僕は3日前から液晶の外観検査の仕事をしています
その仕事の事で悩んでいる事があります それは液晶パネルを外観検査すると気の事なのですが、液晶の外観検査するとき検査で見るところ(反射ムラなどのムラやキズ.打こんやカケなどを見るのは教えてもらって早く良品か不良品か見極めるようにもなりたいですが、それは慣れていかないと早くならないのは解っています。
しかしそれ以前に悩みがあります それは外観検査で液晶パネルがホコリや汚れがあった時ベンコットンに液を染込ませてきれいにふき取る場合、きれいにふき取るのが苦手です。液の付けすぎかパネルに液の水滴がついてしまったり、それを拭こうと液のついていない面でふき取ると余計にパネルが白く曇ったりして、何回も拭く事になり時間がかかってしまいます。 パネルが汚れいる時皆さんはどうやってきれいに早く拭きとっているのでしょうか ベンコットンに染込ませた液がパネルに残らないように簡単にきれいに拭く方法はないのでしょうか。そこに時間を掛けすぎると困るので。 それに外観検査全般の検査のコツなども教えてもらいたいのですが。 早く回りの人に迷惑掛けないで外観検査が出来るようになりたいもので すいませんが教えてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

私もakiblueさんと同様の仕事を2年程しております。


たいていは各社により作業標準がありますので、一概にこれが正しいと言う答えはその社内にしか存在しませんが、経験で答えられるだけ回答したいと思います。

白い拭きムラは作業に手間取る原因のひとつだと思います。特にベンコットンは拭きムラが発生しやすい素材でできていますので、ベテラン作業員でも手間取ることがあります。
まずは、作業時には、乾いたコットンとエタノール用のコットン、水用のコットンを用意してください。それぞれのコットンはきちんと使い分けるようにしましょう。
ホコリは乾いたコットンで払いのける程度で十分にきれいになります。
汚れはエタノールで取れないものは水できれいになります。
コットンには、エタノールはやや多め、水は少なめに馴染むようにします。
最後に乾いたコットンで拭きあげて下さい。


>外観検査全般の検査のコツなど
外観検査は、表面側・裏面側ともに液晶パネルの外周部から中央部に円を描くようにパネルを動かして検査するとよいでしょう。不良は外側に集中することが多いのです。
反射ムラはパネルを垂直に持ち、蛍光灯の真下に持っていくと見え易くなります。

周りに外観検査を行なっている方がいると思います。
先輩方がどのような作業方法をして仕上げているのか、目で盗むことも大切なことです。

外観検査は習熟期間が短いので、1週間ほどで一通りの検査はできるようになると思います。私のような3年目の人間でも、良否の判定の難しいものがありますから、毎日が勉強です。

私の元上司はこう言いました。
「人は迷惑をかけながら生きていくものである。」
私も、指導する立場になって、この言葉が理解できるようになりました。
そこで、新人に指導する時には初めに必ずこう言います。
「初めのうちは、どんな些細なことでも何回でもに質問して、かならず納得してください。それがたとえ同じ質問でも覚えるまで、納得するまで何回でも説明します。」と。

頑張って下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考にさせていただきます ありがとうございました また質問が会った場合載せるかも知れませんがよろしくお願いします

お礼日時:2002/04/07 01:10

私は光学が専門で、液晶とは違いますが、光学部品もやはり同じようにきれいにふかないといけません。


通称「手拭き」と呼んでいるこの作業は、手拭き3年とも5年とも言われるくらい完璧にふくのは大変な熟練作業となります。

早く上手になりたい場合は練習あるのみです。
適当なガラス板と、市販されているエタノール(薬局で売っています)を用意して、以下の点に気をつけて練習してみては。

・ベンコットにつけるエタノールの量は多すぎても少なすぎてもいけない。
 多すぎる場合は、ふいた後にエタノールが水滴のようについてしまいます。
 この場合はもっと少ない量にします。
 ちょうど良い量は、ベンコットでふき取りしているときに、エタノールの後が長く尾を引かない程度につけることです。ベンコットを追いかけるようにして後が消えて行くくらいがよいでしょう。

・一度使用したベンコットの部位はもう使いません。同じ部位でふくと、せっかく取り除いた汚れが再付着します。
ベンコットを折り畳んで、一度ふいたところは使わずに、絶えず新しいところを使用するようにします。
・ごしごしとふかない。なめらかに等速度で一度でふき取るようにします。
 ふき足りたいときは、もう一度同じ軌跡でふき取ります。これをきれいになるまでふきとります。
 ふく方向は中央から端の方向です。ガラスの端まできれいに「ふきとりあげる」ようにするときれいにふき取れますが、液晶パネルは大きいので、ちょっと無理かも知れませんが。
色々テクニックはありますが、取りあえず上記3点は光学部品をふくときの基本中の基本です。
液晶パネルの業界ではまた多少ことなるかもしれませんが、参考になると思います。

一番ふき取りにくいのは指紋なので、練習のガラスに指紋を付けてきれいにふき取る練習をするとよいでしょう。
きれいにふき取ったガラスは、息を吹きかけたときに、非常にきれいに一様に曇ります。逆にふき取りが不完全の時には、曇り方がことなり跡がくっきり見えますので、きれいにふき取れたかどうかがわかります。

注)本番の液晶パネルではやらないでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 参考にさせてもらいます 疑問が少し解消されました ありがとうございました

お礼日時:2002/04/07 01:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q替駒式ねじマイクロメーターの校正

替駒式ねじマイクロメーターの校正を自社で行うにはどのようにしたら宜しいでしょうか?新しい仕事の検査にこのマイクロメーターが必要なのですがISO上校正が必要なのです。簡単に自社で校正する方法を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単に測定ではなく校正となると、=検定=それなりの技術者は当然ながら、基準になるマンドリル(ねじの棒)が必要なのではないでしょうか。
(測定するねじのサイズ毎に校正値を表で著わすか、測定可能範囲全体に器械側で校正するとかするのでしょうか)
当然のことながら、ベース測定となるブロックゲージの対応も必要かと。

Q液晶の外観検査の仕事をしていますが仕事で悩んでいる事があります2

前にも質問を載せたのですが、先々週の火曜日から液晶の外観検査の仕事をしています 今僕が検査しているのは2.9インチのCOGのIQのゲームボーイアドバンスのものや携帯のもの他にも色々検査していますが、なかなか検査の処理数が上がらずこなせません。一勤務で普通の人は大体一ロットで4000枚以上検査するみたいなのですが、どうしたら早く検査が出来るようになるでしょうか。周りの人に迷惑を掛けたくはないし、早く検査が出来て処理数もあげれるようになりたいのですが。 
 外観検査での検査の上でのコツや早くこなすコツなど教えてもらえないでしょうか。大体普通はどれくらいの期間でどれくらいの枚数(セル)こなすのでしょうか。反射ムラやキズ、だこん、白濁、しみ、カケ、などの外観検査での検査するところの早く見分けるコツや早く検査する方法などあれば教えてもらえないでしょうか。まだ検査していて反射ムラなどの不良個所を見つけても行けるはんいか駄目な範囲か悩む事が多いのので余計に時間が掛かってもいます。また、検査したものをカセットに移し替えるのにも慣れていないせいか他の人より時間がかかってしまってるみたいなので。 検査する上でのコツ(具体的に)や早く検査し処理数を多くこなすコツなどあれば教えてください。 すいませんがよろしくお願いします。

関連URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=247622

前にも質問を載せたのですが、先々週の火曜日から液晶の外観検査の仕事をしています 今僕が検査しているのは2.9インチのCOGのIQのゲームボーイアドバンスのものや携帯のもの他にも色々検査していますが、なかなか検査の処理数が上がらずこなせません。一勤務で普通の人は大体一ロットで4000枚以上検査するみたいなのですが、どうしたら早く検査が出来るようになるでしょうか。周りの人に迷惑を掛けたくはないし、早く検査が出来て処理数もあげれるようになりたいのですが。 
 外観検査での検査の...続きを読む

Aベストアンサー

これはダメかも…良品にするのはちょっと不安…でも不良にしていいのかも悩む…。
というのはとりあえず全部抜けてしまいます。検査をしながら悩み始めると時間がかかる一方なので、後でその抜けたものの中から特に曖昧なものを選んで、他の方に良否判定をしてもらいます。

私も以前同じような仕事をしてました。
きっちりとした良否のラインが定まらない外観検査だったので非常に苦しみましたが、始めてから一週間、半月、一ヶ月、三ヶ月…と、時間がたつごとにコツがわかって来て上手くできるようになってきました。
何事も最初から上手くいくことなんてありえません。地道な日々の積み重ねが一番モノを言うのです。
上司や他の人からもっと早くもっと正確にとせかされるでしょうが、そういうのはキリがないものです。
今アナタができる範囲のことを一生懸命やった方がいいと私は思います。

Q校正に使用する分銅の重さについて

・校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?
60kgや100kgの台秤などを校正する際に、20kg分銅を使用して校正しております。
しかし、20kg分銅を使用することは校正者の負担が大きく、なんとかならないものかと考えております。
たとえば、20kgを10kgや5kgの分銅を使用して台秤などの校正をしても問題ないでしょうか?
もちろん、四隅検査や直線性の確認をしっかり行います。

・上記質問などを考えるときに良い資料などあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・点検」のレベルで、「校正」や「検定」などと言える様なモノでは有りませんよ。

一方、検査・点検レベルであれば、目的(≒要求される精度)に対し、合理的な方法であれば良いです。
「60kgや100kgの台秤」で「20kg分銅を使用」でも、計測能力の100%を計測していないので、現状も「校正」は行われていないと考えられます。

ただ、「校正者の負担が大きい」は、少なくとも精度を担保する上での合理性では無く、どちらかと言うと、肝心の精度は犠牲にする方向性かと思います。
また、検査・点検レベルでも、その方法を変えると言うことは、従来からの安定性を損なう点には、配慮が必要です。

添付のURLなどは、校正を考える上で参考になると思います。
正しい校正の方法については、詳しくはJISハンドブックなどをご覧下さい。
めんどくさければ、その台秤などのメーカーに問い合わせても良いかと思います。

参考URL:http://www.j-sl.com/chn/write_07/07_main03.html

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・...続きを読む

Q製品の外観検査環境の「明かり」について

製品の外観検査時の検査環境の明かり、明るさについての質問です。
検査対象は主に機械部品なので色検査みたいなのは黒染め品くらいです。

(1)精密部品ではないので照度はJIS規格にならって500lx~750lxくらいが妥当でしょうか?
また何ワットの直管蛍光灯が何本くらいが目安でしょうか?(天井高さは3mくらいです)

(2)色評価の検査はないんですが比較的演色性が良いスタンダードな蛍光灯はあるんでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 検査するものの大きさ(とくに細かさ)などにもよりますが、ふつうには600ルックス以上は必要です。何ワットの直管蛍光灯が何本くらい必要かは何とも言えません。天井の高さだけではなく壁の色や採光の状態によって変わるからです。
 場合(作業机上での検査のような場合)によっては手元に別途照明を用意するほうが効率的で効果的になります。色の検査をしないときはふつうの白色でいいのではありませんか。色温度が5600ケルビンあたりです。

Q計測器の校正(較正)について

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規格範囲内」ではあっても、十分規格に収まっている場合と、辛うじて収まっている場合とあると思うのですが、誤差が大きければ、たとえ規格範囲内でもそれは「較正」をかけたほうがいいような気がします。

このあたりの判断は、誰がどうやってすればいいのでしょうか?(校正業者が、校正時に「誤差が大きいですよ」教えてくれる?)

また、毎年の校正でもし、不合格があったときは、当然、前回の校正時以降、その計測器を使った試験などは、校正されていない計測器で行ったことになり、これは問題ですよね。
そのときの対応って、具体的にどうするのでしょうか?
そうならないために、日頃から、どうしておけばいいのでしょうか?

ご教授お願いします。

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規...続きを読む

Aベストアンサー

計測器にもよりますが、一般に精度の規格範囲に対して、計測器の実力はある程度の余裕があります。
もし、精度が規格範囲を外れたり、ぎりぎりであったとすれば、「較正」をかけるだけでなく、オーバーホールや修理をしたほうがよいでしょう。
古い計測器なら廃棄も検討します。劣化が進んでいると「較正」しても次の校正時まで精度を維持できないかもしれません。

校正で不合格だった場合、その計測器を使った試験は個々に再評価しなければなりません。
試験の基準範囲と、計測器の精度範囲は同じではありませんから、場合によっては再試験を行わなくても良いかもしれません。
しかし、試験結果に問題があると判断される場合は、再試験を行ったり、顧客に渡った製品などではリコールをする必要があるでしょう。

Q生産ラインでの製品外観検査(検品)について

こんにちは。私は某化粧品メーカーに勤めており、そこの生産(包装)ラインに従事しています。
具体的には、容器に中身を充填して、包装、そして梱包の流れですが、その中で製品の外観検査(検品)作業があります。例えば、容器に傷や汚れがないか、印刷に異常が無いか等...。この検査方法についての指南書など紹介して頂けないでしょうか?
どういった点に注意すればよいか特に知りたいです。
お願い致します。

Aベストアンサー

間接部門(技術、品質保証など)、もしくは生産部門で作業員を管理する方でしょうか。

・検査項目は明確ですか?
・文章ではなく写真や図で表していますか?
・検査する順番は決まっていますか?
・指示している内容で、御自分が検査してみましたか?
・専門用語を多用していませんか?
・検査員の生の声を聞いていますか?(やりやすさ)

Q校正証明の添付は義務ですか?

弊社製品を出荷する際に、納入先要求に従い、全長寸法をノギスで測定し、その結果を書面で添付致しました。(この書面の添付は無償です。)その結果、納入先から「校正証明書」の提示要求がありました。ISO9001を取得していますので社内定期校正の記録等はありますが、社内文書扱いであり、社外秘としてきた経緯があります。
(1)この場合、ノギスの社内管理No.や、校正証明書、校正時の記録等を開示する義務はあるのでしょうか?
(2)個人的には、検査成績書等を「販売対象」としていないので、開示を避けたいと考えています。良い説明方法はありませんでしょうか?
納入先へのアクションが必要なため、お知恵を拝借したい次第です。

Aベストアンサー

 先方から本件の注文を受注するときに、どんな約束(契約)になっていましたでしょうか。文書で交わした契約でなくても、口頭で求められれば契約ですし、文書でも交わしておらず口頭での要求もないが、常識的な当然のことであれば、それも果たすべき義務に入ります。本件の状況を見れば、校正状態を実証する証明書を先方の「要求」にしたがって出すのがスジでしょう。それを契約とか義務とするかどうかはともかく、私が先方の責任者であれば、ごく当然な要求であるのに校正の証明を出さない(出せない)会社は、取引停止処分にしますね。先方(顧客)に満足してもらい、信頼されるような仕事をなさってください。まっとうな(校正の)仕事をしている限り、出せない(出してはまずい)事情はないと思いますがね。
PS:検査成績書等を「販売対象」としていない…は考え方が間違っています。

(ISO9001主任審査員)

Q液晶パネル製造過程における品質管理

こんばんわ。
製造業界についてはあまり知識がないので教えてください。
液晶パネルの製造に関わりのある方よろしくお願いします。
液晶パネル製造過程において品質管理を考えております。そこで、一般的に液晶パネル製造において発生する欠陥、およびその発生要因について、教えていただきたいと思っております。
たとえば、液晶パネルにおいて、ドット欠落などの欠陥が発生すると思うんですが、それはどのような工程で、どのような要因で発生するのかなど、ご存知であれば教えていただきたいと思います。
できるだけ、数多く、そして詳しく知りたいと思っております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お待たせしました。他の代表的なものについてです。

不良名(発生起因)

線欠陥(部材・環境・人為)
ブロック線欠陥(部材・環境・人為)
階調(部材・人為)
全画面白・黒(部材・人為)
ショート(部材・人為)
ちらつき(部材)
異物(環境・人為)
BMずれ(人為)
色ムラ(部材・環境)
白点(部材・環境)
拡散シートキズ(人為)
輝度ムラ(人為・部材)
光もれ(人為・部材)
動作不安定(部材・人為)
視角方向不良(部材)
残像(部材)
電流値不良(部材)
バックライトごみ(環境・人為)
セルごみ(部材)
セルムラ(部材・人為)
青しみ(部材)
FPC切れ(部材・人為)
8相縦すじムラ(部材/セルとPCBの相性)
虚像(部材・人為=設定誤り)
偏光板間違い(部材・人為)

Q計測機器の校正対象

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。
 ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。
 校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。
 あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。
 宜しくお願い致します。

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正...続きを読む

Aベストアンサー

>見解の違いから指摘される事はどの様なものでしょうか又、それに対応する論理的解釈はどの様な事を備えておけば良いでしょうか。

担当官によっては何も言わない事もあれば、それで不良品の割合を
**%以下にできる根拠を示せって言われる事もあります。
統計的見地から理論的に説明できるような数値があると、第3者から見ても判りやすいので、
できれば理論武装しておくと良いでしょう。

説明できないからといって即認証取り消しになるわけではありませんので
慌てずしっかりした書類を作成して下さい。

機器の調整方法やサンプル数に変更がある場合は、ちゃんと変更履歴(理由と変更可能と判断した根拠)を
残すことをお忘れなく。

QN-MAT適性検査ってどんな検査でしょうか?受けられた方がおられましたらお教え下さい。

急に会社より7月1日(月)N-MAT適性検査を受けるように言われました。まったく何の検査か判らないので戸惑っています。急で本当に恐縮ですが、どなたか受けられた方がおられましたら、具体的に教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NMATはHRR社の中間管理者層用の【管理者適性検査】です。

 当該検査を実施し、その結果より役職適性タイプを主に次の4種に識別する検査です。

 組織管理タイプ・企画開発タイプ・実務推進タイプ・創造革新タイプに識別し、適性タイプ別の適正人事(職務)配置、能力開発・指導育成ツールの一部等として使用されます。

 因みに、人事測定研究所はHRRへ社名変更しました。

  

参考URL:http://www.hrr.co.jp/assessment/service6/service6_02.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング