GLAYのライブのパンフレットでマンガが載ってる時があるんですが(何故か
その時に阿部潤と言う方のマンガがかわいくて気に入ってしまったので
その方の単行本とかを読みたいと思っていたんですが
単行本を出していらっしゃるのでしょうか?
もってらっしゃる方どんな内容の話なのか教えて下さい!
ちなみにそのライブのパンフには一緒に和田ラジヲさんとか
金子アツシさんとかのマンガが載ってたりしました。

A 回答 (1件)

阿部潤さんを検索したらアマゾンのサイトがヒットしましたが、質問者さんは検索してみましたか?


ひょっとしてこの方じゃないのかな?(違う人でしたらスミマセンm(_ _)m)
↓検索で出てきたアマゾンのページです。
http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&index=books-jp …

ファンサイトもあるみたいですよ。
こういう場に載せてもいいものか迷ってしまったので、検索して見つけてください。
「阿部潤」で検索すると一番にヒットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

絵柄からしてこの方だと思います!
アマゾンで検索する事を思いつきませんでした。。。
次からまずここで質問する前に検索します。
わざわざスミマセン!ありがとうございました!

お礼日時:2006/10/29 09:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画家が・・・

いくつも知りたい事があるのですが、

1.売れている漫画家が、自分のペンネームを他人に貸し出しして、借りた本人が漫画家として活動するという事はあるのでしょうか?

2.漫画というのは最初に収入があるだけで、印税はないのでしょうか?

ご回答の程お願い致します。

Aベストアンサー

1はありえないでしょう。ですが、漫画家の下にはアシスタントがいる事があるので、全てでは無いにしろ、アシスタントが殆どやっているという可能性もありますね。

週間(月刊)誌などの原稿料のほかに、単行本のお金も入ってきます。原稿料だけではあまり利益はなく、単行本が売れないと生活は苦しいというのを聞いた事があります。

漫画を原作としたアニメ、ゲーム、グッズなどが売れれば、売上に乗じて収入が入ることがありますが、契約のしかたによっては、殆どもらえない事もあるようです。

Q「レベルE」単行本に富樫義博氏のコメントが載ってないのですが・・・

先日レベルEを買ったのですが、その単行本の中には
「エイリアンの頭文字は『A』だけど、間違えてしまった」
というような内容の作者コメントが載っておりませんでした。
ネットで調べても『レベルE内で明言』と書いてありますし、以前友人から借りたときは、書いてあったように思うので、不思議でなりません。
(1)記憶違いで単行本には載ってない
(2)版によって違う
(3)別のコミックスである
どうか皆さんの情報をお寄せください。

Aベストアンサー

「(3)別のコミックスである」です。

HUNTER×HUNTER 6巻 66P に載っています。

Q漫画家の作品数、巻数と評価について

漫画家には作品あたりの巻数は短いものの、多数の作品を多数の雑誌に同時進行で発表していくタイプの作家と、一,二本の代表作を40巻、50巻の巻数まで長寿連載し、そのほかの作品は単行本化されない読みきり作品とか、デビュー当時に数本だけというタイプの作家がいます。
二人の作家の単行本総発行部数が同じで、総印税収入も同じだとするとどちらが高い評価を受けますか?
 また漫画家自身はどちらが理想の漫画家なのでしょうか?

Aベストアンサー

>どちらが高い評価
個人的には色んなジャンルを書かれる方のほうが一つの作品を長期連載しているほうが好きというかスゴイと思います。誰と誰と実名挙げられたら主観で判断して優劣つけることは出来ますがタイプでと言われても判断できないです。

>理想の漫画家
多くの作品出されている方って割と複数の出版社で作品発表されている場合が多いと思います。てことはコネというか複数の出版社と仕事をする機会があるので今後も活躍というか連載のチャンスは一つの作品を長期連載されているかたよりもあるのではないでしょうか?もちろん業界内で横のつながりがあるだろうと思われるのでひとつの出版社で連載している方がほかの出版社と関係がないというわけではありません。

Q少女マンガの単行本化について

デビューしてから年数的には結構経っていて作品数もそこそこ多いはずなのですが、最近になってやっと1冊単行本を出された方がいまして。
それは連載されているお話なので続きが出るとは思うのですが、単行本化して欲しいのは短編集のほうだったりします。
でもこのままですと連載されている作品の2巻が出るのは目に見えていますし、単行本は年に数回発売されればいいほうですからその短編集が発売される可能性もどんどん低くなっていきますよね。
出版社にそれを希望する人が多ければ単行本化する可能性はあるのでしょうか?
やはりいつ発売するか、増してや発売するかも定かではない短編集は諦めてオークションなどで掲載されている本誌を入手して読んだほうが現実的なのでしょうか?

Aベストアンサー

出版社などにもよるとは思うのですが、連載されてるモノの売れ行きとかでも違ってくると思います。
その連載中の作品に人気が出ると短編集も発売される事もありますが、nao321さんが読みたい作品が必ず入るとは限りません。
実際、連載中の作品でも作者(もしくは編集側?)の意図で雑誌で読んだ筈の回が単行本に組み込まれない事もあるようなので、待つよりは本誌を手に入れる方が現実的な気もします。(まぁ、どうしても欲しいという事みたいですので…)
ちなみに、連載されてる作品が切りのいい回で巻が終了しない場合は一緒に掲載もありえますよね。

Qオンライン漫画家のギャラ

ガンガンオンラインとか無料で漫画読めますよね。

あれ、金が発生しない以上、漫画家にギャラが支払えないと思うんですが、その辺どうなってるんでしょうか?
とりあえず、コミックになるまで耐えに耐えて、なんとか印税でクラスという形?

もしかしてプロ扱いはされていなくて、雑誌の方へ移れるかを試しているだけの卵たちなんでしょうか?
でも、男子高校生の日常なんてアニメ化されてますから、プロ漫画家ですよね。

ギャラ出てるんでしょうか?
出てるとしたらどこから?

Aベストアンサー

竹本泉「ねこめ~わく」7巻のあとがきに少し解説が載っています。

雑誌と同じように、出版社から原稿料が出るそうです。

出版社にとっても、マンガ雑誌は基本的にどこも赤字だそうで、
単行本で黒字になるそうです。

無料にしたら余計に赤字になりそうですが、

紙の本の場合
1)漫画家
2)編集部
3)印刷所
4)印刷
5)流通
6)書店
7)(売れ残りを)返本

データの場合
1)漫画家
2)編集部
3)印刷所(ここでデータにする)→web公開

となるので、4)以降が要らない分、
ネットで無料公開する方が赤字が少ないそうです。

すべてのwebマンガが、上記と同じ理由で
ネット公開している訳ではないと思いますが、
出版社側にも色々な事情があるみたいです。

Q大阪市内でマンガ単行本のレンタルが出来るところを探しています。

大阪市内でマンガ単行本のレンタルが出来るところを探しています。

ツタヤやDMMのサービスも検討したのですが、単体での貸出がないのと
品揃えが少なく困ってます。

できれば、梅田~なんばの間が希望です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

図書館に相談してみてください。
市立でも、
悪名高い橋下さんの府立でも、
児童図書は排除されても、
マンガぐらいは
快く貸してくれるのでは。

Qプロの漫画家の利点って…?

連続投稿失礼します…;
本当はここまで本格的な質問するつもりじゃなかったんですが、予想以上の世界だったもので…;

あらためて質問させて頂きます。
「プロの漫画家」の利点とは何でしょう?
印税ぐらいですかね。

当方、こんな質問をしておきながら、漫画にあまり詳しくない(読まない)方でして…;(そのくせ、周りには多いですが:笑)
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

質問の漫画家の利点ですが、漫画家を目指す友人に聞いてみました
・漫画を描くことが好き。好きなことを職業にしたい
・自分の考えを作品として作り出し多くの人に見てもらいたい&見てもらえる(同人誌と雑誌で掲載されるのとではやっぱり後者の方が断然に多くの人に読んでもらえる
・自分の作品を世に出したい
・プロとしてやっていきたい

利点じゃないのもいくつかありますが…(苦笑
売り上げも1つの利点ではありますが(売れたら金持ちになれる)一番の利点って「自分の作品を世に見せれる。」じゃないかなあと思います

Qハッピーエンドでは終わらないマンガ(単行本)

またまたヒネクレタ質問で恐縮の19inch_rackです。
タイトルのとおりのマンガを探しています。
私が今まで読んだマンガの中では
「ブラックジャック」は話によって該当するような気がします。
手術をして見事に回復させたのに、自殺してしまう患者。
自分のやるせなさをひしひしと感じる主人公・・・という感じですかね。

テレビドラマだったら間違いなく「Gメン'75」なんですが(苦笑)
麻薬犯はつかまったけど、その家族はどうやって生計立てていくんだ?
みたいな終わり方(笑)

皆様お勧めのマンガがあればご紹介ください。

Aベストアンサー

真っ先に思いつくのは,冬目 景『ZERO』(BIRZコミックス,全1巻)です。人はたくさん死ぬし,あらゆる意味で"救い"は無いんですが,にもかかわらず読後感は透明という作品です。読んだことが無ければ,ぜひご一読を。

長編では,まだ終わっていませんが(たぶん)やまむらはじめ『エンブリヨン・ロード』(GUMコミックス,1~5巻)でしょうか。途中なんでハッピー「エンド」という質問には該当しないかもしれませんが,作中まだ幸せな人は出てきてません:-)。同じく終わってない話では,ヤングアニマル連載中の三浦健太郎『ベルセルク』や田中ユタカ『愛人[AI-REN]』とかも有力(?)です。

『ブラックジャック』『Gメン』のような短編連作なら,#4でPURUpyonさんが挙げていた,細野不二彦『幸福の丘ニュータウン』とか,ビジネスジャンプで連載中の池田文春『BAR 来夢来人』あたりでしょうか。でもこの2つは"悲しい系"というよりは"シニカル系"のアンハッピーエンドなんですが。

そうそう,『Gメン』で思い出しましたが,アフタヌーンで連載していた『地雷震』も当てはまりそうですね。主人公がハードボイルドで,関わった人が不幸になるという(そういう意味では『ゴルゴ13』もそうか)。同じくアフタヌーン連載の『勇午』も,基本的には全エピソードともポジティブな終わり方ですが,救われない人たちがたくさん出てきます。アフタヌーンは他にも,遠藤浩輝『EDEN』とか鬼頭莫宏『ヴァンデミエールの翼』『なるたる』とか,救われない(というとファンからお叱りがくるかな。「キツい」というべきか)話が多い気がします。

真っ先に思いつくのは,冬目 景『ZERO』(BIRZコミックス,全1巻)です。人はたくさん死ぬし,あらゆる意味で"救い"は無いんですが,にもかかわらず読後感は透明という作品です。読んだことが無ければ,ぜひご一読を。

長編では,まだ終わっていませんが(たぶん)やまむらはじめ『エンブリヨン・ロード』(GUMコミックス,1~5巻)でしょうか。途中なんでハッピー「エンド」という質問には該当しないかもしれませんが,作中まだ幸せな人は出てきてません:-)。同じく終わってない話では,ヤングアニマル連載中の...続きを読む

Q漫画家 収入と税金

以前、江川達也さんがテレビで、
「デビューして一年で年収5000万になった。けど、税金で7割取られた」
と言っていました。私はそういうことには全く詳しくなく、素人意見で申し訳ないのですが、
いくらなんでも7割は取られ過ぎじゃないでしょうか?
確かプロ野球選手でも、4~5割くらいだと思ったのですが……

1・漫画家に限らず、税金というのはそれぐらい取られるものなのでしょうか?

2・仮に7割というのが変わった例だとしたら、なぜ江川さんは7割も取られたのでしょうか?

3・これはこのカテゴリーではないかもしれませんが、漫画家と似たような、
印税というもので暮らしている職業の人(小説家、作詞家、作曲家など)も、
同じくらいの税金が取られているのでしょうか?

Aベストアンサー

1-2.所得税の最高税率は現在40%ですが、江川さんがデビューした1984年当時には70%(8000万円以上)で、5000万円以上の課税所得には65%という非常に高い税率でした。
ただし、注意しなければいけないのはあくまで「課税所得」に対する税率であるということです。諸経費など控除分は差し引かれます。
漫画家の場合、極端な話紙とペンがあれば仕事が出来てしまうので、税率も非常に高いものになります。もちろん、事務所を構えて税金対策をバッチリやればそんなこともなくなりますが、デビュー当時の新人作家であれば対策が不十分でも致し方なかったかも知れません。

3.状況が同じ(課税所得が5000万円)であればそうだったはずです。

Q単行本化されてないマンガもあるのでしょうか?

今、ある成人向けのマンガを探しているのですが、
なかなか回答がきません。実は以前にもこちらとは別のサイトや掲示板で回答を待っていた事があるのですが、そのときも
やはり回答はありませんでした。私がその作品を読んだのは
雑誌ででしたが、もしかして単行本化がされていないのでしょうか。雑誌でしか見られない作品だったとしたら、もう絶望的
なので、あきらめるしかありませんが。

Aベストアンサー

 メジャーな雑誌ばかり読んでると信じられないかもしれませんが、ちょっとマイナーになると「単行本化される方が難しい」ぐらいの状況です。長期連載でも単行本にならなかったり、なったとしても抜粋で完全収録じゃなかったり、1巻出たけど続きが出なかったり。

 作者さんによっては同人誌にまとめてたりしますけどね。タイトルや作者さんわかってるなら同人誌扱ってるショップで検索してみるとある可能性も。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報