マンガでよめる痔のこと・薬のこと

タイトルのとおり、ワタナベノボルという人物は、村上春樹の小説(長編、短編のどちらにも)によく登場するんですが、村上春樹さんは何か、意味があって彼を登場させているのでしょうか???

それともうひとつ気になっている、「ねじまき鳥クロニクル」の冒頭が短編となっている中では、ワタヤノボルがワタナベノボルとなっているんです・・・。

どなたか、こうではないかな・・・??とおもう感想などでも良いので、あなたの考えを教えてください!!!!

A 回答 (2件)

追加です


文藝春秋のインタビューによると、
登場人物に名前を付けるのが苦手だった*1村上さんが「ワタナベ・ノボル」という名前(安西水丸さんの本名)を獲得したことにより「救われた」と言っています。(文藝春秋89年4月)
*1(初期の登場人物は、鼠だとかジェイだとか記号のようなもので呼ばれ、みな氏名がない。)
その名前を使い回しているだけだと思われます。

『クロニクル』の前身である短編『ねじまき鳥と火曜日の女たち』では
「ワタヤ・ノボル」は「ワタナベ・ノボル」でしたが、それも
長編化するに当たって「ワタヤ・ノボル」に改名されただけでしょう。

結局はすべて安西水丸さんの本名がベースになっているということですね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに初期の短編などには、鼠という友人が出てきたり、氏名がないですね・・・。
 『ノルウェイの森』でもワタナベトオルなど、どういう繋がりなのかと不思議に思っていましたが、あまり意味はないと考えたほうがよさそうです。
 村上春樹さんについて詳しいかたに回答していただき感謝しています。
 ありがとうございました!

お礼日時:2006/05/28 18:47

こんにちは。


「ワタナベノボル」は村上さんがよく一緒に仕事をされている
安西水丸氏の本名です。
対談かエッセーで語っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます!!
村上春樹さんの対談やエッセーは全く読んだことがなかったので知りませんでした。
前々から気になっていたので、すっきりしました!
ありがとうございました!

お礼日時:2006/05/28 18:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「続柄」は「ぞくがら」と読むのと「つづきがら」と読むのどちらが正しいか?

辞書を引くと続柄は「つづきがら」「ぞくがら」どちらとも読めるようです。
続柄とは親族間の関係という意味で使いますが、続柄はどちらの呼び名が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「続柄とは親族間の関係という意味で使いますが」は正確性を書いていますね。続柄は「つづきがら」が本来の読み方で「ぞくがら」は便宜的な読み方が定着したようです。私立と市立を区別するために後者を「いちりつ」と読むようなものでしょう。

続柄の記入欄はいろいろな書類にありますがもっとも
一般的なのは戸籍と住民票でしょう。

戸籍・・・両親と子供の関係を親から見た関係で表す。
住民票・・・所帯主と同居している人の関係を所帯主から見た関係で表す。
例。妻、長男、長女、祖母、弟など


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング