人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

カテゴリー5のLANケーブルでは8本ありますが、実際100Mbpsベースでは、1236の4本しか利用していませんよね?何か理由があるのでしょうか?教えてください。
実際、安めのノートパソコンとかですと、端子がもとから1236しかついていないものもありますし、カテゴリ6の1000Mbpsですと8本利用でしょうが、それはカテゴリ6で規定されていそうですし。何故でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一言で言えば、カテゴリー5とかカテゴリー6は「ケーブルの規格」であって、その上で行われる通信方法とは全く関係がない、ということです。



100Base-TXではケーブル端子のうち、1236しか使っていませんが、それは「100Base-TX」という規格でそのように決めたからであって、カテゴリー5の規格を決めるときには、100Base-TXの存在とは全く関係なしに信号の減衰率や本数(4対8本)などの規格が決められている(はず)です。

規格の制定も、UTPのカテゴリーはEIAが、100Base-TXや100Base-TなどのイーサネットプロトコルはIEEEが、それぞれ行っています。

参考URL:http://www.tokyo-fuji.co.jp/products/kikaku/tr-1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通信方法によりどの規格のケーブルを採用するかどうかってことですかね。100Mbpsでも、ケーブル規格でカテゴリ5で大丈夫だから5を採用し、それが浸透してイコール100Mbpsにはこれだとなってしまっているということなんでしょうかね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/05 02:11

1000base-T(X) を使っていると


1236 では、Windows では、OK だが
Linux では、NG のものがあって
今まで、あいまいにして来たが
この機会に調べてみました。

1000base-T は、カテゴリ5 以上で、4対8線 を使用している。
下記参照
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/tanpatsu/02ca …
1000base-TX は、カテゴリ6 以上で、4対8線 を使用している。
@IT では、5以上となっているが、これは疑問
http://www.wsuper.com/Tech/LAN/1000b/1000tx2.htm
どちらにせよ4対8線 を使用しています。

100M では、2対4線 ですが
カテゴリ5 が、1000base を想定しているせいでしょうか
しかし 1000base-T(X) のNIC を買うと 5e 以上 を推奨の気がしましたが
他 製造上とか、1本だけ離れているので量産が面倒?
強度的に弱くなるとか
あまり自信がないので、他の人の意見も

以下私事
Windows のNIC のdriver が、2対4線の場合は
100M にしている?? //そのうち測定してみる。
Linux driver の融通 の効かないものがある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通信方法によりどの規格のケーブルを採用するかどうかってことですかね。100Mbpsでも、ケーブル規格でカテゴリ5で大丈夫だから5を採用し、それが浸透してイコール100Mbpsにはこれだとなってしまっているということなんでしょうかね。
ご回答ありがとうございました

お礼日時:2006/07/05 02:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLANケーブルのカテゴリ5Eとカテゴリ6の違い

新築時に壁の中に自分でLANケーブルを通すことにしました。(経費節約のため)

それで、GW明けくらいから大工さんの昼休みを利用して作業に入ろうとしているんですが、どのLANケーブルを埋設しようかと思っています。

地元の電気店ですとコネクタなしのLANケーブルは100mのものでカテゴリ5Eのものしか売られていませんでした。

それで先ほど値段比較のためにネット検索したらカテゴリ6というのが売られていて、将来の高速化に対応できるようにかかれていました。

それで質問なんですが、カテゴリ5Eとカテゴリ6はコードの中は同じ8本なのでしょうか?
それとも規格そのものが異なるのでしょうか?

実際の配線は中央に松下のマルチメディアポート(WTJ5143K)にじかに剥き出しのまま配線します。

Aベストアンサー

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

 ただし、1000BASE-TXで使用するには線用のネットワーク機器が必要で、PCのコネクタはもちろん、ハブも対応が求められます。
 また、従来の100BASE規格との混在は出来ないため、1000BASE-TXのみのネットワークを構築する必要があります。

 しかしながら、今のところ1000BASE-TXに対応した製品はまだケーブルのみという状況で、しかも前述のように互換性の問題があるため、今後普及するかどうかはっきりしません。
 ただ、ケーブル自体はCat.6はどのような通信規格にも対応しています(1000BASE-Tも100BASEも可)。ですから、いまの時点ではどちらを選ばれても問題はないでしょう。
 予算に余裕があれば、Cat.6にしても良いかと思います。少なくとも、配線距離が長くなった場合の外部ノイズにはCat.6の方が強い構造になっています。

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報