中島義道先生の「無用塾」に関して何かご存知の方が
いらっしゃったらお教え下さい。メンバーの方がこの
中にいらっしゃらないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中島義道教授は、電気通信大学で、哲学や第二外国語の講義を行っています。


講義内容は、面白い!ですよ。
講義中、うけて何度も笑ってしまいました。

中島教授は、日本の騒音が大嫌いです。
講義中に携帯電話が鳴るのも嫌いなようです。
日本の騒音と、よく戦うそうです。

中島教授は、ドイツ留学をしていたことがあります。
ドイツ留学の私生活については、「ウィーン愛憎」中公新書 \540に掲載されてあります。
    • good
    • 0

塾の方がいないということですね。


私も気になって、探してみたのですが、紹介しているホームページはありませんでした。

それでしたら、中島先生の本務校に手紙を出されてはいかがでしょうか?

182-8585 (住所の記載不要)
電気通信大学 人間コミュニケーション学科教授 中島義道先生

これだけで届きます。
最低限必要なもの(先生への手紙、80円切手を貼った封筒など)を用意しておけばいかがでしょうか?
#なお、所在地は東京都調布市調布ヶ丘1-5-1です。

中島先生への連絡は、手紙が無難でしょう。
電話は先生の嫌うところだと思います。理由は言わずもがなですが、電話の呼び出し音によって、先生の研究を中断してしまう可能性も考えるべきでしょう。
#理由がわからない場合、入塾をあきらめた方がよいかも。

先についたアドバイスがいいかげんなので、あえてさらにアドバイス。
失礼しました。
参考URLに、電通大のホームページを出しておきます。

caballero様
「無用塾」の「無用」とはいかなる意味か、中国哲学をかじっていれば分かるはずなのですが?
「無用の用」こそ大切なのですよ。

参考URL:http://www.uec.ac.jp/
    • good
    • 0

ってことは、その塾も無用なんだね(笑


ま、しなければならないことなんて、何もない。
力むなってことかぁ?
回答じゃないけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔より塾へ行く小学生が増えた。なぜ?

私が小学生の頃、学習塾へ行く子供なんて居ませんでした。ピアノや習字はありましたが。古き良き時代というやつだと思います。それが現代では子供は夜に帰宅するから携帯を持たせるとか、私立へ入学した方が面倒見が良いから学習塾への費用を減らせるとか、塾に関係した話を多々耳にします。

・今時の小学生はそんなに学習塾へ行く必要が出ているのでしょうか?
・今時の小学生は昔と比べて学力は伸びているのでしょうか?つまり塾の効果が出ているのでしょうか?

Aベストアンサー

 一つ,補足として,首都圏の公立高校入試で,塾に行っている子をすべて除いて平均点を出すと,40点以上平均点が落ちる,という試算があります。

 これは,簡単に書くと,「県で発表している入試平均点×公立高校受験者数」-「大手塾で発表している各校合格者数×その学校の予想平均点を学校ごとに合計した値」を,(全体受験者数-塾からの合格者数)で割った値です。

 各受験生の正確な得点は分かりませんし,実績を発表していない中小塾の実績を除いての大まかな試算ですので,だいぶ誤差があると思いますが,簡単に言えば,公立の中で,「国立大学に10名以上合格者を出している高校」がすべて無くなってしまうぐらいの差になります。また,この値は,「大手塾で実績を発表している学校の分だけを引いた値」であることを考えると,塾に行っていない子の平均点は更に下がると思われます。

Q「無用塾」に入りたい!

中島義道氏の主宰する「無用塾」に入りたいのですが、どうやったら入れるか、もしくは「無用塾」のことを知っていらっしゃる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

直接は何も知らないのですが、中島氏の著書『人生を<半分>降りる』(ナカニシヤ出版、97.5)の3章の最後(P153)に、連絡先が書いてあります。
ただし、4年前の出版ですし、「…なるべく来ないでください」とかって書いてあります(苦笑)。今はどうなのでしょうか。
この本は、新潮OH!文庫(2000年発行)からも出たようなのですが、その中ではどう書かれているのか、確認してみたほうがよさそうです。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/

Q小学生からの塾

この時期になると4月から小学生になる子供を持つお母さん方が、どこの塾に入れようかというお話を聞きます。

小学生から塾へ通わせるメリット何でしょうか?
たくさんのご意見も聞かせて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは、

そうですね。
受験しないにせよ、今の学校教育ってデタラメ的な部部多いので、他の部分での補いは必要かなって思います。
でも、一年生なんて学校って所が初めてで毎日生活するのに本人は必死なんだと思うんです。
そこに塾通いが加わるのはどんなものかなって思います。
その前に、基本的な生活身に着けることのほうが大事だとも思います。
受験の場合でも、三年や四年になってからでも遅くないと思います。
コンビニなど行って非常識な小学生は大体勉強バッグ持ってます。
どんな教育してるんだ?って思います。
それで面接の時はお坊ちゃまぶり演じるのかな・・・みんなそうなんだろうけど、なんか違うような気がします。
けど、私が行ってた小学校はもう今から15年ぐらい前ですが、学校崩壊でした。
先生の指導は全く成ってない。
校長先生も同じです。
私は真面目だったので、学校が嫌いでした。
けど、勉強は嫌いじゃなくて。
だから、親が塾に通わせてくれました。
学校で本来するべきことを塾でやってもらった感じです。
こういう場合はいいかなって思います。

けど、結局はご家庭の教育方針に沿うことになるのかなって思います。
難しいですね。
あまりまとまりませんでした。

こんにちは、

そうですね。
受験しないにせよ、今の学校教育ってデタラメ的な部部多いので、他の部分での補いは必要かなって思います。
でも、一年生なんて学校って所が初めてで毎日生活するのに本人は必死なんだと思うんです。
そこに塾通いが加わるのはどんなものかなって思います。
その前に、基本的な生活身に着けることのほうが大事だとも思います。
受験の場合でも、三年や四年になってからでも遅くないと思います。
コンビニなど行って非常識な小学生は大体勉強バッグ持ってます。
どんな教育し...続きを読む

Q「巧言令色鮮し仁」をご存知か?

「巧言令色鮮し仁」 (こうげんれいしょく、すくなしじん)

この言葉の日本語訳は以下です。
「通貨(貨幣制度)が創り出した幻影に己を売り渡した者が、社会人のふりをしようと、あるいは家庭を築こうと、それは幻影にすぎない。なぜなら、己がすでにゾンビと化しているのだから。 →真の社会人とは、律せられずとも己を律し、コミュニティーの繁栄を願い、偽りなく他人を愛する者のことだから」

どんな宗教かは知らないが、なかなか素晴らしいと感じる。
皆さんも、似た様な「おまじない」あれば、教えてください。ぜひ!

Aベストアンサー

Otamaさん、こんばんは。
私の、おまじないを覚えていてくれましたか。ちょっとうれしいですねえ。

良い、おまじないが、たくさん集まるといいですね。
幻影に悩まされることなく、穏やかに暮らしてくださいませ。

Q教えてください。小学生の英会話教室のお月謝の相場はいくらくらいでしょうか?

教えてください。小学生の英会話教室のお月謝の相場はいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

人数にもよりますね。そう人数から逆算すれば、3000円〜5000円(地方ですが)週二日〜三日くらいではないでしょうか。(娘の時は3000円)
3000円/4週=一週間750円/3回=250円つまり、一回一人250円X10人で2500円3時間教えて、
時給833円らくといえばらくなしごとですが、時給計算すると安いしごとですね。
20人くらいを教えないと、3000円では、計算が合わないです。

Qショーペンハウエルの言葉の典拠ご存知の方、教えて下さい。

ショーペンハウエルの言葉で「すべて物理的(/形而下的)なものは、同時に形而上的なものである」というのがあるそうなのですが、出典をご存じの方、教えて下さい!

私が知っているのははじつは英訳されたもので、その部分は抜き書きすると
"everything physical" well said Schopenhauer " is at the same time metaphysical"
のようになります。

いろいろ条件を変えながらググってみたりもしましたが、どうにも突き止めることができません。実はヤフー知恵袋の方にも質問をだしたのですが、あまり閲覧されなくて、親切に回答して下さった方はいらっしゃるのですが、ドンピシャの典拠は分からずじまいでした。

直接の出典をご存じの方、どうかお力をお貸し下さい!

Aベストアンサー

well said (おそらくそういう意味づけででいった)がくせものです。
アメリカ人がよくやることです。

自分が読んでわからない内容についてなにかと
批判・議論してしまうのです。
(ドイツ語もできないのにヘーゲルについての議論とかやりますし)

主意としては、「意思と表象としての世界」
第二の17章に記述があります。
(他ページ回答者の方の弁明の為一言:
引用英語どおりの文章がないので答えようがないのです)

ショーペンハウエル自体は、
「学としての形而上学とは何か」と自問し
自然が我々に与える手がかりを
解析(entziffern)し、先見性と後天性とを哲学者が主体的に
明白如実な自己現象として結びつけること(芸術的創作)
で成り立つと解釈しています。

訳文はご自分でお探しください。
「われわれの(取り扱う)形而上学は、・・・」の強調で始まる文です。

カントの形而上学原論の解釈をしている文脈なので、上記英文のように解釈するには、かなりの論理飛躍が必要です。

Q小学生の塾の開始時間と終了時間について

小学生向けの学習塾(進学塾ではなく)は
だいたい何時から始まって
何時に終わるところが多いでしょうか?
個人塾でも大手でも結構です。

Aベストアンサー

私が通っていた塾は、個別指導でしたが、小学生が帰ってくる時間に合わせて、15時に塾長が来て、16時に授業が開始されていました。

夜は、22時が最終で、だいたい22時30分ごろ閉まっていましたよ。

忘れ物したり、早めに行き過ぎた時の記憶からです。

Q歩く亀に追いけない? そんな話をご存知ですか?

昔、大学の一般教養の授業で、教授がある意味不明な話をしてくれて、それが全く理解できなかったので、もし分る方がいたら教えてください。

詳しくはよく覚えていないのですが、何メートルか先に亀が歩いているとして、その亀には絶対には追いつけない、という話で・・。人間は亀よりも足が速いわけだし、現実的に考えればそんなわけない、と思うのですが、その教授の難しい話では、人間は亀に追いつけない、ということになってしまう、らしいのです。

あれは、ナゾナゾとか、笑い話とかの類ではなく、何かしら説得力をもった理屈や理論みたいで、同じ話を聞いた知人もよくわからなかったとか・・。

その筋の世界ではけっこうメジャーな話だと思いますますので、もしかしたらご存知の方もおられるかと思います。

できたら、それを分りやすく、誰にでも分るように解説していただきたいのですが・・・。

一応、ふざけているわけではないので、その辺のご理解とご了承のほどをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>なぜかといえば、亀と人間では移動する速さが全く違う
ではありませんか?

 
 人間が亀を追い越す地点に到達しないよう、
1度に進む距離をどんどん短くして誤魔化して
いるのです。数学的には級数の和の問題として
説明できます。

1+1/2+1/4+1/8・・・=2
というふうに、前の半分の数を足していくと
以上のようになります。

人間が、あと2mで亀を追い越せるとしましょう。
人間が1m走ると、亀は1.5m(1+1/2)
まで動いている。
人間が1.5mまで走ると、亀は1.75m(1+1/2+1/4)まで動いている。・・・

といった具合に、わざと追い越せる地点まで
行かないようにしているのです。

>あれは、ナゾナゾとか、笑い話とかの類ではなく、何かしら説得力をもった理屈や理論みたいで、同じ話を聞いた知人もよくわからなかったとか・・。

 これは紀元前5世紀のギリシャの話で、
だれでも現実にはおかしい話と感じても
それを適切に論破できない例なんですね。
 この説明だと、確かに人間は亀を追い越せない。
そのとおりなんです。
 理論的に正しいことが必ずしも真実ではない
という非常にいい例なんですね。

>なぜかといえば、亀と人間では移動する速さが全く違う
ではありませんか?

 
 人間が亀を追い越す地点に到達しないよう、
1度に進む距離をどんどん短くして誤魔化して
いるのです。数学的には級数の和の問題として
説明できます。

1+1/2+1/4+1/8・・・=2
というふうに、前の半分の数を足していくと
以上のようになります。

人間が、あと2mで亀を追い越せるとしましょう。
人間が1m走ると、亀は1.5m(1+1/2)
まで動いている。
人間が1.5mまで走ると、亀...続きを読む

Q小学生に結婚の申し込みをしました。僕は塾で講師をしていて、その塾で好き

小学生に結婚の申し込みをしました。僕は塾で講師をしていて、その塾で好きになった小学生の女の子がいました。で、

「好きだよ、愛してる、先生と結婚しよう!!」
と勇気を振り絞ってプロポーズしたら
「先生、オンナは16歳以上じゃないと結婚できないよ、民法に書いてあるよ」

といわれました。これは本当ですか?
結婚は何歳でもできるのではないのですか?

Aベストアンサー

同じ塾講師でも、高校生相手なら微妙な話になるところですが・・・。

最後の文章を拝見した時は、失礼・・・目が点になりました(^^;;;

いや、「基本中の基本」ともいえるこの法律をご存じない方がいると知り、かなりびっくりです。

「まだ男性が17才だから結婚はできないけど同棲はしている」という話は結構聞くのですが、さすがに、小学生にそれは要求できないでしょうし・・・。

未成年者といっても、まだ何の権限もない、無力な「子供」をお持ちの御両親に会うという話になったら、いったいなんとお話するつもりなのかとも思ってしまいますね。

その小学生の女の子が利発そうで、「民法」という言葉まで知っていることも驚きましたが、もし本気になって親御さんに話してしまったら、あなたの立場は「塾講師」として以前に「危ない人」扱いされかねませんよ。

まあ・・・普通は本気にとらえる大人はいないと思うので、この段階で法律をひとつ学んでいただいて、「女性16才以上と男性が18才以上にならないと結婚は不可能だし、さらに未成年の結婚は親の承諾が必要」ということも知っておいた方がいいですよ。


あなたにしたら、純粋な恋心で、傷つくかも知れませんが、まだ全面的に義務教育などすべてが親の保護下にあり、家事もまともにこなせない女の子と結婚して、どんな生活をするつもりなのでしょうか・・・。

まあ、今回は、下手に言い訳してもしょうがない気がするので、何も言わずに黙っておくのがよい気がします。

その子を本気で忘れられず「16才まで待てるほど好きだ」と思う時に、また改めてプロポーズしたらどうでしょうか。
といっても、その子が「自立した生活ができる女性になったら」ということを考えると、最低限20才まで待つのが一番かと思いますが・・・。

今回の件は、小学生相手なのですから「恋愛」とするにも苦しい問題となると思うので、あなたの立場を考えても、くれぐれも誤解を受けないようにしてくださいね。

つらいかもしれませんが、「冗談ですよ」ですませることも必要な時があるかもしれませんし。

あまりにも一般的な常識なので、検索してもろくなサイトがなくて恐縮ですが、参考までにURLをごらんください。

全世界で統一されているわけでなく、海外でも様々な法律がありますよ。

平安時代にでも生まれていれば、あなたのプロポーズは受け入れられたかも知れませんが、現代では、とにかく無理ですので、ご注意を。

参考URL:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-09-30/20090930faq12_01_0.html

同じ塾講師でも、高校生相手なら微妙な話になるところですが・・・。

最後の文章を拝見した時は、失礼・・・目が点になりました(^^;;;

いや、「基本中の基本」ともいえるこの法律をご存じない方がいると知り、かなりびっくりです。

「まだ男性が17才だから結婚はできないけど同棲はしている」という話は結構聞くのですが、さすがに、小学生にそれは要求できないでしょうし・・・。

未成年者といっても、まだ何の権限もない、無力な「子供」をお持ちの御両親に会うという話になったら、いったいなんとお話す...続きを読む

Q「全き家」という思想はご存知でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。ヨーロッパの 「全き家」という思想はどのような思想なのか、教えていただけないでしょうか。インターネットで調べましたが、あまり内容が見つからずに、ドイツ語で「das ganze Haus」と言うだけわかりました。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もともとは民俗学の用語でして、ドイツ史家ウィルヘルム・ハインリヒ・リールの著作で定義された言葉です。
(ただ、彼自身、民俗学は"遥か昔からあるもの"としていたので、概念としてはもっと前からあったのかも?)


産業革命前のドイツ諸邦の、市場の概念が今より小さかった時代。
お店で買い物をする市場経済よりも、家族を基本とした半自足自給の形態をとっていました。
この"家族"は、現代のような親子に限定された関係ではなく、
使用人や奴隷、あるいは師匠と弟子のような関係を含んだ、ひとつの家で暮らす共同体のことを指しています。
(ちなみに、ここからメイドさんは労働者じゃなく家族なんだ!という法律上の議論もあったり無かったり。)


なぜそんな閉じた社会を作っていたのかというと、
市場や物流、法整備や治安の概念があまり発達しておらず、
それぞれがある程度の自給自足と自己防衛が要求されていたため、と考えられています。
その後も、昔ながらの「古きよき時代」の考え方として賞賛されることもありますね。


ただ問題もあって、それぞれの家には一家を統率する主、つまり、お父さん役の人が居て
彼がルールを決める閉鎖的な社会構成でした。家庭内で暴力があっても
お父さんが認めればそれはいいこと、になってしまう可能性もありますね。
産業革命前の宗教支配の時代では、人間に階級があるのはあたりまえとされて、
今のように皆の権利が平等とは考えられていませんでした。


一方で主は家族に対して責任をもち、他の家の主と交渉したり争ったりする大変な仕事でもあります。
ここで家内が不安定であったり、経営が上手くいっていなければ
一段低く見られてしまう。こういった時代で社会参加をするには、
まず家を治められる人でなければならなかったわけです。
つまりは大きなことを語る前にまず、身近な基本からきちんとしなさい、ということでもあります。
このあたりは古代中国の儒教思想(斉家)にも近いかもしれないですね。

もともとは民俗学の用語でして、ドイツ史家ウィルヘルム・ハインリヒ・リールの著作で定義された言葉です。
(ただ、彼自身、民俗学は"遥か昔からあるもの"としていたので、概念としてはもっと前からあったのかも?)


産業革命前のドイツ諸邦の、市場の概念が今より小さかった時代。
お店で買い物をする市場経済よりも、家族を基本とした半自足自給の形態をとっていました。
この"家族"は、現代のような親子に限定された関係ではなく、
使用人や奴隷、あるいは師匠と弟子のような関係を含んだ、ひとつの家で暮ら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報