クイズ番組やバラエティの番組で始まるときやCM後に出演者や観客が拍手をしますよね。
あれってどういう意味があるんでしょう。
つまらない質問なんですが、どうしても気になるのでご存知の方いらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も同じ意見で、番組を盛り上げる為の拍手だと思います。


拍手が大きいことにより、自然と出演者のテンションも上がるそうです。
以前、番組観覧のバイトをしていた際、「強く、細かく、元気良く!」を
合い言葉に拍手の練習をさんざんさせられました。
    • good
    • 0

 それらの「拍手」や「笑い声」は、ほとんど「合成」(ミキシング)や、良くても「やらせ」です。

スタジオ観覧者が精々 20-30 人なのが明白なのに、余りにもタイミングが良く始まり、また、終わり、そしてその音も適度に大きく(丁度良く)調整されています。良く聞くと、そのパターンが一緒です。ミキサーの指の動きで、どうにでも調整出来ます。

 ひどい場合は、全くのスタジオ録画(観客なし)の場合でも、グッドタイミングで、間髪入れずに笑いが挿入されています。
 

 
    • good
    • 0

どういう意味があるかといえば、拍手は番組を


盛り上げるための一つの手段なのではないでしょうか?

ただ、あの拍手は出演者も観客も拍手をしたくてしてる
というよりも、拍手をやらされてると言った方が
いいでしょう。

公開番組などにいくと必ず、舞台の隅にADの人がいて
拍手や手拍子などの合図をします。
番組が始まる前に「私が手を上げたら拍手の準備、
手をぐるぐる回したら拍手してください」など言って
拍手の練習までさせます。

番組側としては「拍手」は盛り上げの大事な手段としてることは間違いないと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中居正広の番組について 7月26日に放送された「中居正広のミになる図書館」というバラエティ番組で、

中居正広の番組について

7月26日に放送された「中居正広のミになる図書館」というバラエティ番組で、「ワケあり物件」についての特集がされていました。

その中で「住み続けると気持ち悪くなる部屋」というものが紹介されていたのですが、ある事情でそこの部分だけ見れませんでした。
もし見た方がいれば、どんな物件で、なぜ気持ち悪くなるのかを教えてください。

Aベストアンサー

見てました。ちょうどCMを挟んで理由を発表してましたね。
床が傾いているので、住み続けると平衡感覚がおかしくなって
だんだん気持ち悪くなるんだそうです。
http://datazoo.jp/tv/%E4%B8%AD%E5%B1%85%E6%AD%A3%E5%BA%83%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8/981499

Qバラエティ番組でスタッフ笑いを入れだした頃

90年代あたりから、主に深夜や小規模なバラエティ番組において、スタジオのスタッフがゲラゲラ笑うのを良く聞くようになった気がします。
今となってはありふれた手法になってますが、もしかしてルーツとなる番組・きっかけがあるのでしょうか?
当時はこんないいかげんな作り方していいんだろうかと思ったりしました。フジテレビが一番多いような気がしますが・・

Aベストアンサー

スタッフ笑いが異常に目立ったのは「とんねるずのみなさんのおかげです」あたりだったと思います。それ以前にもドリフターズのスタジオ紺とでも笑いのエフェクト(おばちゃん笑い)をいれたりすることはやってましたが、スタッフの笑いがテレビでめだったのはとんねるずあたりからだと記憶しています。
元々エフェクトの笑いは海外のコメディに多かったので、それをまねしたのがルーツだと思います。日本ではラジオの深夜放送でメインパーソナリティーの相方がスタッフやマネージャーだったりして、その相方がひたすら笑っているだけみたいな構成の番組が多かったので、その影響がテレビに出てきたのではないでしょうか。にっぽん放送~フジテレビへという図式が成り立ちますね。

Qバラエティ番組が多い気がします。

あけましておめでとうございます。

年末年始の休みの間に民放テレビを見る時間が長くなっています。
久しぶりにテレビを見ると、バラエティ番組が多くなってる気がします。
(若いタレントや芸人が簡単なゲームやクイズで長くワイワイやるような内容が特に。)
昔はもっと深い内容の企画なんかが多かったと思いますが。
気のせいでしょうか?こんなものでしたでしょうか?

Aベストアンサー

>>昔はもっと深い内容の企画なんかが多かったと思いますが。
気のせいでしょうか?こんなものでしたでしょうか?

質問者さんが認識されたとおり、テレビ番組の質は、昔に比べて大きく低下しています。
これは、スマホやPCでネットを見る時間は増えたけど、TVを見ない、あるいは、TV自体を持ってない人が増加したため、TV番組のスポンサーがお金を出さなくなったので、番組制作予算が減ったのが原因です。
番組制作予算が減れば、番組の元になる脚本を良いものにできません。また、出演料の高いベテラン・タレントは使えません。ロケのために、地方や国外に行くための旅費が出ません。
また、ロケのときの弁当の質が落ちる、あるいは、弁当が出なくなれば、現場の指揮が低下します。

そして、バラエティ番組は、番組制作費用が安いんです。なので、芸能人どうしが自分たちでクイズやゲームで、ワイワイと楽しんでいる番組が増えているんです。
(なんで、安っぽい芸人どうしがワイワイ遊んでいるのを、私たちがTVで観る必要があるのか?凄く疑問に感じますし、馬鹿馬鹿しくなります・・・)

ちなみにこの年末・年始、私も地上波TVはほとんど見ていません。当然、紅白も観てません。
スカパープレミアムを契約しているので、こちらのチャンネルで録画していたものを観ていましたよ。

たぶん、これからは、まともな番組を見たいなら有料チャンネルを見るしかない時代になっていくのではないでしょうか?

>>昔はもっと深い内容の企画なんかが多かったと思いますが。
気のせいでしょうか?こんなものでしたでしょうか?

質問者さんが認識されたとおり、テレビ番組の質は、昔に比べて大きく低下しています。
これは、スマホやPCでネットを見る時間は増えたけど、TVを見ない、あるいは、TV自体を持ってない人が増加したため、TV番組のスポンサーがお金を出さなくなったので、番組制作予算が減ったのが原因です。
番組制作予算が減れば、番組の元になる脚本を良いものにできません。また、出演料の高いベテラン・...続きを読む

Qバラエティ番組(海外も)のゲームを教えてください!

例えば「東京フレンドパーク」のようなバラエティ番組内のゲーム、海外バラエティ番組内のゲーム、地方番組内のゲームなどを知っていれば教えてください。

あなたが見たことがある番組で行なわれていたゲームでおもしろかったのものがあれば教えていただけませんか?うる覚えでも結構です。
路上、スタジオで行なわれてたものなど問いません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

去年の11月、NHKのBSテレビでほぼ丸1日に渡り、アジア各国のテレビ番組について放送されていました。
その中で、どこの国かは忘れましたが、「借金を返そう」という番組が紹介されていました。
この番組はその名の通り、借金に苦しんでいる人が出演し、出演者の自宅近くで行われるある特定のゲーム(出演者ごとに異なる)に成功すれば、借金を返済できるというものです。

勘のいい方ならお分かりでしょうが、番組の感じが「し○○せ家○○画」とよく似ています。

Qクイズ番組について

素朴な疑問なのですがよろしくお願いします。
クイズヘキサゴン2の山手線ゲームや、
ネプリーグのファイブボンバーなどでよくある問題について。

正解が数百もある問題で、回答者が答えると瞬時に正解音が鳴るのはどういうシステムなのでしょうか。
それが正解かどうかを判断するのには、正解リストと照らし合わせる必要があり、
どう考えても数秒はかかりそうだと思います。

特にネプリーグでは切羽詰った回答者が適当な単語を羅列し、
たまたま正解の単語を口にした瞬間、正解!となるのが不思議でなりません。
どのように正解を判断しているのでしょうか。

自分が考えられるのは、
・タイピングの早いスタッフがパソコンで瞬時に検索
 これでも1秒はかかりますよね…たぶん。
 適当な単語を思い付くままに羅列されたら追い付かなくなると思います。
・専門家が瞬時に判断
 いろんな問題がある中でそれぞれ専門家を呼ぶというのは無理があるかな…w

編集という可能性も考えましたが、そうは思えない場面もけっこうあって。

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

素朴な疑問なのですがよろしくお願いします。
クイズヘキサゴン2の山手線ゲームや、
ネプリーグのファイブボンバーなどでよくある問題について。

正解が数百もある問題で、回答者が答えると瞬時に正解音が鳴るのはどういうシステムなのでしょうか。
それが正解かどうかを判断するのには、正解リストと照らし合わせる必要があり、
どう考えても数秒はかかりそうだと思います。

特にネプリーグでは切羽詰った回答者が適当な単語を羅列し、
たまたま正解の単語を口にした瞬間、正解!となるのが不思議で...続きを読む

Aベストアンサー

 ネプリーグの舞台裏を紹介した番組を見たことがあります。パソコンを前に正解とか間違いとかの判断をプロデューサーが行っていました。
 クイズ王が問題制作、管理をしているとも聞きます。

 ちょっと確認しないといけないときは、一旦正解かどうか判断し、後で訂正する場面もありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報