中島義道先生の「無用塾」に関して何かご存知の方が
いらっしゃったらお教え下さい。メンバーの方がこの
中にいらっしゃらないでしょうか?

A 回答 (3件)

中島義道教授は、電気通信大学で、哲学や第二外国語の講義を行っています。


講義内容は、面白い!ですよ。
講義中、うけて何度も笑ってしまいました。

中島教授は、日本の騒音が大嫌いです。
講義中に携帯電話が鳴るのも嫌いなようです。
日本の騒音と、よく戦うそうです。

中島教授は、ドイツ留学をしていたことがあります。
ドイツ留学の私生活については、「ウィーン愛憎」中公新書 \540に掲載されてあります。
    • good
    • 0

塾の方がいないということですね。


私も気になって、探してみたのですが、紹介しているホームページはありませんでした。

それでしたら、中島先生の本務校に手紙を出されてはいかがでしょうか?

182-8585 (住所の記載不要)
電気通信大学 人間コミュニケーション学科教授 中島義道先生

これだけで届きます。
最低限必要なもの(先生への手紙、80円切手を貼った封筒など)を用意しておけばいかがでしょうか?
#なお、所在地は東京都調布市調布ヶ丘1-5-1です。

中島先生への連絡は、手紙が無難でしょう。
電話は先生の嫌うところだと思います。理由は言わずもがなですが、電話の呼び出し音によって、先生の研究を中断してしまう可能性も考えるべきでしょう。
#理由がわからない場合、入塾をあきらめた方がよいかも。

先についたアドバイスがいいかげんなので、あえてさらにアドバイス。
失礼しました。
参考URLに、電通大のホームページを出しておきます。

caballero様
「無用塾」の「無用」とはいかなる意味か、中国哲学をかじっていれば分かるはずなのですが?
「無用の用」こそ大切なのですよ。

参考URL:http://www.uec.ac.jp/
    • good
    • 0

ってことは、その塾も無用なんだね(笑


ま、しなければならないことなんて、何もない。
力むなってことかぁ?
回答じゃないけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報