漫画やアニメでよく「ガンダム」の台詞やメカデザインのパロディを見かけますが、その題材にされているのはほとんどが所謂「初代ガンダム」ですよね。(「ケロロ軍曹」などでは特に顕著です。)

もっと他の「ガンダム」のパロディも見てみたいと思うのですが、なぜこうも初代ネタばかりなのでしょうか?

知名度に大きな開きがあるのでしょうが、他のシリーズもマイナーというわけではないと思います。私は初代より「Ζ」や「逆襲のシャア」のほうが好きなので(もちろん初代も大好きですが)今の現状を寂しく思ったりしています…^^;

追伸
もし「初代」以外のガンダムのパロディがあるガンダムとは直接関係ない作品でお勧めがあったら教えてもらえますか?
私は上にも書いたとおり「Ζ」「逆シャア」が好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

個人的な意見としては他のガンダムシリーズがマイナーなわけではなく初代がメジャーすぎるからではないでしょうか。



ここまで色々な地方局などでの再放送や映画化、キャラクターやそれぞれの有名なセリフなど他のシリーズに無いですね。
Zガンダムも映画化になりましたが、ようやくというか今頃という感じですし。

ガンダムが好きな人は初代のセリフは覚えてますしパロディにもしやすいんでしょう。
またケロロ軍曹はアニメも漫画も同じ制作会社、出版社ということもありますしギャグ漫画なのでパロディネタもしやすいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに初代人気は根強いみたいですね。

ガンダムに詳しくない人でもザクとRX78は知っている人が多いですし…

お礼日時:2006/07/26 21:11

こんにちは


初代ガンダムリアルタイム世代です

>>なぜこうも初代ネタばかりなのでしょうか?
他の方の言うとおり圧倒的に知名度、社会的認知度の問題です
何せ社会現象とまでなったアニメですからね~
次作のZまにで7年のタイムラグがあるのも一因でしょう

それともう一つ
アニパロというジャンル自体が初代のガンダムネタによって確立されたも同然と言う経緯があります
元凶は今は無きOUTやファンロードだと思いますが、そこでガンダムのパロディを投稿していた現プロ漫画家も沢山います。
つまりは初代ネタ出身者が業界を引っ張ってる、と言えるような部分もあるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
よく考えてみると、Ζと1stって7年も間があるんですね。

その間にアニメファンを卒業してしまった人も多かったということなんでしょうね。

お礼日時:2006/09/08 08:32

NO6さんの意見と重なりますが、「かってに改蔵」というマンガで「ガンダムはファーストしか認めない」というようなセリフがありました。

(作者の意見ではないと思いますが)
それが多数意見とはいいませんが、それに近い認識は結構強いんじゃないでしょうか?

上に挙げた「かってに改蔵」はファーストのネタが多いですが他のシリーズのネタも使ったりしてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

久留米田さんは色々なネタを用いますね。
やっぱりファースト信仰は根強いんでしょうね。

私はリアルタイムで見たわけではないので世代間のギャップを感じてしまったりします(苦笑

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/08 08:30

ことぶきつかさの漫画「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム 」をお勧めします


タイトルで一目瞭然なのですがVガンダムのパロディがメインの短編集です

中には一年戦争を題材にした漫画もありますが、特筆すべきは巻末のGガンダムのパロディ
ここで、言いたいんだけどネタバレになるのが嫌なので、是非とも探して一読して下さい

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=07752 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白そうですね~
Vガンダムはちゃんと見たことないんですけど、探してみます。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/08 08:28

>なぜこうも初代ネタばかりなのでしょうか?


区画整理された初代以降のガンダムは、形が定められていて懐の深さがないから。
それと、ガンダムにおける名言の多くはファーストに含まれていてパロディするにもネタにもならない。
あえてキツイ事を言えば、「Ζ」や「逆襲のシャア」を使ってパロディが考えられる?って事。
Ζの時クワトロが言った「これが若さか…。」くらいしかネタっぽいセリフも無い。
パロディって元のネタにパワーが無いと出来ない。


漫画じゃないけどアニメだったら、
「フルメタルパニックふもっふ」で、ガンダムSEEDのパロディで種割れならぬパンツ割れしてるよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
むむ、厳しい意見・・・

逆襲~は劇場版で尺が短いというハンデがあり、そういったシーンは限られますが、Ζはいろいろ心に残る台詞、不謹慎な見方をすれば笑えるシーンもいくつもあると思っています。

あと、紹介していただいたフルメタルパニックというアニメは興味を持った見てみようと思います。

お礼日時:2006/07/26 21:42

>「初代」以外のガンダムのパロディ



パロディー系ギャグ漫画家、安永航一郎の『超感覚ANALマン』では『機動武闘伝Gガンダム』というか「東方不敗」のパロディキャラが準レギュラー化しますけど…。

『∀ガンダム』放送直後は「ヒゲ」ネタを見かけたような気が…。

タイトルは覚えてないけど、今週読んだ漫画の中で、カマのような武器を持った殺し屋のシルエットに対し「ガンダムデスサイズ?」と叫ぶ場面が出てました。これは『新機動戦記ガンダムW』ネタですよね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
Gガンダムは詳しくないのですが、その漫画はなんだか面白そうですね。ちょっと気になります。

お礼日時:2006/07/26 21:35

初代の本放映の時点で小中学生だった人が、作り手として第一線で活躍する時代になったというのもあるでしょうね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言われてみれば、それは大きな理由になりますね。
リアルタイムで見ていた人が一番多いのは初代だそうですし…

初代ガンダムが放送していたのは私が生まれるすこし前の出来事なのでそういった考え方は頭にありませんでした。

お礼日時:2006/07/26 21:34

基本的にパロディは読み手が分からなければ無意味なものです。



ファーストガンダムの内容やアムロやシャアの台詞等はいろんなメディアで見られます。

しかし、他のシリーズはどうでしょう?
もちろんガンダムファンなら分かる事も多いでしょうが、対象となるのは必ずしもガンダムファンというわけではないでしょう。
(ケロロの読者≠ガンダムファン)
読者が分からないネタは多様出来ません。

まぁ、一部コアなネタばかり特化して、その手のファンしか読まない漫画もありますがw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>基本的にパロディは読み手が分からなければ無意味なものです。

確かにおっしゃるとおりなのですが、かといって読者全員に伝わる必要も無いと考えています。例に挙げたケロロ軍曹だと特撮の話も時々出てきますが、私は全くついていけてなかったりします^^;

お礼日時:2006/07/26 21:31

(まったく別物かもしれませんが)「ごっつええSEED」というものがフラッシュであります。

「ごっつええSEED」を検索してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そのフラッシュは知っているのですが、元からパロディを目的として作られたものと何か別のストーリーの中にギャグとして盛り込むパロディでは少し方向性が違うかなと考えています。

折角の書き込みを無碍にするようで、申し訳ありません。

お礼日時:2006/07/26 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニコニコ動画への動画投稿について

私は東方二次創作手書き動画を作り、投稿しようと思っています。
その際、東方×何かでパロディ作品として作ろうと思っているのですが、
基本的にパロディ作品の動画投稿は許可されているのでしょうか?

パロディとして使わせて頂く作品として、
上記の「何か」に当てはめるとしたら、
やはり誰でも知っているような作品を使っていきたいなと思ってます。
例えば、ジブリ作品だとか有名な漫画とかですかね・・。

また、その作品の著作者に、許可を貰う為の連絡を、
とる方法は分からないし、取れないと思うので、
無断で使う形になるのだろうと思います。
そのような場合でも、パロディとして使用してもおkでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる二次創作は法律的には黒に近いグレーになります。
これらを作ったり公開したりしても、100%違法になる訳ではありませんが、これは親告罪だからです。
ジブリならジブリが二次創作に対して、著作権の問題があると訴え出て初めて違法になるという事です。
逆にそれらが黙認されている状態があるのも事実です。しかし常に黙認されている訳では無く、いくつかの例で実際に事件になっていることもあります。
刑事事件で逮捕された例としては、ポケモン同人作家逮捕事件が割と有名です。

なお、作者など著作権を持つ人が公式に許可をした場合は問題ありません。
また作者が、黙認することを公式に認めている場合も問題無いとされます。
東方Projectの作者は黙認すると明言しているので、特に禁止している事項に該当する事をしなければ問題無いでしょう。
http://kourindou.exblog.jp/14218252/

ただし、造形物(フィギュア)などは権利的に別扱いになるようなので、これは別途の許可が必要な場合があります。

しかし、ジブリは黙認するとは言っていませんので、どうなるかは分かりません。
黙認しているところの方が遙かに少ないですね。
すぐに思いつくところでも、Key、AQUAPLUSの一部、角川の一部(主にMAD)、07th Expansion(ひぐらしシリーズ、ただし原作の方)、クリプトン社やインターネット社のボーカロイド、と言ったところでしょうか。

参考
http://wiki.livedoor.jp/yuhi18ji/d/%B4%EB%B6%C8%A4%CE%C6%F3%BC%A1%C1%CF%BA%EE%A5%AC%A5%A4%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%F3

黙認するところはそう表明しているのでそれ以外の作者や権利者に許可を求めても、まず無理だと思います。
最近漫画家の赤松健さんが、公式に許可を取りに来る人も居るが、それは許可できないから困る。というツイートをしていました。
あれだけの規模になると、やはり自分だけの物では無いので簡単に許可はできないんでしょうね。

いわゆる二次創作は法律的には黒に近いグレーになります。
これらを作ったり公開したりしても、100%違法になる訳ではありませんが、これは親告罪だからです。
ジブリならジブリが二次創作に対して、著作権の問題があると訴え出て初めて違法になるという事です。
逆にそれらが黙認されている状態があるのも事実です。しかし常に黙認されている訳では無く、いくつかの例で実際に事件になっていることもあります。
刑事事件で逮捕された例としては、ポケモン同人作家逮捕事件が割と有名です。

なお、作者など著作権...続きを読む

Q機動戦士ガンダム THE ORIGIN 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 
に「アナベル・ガトー」「シン・マツナガ」「ジョニー・ライデン」
は作中に登場しますか?

また登場する場合
それは名前だけちょろっと?
それともしっかりと描かれていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

安彦さんが絡んでいないガンダムは基本出てきません。

アナベル・ガトー⇒機動戦士ガンダム0083(制作に関わっていない。対談で観た事はあると語っている)
シン・マツナガ、ジョニー・ライデン⇒MSV(バンダイのプラモ設定)
富野小説に出てくるクスコ・アルも出てこないでしょう。
確か基本は映画版を準拠する形で機動戦士ガンダム以降に作られた作品のキャラクターは今の所誰一人出てきてません(漫画オリジナルキャラならたくさんいます)

根本的に作者の安彦さんはファーストガンダムの制作に関わっていた第一人者である事は間違いないですが、参加されたファーストガンダム以降のガンダム史やキャラクターの知識をほとんど持っていません。
というか、関わりたくないから逃げ回っていた人なので、そういったファンサービスは考えの中に無いと思われます。
もっと深い事を言えば、アニメーター時代でも他人の描いたキャラクターは描きたくない(苦手)という人だったからありえないでしょう。

QYouTube パロディ

プロジェクトXのパロディを作ってYouTubeに投稿すると著作権法違反で動画は削除されてしまいますか?

Aベストアンサー

自分で演じて、それをカメラで撮ってならOKです。

もちろん、放送の映像や劇中歌(中島みゆきの歌ですね)やBGMを使ったら違法です。

Q〔機動戦士ガンダムさん〕

この作品は、初代ガンダムを知らなくても、読んで、面白いでしょうか?(シャアとアムロを知っているぐらいです)
書店で表紙を見て、笑ってしまいましたが、中身は、やはり初代ガンダムを知らないと、笑えないのでしょうか?

教えて頂ければ、幸いです。

Aベストアンサー

自分も初代ガンダムをあまり知らなく(シャアとアムロ、ララァを知っているくらい)読みましたが、それなりに笑えましたよ。ただ、最後の方はMSなどの話で少しわかりにくいのもありましたが・・・・・。もちろん知っていた方が笑えると思いますが、知らなくても笑えましたよ。実際、自分もそうでしたから。

Qイナイレの動画

イナズマイレブン&イナズマイレブンGO(どちらでもいいです)の面白い動画とか、神動画とか、教えてください。

腐向けでもいいです。

基本的にかっこいい曲をパロディしたやつがいいです。
お願いします!

Aベストアンサー

これは私が好きなやつです。

どんな事があっても、離れ離れになっても同じ空の下.....。

私はこれを、みんな空(ぞら)とよんでいます^^

Q機動戦士ガンダム THE ORIGINについて

機動戦士ガンダム THE ORIGINの内容なんですけども,テレビで放送されたアニメの内容になっているんでしょうか?それとも全く違ったものなんでしょうか?
また,機動戦士ガンダムの漫画本ってあるんですか?

Aベストアンサー

いわゆる1stガンダムの設定を使っています。ただし、細部は微妙に異なります。語りたかった部分を詳細にしたという程度の変更で違和感はありません。

THE ORIGINはキャラクターデザインを担当した安彦良和さんが執筆していますが、他の作家さんが書いた作品もあります。

元々、1stガンダムの原作は富野由悠季監督なのですが、監督が書かれた小説(1stガンダム)は全く違うテイストの話です。

QOPパロやMADの動画について

閲覧ありがとうございます。
原作や元ネタを知らずにOPパロやMADの動画、イラストの視聴を楽しむのは御法度なのでしょうか?
ニコニコ動画のコメントに「原作知らないのに見るな」などのコメントをよく見かけます。

また 原作、元ネタをよくも知らずにただの「・・・つながり」や、やりたかっただけのパロディのイラストやMADを制作する事もご法度ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原作や元ネタ知らなかったら見てもおもしろくないでしょう。
ご法度とまでは行きませんが意味ないと思いますよ。
それに原作知らないがゆえの的はずれなコメントは腹立たしいものです。そういうコメントしたからこそ批判されたのでは。

>「・・・つながり」や、やりたかっただけのパロディのイラストやMADを制作
原作への愛がない作品はファンにとっては許しがたいものです。
閲覧者稼ぎのために有名な作品のタイトルやキャラを表面だけ借りて中身は全く別物…なんてのもです。

Q『機動ん戦士ガンダム00』のコミック版について

 異なる出版社、異なる漫画家による2つの『機動戦士ガンダム00』のコミック版があります。大森倖三先生と田口央斗先生のものですが、出版社と描いている人が違うという他の違いは何でしょうか?2ndの放送で田口先生のものが「オフィシャルコミック」として宣伝され、『ガンダムエース』では大森先生のモノが紹介されています。2人を知らないので私には判断がつきません!好みに左右されるかもしれませんが、噛み砕いて2つのコミック版の特徴を教えて下さい。

Aベストアンサー

田口央斗版は、アニメと同じストーリーで展開しています。掲載誌は「マガジンZ」休刊で「マガジンGREAT」に移動します。

大森倖三版は、各キャラクターにスポットを当て、それぞれの内面やアニメで描かれていない部分を描いています。


違いはこんなもん。

Qパロディの書き方

大学の試験でシンデレラのパロディを書くことになりました。
表面は似せても中身は変わっていなければいけない、と言われたのですが、どのように書いたらパロディになるのかがよくわかりません。
パロディの書き方について教えてください。

Aベストアンサー

パロディの手法はいろいろあります。

1)視点の転換
シンデレラの側からでなく、継母や姉の視点で書く(善人と悪人を入れ替える)

2)逸脱
昔話のように順調に話が進まない(魔法がうまく働かない等)

3)裏話
ほんとうはこんな話だったんだと、実話風に書く

4)話のミックス
ほかの昔話のストーリー、キャラクターと混ぜてしまう

5)後日談を付け加える
「そしてふたりは幸せに暮らしました」の後どうなったか描く

ディズニーの『魔法にかけられて』やドリュー・バリモア主演の『エバー・アフター』は昔話のパロディの傑作ですから、参考にされるといいでしょう。

Qよろしくメカドックと言うアニメや漫画知っますか?

よろしくメカドックと言うアニメや漫画知っますか?

Aベストアンサー

少年ジャンプで30年位前に連載していましたね。
自動車修理工場的なところが主人公の職場。車をチューンしてレースしたり,ゼロヨン対決したり。

確かシティーハンターとかと同時期。シティーハンターがパロディで,「カメドック」って車がスピード違反していた。
車種は確かトヨタ スープラ。北斗の拳も同時期じゃないかな。
私もそのころしかジャンプ読んでなかったからね。今のジャンプは「こち亀」以外知らない。有名なワンピースとかジャンプと思わなかったし。

今ではこんなマンガはダメでしょうね。だって,東名高速使って200km/h越えてレースしたりなんて,マンガの中なら全く違法性ないけど,そんな事を真似したらどうするって言われて恐らくは連載出来ないのが現代ですからね。

当時私も現実離れはあるなと思ってはしましたけど,それはマンガの中の話。現実内では面白くもない。
当然免停もいい所・・・確か東名高速のレースの後にしっかり警察に捕まって営業停止食らってました。法的にそれが正しいかは知らないけど・・・。ただ,翌週の話は1か月の営業停止食らった・・・で終わって,営業停止の苦労は皆無だったかな?

主人公の名前覚えてないけど,ライバルはファレディZ派のオッサンとRX-7(8じゃない)の主人公と同年代が出ていました。

どうでもいいけどZのオッサン,最後は白内障で引退するのですけど,最後のレースで目が見えないので富士サーキットを目を瞑って運転していましたね。

「なまじ見えるから怖いのだ。だったら見ない方がいい。何度も走ったコースだから見なくても分かる・・・」

これにはさすがにドン引きですね。あまりに現実離れすぎてね。もしかしたらコースを走れるかもしれないけど,相手の車も見ないで走れるわけないって!!!

ついつい,懐かしくていろいろ書いてしまいました。

少年ジャンプで30年位前に連載していましたね。
自動車修理工場的なところが主人公の職場。車をチューンしてレースしたり,ゼロヨン対決したり。

確かシティーハンターとかと同時期。シティーハンターがパロディで,「カメドック」って車がスピード違反していた。
車種は確かトヨタ スープラ。北斗の拳も同時期じゃないかな。
私もそのころしかジャンプ読んでなかったからね。今のジャンプは「こち亀」以外知らない。有名なワンピースとかジャンプと思わなかったし。

今ではこんなマンガはダメでしょうね。だ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報