よく山の上にはマイクロ波中継基地がありますが、単に反射板と呼ばれるもの(大きな板)もあります。これもマイクロ波用でしょうか?使用目的は何ですか?どこが管理してますか?

A 回答 (2件)

(実は自信「なし」だったり)



あの銀色の長四角の反射板もマイクロ波のです。
使用目的は、谷あいにあり電波の届きにくいダムだとかの建築物からの
防災無線をふもとの基地局までとばしたりするためのものです。
管理しているところは、その反射板を使用する施設を管轄するところが
一緒に管轄しています。(たとえばダムだったら、経済産業省)

私がどこでそれを知ったかと言うと何年も前にNHKの「クイズ日本人の質問」
(まだ、「新」が付く前)で放送してました。本になって出てるはずですが
ちょっと古いので売ってないかも・・・。

参考URL:http://www1.pref.yamanashi.jp/tihoukyoku.html,ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テレビでやってたんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/27 01:14

 反射板も、マイクロ波用ですね。

電力会社やダムを管理している情報を、直接目的地に送信することができないので、ポイントに反射板を設置して電波を目的地に届けています。管理は、電波を使用しているところですので、電力会社だったり開発局だったり、河川管理事務所とか用途によって色々です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、そうですか。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/27 01:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報