むかしたしか「エースをねらえ!」というテニスの話しの漫画があるということをしりました。
いちど読んでみたいとおもっているのですが、なかなか本がみつかりません。
また、どのような話しというのもあまりしりません。
どのようにすれば買えるのか、というのとこの漫画の話を知っているひとはなるべく詳しくおしえてください。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

コミックの入手のしかたは、他の方が回答されているので、話の内容を。


泣けます、何度読んでも。でも、高校生としてはあまりに立派すぎる人達も出て来ますが、深く気にせず読みましょう。

主人公 岡ひろみが、テニスの名門校に入り、ずぶの素人ながら宗方仁というコーチに見い出され、世界に通用するテニスプレーヤーになるまでの話です。

もともと連載は
第一部:無名だったひろみが、色々な試練を乗り越え世界への足がかりをつ 
 かんで世界レベルの大会に旅立つ。しかしそこで宗方コーチはひろみに夢
 を託しながら病で他界する。
第二部:宗方コーチの親友桂コーチと出会い、宗方コーチの死から立ち直り 
 さらに人間として、またプレーヤーとして成長する。
という形を、一つのストーリーとしてコミックにしてあると思います。

その中でひろみは、二人のコーチを始め竜崎麗華(有名なお蝶夫人)や、緑川蘭子(宗方コーチの腹違いの妹)、藤堂さん、尾崎さんなど、多くの人とかかわっていきます。藤堂さんは、ひろみを心から愛し支える素晴らしい男性として描かれています。コーチ以外の上に挙げた人々は、ひろみと1歳ほどしか違わないのですが、テニスプレーヤーとして、また人間としてすごい人たちです。冷静に考えると、たかが高校生くらいで、こんなのありかなぁ、と思ってしまいますが、入り込むともう止まりません。

最終的に、スポーツものというより、人間としてどう生きるか、といったテーマのほうが大きくなった作品だと思います。「青春バイブル」などとも言われていたようです。でも結構ギャグなんか入ってます。

それから、有名な作品なので、「エース」についてのホームページも結構あると思います。探してみてはいかがですか?人によって、この世界にハマれるかどうか別れると思いますが、私は大好きです!
    • good
    • 0

こんばんわ。

購入については他の方のおっしゃる通りなので、内容と若干の周辺情報についてお伝えします。集英社から始めに出版されたのは全18巻で、第1部が1~10巻までで、11~18巻までが第2部です。第2部は絵柄が随分変わっていて、所謂劇画調と感じられました。個人的には第1部のタッチが好きです。他の方のおっしゃるように、主人公・岡ひろみの成長ドラマなのですが、第2部の方が、より宗教的になっているように思います。実際、作者は今山梨県の山中で新興宗教を営んでいらっしゃいます。ただ、私は第2部で、例えば「百忍通意」などの熟語の意味や、限界領域児童の存在など、それまで自分が考えもしなかった事柄を学ばせて貰ったと思って、こころの中では作者に感謝しています。特に、今読み返しても、限界領域児童の話では涙が出てしまいます。今私は43歳のおじさんだというのに! ですからもし、ご入手なさることができれば、同じような感じを持っていただけると嬉しく思います。アニメーションにもTVで2回なりました。映画化もされています。出崎統さんと杉野昭夫さんという、「あしたのジョー」のコンビによるもので、私はこちらも好きです。蛇足ながら、庄司陽子さんの「生徒諸君!」(全24巻)もお勧めです。
    • good
    • 0

sesameさんのおっしゃる通り、文庫版が入手できるのでは無いでしょうか。

文庫版自体も発売開始からかなり経っていますので、なかなか入手が難しいかもしれませんが。
私はDX版発売時に購入しました。
アニメにもなっていない、一般的にあまり評判の良くない後半の最初が結構好きです。
    • good
    • 0

「エースをねらえ!」は名作ですね。


私も何度泣いたことか。。。。。。
是非、読んでみてくださいね!!!

さて、「エースをねらえ!」はヤフーオークションでも
全巻そろって出品されていることがよくあります。
一度検索されてみてはいかがでしょうか??

参考URL:http://auctions.yahoo.co.jp/jp/
    • good
    • 1

こんにちは。



一般の書店で見つけるのは確かにもう難しいかもしれませんね^^;
ブック○フなどの中古本を扱う書店であれば置いてあるかもしれませんよ。運が良ければ全巻そろって売られているかも。。。確かに古いマンガですが、かなり人気があったのでコミックを持っている人も多いのではないでしょうか?

そしてもしTVK(神奈川テレビ)が入る地域にお住まいでしたら、毎週火曜日朝8:00からアニメの再放送をしています。
DVDも発売されているようです。
参考URLにあるサイトにあらすじが少しですが載っています。

参考URL:http://st9.yahoo.co.jp/digiconeiga/bcba-655.html
    • good
    • 0

山本鈴美香「エースをねらえ」は、現在以下のシリーズで復刊されています。



中公文庫コミック版(全14巻)中央公論社
セット価格 \7,336

書店で注文しても買えると思いますが、参考URLのようなネット通販でも確実に入手できます。

※むかし集英社マーガレットコミックスから出ていたシリーズは絶版のようです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画「エースをねらえ!」について

昨日妹が漫画「エースをねらえ!」全巻を借りてきたので、私も貸してもらって久しぶりに
読みました。何度読んでも何かを教えられる、本当に素晴らしい漫画だと思います。

さて、何度も読んでいるのに今さらですが、この漫画について知りたいことがあります。
いわゆる「ネタバレ」になるかもしれませんが、宗方コーチが死ぬ前と後の付近で
絵のタッチが変わるような気がするのですけど、絵を描く人が変わったのでしょうか。
それとも気のせいでしょうか。

そのあたりをご存知の方、どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

作者は、変わっておらず「山本鈴美香」さんです。
原作ですと岡ひろみがアメリカのジュニア選手権に出場する為に旅立った頃、宗方コーチが“岡、エースをねらえ!”という言葉と共に逝く場面で一旦完結しています。

エースをねらえ! 週刊マーガレット連載
第一部1973年2・3号~1975年7号
第二部1978年4・5号~1980年8号

扱いでは、“宗方コーチの死”までが第一部、以降が第二部という扱いみたいです。
ただ、当初から一部、二部という構成だったかは疑問があります。間隔が3年も空いていることから、読者や出版社サイドの要望から第二部が始まったのではないかと考えられます。それは、第二部の重要人物である“桂大悟”が第一部に登場していないことからもうかがえます。第一部では、宗方の大学時代の相方は“太田コーチ”という人物でした。つまり作者は、宗方の死後について第一部連載時点で明確なコンセプトを持っていなかったと考えられます。その為、第二部の開始当初は宗方コーチの生前からスタートし桂大悟と宗方仁の関係を出してきています。

そういう私も学生の頃、文庫本になったものをよく読んでました。第一部は女の子のスポ根物みたいな印象があり、当時体育会系のクラブに所属していたこともあって、宗方コーチの特訓に耐える岡ひろみに結構感情移入していたものです。

作者は、変わっておらず「山本鈴美香」さんです。
原作ですと岡ひろみがアメリカのジュニア選手権に出場する為に旅立った頃、宗方コーチが“岡、エースをねらえ!”という言葉と共に逝く場面で一旦完結しています。

エースをねらえ! 週刊マーガレット連載
第一部1973年2・3号~1975年7号
第二部1978年4・5号~1980年8号

扱いでは、“宗方コーチの死”までが第一部、以降が第二部という扱いみたいです。
ただ、当初から一部、二部という構成だったかは疑問があります。間隔が3年も空...続きを読む

Qエースをねらえ!のコンビニ限定本

先日、コンビニで『エースをねらえ!4』を見つけて
思わず懐かしくなり買ったのですが、家に帰って調べてみると、コンビニでしか販売されない!と知り、バックナンバーが欲しくなり探しているのですが、見つかりません。

なんとか3巻はGet!出来ましたが、1・2巻がどうしても欲しいのです。

インターネットの本屋さんでも在庫状況は『絶版・重版未定』となっていました。

このまま手に入れることは出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

当方近所のBOOK-OFF にはコンビニ専用の本も中古で数多く出回っています。
質問者さんもご近所の古本屋さんを探されてみては如何でしょうか。

ネットオークションではまだ値段がこなれていないよう(定価より高価)ですから。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b48931908

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g16143318

参考URL:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b48931908

Qエースをねらえ!

エースをねらえ!っていう漫画をご存知かと思いますが現代版ではなく1980年ころに発売された(集英社)漫画本・・小学生ながら少ないお小遣いをためて13巻までそろえ今現在も手元に大切に持っています。最後のページを見ると14巻につづく・・と出ており幼い記憶だと15巻とかもあったように思います。どうにか最終巻(何巻かわかりませんが)までそろえたいのですがどうやって手にいれられるのでしょうか?BOOKOFFとかも探してはみたのですが・・。教えて下さい。(無理かな~~)

Aベストアンサー

No.1です。
参考URLがうまくコピー出来なかったようです。
すみません。
下のUTRで「エースをねらえ!」で検索してみて下さい。

参考URL:http://list4.auctions.yahoo.co.jp/jp/21636-category.html?alocale=0jp

QアラベスクとSWANとエースをねらえ

私はリアルタイムの読者ではありませんが
(タイムラグ20年あります)
山岸凉子さんの作品は全部読破し、揃えています。
最近、有吉京子さんの「SWAN」を古本屋で入手し
(ずっと読みたかったけど、揃って手に入らなかった)
「う~ん」となってしまいました。

これってアラベスクとエースをねらえを足して
2で割った感じ?と思いました、、、
面白かったんです!ただ、後に残る印象として
というか、、。
最初に聖真澄が転んで恥ずかしい思いをするけど
目のある人は「この子は延びる!」と感じるシーンは
アラベスクのノンナがブラックスワンの回転のシーンと同じだし、
飛翔くんとえ~っと長髪の親友(名前ド忘れ)は
エースをねらえの藤堂くんと尾崎くんに通じるし
京極小夜子姫はそのまんまお蝶!!って感じ?

ただ、アラベスクが1971年連載開始で
スワンは1974になっていたので
編集とかにいろいろ言われたのかな~と想像します。

もう、語り尽くされた内容かも知れないのですが
みなさんの意見もききたいなぁーと思いました。

有吉作品のクレームではありません^^;
好きです。swanの続編も好きです。
槇村さとる先生、山岸先生を意識しすぎですよね^^;
セリフとかほとんどパクってるよぉー

私はリアルタイムの読者ではありませんが
(タイムラグ20年あります)
山岸凉子さんの作品は全部読破し、揃えています。
最近、有吉京子さんの「SWAN」を古本屋で入手し
(ずっと読みたかったけど、揃って手に入らなかった)
「う~ん」となってしまいました。

これってアラベスクとエースをねらえを足して
2で割った感じ?と思いました、、、
面白かったんです!ただ、後に残る印象として
というか、、。
最初に聖真澄が転んで恥ずかしい思いをするけど
目のある人は「この子は延びる!」と感じるシ...続きを読む

Aベストアンサー

「アラベスク」と「スワン」両方読みました。
ただ、「エースをねらえ」は少ししか読んだことがなかったので・・・
そうかあ。言われてみればって感じですよね。(長髪の人は柳沢あおい・・だったかな?いま本が手元にないので)
 以下憶測ですが、当時はああいうスポ根的なストーリーの進め方が読者にも受けいわゆる定番だったのでは?と思います。

 まき村さとるさんは読んだ事がありませんでした。そうなんですか?逆にびっくり。
そういえば「テレプシコーラ」の最後の方に、今だからいえる「アラベスク」についてってエッセイ(?)載ってましたよね。お読みになりましたか?おもしろかったですよね。

Qエースをねらえ! の原作について…

原作の「エースをねらえ!」を読んでいるんですけど,第2部とFINALSTAGEがあるって聞いたんですけど第2部とかも売ってるんですか??? それはどんな内容なんでしょう???誰か分かる方いますか???

Aベストアンサー

再編集された本があれば分かりませんが、連載当時
一度単行本の10巻目で終わってます。その後続編のような形で連載再会されましたが、2部とかいう形態をとらずそのまま話は続きます。(11~18巻)

11巻からの内容はコーチを失ったひろみ、立ち直らせた仁の友達大悟コーチとひろみを支える人達の話です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報