国民年金に免除の制度は、何年から、実施されるようになったのでしょうか?
わかる人がいたら、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 国民年金法は昭和34年に施行されていて、その中の第90条に免除規定が定められています。

この第90条は昭和37年に改正がされていますので、免除制度が実施されたのは昭和34年か37年からになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

改正のことまで、詳しくありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 00:39

>国民年金に免除の制度は、何年から、実施されるようになったのでしょうか?



免除制度そのものは1961年4月よりあります。

尚、現在の免除要件は、学生で所得がない場合や病気・失業などの経済的事情で納付が困難な場合です。具体的には次の通りです。

(1)法定免除
  障害基礎年金・障害厚生年金(2級以上)を受給している方、生活保護法による生活扶助を受けている方などです。

(2)申請免除
  失業や病気等で所得がない方や少ない方で保険料を納付することが困難な場合に申請により一定の基準に該当すると認められた方です。
免除を受けた期間は、年金の受給資格期間として計算されますが、年金額には、免除期間の3分の1の期間が保険料納付済期間として国庫負担により計算されます。

(3)学生
  社会保険庁が指定する学校に在籍する学生で所得のない方は、学生の特例納付の制度があります。
学生納付特例期間は、年金の受給資格期間として計算されますが、保険料納付済期間としては計算されません。


 就職など後日所得が生じた場合は、免除期間に対して10年間追納することができ、追納した場合、保険料納付済期間として計算されます。

 また、2002年4月より国民年金の保険料半額免除制度が施行されています。
詳細は次のサイトをご参照ください。

 http://www.sia.go.jp/info/topics/nweek05.htm

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく・・ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 00:41

 No3の訂正です。

国民年金法の施行は昭和36年に訂正します。昭和34年は法律が定められた年です。
    • good
    • 0

拠出制の国民年金の制度が出来たのが昭和36年4月で、当初から免除制度がありました。


その後、いろいろと変更があって、現在の免除制度になっています。

今年4月からは新たに半額免除制度が創設されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結構、昔からあったんですね。

お礼日時:2002/04/11 00:38

今は学生の免除制度がありましたね。


これは平成11年から始まったと思いましたよ。

それ以前は、学生でも支払いの義務はありましたし、学生本人や親の収入が極端に少なくても「10年間の猶予」しかされませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 00:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金の全額免除中ですが、国民年金基金に入ることはできるのでしょうか?

現在無職で、国民年金は全額免除にしてもらっています。
この状態で、国民年金基金に入り国民年金基金の掛け金は払うということはできるのでしょうか?

ご教示頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

・ ただし、国民年金の第1号被保険者であっても、次の方は加入できません。
・ 国民年金の保険料を免除(一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含む)されている方

とのことです。
http://www.npfa.or.jp/about/system/shikaku.html

Q国民年金免除制度

国民年金の免除条件を調べております。

年金生活者の親ひとりと
本人(30歳以上)で同居しております。
世帯主はその親です。

この場合、もし本人に年金保険料を納める能力がない場合
親に支払う義務が生じるのでしょうか?

となると、免除の申請は行えませんか?

Aベストアンサー

ご質問のケースであれば、本人(息子さん)に納付する経済的能力がない場合は世帯主である親御さんが代わりに納めることになります。
 免除申請自体は親が代わりにやることはできます。ただし、所得要件があり、世帯主の方と本人それぞれの前年所得(1月から6月までは前々年の所得)が両方とも基準を下回っていないと、失業などの例外がなければ、減免は認められません。
 一番いいのは、世帯主を息子さんにしてしまうことです。そうすれば、息子さんの所得だけが判定基準になります。実際に世帯主を変更できるのか、変更できた場合にいつからそれで免除の可否を判断するのかは、申し訳ありませんがお住まいの市役所などで確認してみてください。

Q国民年金の免除制度について

こんにちは。
この春から職業訓練校へ半年間通うこととなりました。
退職後、年金を国民年金に切り替えております。
職業訓練校へ通う半年間、国民年金の免除制度を
利用することは可能なのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

職業訓練校に通っても失業状態であることには変わりはありません。
4月より年金保険料月額が13,580円に上がります。
失業中は長引けば、長引くほど保険料もバカにならないと思います。
「失業により保険料を納付することが困難と認められるとき」に該当すれば、『申請免除』の手続きをすることで全額免除ないし、半額免除を受けることが可能です。
手続きには「雇用保険受給資格者証」が必要になってきます。

市町村役場に問い合わせれば、あなたが全額免除または、半額免除に該当するかその場で分かります。
失業中は保険料の納付も楽ではありません。未納はデメリットが大きいので免除制度が利用できるのであれば、手続きをするのをお勧めします。

参考URL:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/nenkin.htm,http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/nenkin_minou.htm

Q国民年金の免除制度について

2005年の12月に退職して、数日前社会保険事務所からハガキと封筒がきました。ハガキの内容は国民年金未納保険料納付勧奨通知書(催告状)というもので、封筒は免除制度の説明と免除申請の申込書と申込書を郵送する封筒でした。そこで質問です。

1.免除申請する際に親の所得に関することを記載(前年度に親に所得があったかどうかとその際所得税は非課税か課税か)するのですが、審査中もしくは審査後に何か親に対して迷惑がかかることがあるのでしょうか?

2.免除の申請中は年金未納扱いの状態なのでしょうか?

3.また、審査の手続きに何か必要でしょうか?(必要なものがいるかどうかは社会保険事務所の封筒には何も書いてませんでした。)

4.申請に3ヶ月もかかると書いてましたが、本当にそんなにかかるのでしょうか?

5.この事について何か必要な事があれば教えてください。


 初めてな事なのでいろいろ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在国民年金免除中です。31歳です。約11年間、失業中と今のように短時間の仕事にしか就いてない期間(精神障害のため。障害者手帳・障害厚生年金ともに3級)はすべて免除してます。早い話、国民年金だけを払った経験がない。

粗方の事は他の回答者様が書かれてますが、補足説明。

>2.免除の申請中は年金未納扱いの状態なのでしょうか?

申請中はそういうことになります(申請した人すべてが通る訳じゃないですから)。認められれば申請中も未払いじゃなくなります。
ついでに、免除について既に熟読されていたらすいません、全額免除になっても、一部払ったことと見なされます(1/3)。老齢年金をもらう時に当然その分の額は減りますので、質問者様が絶対生涯健康なら良いんですが、私のように途中で働けないほどの障害を持ち、障害年金に頼るような状況になると、実は免除期間も全額払ったと同等の扱いを受けるんです。障害年金の請求条件は、過去3年間、国民年金あるいは厚生年金、または年金免除期間が3/4以上であること、です。
個人的な意見ですが、若い世代が老齢年金をもらう時に果たしてどうなってるのか不安です。もちろん復職した後に免除した分を払うことが最善でしょうが、そのことにより今経済的に苦しくなるならそのままの方がいいと思います。

詳細が書かれていないのであれですが、親御さんの所得の情報が必要ということは、代わりに払う能力がある人が「同世帯」にいるかどうかを問われているのだと思います。私が20代前半で免除を受けた時は、申請書に自分と親の経済状態を書く程度でしたけど。今は1人暮らしですが、一時期生活保護を受けて家族と分離したので、世帯分離したまま親と同居していた時期があります。その間に生活保護解除・失業を経験しましたが、何せ単身世帯です、親の収入は聞かれませんでした。もっとも、既に父が老齢年金と安いバイト生活でしたから、同世帯でも問われることはないと思いますけど。
単身世帯でも1ヵ月以上審査にかかります。3ヶ月といわれたのは親御さんの所得の審査も入るからでしょう。

あと、封書での申請を求められているようですけど、私的には直接役所の国民年金課に、送られてきた書類一式と、離職票あるいはそれに準ずるもの(退職されたのが昨年末だと、離職票は既にハローワークですか??)、印鑑(三文判で十分)、あれば年金手帳を持って、直接窓口に行かれて相談された方がもっと早いと思います。その場で色々と質問や相談もできますし、万が一年金手帳が行方不明だとしても、名前と生年月日などの情報で年金番号がわかっちゃいます(昨年突然バイトを解雇になって、すぐに短時間のバイトを始めたので国民年金への切り替えと同時に免除申請したのですが、その時にパソコンの画面がチラッと見えてしまい、ばっちり障害厚生年金受給中ということも記されていて驚きました。障害年金は別のところにある、社会保険事務所出張所で各種手続きしてるものですから)。

今の就業状態が書かれていないので(おそらく時期的に、失業保険をもらう直前くらいの時期??)あれですが、失業中であればたとえ本人と親御さんの収入がそこそこであれば(そこそこ、ですよ。年収600万とかもらってたら非受理になると思う)申請通りやすいと思うのですが…。

あとちなみに、役所によってちょっと差はあるかもしれませんが、免除申請は一年毎です。7月に切り替わり、その頃また申請手続きが必要となりますので覚えておいた方が良いと思います。

国民年金ってバカになりませんものね(国民健康保険証は仕方ないとはいえ)。無事申請が通ると良いですね(^^)

現在国民年金免除中です。31歳です。約11年間、失業中と今のように短時間の仕事にしか就いてない期間(精神障害のため。障害者手帳・障害厚生年金ともに3級)はすべて免除してます。早い話、国民年金だけを払った経験がない。

粗方の事は他の回答者様が書かれてますが、補足説明。

>2.免除の申請中は年金未納扱いの状態なのでしょうか?

申請中はそういうことになります(申請した人すべてが通る訳じゃないですから)。認められれば申請中も未払いじゃなくなります。
ついでに、免除について既に熟読...続きを読む

Q国民年金の免除制度について

40年完納すると792100円ですよね?
では、20年完納、10年全額免除、10年半額免除の場合、いくらもらえますか?
完納や免除の年数が変わっても応用できるよう、数式を教えて下さい。

Aベストアンサー

単純には

A:全納期間(月数)
B:半額免除期間(月数)
C:全額免除期間(月数)

として、

老齢年金受給年額=<満額年額:現在792100>×(A+2B/3+C/3)/(480ヶ月)

で計算します。
(特殊ケースを除く)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報