毎々お世話になります。
開発環境はNT4.0+SP6、VC++6.0です。

CWndのウインドウに対し上位のアプリからPostMessageを行いイベントを発行させようとしています。

1回ずつPostMessageを行うと問題ないのですが、
Call PostMessage(hwnd, WM_USER + &H1000, 1, 100)
Call PostMessage(hwnd, WM_USER + &H1001, 1, 102)
Call PostMessage(hwnd, WM_USER + &H1002, 1, 103)

のように連続してPostMessageを行うとイベントが逆転して発行されてしまいます。(103,102,100の順にイベントが発行されます。)

イベントをPostMessageを行った順に発行させることは可能でしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

PostMessageはメッセージを送信するだけで、メッセージの実行順序は受信側に任されています。

メッセージの送信後、送信側は次の処理(この場合、次のメッセージの送信)へと進みます。
したがって、このような逆転現象が発生する可能性があります。

メッセージを送信した順番に実行させたいならば、SendMessageを使用します。
SendMessageならメッセージを送信し、受信側の処理終了まで送信側の処理は停止します。したがって、次のメッセージの送信は確実に前のメッセージの処理終了後となります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

このウインドウに対しては非同期処理を実現したいと思っています。(SendMessageですと送信側の処理が停止してしまう所で問題になります。)

再度の質問で申し訳ないのですが、ウインドウに対してPostMessageを連続で行った場合、メッセージキューはファーストイン・ファーストアウトで処理するものなのでしょうか? またウインドウ側の制御で抑止は可能なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

補足日時:2002/03/06 10:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 10:16

はじめまして



PostMessage関数はキューに登録してすぐ制御を返します。
連続して送ると
逆転されて発行することは大いにありえます
キューってのはシステムが保持しますからねぇ

同じ使うのならすぐに制御を返してくれる
SendNotifyMessage関数や
SendMessageCallback関数なんかはどうですか?
これはキューに登録するのではなく、直接指定した
ウィンドウハンドルのプロシージャを呼び出し、制御を返す…と
いう関数ですから、少なくとも逆転するとは思えないんですが。

詳しくはMSDNに載っているはずですから、モノは試しでやってみる価値はあると思います。
うまくいかなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、できれば同期型ではなく非同期型で制御したかったので・・・
この方法も検討してみます。

お礼日時:2002/04/02 10:18

PostMessageを受ける下位のアプリでPostMessageの処理順を指定するなら


ifとかforとかを使えば、ソースは複雑になるけどできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、クライアント側でなんとかするしかないようですね・・・

お礼日時:2002/04/02 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC++ の typedef の 使い方の質問

C++のtypedefの使い方の質問ですが、typedefは、別名の定義として、知られていますが。
以下のソースの意味がよく読み取れないです。windows プログラミングとC++
が分かるかたがいれば、以下のソースの意味を教えていただきたいです。

よろしくお願いします。
typedef BOOL (WINAPI *AddAccessAllowedAceFn)(
PACL pAcl,
DWORD dwAceRevision,
DWORD AceFlags,
DWORD AccessMask,
PSID pSid
);

Aベストアンサー

関数ポインタの別名定義です。
「関数ポインタ typedef」をキーワードにWeb検索してみてください。
丁寧に解説されているサイトが見つかるでしょう。

QWM_PAINTとWM_MOVEで同じ事をしたいけど

VC.NETにて、
ウィンドウプロシージャでWM_PAINTとWM_MOVEを拾って、テキストを書き直す関数に飛ばしているのですが、WM_MOVEでは書き直してくれません。
書き直し関数はウインドウの座標の絶対と相対をGetClientRectとGetWindowRectで得て表示をするだけです。
WM_MOVEでも関数に飛んで、座標を得てはいるようですが、表示しなおしてくれません。
ウインドウの大きさを変えると表示し直してくれます。
何故でしょうか?

Aベストアンサー

>hdc = BeginPaint(hWnd, &paint);
と、
>EndPaint(hWnd, &paint);

これはWM_PAINTの中でしか使用できません。

WM_MOVEで描画を行うのでしたらGetDC()、ReleaseDC()を使用してください。

QC++.NET の String型の使い方

初めて質問いたします。
C++ .NET 2005 Express Beta版を入手し、Windows Formsのプログラミングを勉強してます。

TextBoxのTextに値を変数で指定したいのですがどうすれば良いのかわかりません。

  textBox1->Text = "Test";
とダイレクトに値を指定すればできるのですが、

  #include <string>
  using namespace std;
   (省略)
  string str = "Test";
  textBox1->Text = str;
は、エラーになってしまいます。

C++標準のstringクラスではなく、.NETはStringクラスがあるようですが、これの使い方がMSDN等で調べているのですが分かりません。
分かりやすいURLなどありましたら教えていただけませんか。

Aベストアンサー

textBox1->Text = new String(str.c_str());
でいけるんじゃないかなあ。
試してないのでなんですが、
C++のstringクラスからは、c_str()で、いわゆるNULL終端文字列へのポインタが得られて
.NETのStringクラスは、NULL終端文字列でのコンストラクタがありますから。

QWM_SIZEとWM_SIZINGの違い (Win32API)

Windowsプログラミングで、画面のサイズを変更したときに送られてくるメッセージで、
WM_SIZEで処理するのとWM_SIZINGで処理するのとでは何が違うのでしょうか?
WM_SIZEとWM_SIZINGの違いは何なのでしょうか?

また、似たようなものでWM_MOVEとWM_MOVINGの違いも教えてもらいたいです。

Aベストアンサー

実際にプログラムを書いてみれば、両者の違いは明白になるでしょう。

WM_SIZE は「サイズの変更後に」メッセージがアプリケーションに飛んでくるので、
ウィンドウのコーナーからマウスを離した時に文字がビョンと移動します。

Windows98 くらいまではウィンドウのサイズの変更はまずは輪郭だけサイズが変って
マウスをコーナーから離した時にウィンドウの中身が再描画されていたので、
WM_SIZE のメッセージハンドラを実装することになったでしょう。

しかし最近のインターフェイスはサイズ変更中もズリズリとウィンドウの中身が
再描画され続けます。これには WM_SIZING のメッセージハンドラを実装して、
サイズ変更中常に文字列の再描画を繰り返す必要があるでしょう。

Qc++ stringの使い方

お世話になります。
最近c++始めました。
stringの使い方がよくわかりません。
以下のstringの使い方が問題ないか確認頂けますか。
スマホで書くため、文法が合ってないと思いますが、stringの使い方だけ確認させてください。
引数にstringで囲って渡すのは実装として普通行いますか。
やってはいけないですか。
是非ご教示ください。

#define STR1 "mojiretu"
main()
if(check(string(STR1)))



bool check(string str)

Aベストアンサー

間違っちゃいないけど、直に const string でかまわんのでは?

#include <iostream>
#include <string>

const std::string STR1 = "mojiretu";

bool even_length(const std::string& str) {
return str.length() % 2 == 0;
}

int main() {
if ( even_length(STR1) ) {
std::cout << STR1 << " : even\n";
} else {
std::cout << STR1 << " : odd\n";
}
}

QSendMessage(hW,WM_CREATE,0,0);を

SendMessage(hW,WM_CREATE,0,0);
を実行するとシステムがWM_DOWNやWM_CHARを発行しなくなるみたいです
というのはそれ以降キー入力を無視するようになるのです
いったんアプリをアイコン化してウィンドウ化するとWM_DOWNやWM_CHARを発行するようになります
WM_CREATEを送ってもWM_DOWNやWM_CHARを発行しなくなるのを阻止するために何か方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>プログラムのイニシャライズのために送ったのですが送らないで住むプログラムに変更しました

普通はそんな方法はとりません。
システムが何をするか分からないからです。

自分でメッセージを定義して、初期化処理を行うようするためのメッセージを送るほうが無難です。
WM_CREATEと同じ処理を初期化処理として行わせたいのであれば、初期化処理を関数化して自分で定義したメッセージでも呼び出せばいいのですし。


>作ったプッシュボタンを押してシステムがWM_COMMANDを送ってきた後キー関係のメッセージを送ってくれなくなります

プッシュボタンがキーボードフォーカスを持ってのるでは?

ボタンがキーボードフォーカスを持っていてもキー関連のメッセージを親ウィンドウが受け取りたいのであれば、サブクラス化をするしかないでしょう。

QVisial C++おけるπの使い方

自宅でCプログラミングの練習をするためVisial C++ 2008を使って
プログラムをしています。y<sin(πx)となった時の
割合などを計算するプログラムで                「M_PIが定義されていない識別子です」
とでてきます。所持している本を参考にしてもM_PI=πとして用いる
と書いてあり、math.hもインクルードしてるので原因が分からなくて
困ってます。Visial c++ではπの使い方には何か別の使い方がある
のでしょうか?よろしくお願いします。
*↓が実際に作ったプログラムです。
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>
#include <math.h>

int main(void){
int i,n,count=0;
double x,y,r,error;

srand((unsigned)time(NULL)); /*乱数の初期化*/

printf("How many trials?");
scanf("&d",&n);

for(i=0;i<n;i++){
x=rand()/(RAND_MAX+1.0);
y=rand()/(RAND_MAX+1.0);

if(y<sin(M_PI*x)){
count++;
}
}

r=(double)count/n; /*キャスト演算子を使用*/
error=2/M_PI-r;

printf("Result is %f (Error: %f)\n",r,error);

return 0;
}

自宅でCプログラミングの練習をするためVisial C++ 2008を使って
プログラムをしています。y<sin(πx)となった時の
割合などを計算するプログラムで                「M_PIが定義されていない識別子です」
とでてきます。所持している本を参考にしてもM_PI=πとして用いる
と書いてあり、math.hもインクルードしてるので原因が分からなくて
困ってます。Visial c++ではπの使い方には何か別の使い方がある
のでしょうか?よろしくお願いします。
*↓が実際に作ったプログラムです。
#include ...続きを読む

Aベストアンサー

★アドバイス
・math.hをインクルードする前に『_USE_MATH_DEFINES』定数を define します。

#define _USE_MATH_DEFINES
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>
#include <math.h>

int main( void )
{
 :
 return 0;
}
必ず include する前に定義して下さい。

QなぜhButton1ボタンからのWM_COMMANDはフックできてクライアントエリアのWM_RBUTTONDOWNはフックできないのでしょうか?

#define STRLBUTTON TEXT("マウス左ボタンが押されました from mainProc")
#define STRRBUTTON TEXT("マウス右ボタンが押されました from my_HookProc")
#define STRCOMMAND TEXT("ボタンが押されました")


HWND hButton1;



LRESULT CALLBACK my_HookProc(int nCode, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
CWPRETSTRUCT *pcwpRetStruct = (CWPRETSTRUCT *)lParam;
HDC hDC;

if(nCode==HC_ACTION)
{
hDC = GetDC(pcwpRetStruct->hwnd);
switch(pcwpRetStruct->message)
{
case WM_COMMAND:
TextOut(hDC, 10, 10, STRCOMMAND, strlen(STRCOMMAND));
break;
case WM_RBUTTONDOWN:
TextOut(hDC, 10, 10, STRRBUTTON, strlen(STRRBUTTON));
break;
}

ReleaseDC(pcwpRetStruct->hwnd, hDC);
}
return CallNextHookEx(NULL, nCode, wParam, lParam);
}



LRESULT CALLBACK mainProc(HWND hWnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
static HHOOK hHook;
HDC hDC;

switch(uMsg)
{
case WM_DESTROY:
UnhookWindowsHookEx(hHook);
PostQuitMessage(0);
return 0;

case WM_CREATE:
hHook = SetWindowsHookEx(WH_CALLWNDPROCRET, my_HookProc, NULL, GetCurrentThreadId() );
if(!hHook)
MessageBox(NULL, "hooking failed", NULL, MB_OK);

hButton1 = CreateWindow(
"BUTTON", "hButton1",
WS_CHILD | WS_VISIBLE | BS_PUSHBUTTON,
10, 40, 100, 20,
hWnd, NULL,
((LPCREATESTRUCT)lParam)->hInstance, NULL
);
return 0;

case WM_LBUTTONDOWN:
hDC = GetDC(hWnd);
TextOut(hDC, 10, 10, STRLBUTTON, strlen(STRLBUTTON));
ReleaseDC(hWnd, hDC);
return 0;
}

return DefWindowProc(hWnd, uMsg, wParam, lParam);
}

#define STRLBUTTON TEXT("マウス左ボタンが押されました from mainProc")
#define STRRBUTTON TEXT("マウス右ボタンが押されました from my_HookProc")
#define STRCOMMAND TEXT("ボタンが押されました")


HWND hButton1;



LRESULT CALLBACK my_HookProc(int nCode, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
CWPRETSTRUCT *pcwpRetStruct = (CWPRETSTRUCT *)lParam;
HDC hDC;

if(nCode==HC_ACTION)
{
hDC = GetDC(pcwpRetStruct->hwnd);
switch(pcwpRetStruct->message)
{
case WM_COMMAND:
Tex...続きを読む

Aベストアンサー

WH_CALLWNDPROCRETはSendMessageで送られたメッセージのみを対象とし、WM_xBUTTONDOWNはPostMessageで送られるからです。WH_GETMESSAGEならばWM_xBUTTONDOWNをフックすることができます。

QcygwinでのC++の使い方

cygwinでC言語で書いたプログラムを実行したいのですがcygwinを起動すると
私の名前@なにやらアルファベット
が表示され次の行に

と表示されるんですがこの後にどんなことを書けば
#include<・・・>
としてC++のプログラムを書いていくことができるんですか?そもそもcygwinの使い方が根本的に違うんですかねえ?それともメモ帳かなんかにプログラムを書き保存しそれをcygwinで実行するんですかねえ?とりあえずプログラムを実行できるようにしてください。おねがいします。

Aベストアンサー

> それともメモ帳かなんかにプログラムを書き保存しそれをcygwinで実行するんですかねえ?

おおむねその通りです。

メモ帳でも何でもよいので、エディタでソースファイルを作成してください。作成したソースファイルは、とりあえずホームディレクトリに格納するとよいでしょう(C:\cygwinにCygwinをインストールしたのであれば、C:\cygwin\home\アカウント名がホームディレクトリになります)。

作成したソースファイルがfoo.cppだった場合、

g++ foo.cpp

とすれば、a.exeという実行ファイルが同じディレクトリにできるはずです。そこで、

./a

と入力すれば、a.exeを実行することができます。

QWM_CHAR or WM_KEYDOWN の「wParam」について

よくわかっていないのですが、

switch (message)
{
case WM_CHAR:
というところで、wParamから、文字の情報取得して、
HDC宣言して、TextOut関数使用…、の途中で、
wParamの文字情報は、どのようにすれば
TextOut関数に渡せるのでしょうか?
Visual C++を勉強したてで、勉強の成果をと思い、
テキストエディタを作ってみたいと思ったのですが、
さて、どうしたらよいのでしょうか?
エラー内容は、unsigned int → const char *
にできません、ということなのですが、
じゃぁ、型の変換の仕方は?という感じです。
初心者なので、簡単な例をつけて説明してくださると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

TextOut(~, (char*)wParam, ~);

と、char*型に型変換すると良い気がします。

--
TextOut関数の宣言、

TextOut(~, (const char*)szText, ~);

のconstキーワードは、
「TextOut関数に渡したwParamの値をTextOut関数の内部で書き換えることはありませんので安心してね。」
という意味ですので、

unsigned int
long double

などの2つの単語で宣言される「型」とは意味合いが異なります。
ヘルプの説明ですと釈然としませんが、参考URLなどを読んでみてください。

プログラマの正体!? - 誰が為にconst
http://www.asahi-net.or.jp/~vx2t-andu/lets/20020203.html

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~vx2t-andu/lets/20020203.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報