主人公が自分の意志とは裏腹に世界を滅ぼしかねないような強大な力を持っていてその力の誘惑と戦いながら、時にその力を使ってしまいながらも悪と戦っていくような漫画を探しています。
最近読んだその種類の漫画では「ARMS」が最高に面白かったです。

皆さんのオススメをお願いします^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

『トライガン』&『トライガンマキシマム』


 主人公とラスボスは人造天使の兄弟。人類の抹殺を謀る兄を倒すため、主人公は月をも砕く自身の力をあえて使わないで銃撃戦を挑みます。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07141331

『西遊妖猿伝』
 リアル路線の孫悟空伝。悟空が内なる破壊神「大聖」の暴走を抑えるために、三蔵の読む経を利用する!という新解釈がポイント。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07030769

『ピルグリム・イェーガー』
 中世イタリアを舞台にしたオカルトアクション漫画。主人公は悪魔払いで発火能力者の少女。戦いの最中に第2人格が登場し、自分に力を使わせろ!と誘惑します。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07096496
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも自分の好みにぴったりっぽいです!!
トライガンは知ってたんですけど読んでませんでした。
今度3冊とも読んでみます^^

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/26 00:06

No.11です。


すみません。「紅い牙」シリーズの作者は柴田昌弘さんでした。
    • good
    • 0

こんにちは。


私もNO.3の方を同じで和田慎二さんの「紅い牙」シリーズをオススメします。

 主人公のランは、非常に強大な力をもつエスパーです。が誘惑と戦うというより、いつも古代超人類の血の怨念に精神が支配される危険と隣あわせというリスクを抱えています。そして、いつもESPが使えるわけじゃなく、髪が赤く逆立ったときのみ、自由にコントロールできます。
 シリーズ後期の「ブルー・ソネット」では敵方のエスパーとして、ソネットというサイボーグ化した少女(もちろんエスパー)が出てきますが、彼女が人間的に目覚めていけばいくほど、ランとの確執が大きくなり、悲劇的な終局に向かっていく感じがあります。サイボーグになる前から悲惨な過去をもっているだけに非常に切ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

超能力物ですね^^
血の怨念って設定が面白そうです。
「ブルー・ソネット」とあわせてチェックしてみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/05/05 00:01

どうもNo8です。



>なんか昔みたエルガイムと言うロボットアニメにそっくりだった記憶があります。
エルガイムをデザインされたのが作者の永野護先生なんです。
他にもゼータガンダムでも幾つかMSや戦艦等をデザインされています。


全然関係なくてすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなんですか!
結構あのメカセンスは好きです^^

情報ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/04 23:56

No.7です。



主人公の意思で世界を滅ぼさないでいる。
力を使わないでいる主人公に該当する漫画を見つけましたのでご報告します。
(1)「ファイブスター物語」のアマテラス
  この物語の主人公は神様で、何度かその力を使おうとして友人や母に止められます。最強のロボット軍団も所有しているし、次元も超えれます。
その気になれば彼が作った宇宙も塵へと返すことができると思われます。

(2)「ケロロ軍曹」のケロロ小隊
 彼らは、力があるのに使い切れていないのか、あえて使わないのか・・・誘惑は何度かあったのですが、本人曰く「ガンプラが作れなくなるから困る」と言って途中でやめたりしてますが・・・何度か気分が沈んだときに地球を征服しようとしてました(笑)
でも、趣味に懲りすぎて部下がついて来なかったり、地球最終防衛戦力であるヒロインの1人にいつも阻止されたりで失敗が多いみたいです。

あと、漫画版もあるので挙げておきますと、「天地無用!りょうおうき」(漢字忘れました。)です。
世界を滅ぼせるかどうかはわかりませんが主人公の「天地くん」は宇宙最高の神秘「光鷹翼(剣にも盾にもなる超エネルギー)の物質化」を使うことが出来ます、危機にならないと使えない(必要にならないと使えない)という不安定な力ですが、「宇宙創成の三女神」という存在も一目置く(求めている)力です。ただ、本人はその力に誘惑されたり、翻弄されたりすることは無いのですが・・・
TVシリーズは見たこと無いのでなんともいえませんが、漫画版でもこの力を使って幾度か地球の危機を回避しています。この作品はOVA3部作と番外編GXPと小説版を軸にして漫画版とTVシリーズと魔法少女シリーズのパラレルワールドを展開しています。

長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます^^
ファイブスター物語はなんとなく知ってます。
なんか昔みたエルガイムと言うロボットアニメにそっくりだった記憶があります。

ケロロ軍曹はなんとなく絵柄的に敬遠していたんですが・・・^^;
基本的にはギャグみたいですね。
食わず嫌いは良くないので今度読んでみます。

天地無用!は小さい頃アニメで見ていた記憶があります(笑
最近はあずまきよひこさんの漫画に載ってました^^
魔法少女シリーズですか^^;
まだ踏み入れたことのない世界ですが今度チェックしてみます(笑

ありがとうございました!

お礼日時:2006/04/30 01:29

世界を滅ぼすとまでは行きませんが、



天王寺きつねさんの【ヱデンズボゥイ】

は、神を殺せる力を持った少年と神々との戦いの物語です。

それと、No6さんが挙げている【強殖装甲ガイバー】は私もお薦めです。
偶然手に入れた巨大すぎる力に戸惑いながらも大切な仲間たちを守るために戦う少年の物語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヱデンズボゥイは聴いた事あります。
神様が絡む系の話も好きなジャンルなので今度強殖装甲ガイバーと一緒にチェックしてみます。^^

ありがとうございました!

お礼日時:2006/04/30 01:23

「ARMS」と同じ作者で「スプリガン」の主人公も「最強の兵士」の実験体で、1人で大隊規模の兵士を壊滅できる力を持っていながら、あえてソレを使わずに苦しんでいたような・・・・



あと、「ブリーチ」と同じ作者の「ゾンビパウダー」の主人公も自分の暗黒的な力を封じて普段はその力を使わないようにしながら、ピンチのときはその力の片鱗を使用する。という漫画だったと思います。

これは該当するかどうかわかりませんが、一応コミック版もありますのでお勧めさせていただきます。
「ガンパレードマーチ」のヒロイン(誤植ではない)速水厚志(特殊な実験体ブルーヘクサの1人)も世界を滅ぼす力(統べる力?)を持っていながら、その事を隠して軍で成り上がる機会をうかがっていたが、あ
る女性(この作品のヒーロー)に惚れたため、その力をその娘と生きるため(一緒になるため)に使おうとする。その結果が「世界を救うこと」になった・・・ みたいな設定・世界観です。
このガンパレードマーチは様々な作品(「式神の城」シリーズなど)とリンクしている上にかなり裏設定が多いので、解釈も様々ですが・・・
一度、はまると危険です(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スプリガンはパラパラと読んだんですがパラパラ過ぎてストーリーを理解してませんでした^^;
面白そうですね!完全版が出てるみたいなのでそれを買ってみます。

ゾンビパウダーは巷ではブリーチより面白いと聞いたことがあります。
巻数も少ないみたいだしここから入ろうかな・・・

ガンバレードマーチはタイトルは知っていましたがそういう話なんですか!?
想像と違った^^;
はまると危険系・・・大好きです(笑
凝るとすっごい裏設定とか調べるタイプですから!!

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/26 00:18

和田慎二「超少女明日香」


厦門潤「破妖の剣」前田珠子原作小説(未完)の漫画化
麻宮騎亜「サイレント・メビウス」
高屋良樹「強殖装甲ガイバー」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも初耳です(゜o゜)
強殖装甲ガイバーがタイトル的に面白そうなのでこれから調べてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/26 00:12

最終兵器彼女



しか思い浮かばんかった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最終兵器彼女ってそういう話なんですか^^
タイトルは知ってたんですけど・・・
最近よく古本屋で見かけるので今度読んでみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/26 00:04

 昔の少女漫画ですが、柴田昌弘さんの「紅い牙シリーズ」の中の、特に「ブルー・ソネット」などはどうでしょうか。

科学の粋を集めて誕生させられた古代人類の超能力を持ち、且つ狼に育てられた少女、小松崎蘭の話です。自分の持つ力の誘惑に駆られるところは少ししか出てこないのですが、自身の能力を使って巨大な悪の組織タロンと戦っていく話です。

 紅い牙シリーズは、「狼少女ラン」「鳥たちの午後」「さよなら雪うさぎ」(ここまでは集英社のマーガレット・コミックス)、「ハトの旋律」「ブルー・ソネット」(この2冊は白泉社の花とゆめコミックス)と続きます。迫力のある画面です。最近はまとめて豪華本でも手に入るようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少女漫画でもこういう話でてるんですね^^
最近少女漫画も読んでいるので気になります。
完全版が出ているのなら手に入りやすいですね。
今度探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/25 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭脳戦、心理戦の漫画

最近、頭脳戦とか心理戦の漫画にハマっています。
今まで読んだのは、
DEATHNOTE
カイジ
ライアーゲーム
以上です。
この他に頭脳戦、心理戦のおすすめの漫画はありますか?

Aベストアンサー

『ジキルとハイドと裁判員』森田崇/北原雅紀 (著)
 他人の記憶を覗ける魔力を手に入れた若手裁判官が、己の正義の為に
 民間人裁判員の心証を誘導して判決をねじ曲げて犯罪者を裁く物語。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4091826237

『極道めし』土山しげる (著)
 旨いものが自由に食えない囚人達が、唯一のごちそう料理を賭けて
 話術で他の囚人の想像・記憶力を刺激し喉を鳴らさせようとする物語。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4575833258

Q頭脳戦・心理戦の漫画を描きたい

漫画家を目指している大学1年生です。

ライアーゲームやデスノートのような、相手の裏を突くような頭脳戦・心理戦が大好きです。

なので僕もそんな作品を書いてみたいなぁと思うのですが、考えても上手くいきませんし
チグハグな感じになってしまいます。

頭脳戦や心理戦の漫画を描くにあたってやるべきことはありますか?

教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。


「世界史」、「日本史」に素材を求めてストーリーを考えるというのは、一つ方法だと思います。


人間、自分自身の体験や知識だけで創作しようと思ったら、到底、オリジナルな作品など書けないと思います。



この世の多くの物語は、それ以前からある「素材」に手を加えた物です。


「盗作」とは別問題です。





ああ、そう言えば、良き作者は、良き読者です。

たくさんインプットすることが、新しい創造につながると思います。


以上。

Q19歳男です。 漫画好きなのですが、 嘘食いやデスノートのような、ヒリヒリとした心理戦のある漫画探し

19歳男です。
漫画好きなのですが、
嘘食いやデスノートのような、ヒリヒリとした心理戦のある漫画探しています。
零とカイジ以外でいくつかオススメして欲しいです。

Aベストアンサー

甲斐谷忍『LIAR GAME』

荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』(第3部以降)
  戦う相手にもよりますが、正面切ったパワーバトルと頭脳戦が融合した作品です。

Q構成力や演出力が上手な漫画家教えてください!

構成力や演出力が上手い漫画家、
魅せ方が上手だなと思う漫画家を教えて頂ければ嬉しいです!!
私が思うのは
王道の鳥山先生です。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

浦沢直樹さん[MONSTAR」とか。あれだけ大勢登場人物を出しながら、整理がついているのはすごい。「20世紀少年」は、ちょっと破綻?きちんと着地できるのか心配です。
かわぐちかいじさん。キャラの顔がワンパターンという点に目をつぶれば、話は大きいし、情緒的な部分も大味すぎず、よいです。
あ、でもこの質問、もしかして、画面だけのことなのかな?そしたらちょっと的はずれですね、すみません。
では、大友克洋さんに1票。高野文子さんにも1票。

Qコミックボンボンに掲載されていた漫画とその漫画のキャラの名前

1985年~1992年位だったと思うのですが
コミックボンボンにおいて掲載されていた漫画で
プロレスが題材に使われていたのか、ジャイアント馬場のようなレギュラーキャラが居て、主人公はハゲ頭にネコのようなヒゲが生えたキャラだったと思います。この漫画はどんな名前で、主人公の他に馬場を含め3人がメインキャラとして存在していたと思うのですが、それらのキャラ名はなんでしょうか?

またおおまかなあらすじ(初回から最終回まで柱になるストーリーはどんな感じなのか等)も教えてください。

最後にたった一話だけ覚えてる話があるんですが、宇宙船に乗った主人公一行が食料が尽きてどうにもならない所にブタ型宇宙人に攻め入られるも、宇宙人のウンコが焼き芋になっていて難をしのぐという話だったのですが、この話は何年の何月号に掲載されていたんでしょうか?

かなり最後は難題かと思われますが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

柴山みのるの「やっぱアホーガンよ」ではないでしょうか?
内容はハルク・ホーガンのパロディーでしたが下ネタ満載の漫画でした。
主人公がウンバラボーっと叫んでいたようにきおくしております。

最後のはちょっと解りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報