AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

法務局で働くためには、特別な資格や制限がありますか?
 倍率は高いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

資格としては、基本的には、高卒または大卒が条件です。

それによって高卒なら国家公務員3種試験を、大卒なら国家公務員2種試験を受験することになります。
つまり、法務局単独で採用をしているのではなくて、国家公務員採用試験という枠で一くくりで採用試験をしています。したがって、倍率はあなたがいる地方(中国地方とか)の国家公務員採用試験の倍率を確認してください。その採用試験に合格すると、今度は個別の省庁との面接を経て、採用ということになります。象徴個別の人気としてはあまり高くないと思います。注意点としては、例えばあなたが採用試験に合格しても、法務局のその年の採用者がゼロということもあります。
制限としては、
(1) 日本の国籍を有しない者 (※)
(2)  国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
○ 成年被後見人、被保佐人等
○ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者
○ 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
○ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
なんかがあります。
    • good
    • 0

臨時のアルバイトなどはハローワークで募集することもあるかもしれません。



正規の職員としてなら、国家公務員なので何らかの国家公務員試験に
合格して法務省採用になることが必要でしょう。

公務員試験ですから制限もありますし、倍率も高いです。
合格後の法務省希望者が多いかはチョットわかりません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法務局に就職するには

法務局に就職するためには特別な資格や学歴が必要ですか?就職に有利な資格はありますか?知っている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

法務局は法務省の出先機関ですから、原則として、国家公務員試験を合格する必要があります。

国家II種(大卒程度)、III種(高卒程度)とありまして、採用予定者数はいずれも未定です。

本省採用で行くこともあるかもしれませんが、法務局の現場の仕事ということなら都道府県法務局で独自に採用している方に応募するほうが無難だと思いますので、そちらに問い合わせしてみてください。

参考URL:http://www.moj.go.jp/KANBOU/SAIYO/kikan.html#02

Q税務署、法務局への就職

地方の大手企業で約11年勤務し、出産を機に退職しました。二年位先の予定で再就職をしようと思っているのですが、特別な資格がある訳でもなく何か就職に有利になるような資格があれば今なら勉強する時間があるので、何かやってみようと思っているのですが、具体的に何をすれば再就職しやすくなるか漠然としすぎてよく分かりません。今取得している資格は商業簿記2級・商業高校で実施される英検1級・珠算8段(今の時代必要ないですよね)・医療事務です。一番楽なのは、実務経験が生かせる事務職なのですが、少し違った分野で興味がある税務署や法務局に就職できれば・・と考えています。税務署や法務局に就職するには必要な資格があるのでしょうか?またお給料は30代半ばだと平均で幾ら位になるのでしょうか?

Aベストアンサー

国税専門官試験と国家(2)種が29歳まで,国家1種が31歳までだったと思うけど…
間に合いますかね…
いずれも国家公務員なので受験年齢制限がありますよ。

参考URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q公務員試験 法務局

高卒程度の国家公務員試験を受けるよっていなのですが、法務局で働きたいとなれば、一般の事務の試験を選べばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一般職試験(大卒程度試験・高卒者試験)からの採用予定機関(法務省)
 http://www.moj.go.jp/jinji/shomu/jinji05_00007.html

年度によって採用のない機関もあるそうです。

機関別採用状況(法務省)
 http://www.moj.go.jp/jinji/shomu/kanbou_saiyo_jyokyo.html

法務局の採用担当連絡先(法務省)
 http://www.moj.go.jp/jinji/shomu/kanbou_saiyo_yotei.html#02


なお,法務局での乙号事務(登記事項証明書・印鑑証明書等の交付や登記簿等の閲覧の事務)は民間に委託されていますので,こちらの窓口職員は公務員ではありません。
 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/sijyoukatop_index.html

Q公務員試験の客観的な難易度などは。

(カテゴリ間違いをしてしまい、2度目の質問となります。すいません。)

現在、大学生2年の経済学部の者です。
選択肢の1つとして公務員も考えて、色々な書籍を見ているところですが、
客観的な難易度がわからないので、目指せるものなのか、目指して勉強をしだしても良いものか等と疑問に思っています。
(国2~市役所までを考えてます)

◆それぞれの公務員試験の難易度を知りたいのですが、
◆だいたい教えて頂けませんでしょうか?
◆もしくは、どこかにそういったサイトや書籍はないでしょうか?


LECのサイトに難易度と称した表があったのですが、公務員試験の中での難易度の「順番」を並べてあるだけですので、あまり参考になりませんでした。

Aベストアンサー

こんにちは、

 LECの公務員難易度サイト見ました。難易度判定には十分だと思います。(地方公務員が大きな自治体と小さな自治体で結構差があることが明記していなかった点が、多少不満ですが...)

 が、それでも不十分というなら、もしかして、高校入試や大学入試のように「内申点」と「模擬テスト」の結果で、「ここなら99%合格」、「ここなら五分五分」とかいう、学校の進学担当の先生のアドバイスのようなものを求めているのでしょうか?

 だとしたら、誰にもアドバイスは不可能だと思います。(公務員にせよ一般企業にせよ)就職の採用専攻は受験とは異なり、「学力」という単一の「ものさし」で、貴方を測るのではありません。

 何十、何百という「ものさし」で、貴方を測定した結果、採用/不採用が決まるのです。

 もし、貴方と酒でも酌み交わしながら、3日間も語れば、かなり正確な合否予測は可能ですが、そうでもしない限り、全く判りません。就職試験というものは、そういうものなのです。

 御参考になれば幸いです。

 
 

Q市役所(公務員)は民間に比べて仕事が楽と聞きますが、本当でしょうか?

市役所(公務員)は民間に比べて仕事が楽と聞きますが、本当でしょうか?

26歳・男性、現在民間の金融業に勤務しております。

幸い大手なので福利厚生と給与は良いのですが、
短いスパンで繰り返される全国転勤と、出世競争、利益追求による
ノルマ達成など、神経をすり減らす毎日で、心療内科に通院しながら耐えています。

先日、30歳になる先輩社員が公務員試験に合格し、晴れて公務員となったと
聞き、私の同僚たちが口々に羨ましいと噂していました。

そこで質問なのですが、公務員、たとえば市役所などの仕事は
民間に比べて楽などと一般的に言われていますが、実際にはどうなんでしょうか?
(残業時間や人間関係など)

仮に公務員試験が少なくとも民間より楽なら、どんな苦労をしても
公務員を目指そうと思うのですが。

ご存知の方がいらっしゃったらアドバイス等お願いいたします。

Aベストアンサー

楽な仕事もありますし、とんでもない激務のところもあります。
部署によると思います。

県庁勤務の友人は、激務で内臓の疾病とひどい腰痛を起こし、それでも完治を期して長期休暇を取ることさえ出来ず、必死で頑張っています。

又、区役所窓口の友人は、8時半から17:00までの非常にラクな勤務で、年に十何日も有休をとって海外旅行に行き、のんびり過ごしています。
育児休暇もたっぷり取ってね。
(公務員の窓口業務のローテーション勤務は、複雑な仕事なので代わりが居ないから無理である、という意見をいつだったかここで聞いて、びっくりしたことがあります。代わりがないなんてとんでもありませんよ。むろん複雑な窓口業務もありますが、そうでないところのほうが圧倒的に多く、代わりは同僚がきちんと勤めています)

ですから、一概に「公務員のほうがラク」とは言えないと思います。

公務員になって市民に尽くしたい、というお気持であれば、「是非なって下さい」とお勧め致しますが、単に「民間よりもラクそうだし」ということであれば、激務の部署に行くかもしれませんからやめておいたほうが無難かと思います。

あと、病気になった時の保証(休業等)は、断然公務員がいいです。
ものすごい大企業ならともかく、普通は中々、何年も休むなんてことは出来ません。クビになります。
ですが、公務員なら大丈夫です。
気分的に、とても安心だと思います。

楽な仕事もありますし、とんでもない激務のところもあります。
部署によると思います。

県庁勤務の友人は、激務で内臓の疾病とひどい腰痛を起こし、それでも完治を期して長期休暇を取ることさえ出来ず、必死で頑張っています。

又、区役所窓口の友人は、8時半から17:00までの非常にラクな勤務で、年に十何日も有休をとって海外旅行に行き、のんびり過ごしています。
育児休暇もたっぷり取ってね。
(公務員の窓口業務のローテーション勤務は、複雑な仕事なので代わりが居ないから無理である、という意見を...続きを読む

Q公務員の中で最も受かりやすいのは?

大学一年です。
"安月給"でもいいのでとにかく公務員になりたいです。
公務員の中で最も簡単に入れる部類(?)を教えて下さい。
よろしくお願いします_(._.)_


※例えば「この資格さえ持っていればなれる」、とか。ただし、ド田舎に飛ばされるのだけはご勘弁を。

Aベストアンサー

#4 の方が丁寧に現業職を紹介して下さっていますが、今はほとんど民間に委託されてしまいました。よって求人はほとんどありません。で、現業職がわからない程度のおつむでは公務員試験に合格するのは無理ですよ。給料が安い公務員などありません。高くもありませんが民間平均以上です。

 田舎が嫌だとかなんとか・・そんな方は面接で落とされます。甘えてますね。

 それでも一番簡単なのは任期制の自衛官でしょう。ただし、一任期ごとの更新制ですので陸自は2年、2年、2年・・というように再任用されないと終わりです。30歳くらいまでが限度ですね。海・空自は「3年」、2年、2年・・となります。
 職業自衛官を目指すには一般曹候補生の試験を受けなければなりませんが10倍を超える難関で、あなた向きではありません。

 地方公務員では都道府県警察官、国家公務員では刑務官が比較的優しくなります。しかし中に入れば階級社会ですのでちゃらちゃらした人間にはきついでしょう。どちらも過酷な仕事です。

 資格に関しては医師、、薬剤師、看護師等の学校を出てから受験資格が発生し、国家試験合格後に免許が付与されようなものでない限りは持っていてもなんの役にも立ちません。公務員試験は純粋に筆記試験勝負の実力試験です。

#4 の方が丁寧に現業職を紹介して下さっていますが、今はほとんど民間に委託されてしまいました。よって求人はほとんどありません。で、現業職がわからない程度のおつむでは公務員試験に合格するのは無理ですよ。給料が安い公務員などありません。高くもありませんが民間平均以上です。

 田舎が嫌だとかなんとか・・そんな方は面接で落とされます。甘えてますね。

 それでも一番簡単なのは任期制の自衛官でしょう。ただし、一任期ごとの更新制ですので陸自は2年、2年、2年・・というように再任用されないと終...続きを読む

Q国税専門官と国立大学職員で迷っています

国税専門官と国立大学職員の内々定をいただき、どちらの職を受けるか悩んでいます。

国税専門官は、税務のスペシャリストとして充実した仕事ができると考えられ、初任給も大学職員より数万円上です。
今後どうなるかはわかりませんが、税理士資格ももらえるかもしれません。
ただし、人に嫌われる仕事であり、最悪の場合は毎年域内を転勤しなければならないため、精神的なストレスが溜まり易く、家庭をもつことにも障害が多いと聞いています。

国立大学職員は、初任給こそ国家2種相当ですが、昇給の遅さがネックとなって、徐々に給与に差が付き、平均では国家2種比80~90%の給与となるようです。
ただし、転勤は少なく、基本的には同じ地域で生活ができること、大学という知的フィールドで過ごせることが魅力的です。
独立行政法人化したため、変わりつつあるようですが、仕事もそこまで大変ではないようです。

ネットや知り合い等、私の集められる情報の範囲では、両者は「給与←→転勤」という天秤の上にあり、それにやりがいという点が加わるのではないかと考えています。
しかし、恥ずかしい話なのですが、どちらの職を受けるかという決定打がなく、迷ってしまっています。

両者の特徴や、長所短所等、何でも構いません。
判断材料になるものがあれば教えていただけないでしょうか。

なお、国税専門官、国立大学職員共に関西の採用です。

どうかよろしくお願いいたします。

国税専門官と国立大学職員の内々定をいただき、どちらの職を受けるか悩んでいます。

国税専門官は、税務のスペシャリストとして充実した仕事ができると考えられ、初任給も大学職員より数万円上です。
今後どうなるかはわかりませんが、税理士資格ももらえるかもしれません。
ただし、人に嫌われる仕事であり、最悪の場合は毎年域内を転勤しなければならないため、精神的なストレスが溜まり易く、家庭をもつことにも障害が多いと聞いています。

国立大学職員は、初任給こそ国家2種相当ですが、昇給の遅さ...続きを読む

Aベストアンサー

関西ということは大阪国税局ですね。
国税専門官は、平均3~5年で転勤になります。早い人だと1~2年の場合もあります。
職場が変わるわけですから、精神的なストレスはその度に多かれ少なかれあります。家族を持つと子供や配偶者のこともあり、単身赴任を選ぶ人も多いです。
ただ東京国税局・大阪国税局の場合、ほとんどが引っ越しをしなくても通える範囲にあるのでかなり恵まれているといえます。
転勤になっても引っ越すことは地方に比べれば圧倒的に少ないです。
地方はほとんど引っ越しが伴うため、精神的・肉体的・金銭的にかなりきついし、家族にもかなりの影響が出ます。この家族への負担を考えて単身赴任の割合が多いのです。
よって質問者さんの場合、転勤といっても引っ越すことはあまりないのではないかなと思います。勿論どこに住むかによって変わってきますが、自分の住居と税務署の所在地を考えればおおよその目安がわかるのではないでしょうか?(通勤時間2時間は当たり前の範囲と考えてください。地方では2~3時間で頑張ってる人もいますし、自腹で新幹線通勤している人もたくさんいます。)
和歌山になれば確実に引っ越しでしょうが。

仕事のやりがいは、大学職員より圧倒的にあると思います。
ただその分、いろいろな面でとても厳しい環境にあります。世間のイメージからはほど遠い公務員と考えてください。成績も暗黙に求められます。お金の絡む仕事は民間・公務員関係なく厳しいものです。
仕事柄私生活でも世間の目は気にしないといけませんし、仕事上も相手にスキを与えてはならないのでいろんなことに気を配る必要があります。
半分以上の仕事が相手にとって嫌なことになるため、文句を言われたり、罵倒されたりといったこともあります。
これがきつくて、精神面でまいってしまう人もいます(病気になったり・・・)。
何を言われても、「自分は正しいことをしているんだ。間違ったことをしてるわけではない。税は公平・公正に。」といった確固たる正義感・信念が必要です。

大学職員は国税専門官に比べれば、非常にぬるい世界にいると思います。私は国立大学出身ですが、事務職員にあまりいいイメージは持ってません。
しかし、自分が事務職員になるなら仕事面では楽かも?と思います。

給与が違うわけですから当然きつさも違います。
どちらが自分の性格や生活にあっているかよく考えてで選んでください。

関西ということは大阪国税局ですね。
国税専門官は、平均3~5年で転勤になります。早い人だと1~2年の場合もあります。
職場が変わるわけですから、精神的なストレスはその度に多かれ少なかれあります。家族を持つと子供や配偶者のこともあり、単身赴任を選ぶ人も多いです。
ただ東京国税局・大阪国税局の場合、ほとんどが引っ越しをしなくても通える範囲にあるのでかなり恵まれているといえます。
転勤になっても引っ越すことは地方に比べれば圧倒的に少ないです。
地方はほとんど引っ越しが伴うため、...続きを読む

Q労働局で働くには

現在、公務員志望の大学生です。

私は将来的には労働局に勤めたいと考えています。
労働基準監督官としてではなく一般職員としてです。

そこで質問なのですが

 1 労働局は厚生労働省管轄の組織ですよね?なので労働基準監督官の試験ではなく国家一般の試験を受けて、厚生労働省の職員として就職することになるのですか?

 2 労働基準監督官でなくとも、労働基準監督署で働くことはできますか?

お願いします。

Aベストアンサー

>1.
 ・試験は、国家公務員採用試験(一般職試験「大卒程度試験」「高卒者試験」)を受験し合格
 ・希望ブロック(労働局は全国で10ブロックに分かれています)の面接を受けて合格・・厚生労働事務官として採用
 ・厚生労働事務官として地方出先機関での勤務(都道府県労働局・ハローワーク・労働基準監督署)
>2.
 ・厚生労働事務官として労働基準監督署での勤務は可能

・詳しくは、下記をご覧下さい(上:北関東ブロックのご案内、下:東京労働局の採用案内)
http://ibaraki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/ibaraki-roudoukyoku/soumu/recruit/h2602_together.pdf
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/saiyouannnai.html

Q国家公務員って転勤が多いんですか?

国家公務員てどんな職種でも転勤が多いのでしょうか?
転勤がない公務員の職ってないんですか?

Aベストアンサー

行政や法律の2種試験や、3種の文科系方面の試験区分ならブロック採用ですよ。
たとえば中部ブロックなら東海、北陸管内の転勤になります。
その他全種理系分野や1種は、ほとんど全国でしょう。 
とくに、1種(キャリア)は主に本省でしょうが、何年かすると、どこかの県庁職
の課長として出向させられたり、たまに海外の大使館職員として出向させられた
り、国費で留学しに行くこともあります。

転勤の少ない公務員なら市役所職員でしょうが、姉妹都市交換職員として何年か
そこに行かされたり、また、県庁との交流で出向させられたりもします。
お奨めは、地方小都市の消防士さんや同職員さんですね。
私の知人にもいますが、3年間だけ遠いところへ行ってましたが、あとの16年間は
ずっと同じ市内の本署と支署を行ったり来たりしてます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング