最新閲覧日:

以前、スクールでブラインドタッチの初級コースを受け、かなり遅いスピードならなんとかブラインドタッチ(ローマ字入力)ができるのですが、仕事で書類を作成するときは速さを要求されるので、どうしても手元を見て打たざるを得ません。これではいつまでたっても上達しないどころか、そのうち初級コースを受けて覚えたキーの位置も忘れてしまいそうです。かといって、仕事中ブラインドタッチしているとらちあかないし…。同じような境遇の方、克服された方、よきアドバイスをお願いいたします。また、冬休みに練習したいのですが、よい練習方法がありましたら教えてください。ちなみにタイピングソフト「特打」は持っていますが、ソフトで練習している時は見ないでも打てるのですが、いざ文章を打つ段になると、ほとんど身についていないことがわかりました。よいソフトの紹介以外にも、「こんな文章を打って練習してみるといい」というようなアドバイスもありましたらお願いいたします。

A 回答 (15件中1~10件)

お勧めソフトは下記です。少々お高いですが……



増田式最新メソッド「楽して覚えるキーボード」
http://www.synforest.co.jp/search/index.html
に入り「増田式」で検索してください。詳しい説明などがあります。実用文100例なども入っています。入力方式はローマ字入力のみです。

愚娘、上記ソフトで、10日程でタッチタイピング(ブラインドタッチ)が出来るようになりました。2年前です。
小生の場合は「目が衰えて来て、一念発起」しました。5年前、52歳でした。上記ソフトは未だありませんでしたので、フリーのソフトで練習しました。1日15分に自己規制して、3ヶ月位で何とかものにしました。大袈裟ではなく、疲れが10分の1になりました。
57歳のジジイでも出来るのですから、焦らないで挑戦してください。ご健闘を願っています。

参考URL:http://www.synforest.co.jp/search/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。mrmuwのお年を見て尊敬の念を抱きました。常に新しいことに挑戦なさる姿勢、励まされます。増田式、検討してみます。


(@^▽^@)回答くださった皆様へ
mrmuwさん、すみません、この場をお借りしてみなさんに
改めてお礼を申し上げたいと思います。
こんなにたくさんの回答がきてうれしいかぎりです。周りを見るとみんな難なくタッチタイプをマスターできているようでとても焦っていました。「ソフトで練習すれば自然に楽しく覚えるよ」と言われてやってみたものの、あまり効果もなく、私にはタッチタイプの才能が欠落しているんじゃないかとさえ思っていましたが(笑)、ここで色々な意見が聞けて本当に参考になりました。また、勇気がわいてきました。みなさんのアドバイスを無駄にすることのないようがんばります!

お礼日時:2000/12/22 19:01

私の場合~もう随分前の話なんですが~、まず最初はただひたすら50音順をひらがなで「あいうえおかきくけこ・・・」次に「あかさたな・・・」と、打ちまくることから始めました。


少し慣れて来たら、今度はアルファベットでabc・・・zを繰り返しました。

これは非常に単純作業ではありますが、指が確実に母音・子音の位置を認識できるようになります。

すぐにそれもすっかり飽きて、次に、自分の頭の中で思い付いたこと、目にとまった物事(例えば本の背表紙にあるタイトルや、物の名前等)をランダムにタイピングしていってみました。

他の方々もアドバイスしていらっしゃる通り、日記などでも良いと思います。

なにしろ、間違えてもそのままで良いのでどんどん打ち込んでみましょう。
(間違えは残しておいた方がむしろいいとも言えます。間違えたところを後で見てみると、自分の弱点が分かりますので。)
簡単な文章で良いのです。
単語でも良いです。
日本語でなくても構いません。
好きな歌を歌いながらその歌詞を打っていくとかでも良いでしょう。
何よりも楽しんで練習することが大切。

私はこのやり方で、自分で言うのもなんですが、あっという間にブラインドで、それも早く打てるようになって、周囲の人を驚かせました。
今では人と何か他のことを話しながらもきちんと書類のタイピングができたりします。
やはり頭ではなく体(指)で覚えるものなんですよね。
ものは試し、遊びのつもりでやってみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。あいうえお、ABCDE...今日から練習します。体で覚えるの苦手な私なので、修行のつもりでがんばります。

お礼日時:2000/12/22 18:48

私も、貴方様と全く同じ経験をしました・・・。


激打ちなどのタッチ・タイピングソフトを使用いている時には、問題なく最後まで行けてしまう。
しかし、いざ、現場に行くと、全く、使い物にならない。
これには、私も、頭を悩まされました・・・。
そして、辿り着いたのが、チャットです。
チャットは、チャット慣れしている方ばかりですと、
一々、手元を見ながら入力しているようでは、会話の流れに、乗っていけません。従って、自分の興味のある分野でも、話に取り残されていってしまう・・・。
 そうすれば、人間追い詰められると、予想以上の
力を発揮します。ましてや、自分が興味を持っている分野では、なおさらです。
チャットは、基本的には、プロバイダ料金と、電話代しか
かかりません。授業料などは、全く、払う必要がないのです。ですから、よろしければ、貴方様自信が興味を
持っている分野のチャットへ行って、話の流れについていけるようになる事を、まず第一に目標にしてみては、
如何ですか?私は、現在、1分間に約150文字程度打てるようになりました。しかし、これでは、まだまだ、
遅過ぎるのです・・・。
 ですから、最初は、家で、タッチ・タイピングの練習と、
チャットの会話の流れについていけるようになる事を
目標にしてみては、如何ですか?
初心者用のチャットルームもあることですし・・・。
このような体験談が、参考になれば、幸いです。
頑張って、タッチ・タイピングを修得して下さい。

参考URL:http://www.tcup.com/chat.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これを機にチャットにはまってみようかと心が揺れ動いているわたしです。背水の陣的な状況に身をおかないとダメなんですね。

お礼日時:2000/12/22 18:45

こんにちは、お気持ちお察し申し上げます。



私は以前115(電報)に勤務していました。そこでのお話を少ししますね。

ブラインドタッチは研修時に丁寧に教えてくれました。
とりあえずマスターしたところで戦争の様な現場に出されます。
お客様のおっしゃった言葉を一字一句間違わずにかつテキパキと打っていくということをやらないと、お仕事になりませんでした。

ハードな職場でしたが115のおかげで私はブラインドタッチが身につきました。

そうですね…近くに電報センタがあればそこでバイトを…でもお仕事されているんですから難しいですよね。

日記を書く、というのはいかがでしょうか?

今日は何時に起きて、ご飯は何を食べて、こんな人に会って、こう思って…って感じで。
精神衛生にも良い事ですよ。
でも「やらなきゃ」って思うと重荷になってくるかもしれないので、あくまでも楽しいと思える範囲で。
最初は1日3行とか、そのくらいでいいんじゃないでしょうか?

私は悩みやさん(しかも陶酔する)なので、パソコンに日記を書きながら泣きます。

泣きながら、手を休める事なく書き続けられるのは、ブラインドタッチの特権です。

日記書いて、泣いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。日記はわたしも始めの頃思い付いたのですが、つづきませんでした。(-_-;)リキみすぎたかもしれません。ヒトコト日記にしてみます。泣いてみます。(ひとり笑いが多いんですが)

お礼日時:2000/12/22 18:42

こん○○は、ハイパー定家です。



ワープロ専用機(2台)→マッキントッシュ→ウインドウズノート(4台)と、マシンを換える度にキーボードの配列やサイズ・タッチが変わり、その度にブラインドタッチを練習しているものです。ですから「経験者」です\^o^/。

私は特殊なローマ字設定(海津式ベースの自家製)をしていますので、パッケージ・オンラインソフトとも、タッチタイピング練習ソフトとして使えるものが今のところ一つしかありません。(品川圭二さん作の「Type 練習」です。)
ところで問題は、どんなタイピング練習ソフトを使ってもそのソフトの中ではブラインドタッチはある程度習得できるでしょうが、実践で使えるかと云うと私の体験上でも疑問です(キッパリ)。
ところでCHOCOさんのケースとして、仕事などの書類作成と云う面では、単にブラインドタッチだけでなく、効率・スピードとかも問題になっているのだと思いますので、他の方とは別の角度で回答いたします。

文書のできあがりの時間短縮においては、IME(日本語入力ソフト)の機能マスターが必須です。仕事で使われる単語の登録や、最も自分で動かしやすいキー操作、その他の初期設定を学び、場合によっては自分流にカスタマイズする。それでも不満な場合はIMEを買い替える。
次に、実際に文書を作成するワープロなどのソフトの機能理解とカスタマイズです。

これらと同時進行で、私が最終的にブラインドタッチをある程度習得できたと思えた時は、お気に入りの書籍のレジュメを作ることによってでした。
これは私の習慣でもあるのですが、一度読破して、文芸書であれば感動したところを、ビジネス書では本当のレジュメとして、ダイジェスト版を作成するようにしています。今では数時間で
本1冊分を消化します。

書見台においた本を見て、モニタを見て、こうやっていると、とてもキーボードまで見る余裕がなくなります。IMEやソフトの操作まで、キーボードショートカットも同時にマスターしていきました。できるだけ早く、できるだけ正確に…

よって、冬休みに修行なさると云うことであれば、書籍のレジュメ作りなどいかがでしょうか?

「海津式ローマ字」については
http://www.eurus.dti.ne.jp/~halcat/index.html
「Type 練習」については
http://www.ymg.urban.ne.jp/home/shinako/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ハイパーさんはお名前通りハイパーなんですね!私から見れば天の上の存在です。でも、私も地道に練習して少しでもハイパーさんに近づけるようになりたいと思います。冬休みにはなにか自分のために作成してみます。

お礼日時:2000/12/22 18:39

こんにちは、ponnohakoです。



「タイピングソフトでは見ないで打てるが、
いざ文章を打つと、ほとんど身に付いていない」

ということは、タッチタイピングは習得できているが
お使いの日本語入力システムの入力や変換方法等がまだクセ付いていない、
ということではないでしょうか。

だとしたら、今後はふだん仕事などでお使いのアプリケーションソフトと
日本語入力システムをそのまま使って練習されたほうがいいような気がします。

他の方も明記されておられましたが、短い文章の
入力から始められてはいかがでしょうか。
ただし、短い文章でもあまり難しい文章はやめた方がいいでしょう。
日常生活やビジネスで使われる言葉が盛り込まれた
雑誌や小説、エッセイ、天声人語などがよいでしょう。

ワープロ検定指導で実際に行っていた練習方法ですが、
100文字以上の文章(100字、120字・・・400字など)を
複数用意し、タイマー(1000円くらいで売ってます)を使って
10分間(入力+見直し)で打てるよう練習します。

10分で打てないうちは、同じ文章を何度も練習し、
打てるようになったら、次の問題に進みます。
また、記録については、毎回何分何秒かかったかをすべて記録します。
記録することで、少しずつご自分が上達していることがわかり自信がつきます。

なお、練習はできる限り毎日してください。
おなじ1時間の練習でも、休日にまとめて1時間するより、
毎日10分×6日間する方が圧倒的に力が尽きます。

ではでは、がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。まず毎日少しずつ短い文章を打って練習してみます。練習ソフトは、タッチタイプがある程度の速度できるようになってからスピードアップのために利用しようと思っています。

お礼日時:2000/12/22 18:35

だまされたと思って下記のURLに行ってみてください。


詳しく説明しているので、納得されれば試してみる価値があると思います。

その後でタッチタイプの練習ソフトを使うと効率がいいと思います。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/kb/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考URLにいってみました。この方はタッチタイプの専門家なのですね。すごいパワーを感じました。

お礼日時:2000/12/22 18:31

当方も2-3年前から「ブラインドタッチ」(最近はこう呼ばないようですが・・・?)を必死に覚えました。

最近では、最高で5.3字/秒まで行きました。しかし、練習を休むと少し落ちてきます。やはり毎日少しでも良いから練習する事が重要だと思います。
[#15945]でもアドバイスしたのですが、フリーソフトは沢山でており、相当DLして試したみました。その中で、我が家の年寄り(76歳と70歳)に最近「ブラインドタッチ」を
覚えさせているところですが、[#15945]で紹介したフリーソフトがお勧めです。
再掲します。
========================================
(略)
お勧めは、「タイプ君Lite」が良いと思います。
PCの画面上で打つ位置が分かります。
段階があり、繰り返しする事で指が覚えられます。
更に、これを卒業したら進歩段階によってお勧めソフトがいろいろありますので・・・。
------------------------------------
入っているというか、DLしてインストールして、ソフトを立ち上げると
「LESSON 0」~「LESSON 5」まであります。
「LESSON 0」では、ホムーポジションが分かります。
「LESSON 1」以降からタイプする文字とタイプ位置が色が変わり(赤)打つ位置が分かります。上の方に使用すべき指が示してあります。
以下同様に「LESSON 5」まで進む頃には、自然に指が覚えてくれるでしょう!!
====================================
このソフトは段階的に練習できて、ログが残り、練習の励みになると思います。

このソフトを卒業すれば後はいろいろ話題になっているソフト(例えば、Ozawa-Ken WIN版とか?)を選択すれば良いと思います。これも、個人の好みですからご自分で探されてはいかがでしょうか?

今でも毎日練習しているのは
「早撃ち!」です。このソフトは作者とも実際にお会いしましたし、こちらの改善希望もかなえてもらいました。

ご参考まで。


ご参考まで。

参考URL:http://www.ha1.seikyou.ne.jp/home/ty/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱり「毎日」少しづつでも練習するに尽きるのですね。なんだか英会話みたいですね。参考URLにとんだら「ページを表示できません」になりました。でも、別の検索で「タイプ君Lite」は見つけることができました。

お礼日時:2000/12/22 18:28

ある程度、ブラインドタッチが出来る人間ですが助言を書いていきます。



私も「特打」を持っています(ただし、ローマ字入力のコンビニエンスバージョン)。このソフトはどのソフトより絶対的にお薦めです。ただ、「練習している時は見ないでも打てるのですが」とあるのであるのですが、せっかくの持っていらっしゃるソフトを充分に使いこなせていないのでしょうか。

「特打」は私は、「入力倍速かな入力」と「コンビニエンスバージョン」の2つを持っています。なぜ2つかというと‥‥。ちょっとでも入力速度を上げたくて、ある程度ブラインドタッチが出来るようになったとき「かなで入力した方があるかに早く打てるのでは?」とおもい「かな入力」の方をかったのです。しかし、一度ローマ字入力をおぼえてしまっているので、遅々として進みませんでした。そんなとき、コンビニで「コンビニバージョン」のローマ字入力を見つけ、ちょっと「特打」に対して仕返し(?)したくて買いました。2000円で通常のものより安かったのも購入理由です。そのソフトをやるまでは、かなり自信があったので簡単に1級レベルは出るだろうとおもっていましたが、なかなかでてくれませんでした。ちょっとショックを受けましたが‥‥。

通常の製品版より機能がだいぶ落とされていると思いますが、きっと「実践」では、間違えたものを再度示してくれるはずです。これで、自分の打ちにくいパターンや癖がわかりさらに早く打てるようなっていく自分がわかりました。

また、キー配列を憶え直す(頭では無いです。体というか指の方に対してです)ために、憶える為の練習モードを時々するようにしています。

練習モードで、完全に100%になるまでやっていらっしゃりますか。100%にすること目的にしつつ、ちょっとでも早く打ち込むようにして練習してみてください。すると、頭で考える前に指が動くようになって行くはずです。あの「特打」の練習モードはなかなか、あなどれないものがあると思います。ですから、95%とかで納得せずに100%になったら次のステップに進んで行くようにして練習してみてください。実際、このように練習して、確かに自分が早く打てるようになっているように感じます。

あと、やはり、ゲームで練習するのがいいと思います。
「特打」などをやると、ついつい、あともう一回とかといってやってしまいます。

下の、URLはベクターのダウンロードのサイトですが、ここで「ブラインドタッチ」と検索をかけると色々なソフトが出てきます。
この中で、おもしろいなと思ってお薦めなのは、次の2つです。
  (1)TypingDead(タイピングデッド)
  (2)Ozawa-Ken WIN版

(1)の方は、現在stag1~3まであります。ゲテモノ系が苦手の方はやめた方がいいと思います。
(2)の方は、この1つで一通りのことができます。

ただ、まずローマ字入力を早くしたいというのであれば、(1)はちょっと薦められないなという感じがあります。(1)の方は、基本的に英語の単語の入力です。このゲームをやって感じたのは、日本語の入力リズムと英語の単語の入力リズムがだいぶ違うということです。確かにキー配列そのものを覚えたてで、その確認というのが目的であれば、どちらでも大差はないようですが、やはり早く打ち込むためにはリズムが重要な要素になってくると思います。
ですから、「ローマ字入力を早くする」という目的であれば、ローマ字の入力形式で練習するのがベストと感じています。また、下手に記号などは、入れない方がよいと思います。記号の使用頻度があまりないので、おいおい、覚えていく形でよいでしょう。ついでに、一番上の数字の部分も練習しようなどと欲張ってはいけません。

まだまだ、少しでも速く打てるように練習しています。
長々と書きましたが助言にでもしていただければ幸いです。
tukitosan でした。

参考URL:http://channel.goo.ne.jp/download/search/vector_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「特打」は、自分でもある程度目標を設定してやっていたんですよ。100%を連続で10回クリアしたら次のコースへ進んで、例えば9回目で90%を出したら、もう1度はじめからやり直しでカウントするとか。それで100%を何度も何度もだして繰り返しやっていたので、ちょっと身についたかな~、なんて思っていたら実際はそうでもなかったんです。私ってばか?って思いましたよ。でも、私の場合は、ソフトの練習だけじゃダメ、or 不向きなんだってことがわかって勉強になりました。

お礼日時:2000/12/22 18:22

キーボードを見ながら一本打ち打法で卒論を作って


いました。
# 当時はワープロです。年がばれる~~!!
仕事をするようになって初めのうちは学生時代と同じ
でしたが、そんなことを数年続けると気付かぬうちに
ブラインドタッチになっていました。でも私我流なの
で時々右の指で打つべきキーを、左の文字で打ってい
たりします。五十音では使わない文字は見ないとわか
らなくなったりします。カッコつけて全部そうしてい
るととんでもない文章になっていたり。(^^ゞ

私の場合ブラインドタッチなんて出来るはずないと、
思っていました。それなのにそこそこ出来るように
なったのはやはり慣れだと思います。
論理的に「ここに右手の人差し指をおいて」なんて
考えながらやっても難しいですから、とにかくうち
続ける、慣れる。これにつきるのでは?
mnabeさんがおっしゃるようにチャットで腕を磨くの
はいい勉強になると思います。
のろまな私でもある程度のスピードで打てるように
なりましたから基礎が出来ているわけですから出来る
はずです。

頑張ってくださいね。
じゃあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。気づかぬうちにブラインドタッチができるようになっていたなんてうらやましい。私も文書を作成しているうちにそのうち見ないでも打てるだろうと思っていたのですが、やはり意識して練習しないと無理なようです。じっくりがんばってみます。

お礼日時:2000/12/22 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ