昔この作品をよく見ていました。
内容の詳細は覚えていないですが大変面白かった印象があります。
そこで最近この作品を揃えたいと思ったのですが、
どうやら発売されていない様子。
近年様々なアニメ、それも一昔前のアニメもDVD化される時代にあって
何故『キャッ党忍伝てやんでえ』程の名作?がDVD化されないのか・・・
どなたか教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「たのみこむ」でもそこそこ商品化の声が多く90年代アニメの中でもファンの多いアニメの部類に入る。


水谷優子と折笠愛のユニットMIPPLE(ミップル)を排出した事を始め人気声優が揃っていたので当時のアニメファン(今の20代後半前後)が熱中していたはずです。
では、それなのに何故出ないのか?
「たのみこむ」の賛同者に気になる書き込みがあります。
-当時、「放映のためにアメリカだったかにフィルムを貸し出したら無くされた(そのためビデオも途中から出せなくなった)」というような噂をどこかで目にしたような気がした-
 そうです。これもマスターテープ紛失疑惑があるのです。
ビデオは20話まで、LDは未発売。
人気アニメがこの状況になるのは、マスターテープ紛失の可能性が非常に高い。
海外では、それでもDVDにして発売しているケースがあるようですが、日本でマスターテープを紛失した作品をDVDにした前例が無いと記憶しています。
「ミラクルジャイアンツ童夢くん」「ゲンジ通信あげだま」に並んで「キャッ党忍伝てやんでえ」も1980年後期~1990年代初頭にアニメを見ていたファンがDVD化して欲しいけど、理由不明でDVD化されないアニメの代名詞になっています。
    • good
    • 0

アニメDVDの主要購買層(要するにオタク)に受けそうな素材ではないからでしょう

    • good
    • 0

当時の視聴率が悪かった、もしくはDVD化してほしいというはがきなどが少なかったのでしょう。



メーカーは売れるという自信がなければDVD化しませんので。
DVDにするには版元と原作者などへの契約などがありそこには売れるべき数を見越した金額となりますのでそれが確保できないという資料があったらDVDにはしません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一度もデートしたことない彼女についての質問です

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいましたが、拒否されてはいません。それって一般的に考えてOKってことですよね?

しかし、彼女は僕に好意があるにもかかわらず電番を教えてくれません。(メアドは会社の同僚から聞いて知っています)
メールを打っても返事がほとんど来ません。
彼女は奥手なタイプなんでしょうか?
もうすぐ彼女の誕生日が近いので僕は旅行などを考えています。
しかし、応じてくれればこれが初旅行&初デートになります。
今までも、休日にはデートの誘いを何度もしたのですが忙しいらしくまだ一度もデートしていません。

そこで、女性の皆様に質問です。
彼女のような、奥ゆかしい純情な女性を旅行に誘うときは何といって誘ったらいいのでしょうか?
プレゼントはやっぱり給料三か月分の指輪がよいと聞いたことがあります。
他に何か良いプレゼントがあれば、それも教えてください。
将来的に結婚を考えているので、多少値が張るプレゼントでも構いません。

よろしくお願いします。

はじめて質問させて頂きます~!

僕は二十代前半男子です。

会社に入った当初から付き合っている彼女がいます。
付き合って約七ヶ月です。
最初は僕の一目ぼれでした。
初めて会ったときにインスピレーション(?)を感じ、彼女も僕に好意を持つようになると確信しました。結果は・・・ビンゴ!!でした。
なぜ、そう感じたかというと彼女の好みの男性のタイプを聞くと正に僕のことを言っていると思えるような発言でした。
そこで僕は告白したんだけど、彼女は照れているのか返事をにごされてしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さないのです。
なのでなかなか深い話にもっていくことができません。
ずっと凹んでましたが、友達に励まされてまたやる気になりました。
次に会えるのはいつかわかりませんが、その時は必ずいい感じにもっていこうと思います。
そしてそれまでできるだけ自分を磨いて前とは比べないものにならないくらい輝いた姿をみせたいと思います。
cupnoodle777さんに負けるわけるにはいきませんからね。
はっきりいって俺はかなりcupnoodle777さんに刺激されています。
この質問のおかげで俺自身も成長できたと思うし、好きな人とうまくいく確率も高くなったと思います。
cupnoodle777さんからのすばらしい報告があることを願っています。
本当にうまくいってほしい。
cupnoodle777さんなら彼女を幸せにできるはず。

補足ありがとうございました。
何も言わなかったのですが、前回の回答を覚えてくれていたんですね。
とりあえず今はいい同僚って感じじゃないんですかね。
少なくとも嫌われているということはないでしょう。
ただ電番だけは全然わかりません。
何でも聞いてみいてみないとわかりませんね。
近々彼女との関係について深く話すつもりなんですね。
彼女の事が好きであればあるほど怖いはずなのに、その勇気は本当にすごいと思います。
頑張ってくださいo(^_^)○
俺の好きな人もなかなか気持ちを表に出さな...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

QPS3でPS1やPS2ソフトも遊べますか?

PS3でPS1やPS2ソフトも遊べますか?

プレイステーション3は、プレステ1やプレステ2のソフトも使えますか?それとも、プレステ1・2とは互換性がありませんか?

Aベストアンサー

PS1のソフトについては、PS2、PS3とも互換機能があるので、動作します。

PS2のソフトについては要注意です。

1.初期に発売されたHDD20GB搭載機と60GB搭載機
 この機種には、PS2で使用されているチップが載っているので、ソフトが動作します。ただし、発売中止になって結構たっており、新品は手に入りません。
 中古で出ている物も、前のユーザーが酷使した後、後述の2種類への乗り換えで手放した物などなので、状態がよいとはいえないでしょうね。

2.最初のマイナーチェンジ機
 価格を下げ、内蔵HDD容量を増やしたのがこの機種で、40GBと80GBになってます。筐体サイズは同じですが、低価格化と共にPS2互換チップは取り払われました。
 ソフトウエアエミュレーションでのPS2互換機能実現を言ってましたが、未だに実yげんしてませんね。
 この機種も昨年の新型登場で旧型機になり、製造は中止されています。

3.新型機
 小型化され、消費電力も落とされた新型機です。2009年発売ですね。HDD容量は120GB。FF13とのコンボモデルのみ250GB内蔵でしたが、2010年に250GB機も、市販になりました。
 PS2互換チップは実搭載ですので、PS2のソフトは動きません。

PS1のソフトについては、PS2、PS3とも互換機能があるので、動作します。

PS2のソフトについては要注意です。

1.初期に発売されたHDD20GB搭載機と60GB搭載機
 この機種には、PS2で使用されているチップが載っているので、ソフトが動作します。ただし、発売中止になって結構たっており、新品は手に入りません。
 中古で出ている物も、前のユーザーが酷使した後、後述の2種類への乗り換えで手放した物などなので、状態がよいとはいえないでしょうね。

2.最初のマイナーチェンジ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報