このカテゴリーでいいのか疑問ですが、質問させてください。
あの新潟の9年に及ぶ女子監禁事件の判決がありましたが、みなさんはどう思われますか?
あの事件は、本当に信じられなくて、とてもショックを受けました。ご本人もその9年間は地獄だったと思いますが、大事な少女時代、思春期を奪われた両親も本当に悔しいと思います。私はあの事件を思うたび、恐ろしいやら悔しいやらで涙が出てしまいます。
14年でも軽すぎると思います。戻らない9年間の償い、犯人はどのように考えているのでしょうか。
私の世代では当たり前だった、家族一緒に食事をするということが、まったくなくなっているケースが多いみたいですね。家族ってなんだろう・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

昨日、テレビでやってたのですが、14年という刑の内訳は



・監禁罪(少女の監禁)の最高刑期・・・10年
・窃盗罪(確か下着を2000円弱)・・・監禁罪との併合罪ということで主となる罪(この場合は監禁罪ですね)の最高刑期の半分で5年

となるそうです。何故、15年が14年になったのか詳しい経緯は私は存じませんが、現行の刑法で罰することができる最高刑期に近い判決と言えるのではないかと思います。(普通に考えれば2000円の下着の窃盗だけで5年ってのは重過ぎますよね。)

確かに感情的には14年ということで納得できませんよね。私も同感です。この事件はやっぱり特殊なケースであったと私は思います。監禁という行為が被害者の人格まで殺しかねないということを誰も想定して無かったし、できなかったと思います。

ただ、このケースが特殊特殊と連呼するのではなく、時代に伴い多様な犯罪が生まれてくるでしょうから、その都度、国民感情と合うよう刑法を改正していかなければならないと思います。


では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。刑法改正って、なかなか難しいんでしょ?私は以前、ネットでの嫌がらせで訴えたことがありますが、法整備がぜんぜん実情に追いついていなくて、驚きました(刑法ではコンピュータはいまだに「電子計算機」でしょ、電卓じゃあるまいし・・・)。
本当に、凶悪で残酷で、信じられない事件が多発していますね。
人にされて嫌なことはしない、というモラルはどこにいってしまったんだろう。
人権をふみにじる行為には、ひどく敏感に反応してしまいます。

お礼日時:2002/01/23 19:21

まあ妥当なのでは?


あと、控訴されたのでこの判決は確定しません。
    • good
    • 0

 はじめまして、こんにちは。


この事件のことを耳にするたび、言い様のない不安や怒り、悲しさを感じます。
 崩壊した家族である犯人が、幸せな一家の愛されて育つべき少女の大切な十年近くを奪って、その他の家族にも想像もつかない程の苦しみを与えた‥‥。
何ともやりきれないし、理不尽さを感じます。
 今回の刑期については、考えたくはないのですが、もしもっと長い間、15年、20年も監禁が続いていて発覚したとしたらその年月より最高刑の懲役が軽いということになりますよね?
 絶対に納得がいきません。
 事件がおこるといつも犯人の人権や更正が強く言われますが、そんなことより(←あえて、こう言います)被害者や、その家族の立ち直りや保護(他に良い言葉があると思うのですが)に何倍も力が入れられるべきだと思います。
 そして、何とかこうした悲しい事件が起こることのないように、せめて家族や友人や親しい人たちで考えを話し合ってみることが大事なように私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
コミュニケーションをとることが苦手な若者が増えている気がします。何か、末恐ろしくなりますね。被害者の方の社会復帰がはやくできるよう、祈るばかりです。本当に、くやしい・・・。

お礼日時:2002/01/28 16:27

娘を持つ親としてあの事件は・・・・・・・言葉に表せません。



犯人が逮捕されて監禁罪と聞いたときに「何で!」と周り中にわめき散らしひんしゅくをかいました。
だってそうでしょう?どうして誘拐じゃないんですかあれが。親の身にすれば小学生の子供を誘拐された以外の何なんですか。

あの時あんまり頭に来たので、警察に電話して聞いてやったんです。みんな逃げ回ってかなりエライ人の所まで電話が回されましたが、結局はぐらかされてチョンでした。

「未成年者略取&誘拐」だったら罪はもっと重かったはず。もちろん死刑の判決だって喪われた時が取り戻せるワケじゃないけど、少しは慰めになるは。

母親にもものすごく憤りを感じました。「あなたがそんなだから、ろくでなしの息子が育ったんでしょう、責任取りなさい。」と胸ぐら掴んで怒鳴り散らしたいです。
一歩譲って育て方の責任までは取れないにしても(成人しちゃってるから)、放置していた責任は本当に無いのでしょうか、66才は人間としての分別をしっかり持った年齢であり、衰えてはいない年齢でもあります。おかしいと感じたなら、自分は怖くとも誰か知り合いとか、公務の方とかと一緒にあの部屋に入ることを考えなかったんでしょうか。
でも母親に量刑かけることはできないんですよね、今の法律では。

やりきれない事件が起きる度に、加害者の人権ばかり擁護する今の司法に世情との遊離を感じる話はマスコミでも取り上げられていますが、いつになったら修正されるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。同感です、どうして誘拐に当てはまらないのでしょうか?拉致というのは、誘拐と同じですよね。私も納得できません。

お礼日時:2002/01/28 16:22

>みなさんはどう思われますか?



日本の法律体系から考えれば、検察の求刑は英断だった・・という評価を支持します。裁判所の判断は、今までと同じように個性のないもの(将来的にもっと悪辣な犯罪があったときのために余裕を残すという考え方)だとも思います。しかし結果からいえば民情を考えれば少なすぎるでしょう。
昨今のように法律の想定する内容よりも飛びぬけている犯罪が増えてきた状況を考えた場合、法律で刑期の範囲をあらかじめ定める方法よりも、法律は有期か無期(死刑も含めて)のみを定め、検察が社会の要請にあわせて求刑する刑期を設定する方式のほうがよいように思います。

>戻らない9年間の償い、犯人はどのように考えているのでしょうか。
何も考えていないでしょう。そもそも考えるような人間であればしないですって(笑)。

>家族ってなんだろう
あまりに深い内容なので書き込みません。
    • good
    • 0

娘を持つ親として衝撃的な事件でした。

同時に同居していた親には何の責任もないのかと疑問に思いました。一緒に住んでいて9年間も分からなかったとは・・・
10年ほど前の女子高生コンクリート詰事件を思い出しましたね。
犯人は反省していないといったことも報道されていましたし、14年で犯人が更正してくれることを祈るばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も、犯人の親の責任は、と考えました。一緒に居て何も知らないというのは、信じられません。彼女も、被害者の御両親の心情を考えてほしいですね。

お礼日時:2002/01/28 16:19

私もあの事件にはなんとも言えない気持ちがあります。


9年と2ヶ月というとても長い時間を、それも子供から大人の女性へ成長する大事な過程での貴重な時間を、たった一人の変質者のせいで失われてしまうなんて、とても許せることではないですよね。

でも「14年の実刑」判決は、現行法でのせいいっぱいのものだったようです。
それも、拉致・監禁での実刑は本当なら10年が最大なんですが、これでは被害者の女性の監禁期間とあまり大差がなくなるとし、検察側が考えたのは容疑者が監禁の過程で起こした窃盗事件を含め、ようやく15年という求刑ができるようになったようです。

昨日の判決を報じたニュース番組で特集していて、この実刑判決のことをコメントしていたある弁護士は、「拉致・監禁の最大10年というのは、すぐ解放される短期間を念頭にしたものなので、今回のような長期のそれも異常な性格のものは、別物として無期懲役にするくらいの改正法の整備が必要だ」と言ってます。
私もこれくらい当然だと思ってますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も、無期懲役にしても足りないくらいと思っていました。
御両親とご本人のこと考えると、本当につらいです。

お礼日時:2002/01/23 19:24

僕も14年という判決は短すぎると思いますが、いつも凶悪な事件が起こるたびに、その人間を作り出した社会や親の存在(特に父親)が気になります。

事件を起こしたのは確かに大人ですが、どんなに大きな罰を科しても、償えるものではないし、こういう事件が起こる背景を考えなければ何も解決しないと思います。法律で事件を起こした犯人の親にも責任又は刑罰を科すようにすれば、少しはまともな人間に育てようと努力するのではないでしょうか?宅間容疑者の父親や、様々な事件に関連する親達の態度に、常々腹立しく感じています・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>こういう事件が起こる背景を考えなければ何も解決しないと思います。
本当に同感です。

お礼日時:2002/01/23 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渋谷の少女監禁事件の犯人はなぜ自殺したのでしょうか。

動機は何でしょうか。
推測でもかまいませんので色々ご意見をお聞かせください。

(ヒヤカシやいたずらっぽいご回答はご遠慮ください。恐れ入ります。)

Aベストアンサー

もともと死にたがっていたようです。
監禁事件の犯人が自殺したのではなくて、自殺したいと思っていた人が死ぬ前にどうせ死ぬのだからということで監禁事件を実行したのではないでしょうか。

Qこの事件の被害者両親やら…、何者?クレーマー?

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140417/waf14041714210028-n1.htm

これに似たような事例の記事をちょくちょく見かけます。
その都度、なんか情けなさを感じます。
日本人も劣化したなと。

そりぁ、可哀想過ぎて同情すべき事態で、それはそうで十分理解しています。
で、その上で、こんな行動してしまったら、人格やプライドやらが地に落ちるだけでしょ、と思ってしまいます。

(1)この両親やら遺族達は何が目的なのですか?
(2)過失致死罪の67歳の男に対してどうしてほしいのですか?
(3)7,300万円程度の金が欲しいのですか?
(4)具体的にどんな謝罪の言葉が欲しいのですか?
(5)死刑にしろと本気で主張するのですか?
(6)例えば切腹でもして自ら命を絶てば納得なですか?
まだまだありますが、きりがないのでこの辺にしておきますが。

そして、これがまた解らないのですが、この原告達、両親までは解りますが、5歳の妹、祖父母の4人、何コレ?

しかも、この事故を起こした男が勤務していた会社までもを訴える!使用者責任があるから?

もう訳が解りません、ので教えてください。

こりぁイチャモンつけてるだけではないですか。
ここ最近頻発しているヘビークレーマー、それもスーパーヘビークレーマー、と一緒でしょ、と確信する人達が多いです、実際には。

で改めて、何者なのですか?この人達は?真の目的は何なのですか?
教えてください。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140417/waf14041714210028-n1.htm

これに似たような事例の記事をちょくちょく見かけます。
その都度、なんか情けなさを感じます。
日本人も劣化したなと。

そりぁ、可哀想過ぎて同情すべき事態で、それはそうで十分理解しています。
で、その上で、こんな行動してしまったら、人格やプライドやらが地に落ちるだけでしょ、と思ってしまいます。

(1)この両親やら遺族達は何が目的なのですか?
(2)過失致死罪の67歳の男に対してどうしてほしいのですか?
(3...続きを読む

Aベストアンサー

難しいですね。これは。


人命を奪ってしまった事故を被告は起こしてしまったのですから、刑罰に処されるのはもっともなことです。
しかし、禁錮2年、という刑罰は、それほど重いものではないと思います。
1、2審では、執行猶予が認められなかったようで、上告中のようですが、被告の立場になって考えてみたとき、ここまで裁判を長引かせる理由がいまいち掴めません。
もしかしたら、90歳を超える高齢の親の介護があるから、親を看取るまでは執行猶予がほしい、とかなのかもしれません。
また、仮に被告が、1、2審の判決をすぐに受け入れたとしても、被害者の両親は「刑が軽すぎる」と控訴したかもしれません。
おそらく、被告も原告も、どちらも間に弁護士を挟んでいるとはいえ、泥沼の感情的な対立になってしまっているんでしょう。


「もしかしたら」「かもしれない」といったことばかりになってしまいましたが、
しかし、車の運転にも絶対はないですから、仮に、被告が注意を徹底していたとしても、絶対に事故が起きなかった、とは、実は誰も断言はできない。
ゴールド免許であるからといって、絶対に事故を起こさない・違反をしない人とは言えないのと一緒。
どんなに誠実かつ優秀な人でも判断があやふやなときもあるし、まして車という、自分の身体のみではなく機械の操作をしていたのだから、機械も「絶対に安全」とは言えず、そして、これは事故であり、故意に起こした殺人事件ではない。

いくつか、この事故・事件に関するwebサイトを見ましたが、
「幼い6歳を殺した犯人に厳罰を!」などと、ちょっと穏やかならない言葉を並べる弁護士のブログなどもありました。
これはもう、甚だおかしい。
確かに、注意を怠った運転をした被告の過失は悪いです。故意ではないけれど過失は大きな罪です。
ただ、罪と悪人は別。俗に言う、罪を憎んで人を憎まず、というもの。そして、裁かれるべきは罪であり、その罪を償うのが人。
泥沼化した原因は、被告の人間性・個人性を剥奪し、被害者遺族の感情ばかりが強調され、それに同調する周囲により「悲劇のストーリー」が加速していっているのですね。
質問者さんと同じく、被害者および被害者の両親などに対しては、可哀想過ぎて同情も及ばないほどです。
7,300万円を得ても、どんなに被告が謝罪しようとも、被告が死によって罪を償ったとしても、奪われたもの・失ったものは返ってこないのですから。

ですが、大切なものを奪われた・失った被害者遺族が、今度は、奪う側に回った。
これはもう、他者が同調すべきことではないし、同情もできない。
交通事故を起こした被告から、何かを奪えたとしても、交通事故そのものはなくならない。
弁護士、交通事故遺族会などの周囲が同調し被害者遺族を煽ったところで、また、過失運転の厳罰化がなされたところで、事故の起こる確率は減っても、事故がなくなるわけではないです。


>何者なのですか?この人達は?
ごく普通の人たちです。

>真の目的は何なのですか?
永遠に晴れない憂さ晴らしだと分かっていながら、後に引けなくなったから続けているのです。
もう、何が目的か、などなく、よってたかって周囲も遺族も、「悲劇のストーリー」に自らを巻き込んでいっているんです。
この状態もある意味で、不注意による事故であり、過失でしょうね。車ではなくて人の心理の。


僕には、遺族らも、交通事故遺族会などや弁護士なども、みんな一緒に思えます。それと自分も。
交通事故は嫌だ、刑が軽い、などと訴えつつも、今日も車の運転中に音楽を聴いて、飲み物を飲んで、助手席の人と話をして、前を走る遅い車に少し苛立ち、視線は一瞬カーナビに移る。
そのときうっかり、一時停止を見忘れてしまい、春の交通安全運動で張ってたパトカーに呼び止められ、違反金が高すぎる、と不服に思い、そんなところで見張ってる警察を疎ましく思う。

極論、もう、そのどれかに該当した時点で、みんな被告と一緒なんですよね。事故を起こさずとも。

難しいですね。これは。


人命を奪ってしまった事故を被告は起こしてしまったのですから、刑罰に処されるのはもっともなことです。
しかし、禁錮2年、という刑罰は、それほど重いものではないと思います。
1、2審では、執行猶予が認められなかったようで、上告中のようですが、被告の立場になって考えてみたとき、ここまで裁判を長引かせる理由がいまいち掴めません。
もしかしたら、90歳を超える高齢の親の介護があるから、親を看取るまでは執行猶予がほしい、とかなのかもしれません。
また、仮に被告が、1...続きを読む

Qダムやら整備新幹線やら。

民主党、選挙の時と全く逆の政策になっちゃいましたね。
群馬だかのダム。
いらないと聞いていたんですけど、
やっぱりいるんですか。
消費税を、
「絶対引き上げるぞ、エイエイオー」
みたいな感じで、
政治生命をかけて、
不退転の覚悟で、
国民から金を取り上げようとしているドジョウさんですけど、
この、
消費税率引き上げって、
こういう公共事業に使いたいんですかね。
僕は消費税を無駄に使われるくらいなら払いたくないんですけど、
どうやって払わないようにすればいいんですか。
お店に説明して消費税分を払わないように出来ますか。

Aベストアンサー

> お店に説明して消費税分を払わないように出来ますか。

いちおうできます。裁判所に消費税分の金額を都度供託をすることで、税金を支払わずにおくことはできます。
ただし、脱税は懲役刑のある犯罪なので収監を逃れるためには国との裁判に臨むことになります。頑張ってください。かつて、税金が戦争に使われることに異をのなえるために税金を支払わずに懲役刑になっても頑張った人たちはいますから。

Q監禁時間はなぜ1年前?

最近犯人が逮捕された少女監禁事件ですが、あれは1年前の話なんですよね?

なぜ今頃逮捕されたのでしょうか???

Aベストアンサー

 今までにも、回答がでているようですが、
  事件発生
から
  被害の届け出
に時間的な空きがあった。
 また、被害の届け出以後の事件の証拠等をそろえる時間が必要であった。
 被疑者(犯人)の所在確認と確実に逮捕できるまでの捜査をする時間が必要であった。
 以上3点が挙げられると思います。
 犯人の居所が分かっても、ある程度犯人の行動を確認して、逃げられないようにする必要があるので、即逮捕しなかったのではないでしょうか。

Q亀井氏「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判

『亀井金融担当相>「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判』
講演会で、「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、(大企業が)日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ」と述べ、日本経団連の御手洗冨士夫会長に「そのことに責任を感じなさい」と言ったというエピソードを紹介した。御手洗会長は「私どもの責任ですか」と答えたという。
「昔の大企業は苦しい時に内部留保を取り崩して下請けや孫請けに回した。今はリストラだけをしている」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091005-00000108-mai-bus_all

亀井氏の指摘は、リストラにあった人の家族が貧困になり、自殺などが増加していることを指していると思うのですが、
殺人も関係するのでしょうか?
それとも「人間を人間として扱わなくなった」企業倫理が、従業員にも影響を及ぼし、ひいては家庭内教育、人間形成にも同様の影響を与えていると考えているのでしょうか?
リストラは欧米では古くから行われていることで、さほど問題になっていないと思いますが。

『亀井金融担当相>「家族間の殺人事件増加」で経団連を批判』
講演会で、「日本で家族間の殺人事件が増えているのは、(大企業が)日本型経営を捨てて、人間を人間として扱わなくなったからだ」と述べ、日本経団連の御手洗冨士夫会長に「そのことに責任を感じなさい」と言ったというエピソードを紹介した。御手洗会長は「私どもの責任ですか」と答えたという。
「昔の大企業は苦しい時に内部留保を取り崩して下請けや孫請けに回した。今はリストラだけをしている」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2009100...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、家族内での殺人事件の率が、殺人事件の2件に1件以上という高い率になっているのは間違いありません。

ただ、これは、家族内で殺人をするようになった、というよりも、家族以外の人間を殺すパターンが減った、という方が大きな理由になります。
日本の殺人事件件数は2007年に1199件と戦後最低を記録しました(なお、この件数には予備・未遂が含まれるため、実際に死んだ人はさらに半分程度まで減ります) 2008年は少し増えましたが、それでも1300件です。
1960年代には年間3000件を超えていたわけですから、件数そのものが激減しているわけです。

元々、殺人の被害者と加害者というのは顔見知りによるものが大多数を占めます。ご近所さん、恋人、職場、そして、家族…などなど…。
その中でも家族というのは、法的にも、社会的にも、そうそう簡単に切り離すことができません(例えば、隣人が嫌なら引っ越すなどが出来ますし、同僚や上司が嫌なら会社を辞めれば、となりますが、家族はそう簡単に切り離せません) ですから、社会の人間関係が希薄になったとか何とか言っても、深い関係が続き、故に殺人などの減少が他と比べて少なくなります。そのため、殺人の中における家族間殺人の比率が増加したのです。
分母そのものが減っているわけですから、悪いこととは言えません。
また、親が生まればかりの子供を殺害する「嬰児殺」などは順調に減少を続けており、件数そのものも決して増えているとは言えません。

なので、亀井氏の主張はちょっと的外れです。
いや、安定した雇用などを求める、というのは良いのですが、その口実として勝手に家族内殺人を増やさないでもらいたいですね。

確かに、家族内での殺人事件の率が、殺人事件の2件に1件以上という高い率になっているのは間違いありません。

ただ、これは、家族内で殺人をするようになった、というよりも、家族以外の人間を殺すパターンが減った、という方が大きな理由になります。
日本の殺人事件件数は2007年に1199件と戦後最低を記録しました(なお、この件数には予備・未遂が含まれるため、実際に死んだ人はさらに半分程度まで減ります) 2008年は少し増えましたが、それでも1300件です。
1960年代には年間3...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報