友人が言っていたのですが、「Dr.スランプ」を描いた鳥山明は「ドラゴンボール」の描いている途中で、少年ジャンプのやり方(なんでもトーナメントにする)に嫌気がさし、「ドラゴンボール」の作品と「鳥山明」の名前を他者に売って、ドラゴンボールの初期の頃と途中で作者が変わったと言うのですが、本当でしょうか?もしくは、そんな都市伝説ありました?色々ググってみたけど見つかりませんでした。その友達は、
「これっ有名な話よ」と言ってたけど、かなり信じられません(^_^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ちょっとよく思い出していたら、その噂があったのは当時中学生の頃だからフリーザ編を描いていた頃でした。


まぁこの手の似たような噂はよくあって、「高橋名人が詐欺で警察に捕まった」とか。
これの真相は、警察で一日所長をしたのを誤って噂になって広まったんだけど…。
鳥山明の影武者説はまだいい方で、実は本物は死んでいてゴーストライターが描いているという酷いのもあったり。
有名なだけにこの手の噂はいっぱいありましたよ。

「雑誌に載っていたのを…」って言ってるようだけど、「らしい」と言っているのであれば又聞きで色々根も葉もない脚色がされているだろうし、仮に本当に載っていたとしてもそういう噂話を載せるような雑誌は「GON!」のようなB級ネタ雑誌だと思う。

鳥山明氏がマジュニアとの天下一武道会でドラゴンボールを辞めたかったのは本当のようで、編集部の延命処置によって描かされているというのが噂になってそれにある事無い事つけられ各地で噂になったんだと思いますよ。
友達と会話のネタみたいな扱いだったから、ネットで検索しても出てこないのだと思います。


#1の方が書いているのは、アニメについてですね。
アニメは漫画とは制作環境も制作会社も違うので、違っていて当然だし原作者があまりタッチしないのはアニメの制作があまりにも時間的制約が多く関わっている人も多い為小回りが利かない為です。
手塚アニメの弊害ともいえますが…
これは、鳥山明氏とは無関係の事柄です。
アニメとは、そういうものです。

#2の方が書いているアシさんの事もかなり有名。
鳥山氏の才能に惹かれて才能を持った人が集まってくるという良い循環があった時期もありました。


書き足りなかった部分を補足できたと思うので終わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。雑誌に載ってるから、信憑性が高いにはなりませんものね~。仲間内にはっきり否定できて、すっきりしましたm(__)m

お礼日時:2006/06/10 21:51

>そんな都市伝説ありました?


ありましたよ。別人が描いているっていうどこから沸いて出てきたのかわからない噂は。
かなり有名な部類の噂だと思います。
コミック収益でもう十分食っていけるし、本当はコミックス18巻で終わりたかったのに無理やり編集の言いなりに描くのがやってられないって、打ち合わせはしてるけど実際描いていないっていう噂というかジャンプ編集部へのあてつけのような話はありました。
フリーザ編のあと辺りかな、露骨に絵の雰囲気が変わって筋肉の描き方が硬くなって作風に変化が出た事だったと思います。
ネットが発達していない頃で、地域レベルで口承された噂話なので、噂の出所やいつ頃噂が出始めたのかは不詳です。

この噂自体は有名だけど、真実だという訳ではなりません。
「都市伝説」は、根も葉もない噂であって真実ではないのですから…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

(!o!)オオ!やっぱり都市伝説だったのですか?それを聞いてすぐに、友人に「それって都市伝説じゃないの?」と聞いたら、「有名な本当の話やで、二人の別の知り合いから、聞いたから。雑誌にも載ってたらしいし・・・」って言ってたから、限りなく都市伝説ちかい(^_^;とは思ったものの、そういう都市伝説があったという事すら検索しても出てこなかったので、この回答でかなりすっきりしました!

お礼日時:2006/06/10 08:59

ANo.1 の方はアニメと漫画をゴッチャにしてますが、漫画の作画についての回答。



これは、税金対策で「バードスタジオ」を設立(法人化)したことで、「スタジオ制でアシスタントがほとんど描いてる」と妄想した誰かのデマが始まりです。ちなみに、鳥山先生は背景やベタ・トーンなど以外はほとんどご自分で描かれています。(まれにモブシーンのキャラで、アシスタントの手によるものがありましたが。)
ちなみに歴代アシは、ひすゎし(漫画家・松本久志)、松山くん(松山孝司・タミヤ人形改造コンテストの常連入賞者で、鳥山先生のフィギュア改造の師匠)、みかみなち(奥さん・少女漫画家)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より詳しい情報ありがとうございます。鳥山先生、キャラはほとんど自分で描いてるんですね!アシスタントの方々も多才な人たちなんですね。奥さんも漫画家というのも初めて聞きました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/10 08:55

おそらく 友達の勘違いでは?



鳥山明先生は テレビの方はノータッチでご自分でもどんな展開になるのか楽しみで見てますと おっしゃってました、打ち合わせにも殆どいかれず いや~先にネタが解っちゃうと見る楽しみが減るのでとも言ってました。

映画版は打ち合わせには行っていたようです。

手塚治大先生も鉄腕アトムでテレビ版で原作を考えたのは僅か2・3話後は御弟子さん達が企画から作画編集まで殆どやっておられたとか 先生は目だけ書いていたそうです。

あくまでプロダクションとしての仕事ですから ひすわしくんが書いていようが先生が書いていようがそれは関係ないと思います。

名前ごと売るというのは アーティストとして考えられないと思います・・・・
絵のタッチも行き成り変わったりしては居ませんし・・・・
名探偵コナンは御弟子さんたちバージョンも出てますが明らかに絵が微妙に違います アシの人ですら違いが出るのに かなり眉唾のはなしですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、眉唾ですよね。アシスタントが描いていると言う話なら、確かに納得できます。

>名前ごと売るというのは アーティストとして考え>られないと思います・・・・

そうですよね~

お礼日時:2006/06/10 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鳥山明さんのファンクラブ

いつも楽しく拝見させていただいています。さて表記についてですが、子供が鳥山明さんの大ファンでファンクラブがあるなら入会したいと言い、分かる限り探してみましたが、鳥山明ファンクラブという言葉がサイトから出てくるだけで詳しいことが分かりませんでした。今からでも入会できるのでしょうか。入会方法など詳細が分かりましたら教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鳥山明さんのファンクラブは
ドラゴンボールの連載時の初期(2巻くらい?)
までコミックスで募集していたものでしょうか?
これは会報などを発行していたようで
この会報はヤフオクに出すとプレミアがつくようです
当然今では活動していませんし
今現在公式のファンクラブというものは無いです。

ただ公式で「ジャンプランド」というネット上で
ドラゴンボールを中心にバーチャルなジャンプキャラの世界が体験できるものはあります
(有料)
ここでは鳥山先生のメッセージなども発信しています。
ファンクラブといえるのかどうかはわかりません。

もっとも私設で活動してるファンクラブはあると思いますよ。

Q鳥山 明 さんのマンガについて

ドクタースランプでは、アメリカナイズされたそれでいて、どこか、日本の昔の田舎を思わせる畑や山、かかし、農夫?などが出てきます。

 ドラゴンボールでは一転して、中国拳法を 西遊記をベースにして描かれていますが、(亀仙人の島はハワイのような小島?ですが)それぞれ、深い、興味や
憧れなどが、作者に影響があり、相当、教養もあったのでしょうか? 

 ブルースリーやジャッキー・チェンが大好きとか
ジャッキー・チュンという名前で、亀仙人が出場するくらいですから、天下一武道会に。

Aベストアンサー

浅学ですが、回答致します。

鳥山明氏は、「鳥山明 スペシャルイラストレーションズ」という最初の画集の中でのちっこい記事に、「連載開始当初、鳥山明は中国に非常に関心を持っていた」とあるので、それまではアメリカを舞台としたような物語を描いて来た面もあり、中国に関心を持ったのは、Dr.スランプ終了前後、というのが伺えます。
また、表紙カバー折り返し部分の著者近影にも中国人民服の帽子を被っている姿を書いている等、中国への「デザイン的な」関心は人並み以上のものだった事が伺えます。

が、作中、短編「Mr.ホー」の中で、Mr.ホーは名前から明らかに中国人であるのに対し、舞台は明らかに中国ではなく、南北戦争をモチーフに出している事から中央集権的で他所を制圧する、という中華思想的なものは書かれていません。

ですので、中国に対して、デザインやデザインを作成する上での思想的な憧憬は持っていたものと思われますが、政治思想などの中国のコアとなる部分に対し、マンガにて触れていない、という事は、思想的な中国のマイナス面での教養(プロバガンダによる影響)は幸いにも受けておらず、デザイン等の良い部分に関してはかなりの造詣を持っていると思われます。

鳥山氏の根底は
1.キャラの底抜けな強さ
2.デザイン
3.ギャグ
4.メカ
で構成されており、1・2の要素を満たす材料としてマッチングしたのが中国というものだったのでしょう。
この面の研究で鳥山氏を超える人はいないと思いますが、その他の中国の面に対して、鳥山氏自身の興味はかなり薄いものだったと憶測できます。

浅学ですが、回答致します。

鳥山明氏は、「鳥山明 スペシャルイラストレーションズ」という最初の画集の中でのちっこい記事に、「連載開始当初、鳥山明は中国に非常に関心を持っていた」とあるので、それまではアメリカを舞台としたような物語を描いて来た面もあり、中国に関心を持ったのは、Dr.スランプ終了前後、というのが伺えます。
また、表紙カバー折り返し部分の著者近影にも中国人民服の帽子を被っている姿を書いている等、中国への「デザイン的な」関心は人並み以上のものだった事が伺えます。

...続きを読む

Q質問です。鳥山明さんのアニメで好きな作品を教えてくださいね。お気軽にどうぞ。

質問です。鳥山明さんのアニメで好きな作品を教えてくださいね。お気軽にどうぞ。

Aベストアンサー

作家としては高名な方だが、アニメ化された作品となると、実際はそれほど数がない

メインは《アラレちゃん》と《ドラゴンボール》で、それぞれにTV版・映画版とが存在するが、他には既出の《剣之介さま》など、小品が数作あるのみ
なので「何が好きか」と聞かれたら、《アラレちゃん》と《ドラゴンボール》のいずれかの回答しか出てこないと考えられる

ちなみに一般にはこの2作が知れ渡っているが、もう一つ、ゲームの《ドラゴンクエスト》のキャラクターデザインも手がけている

Q鳥山 明氏に手紙を出したい!

米国で小学5年生の男の子に日本語を教えています。
その子はドラゴンボールが何よりも好きで将来日本にいる鳥山氏に会いに来たいと
いうことで今一生懸命日本語の勉強をしています。
そんな彼にひらがなとカタカナを上達してもらう意味も込めて「鳥山 明に手紙を書こう!」と言うとそれ以来さらに必死になって勉強をするようになりました。
ところが肝心要の鳥山氏の住所またはファンクラブの住所が見つけられません。
彼をがっかりさせるのはあまりにも可哀相なのです、どなたか何でもいいので情報を知っている方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

漫画家などの本人の住所はまず教えてくれません←ファンが殺到するため。
そのため、普通ファンレターなどは出版社を通して送ることになります。
鳥山明先生ならば、ジャンプですので集英社だと思います。
集英社の住所は、

〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋2-5-10
株式会社 集英社

です。
また、メールで良いのであれば、参考URLからメールを出すことができるようです。
以上、ご参考になれば。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/rforum/fanime/fanclb/bird/about/p_policy.htm

Q【鳥山明が天才なのか子供がバカなのか?】 子供がドラゴンボールに熱狂している。 これは果たして

【鳥山明が天才なのか子供がバカなのか?】


子供がドラゴンボールに熱狂している。

これは果たして鳥山明が天才だからなのでしょうか?

子供がバカだからでしょうか?

ワンピースを見ても大人になったらなぜ熱狂していたのか分からなくなる。ということは鳥山明は天才だったからじゃなくて子供がバカだったからかなと思ったり。どうなんでしょう。

大人でドラゴンボールにまだ熱狂している人は完全にバカですよね。

Aベストアンサー

特定の顧客層の望むモノを的確に把握してピンポイントで提供する

ゆえにコアな顧客層の支持は盤石だが、それ以外の人には全く見向きもされない・・・・

トランプ現象の解説で聞いた話だが、ここにも当てはまるのでは?

QDr.スランプ(文庫版コミック)で・・・

Dr.スランプ(文庫版コミック)で、オボッチャマンくんが登場するのは何巻からでしょうか?

Aベストアンサー

7巻のようです。
http://www.amazon.co.jp/Dr-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97-7-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E7%89%88-%E9%B3%A5%E5%B1%B1-%E6%98%8E/dp/4086170574/ref=pd_sim_b_title_1

Q鳥山明作者交代説について

友人が言っていたのですが、「Dr.スランプ」を描いた鳥山明は「ドラゴンボール」の描いている途中で、少年ジャンプのやり方(なんでもトーナメントにする)に嫌気がさし、「ドラゴンボール」の作品と「鳥山明」の名前を他者に売って、ドラゴンボールの初期の頃と途中で作者が変わったと言うのですが、本当でしょうか?もしくは、そんな都市伝説ありました?色々ググってみたけど見つかりませんでした。その友達は、
「これっ有名な話よ」と言ってたけど、かなり信じられません(^_^;

Aベストアンサー

ちょっとよく思い出していたら、その噂があったのは当時中学生の頃だからフリーザ編を描いていた頃でした。
まぁこの手の似たような噂はよくあって、「高橋名人が詐欺で警察に捕まった」とか。
これの真相は、警察で一日所長をしたのを誤って噂になって広まったんだけど…。
鳥山明の影武者説はまだいい方で、実は本物は死んでいてゴーストライターが描いているという酷いのもあったり。
有名なだけにこの手の噂はいっぱいありましたよ。

「雑誌に載っていたのを…」って言ってるようだけど、「らしい」と言っているのであれば又聞きで色々根も葉もない脚色がされているだろうし、仮に本当に載っていたとしてもそういう噂話を載せるような雑誌は「GON!」のようなB級ネタ雑誌だと思う。

鳥山明氏がマジュニアとの天下一武道会でドラゴンボールを辞めたかったのは本当のようで、編集部の延命処置によって描かされているというのが噂になってそれにある事無い事つけられ各地で噂になったんだと思いますよ。
友達と会話のネタみたいな扱いだったから、ネットで検索しても出てこないのだと思います。


#1の方が書いているのは、アニメについてですね。
アニメは漫画とは制作環境も制作会社も違うので、違っていて当然だし原作者があまりタッチしないのはアニメの制作があまりにも時間的制約が多く関わっている人も多い為小回りが利かない為です。
手塚アニメの弊害ともいえますが…
これは、鳥山明氏とは無関係の事柄です。
アニメとは、そういうものです。

#2の方が書いているアシさんの事もかなり有名。
鳥山氏の才能に惹かれて才能を持った人が集まってくるという良い循環があった時期もありました。


書き足りなかった部分を補足できたと思うので終わります。

ちょっとよく思い出していたら、その噂があったのは当時中学生の頃だからフリーザ編を描いていた頃でした。
まぁこの手の似たような噂はよくあって、「高橋名人が詐欺で警察に捕まった」とか。
これの真相は、警察で一日所長をしたのを誤って噂になって広まったんだけど…。
鳥山明の影武者説はまだいい方で、実は本物は死んでいてゴーストライターが描いているという酷いのもあったり。
有名なだけにこの手の噂はいっぱいありましたよ。

「雑誌に載っていたのを…」って言ってるようだけど、「らしい」と言...続きを読む

Q鳥山明「ハイギョのマヒマヒ」が読みたい!

今日、水族館で肺魚を見て「鳥山明が描いた肺魚のラブリーなマンガがあったなあ‥‥」と思い出しました。
とても読み返したくなって、WEb検索で調べたところタイトルが「ハイギョのマヒマヒ」であることがわかったのですが、それ以上の情報が得られませんでした。
現在、手に入る単行本などでハイギョのマヒマヒが読めるモノがあれば是非教えて下さい。

Aベストアンサー

どうやら読みきりのようで、しかもカラー9ページのみなので、単独でのコミック化はかなり難しいかと。

なので1999年、04、05号合併号のジャンプを探すしかないような

Qドラゴンボールのパロディ漫画は鳥山明に権利費用払ってるの?

世紀末リーダー伝たけしとかその他の漫画家も鳥山明の大ヒットドラゴンボールのパロディを作中に登場させてますが鳥山明本人にちゃんと許可をとってるのでしょうか?また権利費用は払ってるのでしょうか?
僕的に二流三流あたりの漫画家が勝手に作品を汚してる感があって
ウケを狙ってるつもりなんでしょうが腹ただしいんですよね…。
どなたかこのあたりに詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

少なくとも、『世紀末リーダー伝たけし!』はジャンプ連載作品ですから、編集者の目は通っているわけで、まったくの無許可とは言えませんね。
作家同士が知り合いなら、電話1本で断りを入れるとか、事後承諾なんてパターンもあるでしょう。

他のパロディにしても、そもそもパロディにされるというのは人気があるということですから、小さなことにはいちいち目くじら立てる人もいないのではないかと。もちろん、作品のイメージを著しく傷つけるようなものなら、文句も言うでしょうが。

細かいパロディの場合、特に契約が結ばれていなければ、権利料などは払っていないでしょう。払うべき、と作者や編集が判断すれば請求するでしょう。

質問者さんは、もちろん鳥山氏が『Dr. スランプ』で、数々の円谷プロ作品のキャラクターを無許可で使ったことはご存じですよね。
円谷プロはこの態度にも鷹揚に対応したらしいですが、新装版ではこれらのキャラクターは描き替えられているそうです。
つまり、当時の鳥山氏は「無名に近い存在だから、まあよしとした」が、「今はメジャー同士なので、線引きはちゃんとしましょうね」ということです。

少なくとも、『世紀末リーダー伝たけし!』はジャンプ連載作品ですから、編集者の目は通っているわけで、まったくの無許可とは言えませんね。
作家同士が知り合いなら、電話1本で断りを入れるとか、事後承諾なんてパターンもあるでしょう。

他のパロディにしても、そもそもパロディにされるというのは人気があるということですから、小さなことにはいちいち目くじら立てる人もいないのではないかと。もちろん、作品のイメージを著しく傷つけるようなものなら、文句も言うでしょうが。

細かいパロディの場合...続きを読む

Q鳥山明さん今何やっているんですか?

ドラゴンボール、あの、ちょっとだらだらした漫画
やっと、おわりまして、何回か、ジャンプでも
短編を見かけましたが,最盛期はドラゴンボール
中盤だったように思います。(ゴメン、失礼)
今は何してらっしゃるんでしょうか?
印税で儲かりまくって,今はゆっくり生活してたりとか?
あ、でも、ドラゴンクエストシリーズの
デザインやってらっしゃいますよね。
微妙に鳥山らしくない画もみかけるんですが、あれ、本人でしょうか?
絵はうまいけどストーリーがな・・・。
だれかと合作してくれればと思います。
だれか、意見お願いします!!

Aベストアンサー

鳥山明の漫画家としての最盛期はドラゴンボール、ピッコロ大魔王編までだと思ってます。絵描きとしてはかろうじて本編終了までですか?印税うんぬんに関してはおそらくおっしゃるとおりだと思います。後、ドラクエですが鳥山明のイラストは基本的にパッケージ等のオフィシャルな物以外は別人が描いた物だと思います。(どの辺りに違和感を感じられたのか解りませんが・・)ただD.B.以後かなり絵柄が変わっていますのでなんとも言えませんが。D.B.以後、短編が2冊?出てますが
漫画としては面白くありませんでした。あくまで邪推ですが本人は漫画に関して興味が無くなっている(自分は絵描きだと思っている)にも関わらずジャンプのてこ入れのために半ば無理やり描かせてるのでは無いでしょうか?ちゃんとコミックス1巻で終わりますし。今後ハンターX2が終了しそれに変わる人気作が出なければ再登場するかも?その時はストーリーは他人に任せた方がいいかもね?回答になってませんね、基本的にはあなたと同意見です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報