急にアンプを修理することになり、6L6GCを交換することになりました。
ところが、一時期あんなに見かけていたのに、お店を探してもみつかりません。
できれば、ペアチューブがなるべく安く欲しいのですが、通販とかあるのでしょうか?(住んでいる場所は広島市内です)
ご存知の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ロシア製でペア3,000円からありましたよ。


通販もやってますよ。

一度、アキバの店ものぞいてみてくださいな。

下のURLの「MENU」から「CHINESE&RUSSIAN」をクリックすると価格表がありますよ。アメリカ・ヨーロッパ製のところにもいろいろありましたよ。

参考URL:http://club.pep.ne.jp/classic/open.htm

この回答への補足

送金して次の日には届きました。20年間使ってきたギターアンプが復活しました。ElectroHarmonics製はこれまで使っていたUSA製より一回り大きく、プレートもしっかりしていました。
ありがとうございました。

補足日時:2002/01/26 19:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい!
ペアで1万円は覚悟していたのですが・・・
今後のことも考えて、早速2セット注文しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 18:28

この回答への補足

おかげさまで直りました。またよろしくお願いいたします。
教えていただいたURLはまた参考にさせていただきます。

補足日時:2002/01/26 19:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構通信販売もされているんですね。
なかなか検索しても見当たらなかったんです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6l6GCとの互換性

ギターアンプで現在6l6GCを使用しています。
アンプを買ったときに、6l6WGBがおまけ?でついてきました。
これはこのまま自分で差し替えて使って良いものなのでしょうか?
色々サイトを見ると、バイアス?とか調整をいう言葉を目にするのですが・・・
まったくの素人なので、お詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

補足への回答です。
>さほどとは、長時間仕様しなければ、という意味でしょうか?
 全く違います、真空管はタフな増幅器なのですよ。

ギターアンプは歪み系の音が主流ですから、音質よりパワーが要求されます。
さらに共産圏製造の真空管は品質がバラバラで、オーディオ用としては、日本製
の真空管と比べると、とても使用出来る物ではない物でした(現在でも変わりません)
逆にこの事が歪系のアンプにはよろしかった見たいで、エリック・クラプトンなどの
指示を得て、真空管が生き残った経緯が有ります。

「さほどと」と回答したのは、
・ギターアンプだから元々音質重視の設計でない。
・共産圏製造の真空管だから、バイアス調整など徒労の努力。
・真空管はタフで少々の亊では破壊しない(特に東芝製の6L6GCは頑丈でした)
以上の理由で交換しても、OKと回答しました。
プッシュプル回路なら2本交換です。

今は真空管が高価格なのに、おまけ??

Q今使用しているアンプ6L6GC PPアンプ

僕は「5881」と「6L6GC」を挿し替えて音楽を聴きますが
アンプ自体は2本の真空管を挿し替えて聴くことが出来ます。
(「6L6GC」の真空管にたくさんの種類がありますが)
これ(上記)以外の真空管を挿しても問題はありませんか?


「6L6」シリーズはいくつか種類がありますが、それを
挿すことが出来ますか?

初歩的な質問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

↓ここの一番下の方にまとめて書いてあります。
http://www.geocities.jp/brabecaudio/tubes/tubes4.htm

したがって、そのまま挿し替えられるのは6L6GCと7581・7581Aのみとなります。
 ※米国製の5881は定格オーバーとなる可能性があり、挿し替え不可です。

但し、旧ソ連時代に設計されたロシア管は、米国管の規格にきちんと当てはまらない物が多く、命名がかなりいい加減です。
(旧ソ連6L6GC細管は米国の5881程度の定格しかない)
旧ソ連管で6L6GC相当で使える球は、5881W(ベースが大型で段付きの物)だけのはずです。
 ※ロシアになってから設計された球(6L6GC太管等)は、概ね品番どおりの定格と考えて大丈夫です。

また、6CA7(EL34)も6L6GCと同じくらいの定格ですが、挿し替えるには調整(と小改造)か必要になります。

Qギター チューブアンプ(AGA4-AT)のハム音

コンパクトなフルチューブのアンプを購入したのですが ブゥ~ン という音(ハム音?)
が出るのでいろいろとネットで調べて試したのですが効果なくハム音が小さくなりません。
ボーリューム上げるとハム音も大きくなります。
ボリューム0 他のつまみも0 シールドも接続しないで 他の電化製品全て
コンセントから抜いて 蛍光灯も消しても ハム音が3m先で確認できます。

機種はVOX AGA4-ATと言うウクレレにも良いと書いてあるアンプを新品で購入しました。

VOXの修理サービスさんは本社から比較用に送られた同じ機種とくらべてもハム音は同じだから
ボーリューム0でも3m先で聞こえるくらいのハム音の出るチューブアンプの仕様ですよとのお返事なのでこのまま使うしか仕方がないので、ハム音をもう少し小さくできる方法はないでしょうか。
VOX AGA4-AT を使っておられる方やコンパクトな
チューブアンプご利用の方でなにか良い対策をご存知の方が
おられましたらアドバイスを お願いいたします。

Aベストアンサー

補足回答への回答?です。
修理にだされたのなら、完治して戻って来ると思いますよ。
原因は、#1さんの回答の中で、電源部が一番怪しいです、修理のプロなら
直すのは、容易な部位ですので、完治の可能性が大です。

ハム音を在庫の製品と比べて見る、などのレベルではなく、ハム音が出る事が
不良なのですよ、メーカーも不良品を出荷するとは、考えずらいのですが・・・
輸送中に不具合箇所が、顔を出す事はあります、所謂、初期故障と呼ばれる、
類です。

再び、アンプを購入する機会が訪れたら、安物のチューブアンプはよしましょう。
ヨーロッパの旧共産圏で作られている真空管は特性のバラツキが大きく、アンプの
自作マニアには、手を出しずらい物になりました、中華製の真空管は、価格が安い
のが魅力ですが、とても使用するきにならない代物です。

トランジスタアンプの方が同じ価格なら、出力も大きく、性能も格段に上です。

完治して、戻って来ると、宜しいですね。

Q熱圧縮チューブを探しています。

透明の熱圧縮チューブを販売しているサイトを探しています。
どなたかお知らせ願えませんでしょうか?

住んでいるところが、田舎なのでなかなか手に入らないのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「収縮チューブ」で探して下さい。

Qチューブギターアンプ、真空管の断線

現在、メサブギーのチューブアンプを所有しております。

一般的なチューブアンプについての質問ですが、真空管が断線した場合、
パワー管であれ、プリ管であれ、一本だけの断線でも全く音はでなくなるのでしょうか?
私のアンプの場合、パワー管2本、プリ管5本という構成ですが。。。

現在特に不具合はなく、単純な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Power 管が 1 本壊れると出力が低下して歪みます。・・・正常な動作ではありませんので Effector の Distortion とは違って良い歪み方にはなりません。

既に回答がなされていますが、Power 管を 2 本使っているということは + 側と - 側を別々の真空管に受け持たせる Push Pull 構成になっているのでしょう。

Pre' 管が 1 本壊れても、殆んどの場合は音が出なくなる筈ですが、数本が壊れても音が出る製品もあり得ます。

MESA BOOGIE の場合、例えば MINI Rectifier 25 Head では Gain、Treble、Mid、Bass、Presence、Master の Level Controller がありますよね。

このうち Treble、Mid、Bass、Presence は Tone Controller なのですが、各々 Control する周波数が異なりますので、各々の Controller 別に Pre' 管 1 本を割り当てた回路構成になっているのだろうと思います。

最後の 1 本は Power 管を Drive するための Driver (増幅管) でしょうね。

真空管 Amplifier では Power 管に充分な信号電圧を送り込めるように配された Pre' 管のことを Driver と呼びますが、要は Pre' Amplifier 管です。

使用されている ECC83 Pre' 管は双三極管と呼ばれる 2 Channel 管ですので、MINI Rectifier 25 Head には 2 系統の Controller が独立して装備されています。

この Tone Control 回路が Treble から Presence まで直結されている直列配置になっているようであれば、どの 1 本が壊れても回路が絶たれてしまいますので、音は出なくなります。

直列配置ではなく、Center Click Point で Defeat (Through) するような回路になっているのであれば、Pre' 管が壊れた箇所の Tone Controller を Defeat 位置 (Center Click 位置) にすることにより、絶たれた回路を迂回して信号が流れることになりますので、音は出ます。・・・でも、 MINI Rectifier 25 Head の写真を見る限りは直列っぽいですね(^_^;)。

なお Audio 用の Amplifier は様々な機器を AUX 或いは Line 入力に接続することから、接続する機器との Impiedance Matching を取るために Buffer Amplifier と呼ばれる回路を持たせるものですが、Guitar Amplifier の場合は接続する機器が Electric Guitar などの電子楽器と決まっていますので、入力回路は High Impedance 回路であれば良く、Buffer Amplifier 回路は省略しているだろうと思います。・・・なので 5 本の Pre' 管のうち 4 本は Tone Control 回路、1 本は Driver 回路用でしょうね。

また、MINI Rectifier 25 Head であるならば Power 管は EL84 を Class A/B Mode で 2 本用いて最大 25W の出力となっていますので、Push Pull 構成ですね。

素敵な Audio Life を(^_^)/

Power 管が 1 本壊れると出力が低下して歪みます。・・・正常な動作ではありませんので Effector の Distortion とは違って良い歪み方にはなりません。

既に回答がなされていますが、Power 管を 2 本使っているということは + 側と - 側を別々の真空管に受け持たせる Push Pull 構成になっているのでしょう。

Pre' 管が 1 本壊れても、殆んどの場合は音が出なくなる筈ですが、数本が壊れても音が出る製品もあり得ます。

MESA BOOGIE の場合、例えば MINI Rectifier 25 Head では Gain、Treble、Mid、Bass、Pr...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報