すいません、頭脳警察ってどんな歌唄っていたのですか?
手元にある情報だと、発売禁止になったと聞きましたが・・・(何故かしりませんが)
おもしろそうだったら買ってみようとおもうので、お薦めか?または、どんな唄か教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もともとはパンタ(中村治雄:vo,g)とトシ(石塚俊明:ds,per.)の2人で'69年12月に結成され、活動当初は他にもメンバーを加えたバンド形式でしたが、ビクターと契約した頃には他のメンバーはみなクビにされており、パンタの生ギターとヴォーカル、トシのパーカッションという編成でした。



この頃の代表的なナンバーは「世界革命戦争宣言」「赤軍兵士の詩」「銃をとれ!」の3曲で、これらは「革命三部作」と呼ばれました。'72年初めの2人によるコンサートをライヴ盤として出すはずが、「革命三部作」や猥語が飛び出す「言い訳なんかいらないよ」の歌詞が問題になり、プレスもされない段階での発売中止となりました。その後この1stアルバム(『頭脳警察1』)は、'75年に1度自主制作されましたが、当時のプレス枚数は600枚だったとかで、とんでもない値段の超レア盤とされてきました。それが昨年、30年を経て、CDとしてようやく正式リリースされたのが下記URLのものです。
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=576976

1stが発売中止になった後、問題になりそうな歌詞や曲は外し、ベースやギター等のメンバーを加えてバンド形式で制作されたのが、'72年5月発売の『頭脳警察セカンド』でしたが、一旦は発売されたものの、やはりクレームがつき、すぐに発売禁止→回収となってしまいます。このアルバムには後に内田裕也氏がステージで歌い続けている「コミック雑誌なんかいらない」も入っています。

'72年10月にまともな形で出たアルバムが『頭脳警察3』で、その後トシが一時的に脱退。その間にアルバム『誕生』('73年3月)、『仮面劇のヒーローを告訴しろ』('73年7月)が出て、次のアルバム『悪たれ小僧』('74年11月)でトシが復帰。これが一応ラストアルバムとなり、翌'75年12月31日に解散ライヴを行ないます。

'90年に突如再結成、アルバム『頭脳警察7』とライヴ盤『LIVE IN CAMP DRAKE』作られましたが、活動は翌'91年2月まで。そして昨年の再々結成という流れであります。

いろいろな伝説がつきまとってますし、日本のロック史を考えるときには外すことの出来ない重要なバンドであるのも確かですが、かしこまって聴いても面白い音ではありません。先の回答に試聴可能なURLがありましたから、『2』『3』の2枚でしたけど、試聴してみて興味があればぜひ聴いてもらいたいですし、ぴんとこなければ別に買って聴く必要もないでしょう。
    • good
    • 0

回答します。



PANTAこと中村治雄さんですね。

1969年 頭脳警察結成。(ファ-ストアルバムは発売禁止)
1975年12月31日解散。
1977年、PANTA & HALを結成。
2001年6月9日、頭脳警察を再結成。

ここで、『頭脳警察』のCDの試聴ができます。

http://www.tsutaya.co.jp/search_q/all/index.zhtml
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライブチケットの先行発売と一般発売の違い・・・

某アーティストのライブチケットを取ろうと思っています。
まだ一般発売前で、ぴあのプレリザーブは既に終了、e+のプレリザーブが受付中です。

全国数箇所でライブがあり、すでに一般発売が始まっている公演もあって
地方は一般発売後もまだ残っているようなのですが、東京公演に限ってはソールドアウトです。
私がこれから買おうと思っているのは、まだこれから発売の東京公演分です。

自分の都合でどうしてもその1回しか行けそうにないので、なんとしても取りたい!と思い
実は既にぴあのプレリザーブと、テレビ番組の先行予約で取ることは取りました。
が・・・どちらも2階席の後ろから数えた方が全然早いような席でした(T_T)
先行が必ずしも良席ではないと理解はしてたのですが、あまりにも後ろの席でショックです;

というか、先行に良席(せめて1階の真ん中くらいとか)なんて、もともとそんなにないのでしょうか。
売り切れることが予めほぼ確実な公演だったから、というのも関係あったのでしょうか。
当日まで残っているような地方だったら、もうちょっと違ったのかなあ・・・なんて思ったり。

とりあえず、2つ取った内のまだ良いほうを手元に残し、もう1つはオークションで売ることができました。
そこでさらに良席を求め、もう1度e+のプレリザーブに申し込むか、一般発売で店頭に並ぶか迷い中です。
たまたま私の運が悪くて2度とも後ろの席になっただけなのか、基本的に先行予約分は席の確保がメインで
あまり前の方の席は割り振られていないことが多いものなんでしょうか。

必ずこうだ、と決まっている訳ではないというのは十分承知してはいるのですが
皆様の今までの経験など、ぜひ参考にさせていただきたいと思うので、聞かせていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。
(因みにオークションで買うことは考えていません。価格が読めないので、定価で頑張りたいですw)

某アーティストのライブチケットを取ろうと思っています。
まだ一般発売前で、ぴあのプレリザーブは既に終了、e+のプレリザーブが受付中です。

全国数箇所でライブがあり、すでに一般発売が始まっている公演もあって
地方は一般発売後もまだ残っているようなのですが、東京公演に限ってはソールドアウトです。
私がこれから買おうと思っているのは、まだこれから発売の東京公演分です。

自分の都合でどうしてもその1回しか行けそうにないので、なんとしても取りたい!と思い
実は既にぴあのプレリザーブ...続きを読む

Aベストアンサー

>基本的に先行予約分は席の確保がメインで
あまり前の方の席は割り振られていないことが多いものなんでしょうか。

経験上、良くも悪くもない席、というのが大半ですね。
一般で販売開始直後ならもっと良い席である可能性は充分あるでしょう。
ただ、一般プレイガイドに出回る前にFC、スポンサー絡み、関係者に多くのチケットが流れている場合には頑張るだけ無駄な事もあります。(知るすべはありませんけどね)

Q今年発売された浜崎あゆみのDVDは以前発売された物とどこが違うの?

浜崎あゆみのファンです。
彼女の出しているCDやDVDは数がとても多いため、事前にどのような内用なのか調べた上で、良さそうなものを選んで購入しています。

最近、アマゾンドットコムで調べたら、「浜崎あゆみARENA TOUR 2003-2004A」というDVDが¥2800円で2006年3月1日発売となっています。

自分が以前に購入した全く同じタイトルのDVDは2004年9月29日発売で¥6090円でした。

この2つのDVDは内容的には全く同じなのでしょうか?値段も倍以上違うし、不思議でなりません。

自分の周りにアユの情報について詳しい人が誰もおらず、どこに問い合わせて良いのかもわからなかったため、この場で質問させていただきます。
よろしくご教示願います。

Aベストアンサー

コチラが参考になります。

参考URL:http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=22341

Q頭脳警察のメンバーとPANTA&HALのメンバー

PANTAからみで、2つのグループのメンバーをお教えください。

1)頭脳警察(1969年12月-1975年12月31日)
その主要メンバーは、PANTA(中村治雄)・TOSHI(石塚俊明)のおふたりで間違いないのですが、他にメンバーがいることも間違いなく、次の本の163ページ(年譜・吉原聖洋編)には、「パンタの"ワンマン・バンド"だった頭脳警察は、メンバーの異動が非常に激しいグループでもあった。頭脳警察が活動していた6年のあいだに。少なくとも十七回のメンバー・チェンジが行われ、常にパンタと行動を共にしてきたトシでさえ、"脱退"していた時期がある。」

PANTA ナイフ
著者:パンタ
発行所:JICC出版局(宝島COLLECTION)
1989年

この最低17回のメンバー・チェンジのすべてをお教えください。ただ、現実には、完全な情報は、なかなか難しいでしょうから、お分かりの範囲で、部分的で結構ですので、参加していたメンバーの名前(とわかれば担当楽器)をお教えください。なお、こちらにわかっているのは、「ベースのヒロシ」という人だけです(でも本名も、参加の時期もわかりません)。

2)PANTA&HAL(1977年12月-1981年2月)
「PANTA&HAL」の全メンバーをその担当楽器とともにお教えください。この程度の情報であれば、Web上でどこかにありそうなのですが、なかなか見つからずに困っています。途中でメンバーに異動がありますので、それも合わせてお教えください。
なお、HALは「2001年宇宙の旅」(←IBM)から来ているわけですが、最近のHΛL(梅崎俊春ら)も、由来は同じなのでしょうか。

以上よろしくお願いします。

PANTAからみで、2つのグループのメンバーをお教えください。

1)頭脳警察(1969年12月-1975年12月31日)
その主要メンバーは、PANTA(中村治雄)・TOSHI(石塚俊明)のおふたりで間違いないのですが、他にメンバーがいることも間違いなく、次の本の163ページ(年譜・吉原聖洋編)には、「パンタの"ワンマン・バンド"だった頭脳警察は、メンバーの異動が非常に激しいグループでもあった。頭脳警察が活動していた6年のあいだに。少なくとも十七回のメンバー・チェンジが行われ、常にパンタと行動を共にしてきた...続きを読む

Aベストアンサー

HALですが、紙ジャケBOXもう出てましたね。
特典のブックレットを調べたらやっぱり載ってました。(88ページ豪華ブックレットってやつです)

頭脳警察解散から(PANTAソロの時代から)HALの解散まで出演イベントや参加メンバーがまとめられています。

これもオフィシャルで通販できますが、中古屋でも結構置いてると思います。お安いほうを選んではいかがでしょう。

1の回答でもそうですが、ちょっと量が膨大なので抜き書きしてお教えできずすみません。でも、これだけマニアックな情報を知りたいと言うことでしたらそれなりのお金を使っても良いかなと思いまして。ソースの在り処を示すだけに留めさせて頂きました。不親切で申し訳ないです。

Q誰の唄か教えてください

結婚式で流れていた“いい歌”でした。
「まだまだ・・・やっとこここから踏み出される未来・・・共に歩き、共に頂き、共に迷い、そんな日々を選ぶながら、いつの日もどんな時も・・・」
というような歌詞だったように思います。
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

コブクロの『永遠にともに』だと思います(^^)
いい曲ですよね☆

URLに歌詞が載ってます

参考URL:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B07837&title=%B1%CA%B1%F3%A4%CB%A4%C8%A4%E2%A4%CB&artist=%A5%B3%A5%D6%A5%AF%A5%E

Q★森高千里の唄で…★

ちょっと昔の森高千里の唄で、でだしが「悲しくて(くりかえし?)、涙があふれた」だったと思う唄がヒットしたと思うんですが、その唄のタイトルが思い出せません。

知ってる人がいたら教えて下さい。

お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「SO BLUE」だと思います。

平成8年2月19日発売。28thシングル。『TAIYO』収録曲。
作詞・森高千里/作曲・伊秩弘将/編曲・高橋諭一

です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報