女性が主人公の中国もの小説を探しています。

条件としては 
○かっこいい女性であること
○古代中国系の話であること

例をあげると『十二国記』です。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

中国物ですよね?


銀河英雄伝説の作者「田中芳樹」作の

「風よ、万里を翔けよ」はいかがでしょう。中国隋王朝が崩壊していく時代の話です。
主人公は「木蘭」
結構読みやすく、爽快な話ではないかと思います。
少し時代が新しい、といっても1500年ぐらい前ですが・・・。

参考にどうぞ。
    • good
    • 0

こんにちは。


私もNo.5さんが紹介されている
酒見賢一さんの「後宮小説」をおススメします。
    • good
    • 0

ライトノベルでいいなら


紗々亜璃須「崑崙秘話」講談社ホワイトハート 3巻 
仙人ものですが、主人公は女性です。上記以外にも同じ世界を舞台にした小説が数点あります。
友野詳「小説央華封神」電撃文庫 5巻+外伝1巻+武装編5巻
現代の少女が、古代の中国に召喚されて仙人として活躍する話
ろくごまるに「封仙娘娘追宝録」富士見ファンタジア文庫 8巻+外伝4巻
ドジでおっちょこちょいの女仙人が紛失した宝貝を回収する話
酒見賢一「後宮小説」全1巻
アニメ「雲のように風のように」の原作小説

舞台が現代(生まれ変わりの設定)でいいなら
春眠暁「功夫娘々 疾風録」ソニー・マガジンズ文庫 全2巻
    • good
    • 1

私が読んだ中国系の話を書く人といえば、他の人もあげている田中芳樹のほか、井上祐美子・藤水名子・真樹操・森福都といったところでしょうか。

真樹操さんは女性主人公の作品はありません。

井上祐美子さんの作品で好きなのは『非花(はなにあらず)』です。
歴史の狭間に咲く凛とした女性たちを描いた連作短編集です。古代、というには語弊がありますけど。
反乱軍のリーダーの妹で、後にリーダーになった槍の名手を描いた『梨花槍天下無敵』のほうが条件にあうかもしれません。
他にもいろいろ書いておられます。

藤水名子(ふじ・みなこ)さんは他の人と比べるとアクションとお色気が強いエンタメ路線の人です。
『開封死踊演武』シリーズの主人公は女優にして隠密ですが惚れっぽいのが玉に瑕。

森福都(もりふく・みやこ)さんはもともと『十二国記』を出していた講談社X文庫ホワイトハートでデビューした作家さんですが、すぐに単行本のほうに移られました。
女性主人公のものといえば去年出た『漆黒泉』ですね。
死んでしまった許婚の仇を討つため都に出て刺客になります。

こんなところでどうでしょうか?
    • good
    • 0

雪乃紗衣著『彩雲国物語』なんていかがでしょうか?


厳密に言うと中国ものではありませんが、例に上がっているのが『十二国記』だったので、これもありかなと。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044499 …
    • good
    • 0

思いつくまま挙げてみますと



古典の『児女英雄伝』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582312 …

武田泰淳『十三妹』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122040 …

田中芳樹『騎豹女侠』(短編です)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408504 …

同じく田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122037 …

金庸『越女剣』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198613 …


といったところでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性主人公のラノベまたは小説を教えてください!

クール・美人系の女性が主人公、またはメインで登場するラノベ・小説を教えてほしいです。女性は大人がいいですが、十代後半もありです。できれば恋愛要素は薄めでお願いします。

好きな女性の例はブラックラグーンのレヴィ、ヨルムンガンドのココ、PSYCO-PASSの六合塚弥生、FF13のライトニング、DOD3のゼロ、などなどです!
最近のアニメでいうと櫻子さんの足元には死体が埋まっているの櫻子さんとかが好みです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「天久鷹央の推理カルテ」(著:知念 実希人 刊:新潮文庫nex)シリーズはどうでしょう。
主人公は見た目こそ若いですが非常にクールな大人の女性で、「宇宙人にさらわれた」など
と突拍子もない主張をする患者たちの「真の病状」を、知識と問診だけで突きとめるという
安楽椅子系の医療ミステリです。

Q十二国記

自分は十二国記が好きでよく読んでいるのですが、「黄昏の岸 暁の空」を読むと、いつも同じところで「これはどういうことなんだ?」と思ってしまうので質問させていただきます。
感想のようなものが聞きたいわけなので、正しい解答というものはないかもしれませんが…。

お聞きしたいのは「黄昏の岸 暁の空(下)」のP114~116に出てくる少女が言うセリフの真意です。
具体的には
「戴で最初の雪が~なのに煙が……」
「ほんのたまの晴れ間を~晴れ間がない」
「鴻基は一穴の~煕光でございましょう」
のあたりです。
全部を書くのはあまり良くないと思うので、一部ずつ書かせていただきました。

十二国記を知っていて自分なりの解釈ができているという方に、このセリフを言った少女は李斎に何を言いたかったのか(=李斎が悟った少女の意とは何か)、ということを教えていただきたいです。

上手く質問がまとめられず、皆様に何が聞きたいのかが伝わりにくかったらすみません。

Aベストアンサー

この少女がいいたいのは、
晴れ間、春(つまり希望の象徴ですね)=王、台輔
煙=阿選
ということでは。

そのすぐ後のくだりに、李斎に、
ーどうぞ主上をー・・・と言った、とありますね。それが言いたかったことでしょう。
煙を払って、晴れ間をもたらしてくれる王を待ち望んでいるんだと思います。

早く続き、出ないかな・・・。

Q女性同士の愛憎を描いた小説or魅力的な女性キャラが登場する小説

上記の、質問文のような小説をご存知でしたら、教えてください。
女同士の絡みがあるような本が読みたいのです。同性愛的な描写があるのも大変好みです。
ドロドロしていて、愛と憎が絡み合うような小説を教えてください。

または、”ワルイ女””強烈な女”が出てくるような小説でも結構ですので、ぜひ教えてください。

今までに読んだ中で、
・「蝶々の纏足」、「卍」は同性愛のテイスト漂う小説として読み、嵌まりました。

・「虞美人草(藤尾がお気に入りです)」「三四郎(美禰子が最高でした)」「TUGUMI」、「ぼくは勉強が出来ない」、有吉佐和子の作品などは、出てくる女性人物が魅力的で面白かったです。

和書、洋書、時代など一切気にしないので、どうぞお気軽に貴方様のおすすめの本をたくさん教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だと思います。

また、同じく女性同士の恋愛小説では、中山可穂氏の作品はどれも「泣ける」小説です。これもまた「ドロドロとした愛憎劇」というよりは「とてもせつない物語」という感じなので、お求めのものとは少し違うかと思いますが、私はとりあえず「泣きたい」時には中山氏の作品を読むことにしています(^^ゞ。

「魅力的な女性キャラ」というのでぱっと思いついたのは桐野夏生氏の「探偵ミロ」シリーズですが、こちらはエンターテインメント小説でさらっと読める感じです。同性愛要素はありません。「探偵ミロ」が事件を解決していく話です。読んだ時はとても面白く読み、「ミロはカッコいいなあ」と思いつつ読んだのですが、いかんせん、読んだのが随分昔で、さら~っと読んでしまったのであまり詳しい内容は記憶にありません(>_<)。

よかったら読んでみてください(特に松浦氏の作品を)。

女性同士の恋愛小説といえば、松浦理英子氏の『ナチュラル・ウーマン』(河出文庫)をまず第一に挙げたいと思います。これはとにかく秀逸です。
次に同じ作者の『セバスチャン』(河出文庫)。氏の作品は『ナチュラル・ウーマン』を読めば他はいらないと思えるほどですが、『セバスチャン』も結構な作品だと思います。

ただ、松浦氏の作品は所謂エンターテインメント小説ではないので、「昼メロのようなドロドロとした愛憎劇」みたいなのとはちょっと違うかなとも思えますが、いろんな意味で堪能できる小説だ...続きを読む

Q十二国記・ベルセルクは完結するのでしょうか……?

小説では十二国記、マンガではベルセルクが大好きなんですが。
ふと気になって、そしてだんだん心配に変わったので質問しました。

十二国記とベルセルクはきちんと完結するでしょうか??
どちらも壮大で緻密なストーリーな上、遅筆ですよね……(・ω・`*)


みなさんは十二国記・ベルセルクのラストはどのように終わって欲しいですか?また、どのようなラストになると思いますか?

みなさんの意見聞かせて下さい!

Aベストアンサー

ベルセルクは、なんだかんだとはいっても進行はしていますので、終わりはあると思います。

十二国記は、正直難しいかなと思ってしまいます。できるだけ多くの作品をだしてくれればいいなーという望みしかもっていません。

ラストがくるなら、どちらもハッピーエンドはないようなきがします。
世界が滅ぶとか、そういうのかなーと。

Q古代のトルコ周辺諸国の小説

どれから手を付けたらいいのか迷っているので、ぜひ皆さんの意見をお聞きしたいと思い、投稿しました。

私はヒッタイトやミタンニ、エジプトなどに興味があり、その手の本を読みたいと思っています。漫画でいうと「天は赤い河のほとり」「王家の紋章」など読みました。多少史実と異なっても、歴史上の人物や、もっと云ってしまえば架空人物が主人公の小説など探しています。でも「これはおもしろい!」というのであれば、専門書や雑誌などでもぜひぜひ紹介していただきたいです。

暇なときで良いので、お答えくだされば幸いです^^

Aベストアンサー

エジプトを舞台にした小説なら、
クリスチャン・ジャックの「太陽の王ラムセス」ってシリースが
ありますね。
(出だしを少し立ち読みして面白そうと思って入手したまではいいのですが、冊数が多くてまだ読めていないので内容まではわかりません。)

漫画なら、
竹宮惠子「ファラオの墓」
が古代エジプトを舞台にしていて面白かったですけど、
もう読んでおられるかもしれませんね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報