漫画版より利家と年齢が近い?)
・おふう・岩兵衛が出てこない
・琉球に行かず明(朝鮮だったかな?)に行く
・助衛門の性格が微妙に違う/影が薄い
・佐渡攻めの前の旅の様子が細かく記されている…etc

こういった相違点はどこから出てくるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 漫画化する際の演出でしょう。映画やアニメにするときなどにも良くあることです。
 「一夢庵風流記」は「花の慶次」より先に発表されており、原作者の隆慶一郎氏は漫画化の許可は出してはいたものの、実際に連載が始まる前に亡くなられました。
 本来であれば隆氏の監修が入るべきだったところでしょうけど、そのような理由から原氏と編集部の間でのみ漫画版の検討がなされたのだと思います。
 同様の差違は、同じ原作者の「影武者 徳川家康」などにも現れているかと思います。

Qちょびっツのヒミツ

いまさらですが、アニメ全部見ました。
どーしても気になることがあったので教えてください!


1.ちぃの起動?スイッチがなぜあんなところにあったのか??

2.「ちょびっツ」の意味・語源はいったいなんなのか??
  (なぜ伝説のロボットが『ちょびっツ』と呼ばれるのか)


お手数かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.アニメは見ていなくて原作読者ですが。身体を目的とした人ではない「アタシだけのヒト」を見つけるためです。多分。原作でもはっきりとは言われていませんが、「ここにスイッチがあるからちぃとは出来ないよ。それでもちぃが好き?」とフレイヤ(アニメには出てきていますでしょうか)が言うシーンがあるので。

2.ちぃを作った人が「可愛くて小さいもの」を「ちょび」と呼んでいたのです。ちぃとフレイヤを本当の子供のように可愛がっていて、「ちょびが二人だからちょびっつ。全部ひらがなだとパスワードとして受け付けないから‘つ’だけカタカナ」ということです。

Q「ブラックジャック」を読んで疑問!角膜移植をすると本当に目に焼きついた人の顔が見えるんですか?

手塚治虫の『ブラックジャック』に、角膜移植を受けた女の子が、
「カッコいい男の人の顔が見える!」と言う話がありました。
友達はみんな、「誰もいないよ。」と言います。
知ってる方多いと思いますが、それは殺された女性が死ぬ寸前に見た犯人の男の顔だった、
それが角膜に焼き付いていて死んだ女性の角膜移植を受けた女の子にも犯人の男が見えたという仕掛けなんです。
本当にそんなことが有り得るんですか!?

Aベストアンサー

こんにちは。結論から言えばありえません。
角膜は眼の前側にある膜で、光に感じる作用は全くありません。
光に感じて何らかの変化を残すのは、眼の奥にある網膜の方です。

網膜ならば、すぐに死んでしまった場合、しばらく光の情報(見えた光景)などが、光に感じる色素の分布として残る事はありえます。

角膜は眼の表面を保護するだけの膜ですから、そういう作用はありませんが、角膜移植という手術は広く行われているのは有名です。

この二つをミックスして作った話でしょう。
もし、網膜を移植するとしたら、網膜だけの移植は無理なので、眼球移植になるでしょうが、目の後ろ側から出てる視神経の接続が確実に出来ないので、こういう手術は現在のところ、見えるようにならない可能性が高いと思います。

Qちょびっツ アニメ 漫画

ちょびっツのアニメと漫画は話しが違いますか?

Aベストアンサー

基本的には同じ。
シチュエーションというか演出が微妙に異なるところはある。Aパートの殆どは漫画にはないかな?

たとえば第一話の冒頭ではひできの実家が牧場で予備校に通うため上京したという説明シーンや人形パソコンに対する説明っぽいシーンがありますが漫画にはそれがない。

Q読んで心が温かくなる短編恋愛漫画探してます

題名の通り読んで心が温かくなるような、短編恋愛漫画を探しています
少年、青年、少女漫画問わないので、私はこれを読んで幸せな気持ちになれました
というものがあったらどんどん教えて下さい
よろしくお願いします

既読でお気に入りの作品
谷川史子さんの作品集(くらしのいずみ、他人暮らし、忘れられないなど)
こがわみさきさんの作品(セツナカナイカナ、しあわせインベーダーなど)

Aベストアンサー

谷川史子さんの作品、いいですよねー♪
わたしも「他人暮らし」「忘れられない」読みました

オススメをいくつか。長くなります、すいません。

まず、短編集・・ではありませんが一冊完結のもの。

幸村アルトさん「六百頁のミステリー」
まったくミステリー要素はありません!(笑)女子高生と、主人公曰く「六百頁のミステリーみたい」な図書館司書のかわいい恋物語。各話、有名な小説になぞらえて話が展開されます。

水森暦さん「はじまりのにいな」
主人公は、前世で好きだった人の家の隣に引っ越してきたことで、前世の記憶を取り戻します。そして、もう一度その人に恋をします。4巻までありますが、1巻だけで成立しています。

短編集です。

タカハシマコさん「乙女座・スピカ・真珠星」
かわいらしい絵柄のとおりのかわいらしい話ばかりです。似かよった話もないので、オススメです。

羽柴麻央さん「イロドリミドリ」
恋物語、ですがそれだけじゃない話の詰め合わせ。中学生が主人公の話が多いかな。

村田真優さん「妄想シンデレラ」
絵もお話もきらきらしてる。表題作とほか2作は有名な童話がモチーフ。主人公のタイプがそれぞれ違うので、気に入る話が見つかりやすいかな?

谷川史子さんの作品、いいですよねー♪
わたしも「他人暮らし」「忘れられない」読みました

オススメをいくつか。長くなります、すいません。

まず、短編集・・ではありませんが一冊完結のもの。

幸村アルトさん「六百頁のミステリー」
まったくミステリー要素はありません!(笑)女子高生と、主人公曰く「六百頁のミステリーみたい」な図書館司書のかわいい恋物語。各話、有名な小説になぞらえて話が展開されます。

水森暦さん「はじまりのにいな」
主人公は、前世で好きだった人の家の隣に引っ越してきたこと...続きを読む

Qちょびっツ初回限定版について・・・

最近ちょびっツの初回限定版の三巻を手に入れました。
しかし、一巻と二巻の初回限定版は見つかりません・・・
オークションなどでは見つかるのですが・・・
自分はオークションをすることができません。
そのために通販などで検索しているのですがやっぱり見つかりません。
どなたかちょびっツ初回限定版の一巻と二巻を売っている所を知っていましたら
教えてください・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
初回限定版の2巻なら、最近普通の本屋で見かけました。
ちなみに星野書店(近鉄パッセ店)です。
私が見たのは名古屋の店なのですが、ご近所に同じ本屋さんがあれば取り寄せて貰えるのではないでしょうか?
大手の本屋さんは大量に入荷しますので、まだある所があるかと思います。
頑張って探してみてくださいね☆

Q1,2年前にコンビニで読んだ漫画探してます!

タイトルのとうり、1,2年前にコンビニで読んだ漫画探してます!!
何かの漫画雑誌で読んだことは覚えているのですが、それ以外は記憶にありません(汗)
内容は短編で「女性の主人公が、もうすぐ就職なのにもかかわらず、自分のやりたい事がみつからなっかたので、軽い自分探しの旅に出かけた・・・。」
ってな感じの内容だったと思います。
あと、主人公は本が好きで特に「少女と相棒の喋れる犬が旅をする」物語が大好きでした。漫画の最後に主人公が「この犬は喋れるのではなく、主人公と心が通じ合っているから、犬が喋っている描写で書かれているのだ!!」と気付いていた場面もあったと思います。

Aベストアンサー

済みません・・・(^^;;;
「~私の私の窓~」でした・・・


人気Q&Aランキング