インフレになった場合、インフレに連動して増える資産とは例えば ”金地金”あるいは、日本がインフレになった場合は、”ドル預金”などがあてはまるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

インフレに連動して....というのが、


単にインフレによる目減りの無いという意味だとしたら、
金地金、土地など、お金以外はなんでもそうなります。
ただ、それぞれの品物には価値の変動がありますから
できるかぎり広い範囲の換金性の良い品物に
投資するべきでしょう.

面倒なら、日経225連動型の投資信託とか。

ドルもお金です。だから、米国がインフレーションになったり、
世界がインフレーション傾向になると目減りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インフレになったとき、損をしないような
運用をしたいと思っています
参考になりました
ありがとうございました

お礼日時:2002/02/07 21:15

金地金はインフレでも増えないと思いますよ。


金額は確かに上がりますが、物価に対する価値は変わらないはずです。
バブル期のように、ある一部の商品の価格の上昇によってインフレが生じる場合は異なりますが。
金地金がインフレに連動して価値が上がるのは、
その一部の商品に金地金が含まれる場合だと思います。

日本がインフレでアメリカが変化ない場合、
ドル預金も結局増えるわけではないと思います。
そのドル預金で買える財は変わらないはずだからです。

インフレのみが起こっている状況下では、
財・サービスに対する通貨量が多くなているだけなので、
額面が増えるだけで価値は変わらないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました
なんとなくイメージがわいてきました

お礼日時:2002/02/07 21:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

インフレやデフレになった時、全ての価格が同時に同じ割合で上下するわけではありません。

早期に価格が上下するものもあれば、遅れて上下するものもあります。変化する割合が大きいものもあれば、あまり変化しないものもあります。これらを平均してインフレ率を計算しています。ですから、インフレ率より大きく価格上昇するものもあれば、少ししか価格上昇しないものもあります。

仕入価格が大きく変化し、販売価格があまり変化しないような製品を扱っている企業は、インフレになるとまずコストが上昇し、利益が減少します。このときに賃金が同時に上昇すると、利益がさらに減少し、倒産するかもしれません。

仕入価格はあまり変化せず、販売価格が早期に上昇し、遅れて下降するような製品を扱っている企業は、インフレが近づいたときにまず販売価格が上がって利益が増え、インフレ率が上がってきたころには価格がかなり上昇しているので賃金が上がっても十分な利益が得られるでしょう。そしてインフレが終わりに近づいてインフレ率が下がるとともに賃金が下がっても販売価格はまだ下がらないので、この時にも利益が増えるでしょう。

仕入価格、販売価格とも、インフレ率と同時に同率だけ上下するような製品を扱っている企業は、従来はインフレが終わっても賃金はなかなか下がらず利益が減少していたのですが、インフレ率と同時に賃金が下がってくれると利益が減少せずに済むため経営が安定するでしょう。

結局、「インフレ率」という平均した指標に対して、扱っている商品がどういう動きをするかにより影響が異なります。

インフレやデフレになった時、全ての価格が同時に同じ割合で上下するわけではありません。

早期に価格が上下するものもあれば、遅れて上下するものもあります。変化する割合が大きいものもあれば、あまり変化しないものもあります。これらを平均してインフレ率を計算しています。ですから、インフレ率より大きく価格上昇するものもあれば、少ししか価格上昇しないものもあります。

仕入価格が大きく変化し、販売価格があまり変化しないような製品を扱っている企業は、インフレになるとまずコストが上昇し、利益...続きを読む

Qインフレに対応する資産の守り方。

他の方が質問されていますが再度。

インフレ対策として、金を買っています。実際ものすごく上昇しました。もうインフレ始まったか?と思う程。まあ、十分とは言えませんが資産の分散として。
他の回答をみていると、外貨(米ドル、ユーロ)とか。そんなんで大丈夫なのかとも思うし。
知り合い曰く、なんかで読んだらしいけど、借金して土地を買うといいとか。
なんか無理して買って、土地が暴落したら恐ろしいです。
他にいい方法はない物でしょうか?

Aベストアンサー

今から日本の不動産が暴落するとは思えませんが。資産を防衛するのに借金して土地を買うのは変ですよね。短期ではリートが良いのではないですか。 現在好調ですよ。形を変えた不動産投資ですね。

Qインフレ率>金利なのにドル預金する意味

アメリカの直近インフレ率は4.9%。
でも政策金利であるFFレートは1.0%。

つまり、100ドル預けても1年後には約96ドルの価値に目減りしてしまうってことですよね。今、ドル預金するのってとても意味のないことではないでしょうか。

(FFレートがそのまま預金金利になるわけじゃないですけど・・・。)
(もちろん為替の影響等もありますけど・・・。)

Aベストアンサー

現在のアメリカの状況など、
あまり詳しくないので恐縮ですが、

一般的な金利の定義として、

現在の為替市場は十分効率的と言えるので、
実質金利はどの国も違わないことになります。

すなわち、こうも簡単に他国の通貨を売り買いできる世の中で、
ある特定の通貨を買えば誰でも得ができるという状況は発生しがたいということです。

よって、どの国に預金しても、実質金利-手数料のリターンになると思われます。

一般的に通常預金の手数料<外貨預金の手数料となりますので、外貨預金は通常の銀行預金よりも損ということになります。

ただし、上にも書かれていましたが、手数料のデメリットを上回るほど、資産分散によるリスクヘッジのメリットがあるならこのかぎりではありません。

Q国はハイパーインフレか預金封鎖を狙っているのですか?

このところの日銀の動きやマイナンバーの施行などからみて

国はハイパーインフレか預金封鎖を狙っているのですか?

そうやって国の借金を減らそうとしているとしか考えられません。

何か自分でできる対策があれば教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いいえ。ハイパーインフレも預金封鎖も狙っていません。

だって、超インフレになりそうだったら、日銀は今持っている膨大な国債を売って、資金を回収できますから。むしろ、まだまだ、デフレが問題で、むしろ国債買取額を増やすのが良いと私は思います。

経済が良くなれば、税収が増え、国の借金は減ります。きわめて正攻法です。2013年はそれで国債発行額も減りました。

>何か自分でできる対策があれば教えて下さい。

ハイパーインフレに対してはゴールド、外貨でしょう。

Q銀行の預金残高、貸出金、総資産から何が読み取れますか

漠然とした質問で申し訳ありませんが、株とか経済的な事象、銀行の経営状態などに関することで銀行の貸出金、預金残高、総資産から何か読み取れる事はあるでしょうか?この3つだけの情報で何か読み取れるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

それは、国税の心配をなされてるのでしょうか?
それでしたら内偵中は調べられる問題はございません。

銀行からの借り入れ希望でしたら大い参考になる情報です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報