【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今月半ばにフランスへ旅行に行きます。カルティエのパシャCか、パシャシータイマーがほしいのですが、成田空港のDFSも含めて、どこが一番安く買えるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちは。

仕事でフランスによく出かけますが、カルティエは基本的にどこに行っても高いです(苦笑)。まずシャルルドゴール空港(私が利用しているのはターミナル2Fだけですが)内のカルティエDFSは他のブランドショップと比較して店舗がとても小さく、小さなショーケースの前に店員さんが一人か二人いるだけですので、品物の種類も限定されてしまうかもしれません(カタログ販売でもあれば別ですが、そこまで確認したことはありません)。ちなみにショーウィンドの中にあったコインいれを「いくら?」と聞いたら日本円で約3万円でした(^^;。
一番確実な方法はパリ市内でカルティエの店に行き(シャンゼリゼかオペラ界隈にありそうですが)、そこで購入して免税の手続きをとり、空港で税金の払い戻しを受けるのが一番安く買える方法だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。海外で高額の商品を購入した経験がなく、(手続き的に&金額面で)税関で払い戻しが簡単にできるものなのかよくわかりませんが参考になりました。

お礼日時:2006/10/03 13:10

今年の夏に、韓国経由でフランスに行きました。


フランスの路面店で42万、韓国の空港免税店で36万でした。(パシャCの日本値段です。)フランスはいま、ユーロが偉い事になってますんで(今は落ち着いたのかな?)高いと思われます。日本より高いかも。

ちなみに免税手続きは、空港でなくても日本に帰ってからの空港でも、家に帰ってからの郵送でも出来ますのでご安心を。買うときもブランド物ですから、手続き書は、お店の人が自ら書いてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悩ましいですね。フランスでの42万が免税の処理でいくら帰ってくるかが問題ですね。あと、クレジットカードで買えば若干為替レートよりも有利になるとかならないとか・・・。日本と変わらないのであれば、お土産ということも兼ねて現地(できれば本店)で買えればと思っているのですが・・・。直近の現地情報が欲しかったので、貴重な情報ありがとうございましした。

お礼日時:2006/10/08 10:35

成田空港でパシャシータイマーは452,000円でした。


全く関係ないですが、タイ/バンコクの空港では、171,000バーツ(約513,000円?)でした。
ご参考までに。よい旅を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2006/10/07 00:17

再び#1です。

フランスでの付加価値税(消費税に相当します)は、贅沢品(カルティエだったら間違いなくこれですね)の場合約20%だったと記憶しています。そして空港で出国時に還付の申請をすればOKです。但し実際に買った品物も持っていないとダメですので、手荷物としてキープしておいて下さいね。詳細は下のURLに出ています。

参考URL:http://www.eiki-i.com/vat.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。思い出作りも兼ねてフランスで購入しようと思います。

お礼日時:2006/10/04 23:04

No.4の方の意見もその通りだと思います。


免税の手続き自体は簡単です。こちらがしらなくても、お店の人が、こうしなさいね、と教えてくれました。
ご質問によると、買うものがしっかり決まっているようですので、それを伝えられさえすれば大丈夫かと思います。
ただ、お店はドアが閉まっていて、お休みなのかとさえ思ったくらいなので、最初にベルを鳴らすときは、おっかなびっくりでした。それも土産話になりますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。チャレンジしてみます。

お礼日時:2006/10/03 23:55

再びNo.1ですが、税金の還付にそれ程難しい手続きはいりません。

基本的には帰国時に空港で還付を受けられます。お店で税金還付に関する書類を貰えますので、品物と一緒に税関の係官に見せて申告するだけです。
詳細はネットでも調べられますし、「地球の歩き方」のような旅行本にも載っています。旅行本なら、「○○空港ならどこへ行け」のように還付場所とともに基本的な手続きの方法も載っています。
せっかくの旅ですし、カルティエ買いに挑戦するのもいいかもしれません。英語が少し話せればなんとかなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。ドゴール空港で還付の申請をするのでしょうか?何%くらい返還されるかもご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2006/10/03 23:44

なんどもすみません~!


「バリ」じゃないです、「パリ」ですぅ。
あ~恥ずかし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、ありがとうございます。文脈からもわかりましたよ。日本のようにショーウインドウをぶらりと見られる環境じゃないんですね・・・。まったく自信なしです。

お礼日時:2006/10/03 13:12

10年前にバリのカルティエのお店(本店?)で結婚指輪を買いました。

免税の手続きをしたので安くなったと思います。日本でにたような指輪を買うより安かったです。
しか~し!
その店はまず、玄関のベルを鳴らすと男の人が出てきて、用件を話すとソファにかけて待たされます。そして、希望の商品が入った箱をうやうやしく持って来られて、お話をしながら決める、というスタイルでした。
ずかずかお店に立ち入って、飾ってある物を比べて見る、というのではなかったです。
私はフランス語の達者な友達と行ったので、この買い物はとてもいい思い出になりましたが、そうでなかったらつらいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカルティエの時計(サントス)を購入したいのですが・・・

カルティエの時計を購入したいと考えているのですが
日本・フランス・イタリアでどのくらい価格の差が
あるのでしょうか?

自分へのご褒美に時計と旅行をしようかと
考えているのですがせっかくなら旅行先で時計を
買おうかと考えています。

※フランス・イタリアよりも日本より安く
購入できる国がもしあれば教えてください。

Aベストアンサー

初めまして.
私はカルティエに勤めている者です.
カルティエでは年に2,3度,ユーロ高などの為,価格改定を行っています.(年々,価格は上昇しています.)日本・フランス・イタリアの間ではレートによって多少の差はありますが,価格は世界共通で同じぐらいになるように設定されていますので,ほとんど変わりはありません.韓国や中国といった所は安い場合もあるのですが,スーパーコピーなどと呼ばれるかなり精巧に出来た模倣品も多く出回っているので,ご注意下さい.カルティエの正規品には国際保証書がついています.他の回答者の方のお答えにあったように,海外で購入された場合に管轄が違うので,日本で保証が受けられない事もあるので,日本で保証を受けるという事を考えた上で,少しでもお安く買いたいのであれば,出発の際にある,日本の免税店がお勧めです.私もこないだ行ったのですが,大体の商品が市場価格より10万円近く安くなっていました.出発の際というのは少し気が引けるかと思いますが,それだけの価値はあると思います.
ご自分へのご褒美ということですが,どちらで買われるにしても,よくお考えになられた上で,良いお買い物をなさって下さいね!!

初めまして.
私はカルティエに勤めている者です.
カルティエでは年に2,3度,ユーロ高などの為,価格改定を行っています.(年々,価格は上昇しています.)日本・フランス・イタリアの間ではレートによって多少の差はありますが,価格は世界共通で同じぐらいになるように設定されていますので,ほとんど変わりはありません.韓国や中国といった所は安い場合もあるのですが,スーパーコピーなどと呼ばれるかなり精巧に出来た模倣品も多く出回っているので,ご注意下さい.カルティエの正規品には国際保証書がついています.他の...続きを読む

Qパリで購入して、お得なブランドは??

パリに旅行に行きます。

バックや洋服、アクセサリーのブランドで、
「日本にまだ入ってきていないけど素敵」とか
「日本で購入するのに比べると金額的にかなりお得」とか
教えていただけると助かります!
ルイヴィトンとかアニエスベーとかって
日本とどのくらい金額違うのでしょうか?

また、お土産として買ってきて、
喜ばれたものなどあれば、教えてください!

Aベストアンサー

パリではないのですが、フランスでロンシャンのバッグを購入しました。パリでも、ラファイエットやプランタンに店舗が入っているので容易に見つけることが出来ます。

私が行ったときは、たまたまセール期間でとてもお買い得でしたので
折りたたみのできるオーソドックスな「プリアージュ」という商品の、日本で1万以上する一番大きいサイズが5000円程度で購入出来ました。
セールじゃなくても、日本よりは安く手に入りますし軽いし小さくなるし、とても便利です。
旅行に行くときに、手持ちのバックに入れていけば荷物が増えてしまっても安心です。
帰国する際にお土産で荷物が増えてしまって困りがちですが、ロンシャンなら軽いのでそんな心配も必要ないです。

お土産ですが、スーパーで売っているマヨネーズが可愛いビンに入っているので喜ばれました。使用後にグラスとして使えるものです。
空港にあった変わったマスタードや、チーズも喜ばれましたよ。
気をつけて、楽しんで来てください!

参考URL:http://www.longchamp.com/

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む


人気Q&Aランキング