最新閲覧日:

いつもお世話になっています。

タイマーの実験をしてみようかと思い、タイマー関数のサンプルをちょっと触ってみて、気になることがありました。
スクリプトとしては、次のようなものです。

<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT Language="JavaScript">
<!--
timerID = 10;
count = 0;
function timerX(){
status = "Counter is " + count++;
}
function clr(){ clearInterval(timerID); }
// -->
</SCRIPT>
<BODY bgColor="white" onLoad="timerID = setInterval('timerX()',1000);">
(以下略)

このスクリプトを実行すると、1秒毎に1カウント増えていきますから、ステータスに表示される数値は10秒で10になります。
ですから、1を指定する、つまりsetInterval('timerX()',1);にすれば、論理上、10秒で10000になるはずですよね?
ところが実際にステータスに出る数値はそうはならず、かなり低い数字になってしまいます。
そこで質問なのですが、setTimeoutまたはsetIntervalでタイマーを作る場合、ミリ秒はどのくらいまで有効なのでしょうか。
ひょっとして、マシンに依存するのでまちまちなのでしょうか。
経験等でご存じの方、お教えください。

A 回答 (2件)

有効な値はないと思います。



例えば、WinNT が0.0111秒ごとに動作できるとしたら、
JavaScript で0.001秒ごとの処理をしようと思っても、
0.0111 と 0.001 の歯車はうまくかみ合わない。
JavaScript で指定する値にゆとりを持たせて10秒を指定しても、
0.0111 と 10 の歯車はうまくかみ合わない。

setInterval('timerX( )',1000) は、1秒ごとに動作するけど、
ループによる次の setInterval( ) の実行の時は、初回の時の
時間を参考にせず、前回の実行から1秒後に timerX( ) を
実行しているんだと思う。
初回の時の時間を参考にしていないから、setInterval( ) が
実行されるたびに、実際の時間とのずれが蓄積されていくんだと思う。

時間のずれは発生するから、setInterval( ) でのループを
1000回ぐらいやったら、もう一度時間を取得しなおす
とかすれば、そこそこいい結果になると思います。

setInterval('timerX()',1)
のような高速処理をされるなら、setTimeout( ) の方がよさそうです。
setTimeout( ) を for( ) でループされるとか。
setTimeout( ) の方が処理が軽いらしく、高速処理ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
今度、forでくくって実験してみようと思います。

お礼日時:2002/04/04 17:40

環境に依存すると思います。


推測ですが、setIntervalの処理は例えばWindowsですと、Windowsのタイマーを使用して実装していると思われます。
その場合には、メッセージキュー内でのWM_TIMERメッセージの優先度が低いために、
実際にウィンドゥプロシージャが1ミリ秒ごとにWM_TIMERを解釈してtimerX()関数の処理をするわけではない、というのがおそらく原因でしょう。
このことは、他のプログラムを実行しながらこのカウンタを回すと、カウントされる数値がさらに小さくなることと合致します。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/developer/library …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。
お返事が遅れて申し訳ありません。

OS自身のタイマー優先度に依存している、ということはスクリプトを組む側からはどうしようもない、ということかも知れません。
ただ、それならばなぜ、ミリ秒単位まで指定することが可能なのかが疑問です。
こういうことは仕方のないことなのでしょうか?

#まあこの辺になるとOSの開発者の問題とかになるのかな。(^^;;)

お礼日時:2002/03/24 22:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ